プラチナCFDとは?特徴やおすすめ証券会社を紹介

貴金属のひとつである「プラチナ」は、宝飾用だけでなく排気ガス浄化装置やグリーン水素を生成する際などにも活用されるため、今後注目されている投資商品のひとつです。

プラチナを原資産とする取引にはさまざまなものがありますが、CFD取引に興味を持っている人もいるでしょう。

そこで今回は、プラチナCFDとはどういった取引なのか、プラチナの価格動向や今度の予想、最適な証券会社などについて解説していきます。

この記事の要点
  • プラチナCFDとは、プラチナを直接保有せずに「売り」と「買い」の差額で利益を得ることを目指す取引をいう
  • 2022年10月のプラチナ価格は安定している
  • 今後、燃料電池車や水素生成技術の発展に伴い需要が拡大する可能性がある
  • プラチナCFDを始めるなら「IG証券」が最適

プラチナCFDを始めるなら、実績豊富なIG証券が最適です。

さらに当サイトからIG証券に口座開設していただいた方限定で、「ノックアウトオプション」のまるわかりガイドブックをプレゼントしています。

まだ口座をお持ちでないという方は、この機会にぜひIG証券をチェックしてみてください。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

目次

プラチナ/プラチナCFDとは

そもそもプラチナとは一体どのような金属なのでしょうか?

ここではプラチナCFD/プラチナの概要について解説していきたいと思います。

プラチナとは

プラチナは、「白金(はっきん)」と呼ばれることもあり「ホワイトゴールド」と混同されがちですが、両者は別の貴金属で、明確に区別するために「プラチナ」という名称で呼ばれることが多いです。

1トンの原鉱石からわずか約3gしか取れず、その量は金の年間採掘量のおよそ20分の1とされ、レアメタルと呼ばれています。

プラチナの主な産出国は、南アフリカ共和国、ロシア、ジンバブエ、北米の4か国で、南アフリカ共和国が全体の約7割を占めています。

一方、日本は世界でも有数のプラチナ消費国で、結婚指輪や婚約指輪に多く利用されていることもあり、ひとり当たりの宝飾品としてのプラチナ消費量は世界トップクラスです。

しかしプラチナは宝飾品だけに利用されているわけではありません。

実は、宝飾品用のプラチナは全体の2~3割程度で、ほかにも自動車の排気ガスを浄化するために約3割、化学製品などにも約3割ほど利用されています。

なお、取引用に利用されるプラチナはごく数パーセントにとどまっており、取引額が高額になる要因のひとつとなっています。

プラチナCFDとは?

プラチナを投資対象とした金融商品はいくつかありますが、その中に「CFD」で取引する方法もあります。

CFD(Contract For Difference)とは、日本語で「差金決済取引」を意味しており、具体的には、プラチナを直接保有せずに「売り」と「買い」の差額で利益を得ることを目指す取引のことをいいます。

プラチナを原資産とするCFD取引を扱っている証券会社には、「IG証券」などがあります。

プラチナCFD を始める前に、まずは「デモ口座で体験してみたい」と思う人もいるでしょう。

IG証券」では、無料でデモ口座を開設し実際のプラチナCFDを体験することができますので、プラチナCFDに興味のある人は、ぜひ一度IG証券をチェックしてみてください。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

プラチナ価格の値動き

プラチナCFDに取り組む前に、プラチナはこれまでどのような価格変動があったのかを知ることは、利益を追求するうえで大切なことです。

そこで、2019年から2023年現在までの価格変動の様子を確認してみましょう。

プラチナ価格の値動き
引用元:TradingViewの提供チャート

上記のプラチナ価格のチャートを見ると、2020年3月に大幅な下落がありました。

これは、新型コロナウィルスの感染拡大による世界的な株安の影響を受け、プラチナ価格に大きな影響を与える金価格が急落したことが原因のひとつと考えられています。

また、円高が進むことで日本国内の金価格が下落し、その影響を受けたプラチナも下落したことも原因のひとつといえます。

しかしその後は徐々に回復し、同年11月に誕生したバイデン大統領が「クリーンエネルギー政策」を掲げたことで、燃料電池などの部品に必要なプラチナの価格が上昇することが見込まれ価格が上昇したと考えられます。

2021年2月に高値を付けましたが、その後は下落基調にあり、2023年4月は1006ドル付近で推移しています。

プラチナCFDをリアルタイムに取引するなら、利便性の良い取引ツールが欠かせません。

プラチナなら、CFD取引のできるIG証券が最適です。

この機会にぜひIG証券をチェックしてみてください。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

今後のプラチナ価格の予想

これからプラチナCFD取引を始める人にとって、今後のプラチナ価格がどのように変動していくのかは大変興味のあることでしょう。

もちろん、確定的なことは誰にもわかりませんが、これまでの価格動向やプラチナ需要などによって見通しを立ててみることができます。

「金(ゴールド)」よりも安いので投資的に魅力がある

貴金属の投資先として、プラチナのほかにも「金」など魅力的なものがありますが、金は1単位当たりの価格がプラチナのおよそ2倍もかかります。

高額な投資資金を用意できず少額から始めたいという人にとっては、同じ価格で約2倍の数量を保有できるプラチナはメリットが高いでしょう。

金の値上がりに伴いプラチナも値上がりする可能性がある

米国で金融緩和政策がとられると、景気回復への期待から株価や金の価格が上昇する傾向があります。

そして、株価の上昇はプラチナを利用する自動車の排ガス浄化装置関連の需要を増加させ、金の価格上昇は貴金属関連の価格を底上げする要因のひとつとなります。

貴金属は世界の経済状況によって大きく変動しますが、プラチナ価格も連動した動きを見せる傾向です。

このような株価と金の価格上昇により、プラチナ価格の価格も上昇することが予想できるでしょう。

燃料電池車の部品としての需要が高まっている

燃料電池車とは、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)といった「環境に配慮した次世代の車」のひとつです。

2023年現在においては、燃料電池車は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)と比較して知名度や認知度が高くはありませんが、今後の開発状況によっては成長の見込みがあり投資家にとっても関心のある分野でもあります。

水素生成技術の開発

2022年現在、全世界的に「脱炭素」への動きが目覚ましいですが、グリーン水素を生成するための「水素生成技術」にもプラチナが欠かせません。

今後も、このように環境に配慮した開発においてプラチナが必要になることが考えられ、需要がより高まることが予想されます。

米国のバイデン大統領は、クリーンエネルギー政策を推進することを表明していることから、今後も環境に配慮する開発が進むと考えられ、プラチナの価格も上昇する可能性があります。

プラチナCFDを始めるときは、証券会社選びがポイントになります。

IG証券」はプラチナCFDを取り扱っている数少ない証券会社のひとつで、初心者にも経験者にも最適な証券会社です。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

プラチナ相場の価格変動要因

プラチナ価格はどのような影響を受けて変動していくのでしょうか。

主に、自動車産業などからの需要や原産国での採掘量の増減、環境に配慮した新技術での需要などにより価格変動の影響を受けることが考えられます。

自動車産業や化学製品産業の需要

プラチナは自動車産業や化学製品産業に多く利用されていることもあり、それらからの需要が高くなると価格が上昇する傾向にあります。

新型コロナウィルス感染拡大予防のために経済活動が縮小・停止されていましたが、徐々に復活の兆しが見え、プラチナの需要も再び上昇することが見込まれます。

プラチナ産出量の増減

プラチナの産地は、冒頭でも紹介したように、南アフリカ共和国やロシアなど限られた国での採掘が全体を占めています。

需要の増減がプラチナ価格に影響を与えるように、供給量の増減もその価格に大きな影響を与えます

供給量が減少すれば価格は上昇し、増加すれば需要に追いつくため価格上昇は抑えられるでしょう。

新技術開発への需要

「今後のプラチナ価格の予想」でも解説したように、プラチナは燃料電池車や水素生成装置の部品など新技術の開発に必要なものです。

今後も脱炭素や環境保護といった動きはますます進むことが考えられるため、プラチナの需要が増加すると価格上昇につながるといえます。

プラチナの価格変動の要因を理解したら、さっそくプラチナCFDの取引にチャレンジしてみましょう。この機会にぜひIG証券をチェックしてみてください。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

プラチナCFDができるおすすめの証券会社

プラチナCFDの取引に対応しているおすすめの証券会社を紹介します。

IG証券

IG証券 公式ページ
CFD取扱銘柄数17,000銘柄以上
貴金属CFDの種類金、銀、銅、プラチナ、バラジウム
最低取引額5,876円~
スプレッド2
取引手数料無料
レバレッジ20倍
取引種類(プラチナ)CFD取引
詳細公式ページ
2023年2月2日現在

IG証券は、プラチナCFDの取扱いのある数少ない証券会社で、これからプラチナCFDを始めたい人に第一におすすめしたい証券会社です。

商品CFDではプラチナ以外にも金や銀、銅、バラジウムといった貴金属のほか、原油や天然ガス、小麦やコーンなどの幅広い商品も取り扱っています。

IG証券は手数料無料で、スプレッドも業界最狭レベルなのでコストを抑えた取引が可能。

また、取引チャンスを逃さないためには充実した取引ツールが欠かせませんが、IG証券からはWebはもちろんのことスマートフォンやタブレットにも対応した高性能な取引ツールが提供されています。

初心者から経験者まで、世界で幅広く支持されているIG証券なら安心してプラチナCFDの取引を始められるでしょう。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

SBI証券

SBI証券Top
取扱銘柄数米国株式:4,515銘柄、IPO:75銘柄
貴金属取扱銘柄金、銀、プラチナ
最低取引額定額積立買付:1,000円〜
取引手数料1.65%
取引種類(プラチナ)定額積立、現物取引
詳細公式ページ
2023年1月23日現在

SBI証券では、プラチナCFDの取り扱いはありませんが、積立投資なら取引をすることができます。

最低取引額が1,000円からと少額でも可能なので、まとまった資金が準備できない人でも気軽に始めることができ、手数料も以前は2.2%でしたが、その後1.65%に引き下げられています。

SBI証券は、国内株式個人取引シェアNo.1の人気のある証券会社なので、プラチナの積立投資を始めるにはおすすめの証券会社です。

また、Tポイントを購入代金に充てることもできるので、実際のお金で取引を始める前にお試しで始めるのも良いでしょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

まとめ

この記事ではプラチナCFDについて、プラチナの価格動向や今後の予想、価格変動要因やおすすめの証券会社などを中心に解説してきました。

この記事のまとめ
  • プラチナCFDとは、プラチナを直接保有せずに「売り」と「買い」の差額で利益を得ることを目指す取引をいう
  • プラチナ価格は新型コロナウィルス感染拡大で一時下落したものの、2023年2月現在において安定している
  • 今後、環境への配慮がますます高まることが予想され、プラチナ需要が拡大する可能性がある
  • プラチナCFDを始めるなら「IG証券」が最適

プラチナは、宝飾品だけでなく車の排気ガス浄化装置やグリーン水素の生成などに必要な貴金属で、今後も環境に配慮したさまざまな開発が推進されることを考慮すると、ますます注目される資源といえます。

プラチナCFDとして取引を行いたい人は、証券会社を選ぶことから始めます。

この機会にぜひIG証券をチェックしてみてください。

不安な人は、まずは無料のデモ取引から始めて、その感触を味わってみるのもおすすめです。

\ タイアップキャンペーン実施中!/

運営ポリシー

コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。株式・為替・仮想通貨をはじめ、各分野に精通した編集者によって、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる情報配信を行なっております。

目次