PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や始め方までわかりやすく解説

PancakeSwap サムネイル

ビットコインから始まった仮想通貨・ブロックチェーン界隈は、年々発展を見せています。

その中でも近年注目されており、進化が著しいのが「DEX(分散型取引所)」。

この記事では、DEXの一部である「PancakeSwap」について、PancakeSwapに対する基礎的な疑問や、始め方から使い方に至るまで、「PancakeSwapを使う前に読みたい」情報をまとめています。

この記事で分かること
  • PancakeSwapはDEXの1つ
  • PancakeSwapでは仮想通貨を預けることでCAKEトークンが入手可能
  • PancakeSwapの特徴は「イーサリアム系ではない」「取引手数料の安さ」
  • PancakeSwapを始めるには日本円から仮想通貨。
  • 円から仮想通貨への換金は「bitFlyer」が最適
  • DMM Bitcoinなら新規口座開設者全員に2,000円プレゼント

PancakeSwapを始めるには仮想通貨が必要です。

「PancakeSwapを始めたい」・「これから仮想通貨への投資を初めたい」といった方には「bitFlyer」が最適です。

bitFlyerは初心者にも分かりやすい画面(UI)を採用しており、仮想通貨投資の入門として使いやすい取引所です。

スマホでも使いやすいため、気軽に仮想通貨取引をスタートさせる事が出来ます。

興味がある方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

なお、PancakeSwapについてはビッコレTVの動画でわかりやすく解説されていますので、気になる方はサクッとみて見てください。

※PancakeSwapはDEXの一つであり、金融庁からの認可を受けていません。
PancakeSwapを利用した投資は、当局の規制や高い投資リスクがありますので、十分気をつけるようにしてください。

InvestNaviの公式LINEでは暗号資産に関する最新情報やお得な情報を定期的に配信しています。

今なら新規登録者に200円分のBTCを無料で配布するキャンペーンも行っていますので、この機会にぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

公式LINEの登録-5

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

目次

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは

PancakeSwap

PancakeSwapの特徴や使い方を詳しくご紹介していく前に、PancakeSwapの基本的な部分について押さえていきます。

PancakeSwapの概要は以下の3つで把握する事が可能です。

  • DEX(分散型取引所)とはなにか
  • PancakeSwapの概要と規格
  • PancakeSwapで利益を得る仕組み

そもそもDEX(分散型取引所)とは?

dexとは

PancakeSwapのようなサービスの事を、DEX・日本語では「分散型取引所」と言います。

DEXについて簡単にまとめると

ブロックチェーンに乗っている「スマートコントラクト」を利用した非中央集権的な取引所

であると言えます。

日本で取引所と言えば「コインチェック」「ビットフライヤー」といった特定の企業が、中央集権的に運営している取引所をイメージします。

しかし、DEXでは取引を管理している特定の組織・企業がありません

取引に関するその多くを管理しているのは「スマートコントラクト」です。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンで「自動的に契約を実行する事を可能にするシステム」です。

代表的な例として、イーサリアムがスマートコントラクトを導入している事で知られています。

スマートコントラクト

非中央集権的なシステムであるブロックチェーン上に乗っているシステムが取引を管理するため、中央集権的な一般の取引所とは対照的に、非中央集権的な取引所と言えるのです。

DEXと中央集権的な取引所の比較

このような事から、一般の中央集権的な取引所(CEX)とDEXを比較してみましょう。

比較項目一般的な取引所DEX
本人確認必要不要
ハッキングリスク高い低い
ウォレットの管理主体取引所ユーザー

コインチェックなどの取引所では、KYCと呼ばれる本人確認手続きが必要となりますが、DEXでは本人確認書類が必要では無いため、登録を非常に簡単にしています。

また、中央集権的な取引所(コインチェックやビットフライヤー)では、ウォレットの重要な部分(秘密鍵)等を取引所が持っているため、取引所がハッキングされた場合に、甚大な被害が発生します。

中央集権的な取引所も様々な工夫(セキュリティの強化)をしているものの、ハッキングによる巨額の損害が発生した事例もあります。

2014年に、当時世界最大級のビットコイン取引量を誇っていたマウントゴックス社のサーバーがハッキングされ、ビットコインが大量に流出した事件がありました。
(参考:マウントゴックス事件の全貌

一方で、DEXではウォレットの管理主体が「ユーザー」側にあり、上記のようなハッキングリスクは低くなります。(DEXでも過去にハッキング事例はありますが)

両者ともメリット・デメリットが存在しており、中央集権的な取引所にもメリットはあります。

そのため「中央集権的だからダメ」「DEXだけで運用していく」といったものではなく、あくまで必要に応じて使い分けるといった姿勢が重要です。

さらに、日本円から仮想通貨への換金は、現状一般的な日本在住の方の場合「まずは中央集権的な取引所」を通す必要があり、仮想通貨取引を行う上で不可欠です。
そのため、DEXを利用したいと思った場合でも、国内取引所の口座を持っている必要があります。

もしも、まだ国内取引所の口座を持っていないならbitFleyrが最適です。初心者でも分かりやすく、気軽に仮想通貨取引が可能です。

興味がある方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

また、コインチェックの他にもDMM Bitcoinなら新規口座開設者全員に2,000円をプレゼントするキャンペーンを行っています。

DMM BITCOINキャンペーン

今なら新規口座開設で全員2000円もらえる!

PancakeSwapの基本的な仕組みとCAKE

次に、PancakeSwapの基本的な部分とCAKEトークンについて触れていきます。

PancakeSwapを簡単にまとめると

UniswapのBSC(バイナンススマートチェーン)バージョン

と言えるでしょう。

Uniswapとは?

Uniswapは高いシェアを持っているDEXの1つです。

Uniswapにて、利用者が取引する相手は「スマートコントラクトを用いた取引システム」で、OTC形式となっています。

また、流動性を確保するために「プール」を開発し、このプールに資金を提供した人達には対価として、トークン(お礼・利息)が配布されるシステムを導入しています。

このような仕組みは「AMM(自動マーケットメーカー)」とも表記されます。

流動性の提供に対してインセンティブを与えることで、従来より問題だったDEXの流動性の低さを解消し、非常に人気の高いDEXの1つなりました。

PancakeSwapも基本的には同じ様な認識で問題ありません。

Pancakeswapも大きく分けて以下の2つの機能を持っています。

  1. 仮想通貨を交換する(スワップ)
  2. 流動性を提供して利息を稼ぐ

PancakeSwapではこの利息を「CAKEトークン」で受け取る事が可能で、このCAKEトークンをまた預ける(プールに供給)事で、利息を貰う事が可能です。

UniswapとPancakeSwapの違い

UniswapとPancakeSwap間で大きく違うのは「利用しているブロックチェーン・規格」にあります。

Uniswapは「イーサリアムブロックチェーン(ERC20)」を採用。

PancakeSwapは「BSC(BEP20)」を採用。

PancakeSwapはBSCの中で最も取引量の多いプラットフォームであり、BSCの代表格です。

つまり、イーサリアム系を使っているUniswapと、BSC系のPancakeSwapの競争は、ブロックチェーンプラットフォーム同士のシェア争いが発生していると見ることも出来ます。

PancakeSwapの特徴

PancakeSwapの概要が分かった所で、「PancakeSwapの特徴」をいくつかご紹介していきます。

PancakeSwapには以下のような特徴が見られます。

  • イーサリアム系ではない
  • 取引手数料が安い

イーサリアム系ではない

イーサリアムは抜群に高い知名度・シェア率を持っています。

同時に、プラットフォームとしての機能に付加価値を付けた代表的な仮想通貨としても知られています。

これにより、AMMのDEXでは裏側に使われているブロックチェーンとして「イーサリアムブロックチェーン」を利用しているケースが非常に多いです。

有名どころのAMM・DEXが採用しているブロックチェーンを挙げると、

DEXの名前ブロックチェーン
Sushiswapイーサリアム系
Uniswapイーサリアム系
BurgerSwapBSC
MDEXHuobi系
MDEXに関してはBSC版もあり、高いシェアを持っている

色々とDEXが乱立している昨今ですが、その中でもイーサリアム系のブロックチェーンが多用されており、シェア率は高いです。

そんな中で、PancakeSwapはBSCを採用。BSCの中で最も取引量の多いサービスであり、特徴的な位置づけになっていると言えます。

取引手数料が安い

イーサリアムのブロックチェーンを利用しているDEXを利用している方は、現在高すぎる手数料に頭を悩ませているかもしれません

仮想通貨ブーム等によりガス代と言われるイーサリアムの手数料が高騰しているのです。

これにより、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたサービスを利用している方は、高い手数料を要求される事があります。

このような問題は、技術的に解決出来るという兆しは見えているものの、出来るだけ高い手数料は支払いたくないという方が大半だと思います。

しかし、PancakeSwapなら、現状そのような心配はありません。

そもそも、Uniswapよりも安い手数料比率となっており、なおかつ手数料の高騰がイーサリアムほどではないからです。

以下が両プラットフォームの手数料になります。

PancakeSwapUniswap
0.2%0.3%
PancakeSwapの手数料のうち0.03%はPanckeSwap Treasuryへ

このような市場の背景もあり、PancakeSwapはユーザーを獲得する事に成功した側面があります。

InvestNaviでは、仮想通貨に関する最新情報を公式LINEにて配信しています。

まだ、登録していない方はこの機会に登録してみて下さい。

公式LINE

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

Cakeトークンの価格推移

次に、PancakeSwapの独自・基盤トークンである「CAKE」の価格推移を見ていきます。

PancakeSwapは、イーサリアムの手数料高騰等を受け、利用者を伸ばし、順調に価値を上げました。

2021年5月でPancakeSwapは4,500円程度の価格になっており、2020年までは30円程度~だった事を考慮すると、かなりの高騰ぶりである事が分かります。(当時の時価総額は7000億円程度)

価格高騰の背景には、ビットコイン等の代表的な仮想通貨が高騰しているのはもちろんですが、競合相手・イーサリアムの手数料高騰等の影響も受けているでしょう。

ちなみに、他のDEXと比較すると、

  • Uniswap
uniswap チャート
引用:TradingViewの提供チャート
  • Sushiswap
sushi:busd チャート
引用:TradingViewの提供チャート

それぞれの通貨の直近の値動きを一つのチャートで比較してみましょう。

以下が直近1年のそれぞれの値動きを比較したチャートになります。

CAKE現在の価格動向
引用:TradingViewの提供チャート

どれも仮想通貨高騰の流れを受けて、値を挙げているものの、直近(6カ月ほど)の伸び率に関しては、PancakeSwapに顕著な所が見られます。

CAKE現在の価格動向
引用:TradingViewの提供チャート

2022年に入ってからは、仮想通貨市場全体での下落に連動して、CAKEも大きく価格を下げている状態です。

PancakeSwapの始め方

PancakeSwapの概要や特徴が分かった所で、PancakeSwapを利用したい!と感じた方も少なくないはずです。

これから、PancakeSwapの「始め方」を国内取引所からPancakeSwap内で取引出来る環境設定までの流れを徹底解説していきます。

PancakeSwapでCAKEをゲットするまでに必要な流れをまとめると

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入
  2. ウォレットの準備
  3. Metamask(PancakeSwapと接続出来るウォレットならOK)への送金
  4. PancakeSwapとMetamaskの接続

となっています。1つ1つ分かりやすく、解説していきます。

Pancakeswapを始める上で、海外仮想通貨を利用する必要がある場合がありますが、本記事では正確な情報提供を主目的としており、金融庁が注意喚起を行っている海外仮想通貨取引所の利用を推奨するものではありません。
(参考:海外仮想通貨取引所をおすすめできない理由)

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する

まずはじめに必要なのは「仮想通貨(ビットコイン等)」です。手数料用にBNBが必要で、BNBの調達には仮想通貨(ビットコイン等)が必要な場合がほとんどです。

そのため、もしもすでに何らかの形で仮想通貨を持っているといったケースでは、この手順は飛ばして頂いて大丈夫です。

仮想通貨を最も簡単に手に入れる方法は、日本円を仮想通貨へ換金する事です。

そして、日本円から仮想通貨へ買うなら、国内の取引所への開設が必要です。

仮想通貨を運用していく上でも便利なので、開設がまだなら国内取引所のアカウント作成をしておきましょう。

「できるだけ簡単に取引・送金がしたい」「気軽に仮想通貨を取引したい」といったケースでは、高いセキュリティ水準のbitFlyerが最適です。

興味がある方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

ウォレット(Metamask)の準備

ビットコイン等の仮想通貨が用意できたら、次に「ウォレット」を準備します。

他のウォレットでも可能ですが、使いやすく知名度の高いMetamaskの解説をしていきます。

Metamaskとは

Metamaskとは、WEB上で動く仮想通貨を保管するためのウォレットです。

DApps(ブロックチェーン上のサービス)との連携にも対応しており、仮想通貨投資を考えているなら、準備しておきたいものの1つになります。

MetamaskからPancakeSwap運用までの流れをまとめると

  1. Metamaskを導入
  2. Metamaskの設定
  3. MetamaskとPancakeSwapの接続

という流れになっています。

Metamaskの導入はPC・スマホと2通りの方法がありますが、ここではPC・Google Chromeの画面でまとめていきます。

Metamask(Google Chrome)にアクセス出来たら、以下の手順に沿って設定を進めていきましょう。

METAMASK
  1. 公式サイトからクロームへ追加
  2. パスワードの設定
  3. 利用規約等への同意
  4. 復元のために利用するフレーズの確認

初期設定が完了したら、Metamask内設定で最も重要であると言える「パラメーター」を設定します。

Metamaskは初期設定では、イーサリアム系に対応したウォレットになっており、BSCに対応していません。

予期せぬトラブルが発生する可能性があるので、以下の手順に沿って、設定を完了してください。

Ethereumメインネットをクリックし、カスタムRPCを選択

METAMASK2

ネットワークを選択し、以下の画面にアクセスします。

METAMASK3

入力欄に以下の情報を入力します。

  • ネットワーク名 Smart Chain
  • 新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID 56
  • シンボル BNB
  • ブロックエクスプローラーURL https://bscscan.com

上記の設定が完了すると、お使いのMetamaskは「BSC」対応になります。

PancakeSwapとMetamaskの接続

次に、PancakeSwapとMetamaskを接続していきます。

(PancakeSwapを利用する場合には、Metamaskに仮想通貨を入金する必要があります。Metamaskへの仮想通貨入金方法は、他の記事などでも解説されていますので、そちらをご確認下さい)

META MASKとPancakeswapの接続

ConnectからMetamaskを選択します。

上記の手順を完了出来たら、PancakeSwapとMetamaskは接続されており、実際にPancakeSwapを始める事が可能です。

仮想通貨送金に伴う注意

仮想通貨の送金を行う場合は「テスト送金」を行う事を強くおすすめします。

仮想通貨に関する送金では、一文字でも間違う・設定を間違うといったミスをすると、仮想通貨を永遠に無くしてしまう可能性があります。

ミスをしても痛くない金額でテストしておきましょう。

CAKEトークンを獲得する方法・手順

PancakeSwapにて、CAKEを獲得するまでには以下のような手順が必要です。

  1. Metamaskの仮想通貨を任意の通貨へスワップ
  2. 好きな通貨ペアを選択し、流動性を提供
  3. LPトークンを獲得
  4. 選択した通貨ペアにステイク
  5. CAKEを更に増やす

一つ一つ解説していきます。

通貨ペアを用意する

PancakeSwapにて実際に流動性の提供を行い、CAKEトークンをもらうには「通貨ペア」を選択する必要があり、ペアによってリスク・リターンが異なります

提供したいと思うペアを見つけたら、PancakeSwap内で、その通貨に変換しましょう。

例えば「BNBとBUSD」のペアに流動性を提供したいなら、BNBとBUSDに半分づつスワップすれば良いです。

注意したいのは「取引手数料分のBNB」は残しておくという事。PancakeSwapの取引・契約には細かな手数料が必要になるためです。

流動性の提供を行うと「LPトークン」を獲得する事が可能です。
(LPトークンは証明書のようなもの)

メニューにある[Trade」から「Exchange」で様々な通貨に交換することができます。

pancakeswap スワップ

流動性を提供するトークンペアを用意できたら、『Swap』の横にある『Liquidity』からトークンペアの流動性提供をおこないます。

pancakeswap liquidity

上記の画面で取引を終えると、流動性の提供を出来たという事になります。

実際に流動性の提供をすると、LPトークンと呼ばれる報酬を受け取ることができます。

LPトークンをCAKEに交換する

流動性の提供をし、LPトークンを獲得した上で、メニューのFarmsという画面にアクセスすると、

pancakeswap Farms

自身が選択した通貨ペアがあるはずなので、そこにLPトークンをステイクします。

これでCAKEが発生するようになります。ここで発生したCAKEは「Harvest(収穫)」ボタンで、獲得する事が可能

獲得したCAKEはメニューのPoolsにある「CAKE Pool」で預けられます。

pancake cake pool

これにより、CAKEがCAKEを生み出すようになり、複利運用が可能です。

CAKEの使いみち-宝くじ-

PancakeSwapで生み出したCAKEは、他の仮想通貨へ交換(スワップ)することが可能です。

シンプルに生み出したCAKEを仮想通貨へ交換したり、プールし複利に回すこともできます。

運用は好きなタイミングに好きなだけ調整出来ます。

しかし、CAKEの使い道は上記したようなイメージしやすいものだけではありません。

CAKEを消費することで「宝くじ」の「Lottery」に参加する事が可能です。

pancakeswwap cake lottery

参加費は「1CAKE」で、参加すると4桁の数字が配布されます。当選すれば、ジャンクポットとして機能する「Lotteryプール」の一部を貰う事が出来ます。

当選には1等・2等・3等の3種類あり、等数によってLotteryプール内でもらえる割合が変わります。

等数当選条件(同じ順番で)配分
1等4桁全て一致プールの半分
2等3桁一致プールの20%
3等2桁一致プールの10%

ただ、PancakeSwapの宝くじ(Lottery)は、当選者が1人と限られておらず、仮に同じ等数の当選者が居た場合は、その人と分割になります。

もしもプールされたジャンクポットが100万円だったら

1等2人・2等1人・3等2人と仮定

等数配分の内訳
1等・2人50万円を25万円づつ
2等・1人20万円を1人に
3等・2人10万円を5万円づつ

一連の処理はブロックチェーンに乗っているため、不正の心配はないと言われています。

初心者はbitFlyerで仮想通貨取引をしよう

PancakeSwapの概要やCAKEトークン獲得までについてご紹介しました。

PancakeSwapを利用した投資は複雑である上、金融庁からの認可も受けていない取引方法になります。

そのため、これから仮想通貨投資を行おうという方は、国内の仮想通貨取引所を利用して取引を始める方が安全です。

国内の仮想通貨取引所もbitbankやコインチェックなど様々な取引所があり、どれにすれば良いか迷われる方も多いと思います。

初心者なら、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

bitflyer
名称bitFlyer
取扱銘柄17種類
取引手数料無料
スマホ対応
口コミbitFlyerの評判・口コミ
公式サイトbitFlyer公式サイト

bitFlyerの最大の魅力は高いセキュリティ水準にあります。

これまでハッキングの被害を受けたことがなく、海外でも高い評価を得ているのです。

取り扱い銘柄は17種類と豊富で、メジャーなものからマイナーな通貨まで幅広く扱っています。

興味がある方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

PancakeSwapのまとめ

この記事では、PancakeSwapについて解説しました。

この記事のまとめ
  • PancakeSwapはDEXの1つ
  • 類似のサービスにUniswapが挙げられる
  • BSCを採用し、BSC上で最も取引量の多いサービス
  • PancakeSwapを始めるには「国内取引所口座」「ウォレット」が必要
  • PancakeSwapは流動性の提供をするとLPトークンが獲得出来る
  • LPトークンをステイクすることでCAKEトークンに
  • CAKEトークンは複利運用が可能
  • 宝くじも1CAKEから参加可能

PancakeSwapやUniswap等のAMM・DEXは、仮想通貨界隈にとっては革命的な存在です。

利便性の向上によって、トークンエコノミーが形成される世界が近付いたともいえるかもしれません。

そのような事になれば、将来的に「仮想通貨だけで生活」なんて時代が来るかもしれませんが、現状「仮想通貨投資をしたい」という方にとっては「国内取引所」は必須です。

はじめての国内取引所として、すでに他社の口座をお持ちの方はサブ口座として「bitFlyer」へのアカウント作成が最適です。

興味がある方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

目次
閉じる