マネースクエアの評判や口コミは?特徴やメリット、口座開設方法まで徹底解説!

「マネースクエア」は、リピート系自動売買機能の「トラリピ」を開発した事で有名な、国内FX業者です。

トラリピは特許を取得しているため、この機能を使いたい人には圧倒的におすすめできる業者となります。

本記事では、そんなマネースクエアの特徴や、メリット・デメリット、評判や口コミについて、分かりやすく解説していきます。

マネースクエアを使って取引を行ってみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • マネースクエアのトラリピなら24時間、設定した通りに自動でトレードしてくれる
  • 中長期の運用や大きな資金を使った取引に向いている
  • 投資に関する情報や学習コンテンツが豊富に提供されているので、初心者にもおすすめ
  • 取引量に応じてポイントがもらえ、現金やAmazonギフト券に交換できる

マネースクエアは2002年に創業された、国内でも老舗の部類に入るFX業者です。

大人気FX自動売買ツールである「トラリピ 」も利用することができますので、自動取引に興味のある人はぜひマネースクエアで口座開設をしてみてください。

目次

マネースクエアの概要

名称株式会社マネースクエア
スプレッド非公開
提供サービスFX:15通貨ペア
CFD:株価指数(日経225/NYダウ/DAX/FTSE100)、ETF金/原油)など
売買単位1,000通貨単位
取引手数料無料
ロスカット証拠金維持率100%未満
入金手数料振込み入金:ユーザー負担、クイック入金:無料
出金手数料無料
詳細マネースクエアの公式サイト
南アランド/円、メキシコペソ/円は1万通貨単位

マネースクエアは赤坂に本社がある国内のFX業者です。

2002年にマネースクウェア・ジャパンとして創業、その後、2018年に社名をマネースクエアに変更しました。

スクエアは英語で平方・正方形という意味で、会社のロゴもその形をイメージした形となっています。

提供しているサービスも社名にそろえてマネースクエアFXと呼ばれており、主力であるトラリピは、代表的な自動取引のブランドとして有名です。

マネースクエアは国内で20年近い運用実績があり、高い信頼性を持っています。

「毎日が財産になる」をスローガンに、「アイデアとテクノロジーでNIPPONの資産運用の未来を創る」をビジョンに据えています。

マネースクエアには、お金の広場、投資の広場という意味と、トレーダーの資産が二乗のスピードで増えていくという意味が込められています。

特に近年はセキュリティ面を強化しているので、FX口座をまだ持っていない方は、ぜひこの機会に開設を検討してみましょう。

マネースクエアのメリット

マネースクエアは、他社にはない強みをいくつも持っています。

そこでまず、それらのメリットについて見ていきましょう。

話題のトラリピが利用できる

トラリピ トプ画

マネースクエアのメリットは、なんと言っても自動売買がリピートできる「トラリピ」が使える事です。

口座を開設している人の実に84.3%が利用しています。

トラリピとは?

トラリピは「トラップ(罠)、リピート(繰り返し)、イフダン」の略称、つまり「イフダンを罠のように繰り返す」という意味になります。

イフダンとは「幾らになったらエントリーし、幾らになったら決済する」という2つの予約を同時に行う事です。

通常のイフダンは一回取引を行うとそこで終了しますが、トラリピイフダンを価格の上下に等間隔に設定し、細かい売買を繰り返して利益を狙います。

トラリピのメリット

取引内容の設定をすれば後は自動で済むので、肉体的にも精神的にも負担が減ります

小さな取引を繰り返すので、一気に損失を出すリスクを下げられるのも特長です。

また、知識や経験もそれほど必要となりません。

一般の取引では過去のチャートやニュース、経済指標や金利など多くの要素を分析しながら、相場の上下を予想します。

しかしトラリピでするのは上か下かの方向ではなく、上下する範囲の予想です

トラリピのデメリット

魅力の多いトラリピですが、いくつかデメリットもあります。

まずデメリットとしてあげられるのが「含み損」です。

含み損とは、保有するポジションが抱えている未確定の損失額で、金額が増えると強制ロスカットの対象になります。

トラリピでは相場が一方向に向かうと、利益確定の機会がなく含み損が増えるので、ロスカットを避けるために一定の資金が必要です。

また相場は一旦トレンドが始まると持続しがちですが、トラリピはトレンド相場に弱いため、その期間中は利益が望みにくくなります。

最後の留意点がスプレッドです。

スプレッドは売値と買値の差で、その差がゼロなら売買での損失はありませんが、広がるほど投資家側が不利になります。

トラリピではスプレッドの幅が広めなので、それを考慮に入れて利用することが大切です。

投資に関する情報が豊富

初心者には、投資に関する情報が豊富に提供されているかどうかも重要ですが、マネースクエアは、そうした取組みにも積極的です。

FXの知識を学べる動画や、実践的な投資ノウハウを学べるプログラム、現在の相場の状況や見通しなどが提供されています。

営業日に配信される「マーケットレポート」や、初心者向けの解説がそろった「アカデミアチャンネル」もおすすめです。

さらに一定の条件を満たすと加入できる「スリーミリオン倶楽部」では、専門スタッフに投資相談が出来たり、プライベートセミナーに参加出来たりするなどの特典もあります。

初心者の方はもちろん、既に他で口座を持っている方でも、投資情報の収集や勉強用にマネースクエアに口座を持っておくと良いでしょう。

マネースクエアポイントが貰える

マネースクエアには、1万通貨取引ごとにポイントがもらえる「マネースクエアポイント」という制度があります。

ユーザーは、毎月の平均預託証拠金(口座残高)に応じて3つのポイントステータスに分けられ、それぞれポイントの還元率が異なるのが特徴です。

平均預託証拠金ステータス1万通貨取引のポイント付与
200万円未満シングルスター5ポイント
200万円以上ダブルスター10ポイント
1,000万円以上トリプルスター20ポイント

ポイントは取引以外にも、イベントやキャンペーンなどでも貯める事ができ、貯めたポイントは景品や現金と交換できます。

現金の場合は1ポイント=0.9円、Amazonギフト券などは1ポイント=0.8円という換算です。

ステータスによっては、イベントやセミナーの案内が優先的に送られてきたり、有料コンテンツが無料化されたりする優待もあります。

なお、口座を開設してから6ヶ月間は自動的にトリプルスターのランクが与えらるのも嬉しい点です。

このようにマネースクエアには、他社にはないユニークな特長がいくつもあります。

そのため、合う人と合わない人とが、比較的分かれる傾向もあるでしょう。

「自分は合うかも」・「面白いなと思えた」という人は、ぜひこれを機会にマネースクエアで口座を開設してみてください。

マネースクエアのデメリット

マネースクエアには、他社に比べて弱い点もいくつかあります。

口座を作る際は、そうしたデメリット面も含めて総合的に判断するようにしてください。

スプレッドの情報が非公開

トラリピの説明で「スプレッドが広め」と書きましたが、現在マネースクエアではスプレッド情報を公開していません。

他社の多くは、通貨ペアごとに平均スプレッドが公開されているので、比較検討が難しくなります。

実際の取引場面でも、リアルタイムの取引ならその時点でのスプレッドを確認出来ますが、自動売買では発注時に未来のスプレッド幅は分かりません。

スプレッドはFX取引において重要な指標なので、事前に確認できないのはデメリットと言えるでしょう。

スワップポイントが高くない

スプレッドに並んでFXの重要指標が、スワップポイントです。

スワップポイントは通貨ペア間の金利差に応じて決められ、ポジションを持ったまま日を越すと、プラスやマイナスの利息が生じます。

例えば1万通貨ごとの売りポジションのスワップポイントが-100円、買いポジションが10円だった場合を見てみましょう。

ここで10万通貨の売りポジションを持っていた場合、日を超えるごとに-1,000円の損失が出ます。

逆に10万通貨の買いポジションを持ったまま日を超えたら、100円が口座に振り込まれるという事です。

マネースクエアのスワップポイントは他社に比べて低い場合が多いため、それを目当てにして口座を作るメリットは少ないでしょう。

ただ、南アフリカランドやトルコリラなど、いわゆる高金利通貨ペアにおけるスワップポイントは高めに設定されているので、検討の余地があるでしょう。

通貨ペアが少ない

一般的なFX業者では20〜30種類以上の通貨ペアが利用できるのに対し、マネースクエアで取引できるのは15種類です。

ただしトラリピは相場が大きく上下動するトレンド相場より、安定したレンジ相場に向く特徴があります。

マネースクエアではそのような動きをしやすい通貨ペアを中心に揃えているので、トラリピを使う限り、不足を感じる事は少ないでしょう。

トラリピなら手間や時間をかけずにFXトレードができます。

通貨ペアも信頼の高い組み合わせが揃っているので、興味がある方はぜひマネースクエアで口座開設をしてみてください。

マネースクエアの評判・口コミ

実際にマネースクエアを使ってトレードしている人の口コミをまとめました。

これらの人たちの評判をみて、口座開設の判断の参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

Twitterでのポジティブな投稿から、まずはトラリピについての評価を集めました。

トラリピの利益
先週は数千円
今週は2万超え
やはり私には相場は予想できない
だから自動売買(トラリピ)が 私にはあっている

Twitter

マネースクエアのトラリピ。
2020/12月より元手60万円で始めて、2ヶ月で6万円増えました。
通貨ペアによってはスワップポイントも入るので長期運用もオススメです😊

Twitter

トラリピをうまく使って収益を上げている人達の実践例です。

短期間でもしっかり運用益が出ています。

続いて取引で貯まるポイントについて見てみましょう。

マネースクエアポイントが貯まったんで、1,000ポイントを現金に換えてFX口座へ入金します♪
利息が付かないこういうサービスはすぐに換金するべき( ´∀` )
貯めても還元率も90%ならなおさらです

Twitter

トラリピのマネースクエアポイントが10,000ポイントに達しようとしているんだよね。遊んだり寝てたりしてるあいだもチャリンチャリン決済されて、おまけにポイント貯まってこれを還元率90%で現金(今回だと9,000円)として口座入金できるなんて。好き。

Twitter

ポイントサービスは先ほど説明したように、口座残高に応じてポイントが付与されるサービスです。

90%という還元率の高さも好評を得ています。

マネースクエアでは不定期で各種のキャンペーンもやっているので見てみましょう。

マネースクエア入金キャンペーンやってるのか。
入金したいなー。別に入金しといて損はないし。いくらか入れよっかなー。
悩ましい。

Twitter

マネースクエアからアンケートに答えると全員に200マネースクエアポイント貰えるメールが着ているので各自確認だぞ👍
迷惑メールに来ていたから確認していて良かった😅

Twitter

入金キャンペーンは、入金額に応じてボーナスが付与されるので、少ない資金でも有効に取引できます。

また、通常は残高に応じて還元されるポイントですが、全員に一律で付与されるチャンスもあるようです。

僕の自動売買の主力、トラリピのマネースクエアさんのキャンペーンに応募したところ、何と当選のお知らせが!✨
Amazonギフト券500円分を頂戴しました。
本当にありがとうございます😂
ありがたく活用させていただきます🙏

Twitter

マネースクエアの人もめっちゃ親切で。レポート欲しさに口座開設は何ヶ月も前にしたんやけど、電話掛かってきたから口座開設の確認かと思ったら私が投資の方法か何かの所に“まだ分からないのでこれから勉強します”って書いてたから「我社の商品の事ですので分からないことは説明させて頂きます」って…

Twitter

他にもギフト券が当たったり、書き込んだ内容に対してサポートから連絡が来たりするなど、丁寧な顧客サービスが見られました。

悪い評判・口コミ

次にネガティブな投稿です。

良い反応に比べて数が圧倒的に少なかったのですが、やはりスワップやスプレッドで苦労している人が少しいました。

トラリピのスプレッドは相当えげつないですよw
ほとんどの方が1,000通貨で取引だと思いますし、あえて計算もしないので、どれだけマネースクエアに手数料を献上してるかを知らない方が多いかもですが😅

Twitter

マネースクエアでドル円のショートでトラリピ仕掛けたら、すんごいマイナススワップつくんだね。
利益1400円になるように設定してたら、なんか利益が少ない決済があった。で調べてみたら数日でとんでもないマイナススワップが発生しとるやんけ。いくらなんでもマイナススワップが多すぎる。

Twitter

マネースクエアには、マイナススワップの改善には真摯に取り組んでほしいですよね。
「頭でわかっていることと、実際に体験してみることは違う」は名言です👍
事前に決めた条件で運用してても、実際にどう感じるかはまた別物ですよね。
数字で表せない相性もあると思います😁

Twitter

スワップやスプレッドは通貨ペアや時期によって変化するので、常に確認しながら取引しましょう。

トラリピのスワップやスプレッドは、確かに他の業者に比べて優位性はありません。

しかし売買手数料が無料で、1,000通貨から取引できるので、総合的に見ると低リスクで始める事ができます。

ポイント・サポート・キャンペーンなどサービスも充実しているので、FXに関心がある方は、ぜひ口座を開設してみましょう。

マネースクエアがおすすめな人

様々な点でユニークなマネースクエアですが、万人向けという訳ではありません。

ここまでの特徴を元に、どのような人におすすめできるかを具体的にまとめました。

FXに時間をあまりとられたくない人

FX取引というと、1日中パソコンやスマホに貼り付いて注文を繰り返すイメージがあります。

しかし本業があるなど、そこまで時間をかけられない人もいるでしょう。

そういう人には、やはり自動で売買でき、チャート画面を見続ける必要もないトラリピがおすすめです。

設定通りに繰り返し取引をするので、最初に設定すれば後は定期的にチェックするだけですみます。

中長期での資産運用を目指す人

マネースクエアは短期間で大きな利益を目指すハイリスク・ハイリターンではなく、一定の期間を使って着実に利益を増やすスタイルに向いています。

そのため、ある程度の資金を入れて、中長期で資産運用したい人におすすめです。

運用を円滑に行うため、充実したサポートや各種の学習コンテンツなども活用しましょう。

スワップやスプレッドの幅についても、こうした運用支援のためのコストだと思えば釣り合いが取れるというものです。

完全に初心者の人

経験のない初心者がいきなりFXに挑戦すると、かなりの確率で負けが込んでしまいます。

特に頭に血が上って一発勝負を狙ったら、それはもはやギャンブルと変わりません。

しかしトラリピならば、そうした感情的な発注が避けられるので安心です。

初心者は短期運用に目が向きますが、ベースが中長期路線のマネースクエアなら、経験者と同じ目線をいち早く身に付ける事もできるでしょう。

マネースクエアは自動売買や充実したサポート体制で、初心者でも安心して取引できます。

これからFXを始めるなら、マネースクエアで口座開設するのがおすすめです。

マネースクエアがおすすめではない人

次に、マネースクエアに向いていない人の特徴をまとめます。

自分が当てはまっていたら注意してください。

自分でアクティブに取引したい人

マネースクエアの代名詞は自動売買のトラリピです。

売買をシステムに任せず、自分のスキルと経験でリアルタイムに市況を判断してガンガン取引したい!という人には向いていません。

用意されているチャート画面もシンプルなので、複雑な分析をしたい人には物足りなさがあるはずです。

ただし既に他で口座を持っていて、普段のアクティブな取引以外に別の方法を求めている人には、効果的な候補になるでしょう。

100%完全に放置したい人

自動売買とは言っても、銀行預金のように完全に放置してよいものではありません。

最初に行う設定が極めて重要ですし、自動取引が始まった後も定期的に状況を確認して、必要があれば取引を中断したり設定を変える手配が必要です。

自動で出来るからこそ、その手綱は自分で握っておきましょう。

ここで生活費を稼ぎたいと思う人

マネースクエアは中長期で投資運用する人に向いているので、利益が出たらすぐに出金して生活費に当てよう、という人には向いていません。

そもそも投資は余剰資金で行うもので、生活費を切り崩して一発逆転を狙うような方法はリスクが高すぎます。

既に一定の資産や収入があり、生活費を確保できている状態で、利用するのが良いでしょう。

取引コストを最小限に抑えたい人

一般的に、FX業者の競争や比較評価は、スプレッドやスワップがいかに他社より優れているか?に集中します。

またレバレッジの倍率も大きな競争材料です。

しかしマネースクエアはそうした所を優位性のポイントには置いていません。

マネースクエアの特長は、自動売買やサポートの充実、低リスクで中長期の運用などです。

そうした点に魅力を感じる人は、口座開設をしてみましょう。

マネースクエアの口座開設方法

マネースクエアはスマホだけでも口座開設ができ、最短で当日中に取引が可能になります。

しかし提出物に不備があったり、申し込みフォームの入力内容に問題があると、時間がかかってしまいますので注意しましょう。

ここでは実際に口座を開設する方法を順に説明していきます。

公式ページから申し込みへ

マネースクエアでは、口座開設の申し込みはオンラインのみとなっています。

パソコンかスマホで公式サイトにアクセスしましょう。

トップページにある口座開設ボタンをクリックし、「個人口座開設」からお申し込みフォームに進んでください。

必要情報の入力

口座開設フォームが出たら、画面の案内に従い、個人情報などの必要事項を順に入力します。

内容をよく確認したら送信し、本人確認書類の提出へ進みましょう。

本人確認書類の提出

次は本人確認用に、身分証明証とマイナンバーが分かる書類の提出です。

提出は、スマホから行う方法「スマホで最速、本人確認」と、パソコンから行う方法があります。

スマホの場合、個人番号カード(マイナンバーカード)があれば、表裏を撮影してアップロードするだけです。

マイナンバーカードがない場合、マイナンバーの通知カードか住民票と、運転免許証などの顔写真付き本人確認書類を使います。

パソコンから行う場合、スマホでの認証が出来ないために少しやり取りが発生するので注意しましょう。

書類の組み合わせパターンは3つあります。

本人確認書類の組み合わせ

・マイナンバーカードと、運転免許証などの顔写真付き本人確認書類(1通)
・通知カードと、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類(2通)

・マイナンバーが記載された住民票と、健康保険証などの本人確認書類(1通)

フォームでの入力が終わると、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、そこからアップロードしてください。

IDを受け取って口座開設完了

スマホの場合、審査が通ると、メールで口座のID情報が届きます。

この方法ですと書類の郵送が発生しないので、最短で申し込んだ当日に口座開設が終了するのです。

パソコンの場合、審査が通ると、転送不要の簡易書留で口座のID情報が送られてきます。

この方法ですと、口座開設まで最短2〜3営業日です。

マネースクエアは「スマホで本人確認」を利用すると、最短で申し込んだ当日から取引が始められます。

入金もネットバンクを使えば、24時間・即時反映されますので、関心があったら今すぐ口座開設してみましょう。

マネースクエアの評判・口コミまとめ

今回はマネースクエアについて特徴や評判・口コミを解説してきました。

マネースクエアは自動売買できるトラリピが最大の特長になるので、トラリピをどう評価するかがポイントです。

自分でガンガン取引したい人や一気に大きな利益を狙いたい人には向いていませんが、自動機能を活かして、資産を少ない手間でじっくり育てたい人には見逃せない業者でしょう。

短期的な売買は他のFX業者の口座で行い、マネースクエアと併用する方法もおすすめです。

この記事のまとめ

・マネースクエアは、自動取引ツールのトラリピが使える日本のFX会社
・毎月の平均預託証拠金(口座残高)に応じてポイントが付与されるサービスも好評
・サポートや教育コンテンツが充実しており、初心者でも安心して利用できる
・スマホだけでも口座開設が可能で、最短で当日中に取引を始められる

マネースクエアでは、FXの解説ページや動画やスライドショーなども充実しています。

初心者の方は、サポートの手厚いマネースクエアでFX取引を始めてみてはいかがでしょうか。

目次
閉じる