仮想通貨HOT(Holochain/ホロチェーン)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!

Holo(HOT)は、クラウドストレージによる分散型アプリケーション向けのP2Pプラットフォームです。

独自の技術やサービスを提供しており、利用者がより早く利便性の高いインフラにアクセスできることを目指しています。

この記事はそんなHolo(HOT)の特徴や価格の動向、今後の価格の予測を解説していきます。

Holo(HOT)に関心がある方や購入を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Holo(HOT)は分散型アプリケーションによるP2Pプラットフォーム
  • 独自のシステムを適用しており、ユーザーがパソコンのコンピュータ能力を販売可能なプラットフォームを提供
  • 今までの価格はサービス展開の情報や分散型アプリプラットフォームを提供している仮想通貨の需要に影響を受けていた
  • 今後はシステム開発の進捗やdAppsの需要に影響を受けて価格が上昇する可能性がある
  • 海外取引所のみの取り扱いのため、購入の際はコインチェックなどの国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入し、送金するのがおすすめ

Holo(HOT)は国内取引所では取り扱っておらず、国内取引所で取引ペアの通貨を購入した上で海外取引所でHolo(HOT)を購入する必要があります。

国内取引所は国内最大規模の取引所であるコインチェックがおすすめです。

アプリダウンロード数No.1と圧倒的な実績を誇っており、安心して取引を行うことができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

仮想通貨Holo(HOT)とは

仮想通貨名Holo(HOT)
シンボルHOT
価格(2021年10月時点)約1.06円
時価総額(2021年10月時点)¥183,746,900,310
市場ランキング(2021年10月時点)71位
取り扱い取引所国内取引所での取扱いは無し
公式サイトhttps://holo.host/
2021年10月11日の値

Holo(HOT)は、クラウドストレージによるインフラに基づく分散アプリケーション向けのP2Pプラットフォームです。

Holo(HOT)は、相互作用や関係が一元化されたエンティティによって指示されたり見落とされたりせず、情報が不道徳にコモディティ化されない「より人間的なインターネット」の作成を目指しています。

Holo(HOT)は海外取引所のみの取り扱いとなりますので、購入する場合は国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアとなる仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してHolo(HOT)を購入する必要があります。

まだ国内取引所で口座を開設していない場合は初心者向けで有名なコインチェックがおすすめです。

コインチェックはシンプルなデザインに定評があり、使いやすのですぐに取引を行えるようになります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)の特徴

2017年から開発されているHolo(HOT)は、ユーザーが自身のコンピューターの計算能力を価値に変えることが可能なプラットフォームを提供しています。

ここではHolo(HOT)の特徴について詳しく説明していきます。

ジブラルタルを拠点に設立された

Holo(HOT)は、2017年にArthurBrock氏とEricHarris-Braun氏によってジブラルタルを拠点に設立されました。

Holo(HOT)は2回の資金調達ラウンドで2,040万ドル以上を集めています。

2018年4月に行われた最後の資金調達ラウンドでは、Holo(HOT)プロジェクトは米国の大手企業のベンチャーキャピタルである、カーディナルキャピタルから資金提供を受けています。

複数のサービスに応用可能なP2Pネットワークを提供している

Holo(HOT)は、完全に分散化されたP2Pアプリケーションを構築するためのオープンソースフレームワークです。

Holo(HOT)のプラットフォームは、復元力がありスケーラブルで(拡張性がある)、ブロックチェーンよりも数千倍効率的であり、さらにトークンやマイニングは必要ありません。

また、ルールを指示したり一方的に変更したりする権限に依存することなく、共有されたルールのセットに相互に同意することによって、人間が相互にコミュニケーションできるようにすることを目指しています。

P2Pの相互コミュニケーションとは、データを収集、販売、または紛失する仲介者(Google、Facebook、Uberなど)なしで、データを所有および管理することを意味します。

サービスで利用されたデータはユーザーを中心に活用され、より利便性が高くカスタマイズが可能なアプリケーションを構築することが可能です。

Holo(HOT)は様々な活用が想定されており、主に以下のような用途が想定されています。

Holo(HOT)の想定される用途
  • ソーシャルネットワーク
  • サプライチェーン
  • P2Pプラットフォームの協同組合(例:UberまたはAirbnbの共同所有バージョン)
  • 評価システム
  • 集合知(例:ガバナンス、ワークフロー、フィードバックシステムなど)
  • コラボレーション(例:ディスカッション掲示板、スケジュール設定、ウィキなど)

現在上記の用途以外にも様々なアプリケーションがHolo(HOT)上で動いており、活用されています。

利用者がデータを提供し報酬を得る仕組みを提供することでP2P市場を実現

Holo(HOT)は、ネットワーク参加者が計算能力を使用して報酬を受け取ることにより、ネットワーク全体に分散された分散型アプリケーションのホストになることができるアプリのP2P市場を提供します。

P2P市場のシステム上では、Holochainを中心として様々な機能が独自の役割を果たし、分散化されたP2P市場を実現しています。

Holo

Holoはユーザーのコンピューターの計算リソースをHolochainネットワークに接続し、提供するための仲介ソフトウェアです。

Holoのソフトウェアをインストールすることで、予備のストレージや計算能力を他のユーザーに共有することと引き換えにその報酬を「HoloFuel」として現金化します。

Holo ではデータを共有するhApp、ホストに関連する料金、およびアプリケーションの優先度を選択することが可能です。

HoloPorts

HoloPortsは、Holoと同様にコンピュータの余力の計算リソースをHolochainネットワークに提供することが可能な外付けのハードウェアデバイスです。

ユーザーは余力の計算リソースをHoloPortsを通してHolochainの機能に提供することで報酬として「HoloFuel」を得ることが可能です。

HoloFuel 

HoloFuel は、Holochainネットワークでの計算能力の交換を通じて利用可能な「資産担保相互クレジット通貨」です。

HoloFuelはユーザーがHolochainに対して自身のコンピュータのリソースを提供した報酬として提供されます。

HoloFuelは、価格が外貨や商品に固定されておらず、ユーザーが提供したデータの帯域幅、ストレージ、および処理時間の組み合わせなどの計算単位で評価されて提供されます。

獲得したHoloFuelはプラットフォーム上で仮想通貨HOTトークンに1:1で変換することができ、仮想通貨として利用が可能です。

今後、システム開発が進むことによってHoloFuelを公開市場で自由に販売したり、ネットワーク上の計算能力と交換したりできるようになる予定となっています。

Holochain Application(hApps)

Holochain Application(hApps)はHolochain上に構築されている分散型アプリケーションです。

Holochainを使用すると、ユーザーはネットワーク上でHolochain Application(hApp)を構築することや、アクセスすることが可能です。

開発では、Githubから入手できるプログラムを通してhAppを作成可能であり、Holochainでは開発者が利用できるさまざまなツールが提供されています。

ユーザーは、Holoを通してHolochainアプリケーションを通して提供した余力のデータセットはhAppの計算余力にも使用されます。

独自のコインとしてHOTトークンを発行している

HoloのトークンであるHOTは、2018年のICO後に発売された、ERC-20トークンです。

HOTトークンは、メインネットのリリース時にHoloFuelを交換可能な「IOU(借用証明書)」として販売されました。

プラットフォーム上でコンピュータの余力と引き換えに得たHoloFuelはHOTトークンに交換することで仮想通貨として利用可能です。

独自のシステムを適用している

Holo(HOT)は、独自のブロックチェーンとして分散ハッシュテーブル(DHT)を利用することで運用コストを削減し、企業ではなく人々に有利に機能することで、インターネットの使用方法に革命を起こすことを目指しています。

※Holo(HOT)は厳密にはブロックチェーンとは似て非なるものです。

既存のブロックチェーンテクノロジーとHolo(HOT)の分散ハッシュテーブル(DHT)の主な違いは、トランザクションを検証・確認するアプローチ方法です。

ブロックチェーンでは、ネットワーク内のすべてのノードが、Proof-of-Work(PoW)コンセンサスアルゴリズムを使用してコンセンサスを達成する必要があります。

また、プルーフオブステーク(PoS)アルゴリズムの一部のは、トランザクションを検証するためにネットワークの過半数の確認が必要となります。 

一方で、分散ハッシュテーブル(DHT)の場合、ハッシュチェーンアプローチは「ユーザー中心」になります。

「ユーザー中心」とは、個々のユーザーのノード自体がトランザクションを検証および確認できることを意味します。

このシステムでは透明性を担保するためにネットワークの残りの部分にブロードキャストされ、隣接しているノードが検証を再確認することで真正性を担保しています。 

Holo(HOT)の分散ハッシュテーブル(DHT)は既存のブロックチェーンの課題で合ったスケーラビリティを解決します。

既存のブロックチェーンではブロックチェーンネットワークがノードの追加とともに成長するにつれて、トランザクションを確認するためにエネルギーを増やす必要があります。

そのために、様々なブロックチェーンシステムがレイヤー2ソリューションの開発を含め、解決に取り組んでいます。

Holo(HOT)は、 ごく少ないノードからの承認でブロックが生成されるために、このスケーラビリティを解決し得ると考えています。

Holo(HOT)を購入する場合は国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金してHolo(HOT)を購入するようにしましょう。

国内取引所はアプリダウンロード数1位のコインチェックがおすすめです。

コインチェックの取引アプリはデザイン性に優れ、外出先での価格のチェックや取引にとても便利だと好評です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)の現在の価格動向

Holo(HOT)は現在、どのような価格動向となっているのでしょうか。

Holo(HOT)の9月から10月の価格の動きを見てみましょう。

引用:TradingViewの提供チャート

Holo(HOT)は9月に入った後大きく価格が下がり、その後10月になって価格が上昇しているように見えます。

これはビットコインを筆頭とした仮想通貨市場全体の価格の流れに連動した動きをしていると考えられます。

9月は中国の不動産企業、恒大のデフォルト危機を不安視した投資家がリスク資産から資金を引き上げたことや、中国が仮想通貨を全面禁止することを決定したことから仮想通貨市場全体で価格が大きく下落しました。

また、10月はFRB議長のパウエル氏がFRBが仮想通貨を禁止しない、という仮想通貨を容認するとも取れる発言をしました。

さらに、機関投資家が投資ポートフォリオを分散させるために仮想通貨を購入する動きをしたことによって仮想通貨市場全体の価格が上昇しました。

Holo(HOT)は9月10月において上記の仮想通貨の価格の動きに沿う形で価格が動いていると考えられます。

Holo(HOT)は海外取引所のみの取り扱いになりますので購入のためには国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して購入する必要があります。

国内取引所は利用者の利便性に注力しているコインチェックがおすすめです。

コインチェックは2014年から仮想通貨取引所を営んでいるいわば老舗の仮想通貨取引所であり、その運営ノウハウを活用して利用者にとって心地よい仮想通貨取引体験を提供しています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)のこれまでの価格動向

2021年9月以前の価格の動きはどのような状況だったのでしょうか。

ポイントをあげて説明していきます。

Holo(HOT)のこれまでの価格動向
  • 上場後2021年に入るまで価格は低調
  • 2021年3月から4月にかけて暴騰
  • 2021年6月、7月は低調も、8月に高騰

上場後2021年に入るまで価格は低調

引用:TradingViewの提供チャート

2018年の上場後、価格0.0005ドル前後でしばらく停滞していました。

価格が大きく変化したのは2021年に入ってからになります。

2021年3月から4月にかけて暴騰

引用:TradingViewの提供チャート

2021年の3月になり、Holo(HOT)の価格は暴騰します。

3月の半ばから4月上旬にかけて価格は約1,000%上昇しています。

これは、分散型アプリケーションプラットフォームのニーズの高まりに加えて、サービスの一つであるHoloLimitedが3月25日に米国特許を取得したことにあると考えられています。

分散型アプリケーションプラットフォームとして注目されていたところに加えてHoloLimitedが米国の特許を取得したことによってサービスの信用性や将来性が高いと判断され、価格が暴騰したと言われています。

2021年6月から7月は低調も、8月に高騰

引用:TradingViewの提供チャート

2021年6月から7月にかけてはHolo(HOT)は低調となりますが、8月にかけてイーサリアムを中心とした分散型dAppsプラットフォームの価格が急上昇する現象に連動して価格が上昇しています。

8月の価格の上昇率は1ヶ月で約120%です。

8月はやや高値で動きますが、9月以降は前述の通り、下落傾向となっていきます。

Holo(HOT)は国内取引所の取り扱いはしていませんので購入の際は国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入して海外取引所に送金し、海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所の利用はセキュリティ保全が手厚いコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)の価格上昇のポイント

Holo(HOT)はどのようなきっかけで価格が上昇しているのでしょうか。

今までの価格の動きから価格上昇のポイントを次の通りにまとめました。

Holo(HOT)の価格上昇のポイント
  • サービス普及に関連するニュース
  • ビットコインなど仮想通貨の人気の高まり
  • アプリケーションプラットフォーム関連通貨の上昇

サービス普及に関連するニュース

2021年3月にみられるように、Holo(HOT)のサービスがより普及している・すると捉えられる情報の公開は価格上昇のきっかけとなると考えられます。

サービスがより普及した場合、Holo(HOT)の流通量が増加し、利用者も増えると考えられます。

利用者が増加した場合、Holo(HOT)の需要が増加し、より価格が上昇することが予測されます。

ビットコインなど仮想通貨の人気の高まり

仮想通貨市場の人気の上昇もHolo(HOT)の価格の増加の一因と考えられます。

Holo(HOT)は次世代のシステムを開発・提供しているため、次世代の仮想通貨としてビットコインと連動性を持つ傾向があります。

そのため、ビットコインを筆頭とした仮想通貨市場の価格の動きと反する大きな動きは見られていません。

アプリケーションプラットフォーム関連通貨の需要の上昇

Holo(HOT)は分散型アプリケーションプラットフォームのため、イーサリアムを筆頭とした分散型アプリケーションプラットフォーム関連通貨の需要が増加するとHolo(HOT)の需要も高まります。

近日NFTDeFiなどの人気が高まり、同時に分散型アプリケーションの人気は上昇する傾向にあります。

Holo(HOT)も分散型アプリケーションプラットフォームを提供する銘柄として注目を浴び価格が上昇していると考えられます。

Holo(HOT)を購入する場合は国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所の利用は利用者サービスが手厚いコインチェックがおすすめです。

コインチェックは電話での問い合わせ窓口を提供しているため、困ったことが合ってもすぐに解決することができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)の今後の見通し・予想

Holo(HOT)の価格は今後どのように変化していく可能性があるでしょうか。

Holo(HOT)の価格の見通しや予測を次の通りにまとめてみました。

Holo(HOT)の今後の見通し・予想
  • DeFi関連銘柄の需要の高まりによって価格が上昇する可能性がある
  • システムアップデートによって価格が上昇する可能性がある
  • サービスの展開や企業との提携によって価格が上昇する可能性がある

分散型アプリケーションプラットフォームの需要の上昇によって価格が上昇する可能性がある

Holo(HOT)は分散型アプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨です。

そのため、イーサリアムを筆頭とする分散型アプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨の需要が高まり価格が上昇すると、Holo(HOT)も連動して価格が上昇する傾向にあります。

今後NFTやDeFiなどのdAppsはますます人気を高めていく可能性が高いです。

そのため、Holo(HOT)も連動して価格が上昇する可能性があると考えられます。

システムアップデートによって価格が上昇する可能性がある

Holo(HOT)のプラットフォームの開発はフェーズ1からフェーズ3まで存在し、現在最終段階のフェーズ3に差し掛かっています。

最終段階のフェーズ3は公開されているロードマップ上では2020年、2021年に終了する予定となっています。

このフェーズ3の開発が終了した段階で、Holo(HOT)は大きく上昇する可能性があると考えられます。

開発が進捗し、終了したということはプロジェクト自体の有用性が高く、信用できると判断して投資家が購入すると考えられるためです。

サービスの展開や企業との提携によって価格が上昇する可能性がある

2021年3月の上昇でもみられるように、Holo(HOT)のサービスが展開していくことにより、今後Holo(HOT)の価格が上昇していくことが考えられます。

サービスが展開し、利用者が増加すると、Holo(HOT)の流通量が増加するためです。

同様の理由で、今後企業との提携が進んでいくこともHolo(HOT)の価格上昇の要因となると考えられます。

Holo(HOT)は国内取引所の取り扱いがありませんので国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所の利用では、お得に取引できるコインチェックがおすすめです。

コインチェックは取引手数料が無料のため、気軽に取引を行うことができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)を購入できる取引所

Holo(HOT)を購入するにはどの取引所を利用すれば良いのでしょうか。

Holo(HOT)を購入可能な主要な取引所は次の通りです。

Holo(HOT)を購入できる取引所
  • Binance(バイナンス)
  • CoinEx(コインエクスチェンジ)
  • Oceanex(オーシャンエクスチェンジ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • BitMart(ビットマート)
  • HotBit(ホットビット)

海外取引所は取り扱いコインやデザイン、セキュリティやサービスなどにおいて様々な違いがあります。

自分のニーズに合っており、使いやすい取引所を選ぶことがおすすめです。

※海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないので利用には十分注意してください。

海外取引所を利用することを躊躇っている場合はまず国内取引所でアルトコインの購入から初めてはいかがでしょうか。

国内取引所の一つであるコインチェックは業界最多の17種類の仮想通貨を取り扱っているため、自分の好みの仮想通貨を見つけて購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨取引ならコインチェックがおすすめ

コインチェック 新サムネイル

Holo(HOT)を購入する場合は国内取引所を挟んで海外取引所で行う必要があります。

具体的な手順は次の通りです。

Holo(HOT)の購入手順
  1. 国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアであるビットコインやイーサリアムを購入する
  2. ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でHolo(HOT)を購入する

国内取引所で購入可能なHolo(HOT)の取引ペアはビットコインやイーサリアムであることが多いのでビットコインかイーサリアムを購入することがおすすめです。

まだ国内取引所に口座を持っていない方はコインチェックで口座開設することがおすすめです。

アプリダウンロード数もNo.1となっており、安心して取引を行うことができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Holo(HOT)のまとめ

この記事では、分散型アプリケーションプラットフォームであるHolo(HOT)について解説しました。

Holo(HOT)はシステム開発も終了間際であり、サービス展開など含め今後ますます利用者への普及が進むプロジェクトです。

Holo(HOT)の今後の動きに注目していきましょう。

Holo(HOT)のまとめ
  • P2Pの分散型アプリケーションプラットフォームの実現を目指す仮想通貨プロジェクト
  • ユーザーが自身のコンピュータの計算リソースを共有するプラットフォームを提供する機能や独自のシステムを開発
  • 今までの価格の動きは分散型アプリケーションプラットフォーム関連通貨の需要やサービスの展開の情報に影響されている傾向がある
  • 今後は分散型アプリケーションプラットフォーム関連通貨の需要やシステムの開発の進捗に影響を受ける可能性がある
  • 国内取引所での取り扱いはないため、購入の際はHolo(HOT)の取引ペアをコインチェックで購入し、海外取引所に送金して購入する方法がおすすめ

Holo(HOT)は国内取引所での取り扱いがないため、国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアを購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

海外取引所を利用することに抵抗がある方も、まずは国内取引所でビットコインなどの仮想通貨に挑戦してはいかがでしょうか。

国内取引所でビットコインを購入する際は「ビットコインでんき」や「ビットコインレンディング」などのサービスを提供しているコインチェックを利用すると、取引以外の様々なサービスを通して仮想通貨を利用してみることが可能です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる