仮想通貨ファイルコイン(FIL)とは?特徴や価格動向・買い方について徹底解説!

ファイルコインは、リリースされてわずか半年ほどで、一時期時価総額ランキングでTOP10入りを果たしました。

ファイルコインは「人々にとって一番大切な情報を保存する」という目的の下で開発された分散型のストレージシステムです。

全てがつながるIT社会において重要となるストレージの問題を解決する解決策として、ファイルコインはますます注目を集めています。

この記事では、ファイルコインの仕組みやこれまでの動向、さらに購入方法まで分かりやすく解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の概要
  • FILは分散化ストレージサービスであるファイルコインで使用されるトークン
  • ファイルコインはICOで280億円以上を調達した
  • ファイルコインには既に多くのマイナーが参加している
  • ファイルコイン信託の開始によって価格が約6倍に上昇した
  • アルトコインに興味があるなら、ファイルコインの上場も期待できるコインチェックおすすめ

残念ながら、ファイルコインは現在国内の仮想通貨取引所では扱われていません。

しかし、国内取引所のなかで一番多くの銘柄を扱うコインチェックであれば、いつの日か上場する可能性があるとも言えるでしょう。

コインチェックの公式サイト

まだコインチェックの口座をお持ちでないという方は、是非口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、Invest Naviでは仮想通貨の最新情報を無料で配信している公式LINEを運用しております。

相場の急変やアップデート情報を見逃したくないという方は是非無料で登録してみてください。

今なら公式LINEの登録で200円相当のビットコインが無料で手に入るキャンペーンを実施しております。

公式LINE

\ 【10月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次

ファイルコインとは?

通貨名Filecoin
シンボルFIL
現在の価格(2021年10月現在)約8,812円
時価総額(2021年10月現在)約976,458,002,812円
市場ランキング(2021年10月現在)22位
取扱取引所 Binance
BITTREX
OKEx
Kraken
Huobi など
公式サイトファイルコインの公式サイト
2021年10月9日現在の値

プロジェクトの発足は2014年で、2017年にファイルコインの最初のトークンセールが行われました。

それ以来、いつ本格リリースされるのかが注目されていましたが、2020年10月に本格稼働が始まりました

従来のデータ保存

従来は、作動する機械そのもののハードディスクや、外付け記録装置にデータを保存するのが一般的でした。

その後クラウド化が進むと、GoogleDriveやDropBoxといったストレージサービスが提供されるようになり、異なるデバイスを用いたり、複数人でデータを共有することが可能になりました。

しかし、ストレージサービスにはいくつかの問題があります。

従来のサービスでは、物理的に存在するデータセンターにデータが保存されます。

そのため、データセンターにトラブルが発生した場合、データにアクセスできなくなる可能性があります。

他にも、第三者による不正なアクセスや情報漏洩、情報改ざんなども100%起こらないとは言い切れません。

考え出されたIPFS

そこで、Protocol Labs社は、『IPFS(InterPlanetary File System)』と名付けた新しい方法を考案します。

IPFSでは、データを分散化して、P2Pのネットワーク上に保存します。

利用者がデータを取り出す際は、分散化されたデータを一つにまとめてから取り出すことになります。

これまで物理的な依存度の高かったデータ管理を、分散管理することによって、リスクを格段に小さくすることを実現しました。

ファイルコインを支えるマイナー

「マイニング」とか「マイナー」と言えば、ビットコインのマイニングのような、数百台の専用マシンが工場に並べられた風景を思い浮かべるかもしれません。

ファイルコインにも「マイニング」や「マイナー」が存在し、それらがファイルコインを支えていることは間違いありませんが、ビットコインのそれとは大きく異なっています。

ファイルコインのマイナーは、自身が持つストレージを貸し出すことでマイニングを行います。

と言っても、マイナーになるためには常時安定してストレージを提供する必要があり、それができなければペナルティを負わされる可能性もあります。

とはいえ、ビットコインのマイニングで問題となっている、多額のインフラ費用や膨大な電力消費などは必要とされません。

ファイルコインのストレージサービスを利用するには

ファイルコインのストレージサービスを利用するには、少額のFILが必要となります。

保存したいデータを指定してFILを支払うと、そのデータは分散化されてP2Pネットワーク上に保存されます。

データを取り出したいときは、ファイル保有者だけが持つ秘密鍵によって分散化されたデータが元に戻され、取り出すことが可能になります。

後述しますが、ファイルコインを入手するにはまず国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、それを国外取引所へ送金する必要があります。

まだ口座をお持ちでないという方は、是非コインチェックで口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファイルコインが注目される理由

ファイルコインのようなストレージサービスは、他にもストレージ(Storj/STORJ)やシアコイン(Siacoin/SC)などがありますが、なぜファイルコインはこれほどまでに注目を集めているのでしょうか?

ICOで280億円以上を調達

ファイルコインのICO(Initial Coin Offering)は、2017年に行われました。

このICOは適格機関投資家だけを対象していたにもかかわらず、280億円以上を調達し、大成功を収めました。

参加した投資家には、世界最大のベンチャーキャピタル・セコイア(SEQUOIA)やスカイプ、コインベースやウィンクルボス兄弟といったそうそうたるメンバーが名を連ねました。

このことから、ファイルコインへの信頼性と期待の高さがうかがえます。

ビットコインを超える可能性

But looking further into the world of altcoins, I found some attractive medium- to long-term opportunities that I think can outperform Bitcoin in the future.

So, let’s delve deeper into these three promising crypto picks:

・SingularityNet(AGI)

・Filecoin(FIL)

・Vidt Datalink(VIDT)

NASDAQ

ビットコインは、仮想通貨界で圧倒的な存在として君臨し続けていますが、アメリカの電子証券取引所・ナスダックは、2020年12月に発表した「今後ビットコインを超える可能性を持った暗号資産3選」で、その一つにファイルコインを選びました。

ビットコインは知名度と普及率において他の追随を許しませんが、機能の面では特に優れた仮想通貨というわけではありません。

そのため、実用性が高く評価され、今後の成長も期待できるファイルコインは、ビットコインを超える可能性を秘めているとしています。

すでに多くのマイナーを確保

ファイルコインの成功には、多くの安定したマイナーの確保が必要不可欠だと言われています。

ファイルコインの本格運用の少し前からマイナーを募り始め、テストなども繰り返し行われていました。

そして本格運用が始まる時点で、34か国から400人を超えるマイナーが参加を表明し、集まったストレージの総容量は325PB(ペタバイト)に達しました。

「400人を超えるマイナー」とは、安定してストレージを提供できるマイナーのことであり、その多くは法人です。

出資者を募って参加するマイナーも多く、出資者も含めると数万人の人が参加していると言えます。

そして325PBという容量は、映画約9000万本、あるいはWikipediaのコピーサイト約1400個の保存が可能なほどの容量となっています。

FILは国内仮想通貨取引所では扱われていませんので、まずはコインチェックなどで口座開設をしてからビットコインやイーサリアムを購入するのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファイルコインのこれまでの価格推移

引用元:Tradingview提供のチャート

上のチャートは、2021年1月以降のファイルコインの価格動向を表しています。

当初は25ドル付近で取り引きされていましたが、2021年3月に急激に価格が上昇し一時期は約190ドルにも到達しました。

しかしその後価格は下落傾向にあり、2021年7月には約40ドルほどにまで価格を下げました。

その後は、2021年9月に再び価格上昇を見せ約110ドルにまで到達したものの、価格は再度下落し2021年10月9日現在は約78ドルで取引されています。

ファイルコインに投資してみたいと言う方は、まずはコインチェックで口座開設を行ってビットコインやイーサリアムを購入してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファイルコインの価格急騰要因

今年2月までは約30ドルで取り引きされていたFILは、3月の半ばころから急激に高騰し、1時期約190ドル付近で取り引きされていました。

これは、アメリカの投資ファンド運用会社・グレイスケール・インベストメンツが、ファイルコインに対する投資信託の運用を開始したことが大きく影響していると考えられています。

グレイスケールファイルコイン信託は3月17日に運用を開始し、4月1日にはそれまでで最大となる2万9550FILの買い増しを行いました。

グレイスケールを始めとする投資ファンドは今後も積極的な投資を行うと考えられており、その動向からは目が離せません。

ファイルコインの今後の課題

ここでは、そんなファイルコインが直面するであろう今後の課題について説明していきたいと思います。

投資ファンドなどの参加

2021年3月の高騰は、グレイスケイル・インベストメンツの投資ファンドが最も大きな理由だと考えられています。

今後は、他のファンドや機関投資家の参入も期待できますが、大きな資金がファイルコインに流入することは、注目を集め、成長を続けるために欠かせないことです

今後も、大手ファンドなどの動きには注意が必要であると言えるでしょう。

マイナーの確保

安定した運営ができなければ、サービスを利用するユーザーは離れていってしまいます。

ファイルコインは、安定したストレージサービスを提供するために多くのマイナーを必要としています。

マイナーは報酬を得るために参加しており、より多くの報酬が得られるサービスがあれば、離れていってしまうかもしれません。

ユーザーだけでなく、マイナーにとっても魅力的であり続けることが、ファイルコインには求められています。

競合サービスとの差別化

従来の一極集中型のストレージサービスとは差別化ができていますが、ストレージ(Storj/STORJ)やシアコイン(Siacoin/SC)など、分散化ストレージサービスの競合も存在しています。

現状はファイルコインが最もメジャーな分散化ストレージサービスと言えますが、今後はさらに技術的に優れた競合サービスが登場するかもしれません。

利用のしやすさや利用価格、安全性について、ユーザーにとって常に最初の第一の選択肢であり続けることが大切であると言えるでしょう。

通信速度の維持・向上

分散化したデータを取り出す際は、ネットワーク上の断片化された情報を集め、元のデータに復元する必要があります。

そのため、一定水準の通信速度が求められます。

一つひとつのデータ量が大きくなれば、通信に時間がかかるようになります。

ユーザーがストレスなく利用できる通信速度の維持・向上は、ストレージサービスにおける最も重要な課題であると言われています。

公式LINE

Invest Naviではファイルコインに関する重要な情報をより詳しく解説をしております。

まだ登録を済ませていないという方は、是非この機会に登録をしてみてください。

\ 【10月31日迄】200円分のBTCが無料/

ファイルコインの入手方法

ファイルコインの入手方法は、大きく分けて2つの方法があります。

ここでは、ファイルコインの入手方法について解説していきたいと思います。

仮想通貨取引所で購入

残念ながら、現時点で日本国内の仮想通貨取引所でファイルコイン(FIL)は扱われていません。

そのため、海外の仮想通貨取引所を利用しなければなりません。

ファイルコインが上場されている仮想通貨取引所は多くありますが、その中で日本人も利用できるメジャーな取引所をいくつか挙げておきます。

ファイルコインを扱っている国外仮想通貨取引所
  • Binance
  • Bitfinex
  • Bittrex
  • OKEx
  • Huobi

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

これらの仮想通貨取引所では、日本円の利用はできません。

そのため、日本の仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、それをファイルコインが上場されている取引所の自己口座に送金し、ファイルコインを購入しなければなりません。

日本の仮想通貨取引所をこれから開設するなら、コインチェックがおススメです

ビットコインやイーサリアムはもちろん、日本の仮想通貨取引所では最も多くのアルトコインが扱われています。

また、もしファイルコインが日本の取引所に上場するなら、最初の取引所がコインチェックになる可能性は高いと言えるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

マイニングへの参加

直接マイナーとして参加するにはインフラ投資や設備管理が必要となりますが、マイナーに出資することでマイニング報酬が得られます。

定められた金額を支払うことで、期間中に得られたマイニング報酬の一部をリターンとして得られます

多くのマイナーが出資者を募っているので、期間やリターン率など、自分に合ったプランを選びましょう。

なお、マイニング報酬は当初から確約されているわけではなく、実績に応じて分配されます。

想定以上の報酬が得られる可能性もありますが、ライバルの増加やマイナーのトラブルなどにより想定のリターンが得られないことも想定されます

マイナーに出資する際は、リスクも十分に理解した上で参加することが大切であると言えるでしょう。

アルトコインを買うならコインチェック

名称CoinCheck(コインチェック)
ホームページCoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い仮想通貨17通貨
取引手数料無料
最低取引量500円

日本で最も多くのアルトコインを上場しているコインチェックでは、次の17種類の仮想通貨の取り引きが可能です。

コインチェックの取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジーコイン(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

また、日本の仮想通貨取引所で初めてとなるNFT市場『NFTマーケットプレイス』のリリースが発表されており、現在はベータ版が稼働しています。

コインチェックは、仮想通貨取引所のおすすめ比較ランキングでも1位で紹介しており、誰にでもおすすめできる仮想通貨取引所です。

まだコインチェックの口座をお持ちでないという方は、是非口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ファイルコインの特徴・価格動向のまとめ

今回はファイルコインの特徴や価格動向についてまとめていきました。

分散化ストレージサービスは今はまだ一般的なサービスとは言えませんが、データ通信の重要性は今後も高まる一方で、ファイルコインはより便利で快適な生活の実現を可能にする新しい技術です。

大手企業のICO参加やファンドの運用など、現在は大きく成長することが期待されており、現在もその期待通りに成長を続けています。

この記事のまとめ
  • ファイルコインは国内の仮想通貨取引所では扱われていない
  • NASDAQによるとビットコインを超える可能性がある仮想通貨の一つである
  • ファイルコイン信託の開始によって価格は初期と比べて約6倍まで上昇
  • 仮想通貨に興味があるなら、ファイルコインの上場も期待できるコインチェックがおすすめ

ファイルコインには新たなストレージサービスの雄としての活躍が期待されますが、その先にはビットコインを超えることもあるのかもしれません。

ファイルコインは、投資対象としても、新しい技術としても、非常に魅力的であると言われています。

これから投資をしていきたいと考えている方は、是非この記事を参考にしてみてください。

ファイルコインに興味があるなら、まずはコインチェックに口座を開設するところから始めてみてみてはいかがでしょうか。

まだ口座をお持ちでないという方は、是非口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Invest Naviの公式LINEではファイルコインに関する情報を定期的に配信しております。

まだ登録を済ませていないという方はこの機会に登録を済ませてみてください。

今なら登録するだけで200円相当のビットコインが無料で貰えるキャンペーンを行っていますので大変おすすめです。

公式LINE

\ 【10月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次
閉じる