仮想通貨 Kadena(KDA)とは?特徴と今後の予想/見通しを解説[カデナ]

仮想通貨の中で処理速度がトップレベルのKadenaという仮想通貨はご存じでしょうか。

Kadenaの処理速度は速いことで有名なSolanaを超えるほど高速で、トランザクションの観点から非常に注目されている通貨です。

そして、Kadenaはまだ、少数の取引所にしか上場していないのにも関わらず、時価総額が¥53,320,797,560(2022年8月現在)で時価総額の順位が103位(2022年8月現在)となっています。

この記事では、そんなKadenaの「特徴」や「今後の見通し」についてまとめています。

この記事の要点
  • Kadenaは非常に高いスケーラビリティを持つ
  • KadenaはコンセンサスアルゴリズムにPoWを使用
  • KadenaのパートナーにはCOSMOSやPolkadotなどが存在
  • Kadenaは今後も値上がりする可能性がある
  • Kadena(KDA)を購入するためのビットコインはコインチェックから入手できる

Kadena(KDA)はまだ国内取引所には上場していません。

そのため、Kadena(KDA)を購入するにはコインチェックなどの国内取引所でビットコインを購入し、海外の仮想通貨取引所へ送金する必要があります。

一度下記のボタンからコインチェック公式ページを確認してみると良いかもしれません。

目次

仮想通貨Kadenaとは?

Kadena 公式
引用:Kadena公式HP
プロジェクト名Kadena
ティッカーシンボルKDA
現在の価格¥288.00
時価総額¥53,223,599,981
取扱取引所KuCoin Gate.io Bittrx
公式サイトhttps://kadena.io/
2022年8月現在

BitcoinやEthereumなどをマイニングするには、大きな電力やマイニング費用がかかり、以前から問題視されていました。

Kadenaは、このBitcoinやEthereumなどの主要仮想通貨の抱えるいろいろな問題の解決に取り組んでいるプロジェクです。

その結果、Kadenaはスケーラビリティ問題を解決しながら、電力消費を抑えた、非常に扱いやすい通貨となっています。

Kadenaの機能が今後も向上すれば、Ethereumを超える通貨になる可能性があります。

スケーラビリティ問題とはネットワークが混雑しすぎて、取引の遅延や取引手数料の高騰などが起こってしまう問題のことを指します。

仮想通貨Kadenaの特徴

ここでは、今注目されているKadenaの特徴について解説していきます。

Kadenaは以下の5つの特徴があります。

Kadenaの5つの特徴
  • 非常に高いスケーラビリティ
  • PoWを採用
  • ガス代が不要
  • パートナーが優秀
  • JPモルガン出身者が創設

非常に高いスケーラビリティ

Kadenaのスケーラリビティ(処理速度)は非常に優秀です。

高いスケーラリビティ(処理速度)で有名なSolanaのトランザクション処理数は毎秒数万件です。

一方、Kadenaのトランザクション処理数は毎秒48万件とされており、Solanaの数倍の速さを持っています。

KadenaはChainwebという機能によって、この高いトランザクション数を可能にしています。

PoWを採用

KadenaはコンセンサスアルゴリズムにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。

PoWはマイニング時の消費電力が高く、電力消費面の観点であまり好まれません。

そのため、新しい仮想通貨ではPoSや別のコンセンサスアルゴリズムを使用することが多いです。

なぜKadenaはPoWを採用しているのかというと、KadenaはPoWのデメリットをなくすために作られたプロジェクトだからです。

KadenaはPoWのデメリットであるマイニングによる消費電力の多さをChainwebの機能によって改善できています。

つまり、PoWのデメリットがほとんどない状態で、Kadenaを取引することが可能になっています。

コンセンサスアルゴリズムのPoWとPoS

仮想通貨に使われているコンセンサスアルゴリズムには、主にPoW(プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の2種類があります。

PoWはBitcoinやEthereumなど、初期の仮想通貨に使われているコンセンサスアルゴリズムです。

一方、PoSは現在の仮想通貨の主流で、Ethereumも今後、PoSに移行することが明言されています。

PoWとPoSのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリットデメリット
PoWセキュリティが高い電力消費が激しい
マイニング費用が高い
PoS電力消費がPoWよりも低い
マイニング費用が安い
流動性が低くなる

ガス代が不要

Kadenaはガス代が不要、またはほとんどかかりません。

ですので、Kadenaの取引やエコシステムを利用するときにはコストの心配をする必要があまりないです。

現在、イーサリアムは取引が集中すると「ガス代の高騰」や「トランザクション詰まり」が発生します。

そのため、Kadenaはガス代がかからない分、Ethereumと比べてDappsの開発や利用がしやすいということです。

Ethereumのスケーラビリティの問題が解消しなければ、KadenaはEthereumに変わる可能性のある通貨だと言われています。

パートナーが優秀

Kadena公式HPのパートナー一覧
引用:Kadena方式HP

Kadenaは非常に優秀な企業やプロジェクトとパートナー関係にあります。

例えば、COSMOSPolkadot、Terraなどのすでに著名なプロジェクトともパートナーになっています。

そのため、Kadenaの今後の開発にも期待を持つことができそうです。

Polkadotはビットフライヤーで、COSMOSはGMOコインで簡単に買うことができます。

気になる方は是非公式サイトを確認してみましょう。

\ 1円から投資可能!/

JPモルガン出身者が創設

Kadena チーム
引用:Kadena方式HP

Kadenaの創設者には3人います。

創設者のうち、2人がアメリカの大企業であるJPモルガンの出身者です。

1人目はスチュアート・ポープジョイ氏です。

スチュアート・ポープジョイ氏はJPモルガンでシステム構築の仕事をおこなっていました。

そして、2人目はウィル・マルティーノ氏です。

ウィル・マルティーノ氏はJPモルガンでブロックチェーンのアドバイザーとして仕事をしていました。

JPモルガン出身ではない3人目創設者は、スチュワート・ハーバー氏です。

スチュワート・ハーパー氏は、ビットコインが開発されるより前にブロックチェーンの論文を出しているほどブロックチェーンに詳しい人物です。

JPモルガン出身の2人とブロックチェーン第一人者が中心となってKadenaのプロジェクトは始まりました。

既存の金融のスペシャリストとブロックチェーンのスペシャリスト、どちらも開発陣にいるのは大きな強みでしょう。

仮想通貨Kadenaの今後の見通し

続いて、Kadenaの今後の見通しについて解説していきます。

Kadenaは技術的には素晴らしい通貨ですが、知名度はまだまだ足りていません。

そのためKadenaの価格が上昇するにはさまざまなことが必要ですが、ここでは価格上昇に必要な2つのことについて解説しています。

Kadenaの上昇に必要な2つのこと
  • エコシステムにどれだけ優秀なDappsを集められるか
  • ネットワークの安定性があるのか

エコシステムにどれだけ優秀なDappsを集められるか

Kadenaの価格上昇には、Kadenaのエコシステムに優秀なDappsを集める必要があります。

イーサリアムがもはや性能的には時代遅れで、多くの人がスケーラビリティ問題に多くの不満を抱えているにも関わらず人気なのはDappsに優秀なものが非常に多いからです。

なのでKadenaに「ガス代が不要」や「トランザクション処理数が高い」というメリットがあっても、使えるDappsがないとそれだけではKadena(KDA)の価格は長期的には上昇しにくいでしょう。

Kadenaは現在、一つのプラットフォームで様々なゲームができる「UFOgaming」や「Hypercent Launchpad」というプロジェクトなど、新しいDappsが出てきています。

この調子でDappsが増えれば価格も上昇すると考えられます。

ただし、良いDappsが出てこなければ、Kadena(KDA)の価格も下がってしまう可能性があるので注意が必要です。

ネットワークの安定性があるのか

Kadenaの価格上昇には、ネットワークの安定性が必要です。

高いトランザクション数と安価なガス代を誇るSolanaPolygonも、ネットワーク障害が起こると価格が下落しています。

Solanaは過去に3回ほどネットワーク障害が起きて価格が下がっています。

なかでも、ネットワークが48時間も停止した際は価格が40%以上下落したことがあります。

そのため、Kadena(KDA)の価格が下がらないためには、ネットワークの安定性が必要不可欠です。

仮想通貨Kadenaの今までの価格動向

仮想通貨Kadenaの今までの価格動向
引用:tradingview

上記画像は、Kadena(KDA)とUSDTの日足チャートです。

2021年10月〜11月ごろで、Kadena(KDA)が海外取引所に上場したことで高騰しています。

上場する前の価格と比べると、10倍以上の値上がりをしています。

そして、2021年11月の中頃から上場による高騰が落ち着き、2023年1月末まで下降トレンドが続いていました。

しかし、黄色の丸をつけている2022年1月末に底値をつけ、その後は下落基調に推移しています。

今後のKadena(KDA)の開発状況によっては、価格が上昇していくことが考えられます。

仮想通貨Kadenaの入手方法

それでは、価格の上昇が見込まれるKadena(KDA)の購入方法をご紹介します。

Kadena(KDA)は国内の取引所には上場していません。

そのため、海外の取引所でKadena(KDA)を購入する必要があります。

Kadena(KDA)の購入する手順は以下のとおりです。

Kadena(KDA)を購入する3つの手順
  • 手順1 国内取引所でビットコインを購入する
  • 手順2 購入したビットコインを海外取引所に送金する
  • 手順3 送金したビットコインでKadena(KDA)を購入する

Kadena(KDA)を購入するには、国内取引所でビットコインを購入する必要があります。

Kadena(KDA)を手に入れるためのビットコインは、国内取引所のコインチェックから購入することが可能です。

コインチェックはビットコインの売買手数料が無料です。

そのため、結果的にKadena(KDA)を購入するコストを抑えることができます。

まだ、国内取引所を持っていないという方は、一度コインチェック公式HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨Kadenaのまとめ

今回の記事では、仮想通貨Kadenaの「特徴」や「今後の見通し」、「Kadena(KDA)の購入方法」についてまとめました。

Kadena(KDA)が、他の主要取引所へ上場したり、優秀なDappsが展開されると、もう一度大きく値上がりする可能性が大いにあります。

最後にKadenaのまとめです。

Kadenaのまとめ
  • Kadenaは高いトランザクション処理数を誇っている
  • Kadenaの創設者のスチュアート・ポープジョイ氏とウィル・マルティーノ氏はJPモルガン出身
  • Kadenaはガス代が非常に安いまたは不要
  • エコシステムに優秀なDappsを集められればKadena(KDA)の価格が上昇する可能性がある
  • Kadenaに必要なビットコインはコインチェックから手に入れることが可能

Kadena(KDA)は国内取引所から直接購入できません。

そのため、国内取引所で購入したビットコインを海外取引所に送金し、それを元に購入する必要があります。

送金するビットコインは国内取引所のコインチェックから購入することができます。

まだ国内取引所を持っていない方は、取引所手数料が無料のコインチェック公式HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる