銀(SILVER)価格の今後の見通しや予想を徹底解説!おすすめの投資方法や証券会社も紹介

銀価格今後

金投資に並んで今注目を集めているのが、銀投資です。

銀はそれ自体に価値があるので、インフレ時にも資産価値が大幅に下落することは少なく、リスクヘッジに役立ちます。

しかし銀投資を考えている方の中には、「今後の価格はどうなる?」「おすすめの銀投資方法が知りたい」と疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、銀の価格や今後について予想していきます。

銀投資に最適な証券会社もご紹介するので、銀投資に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • 銀は短期的にも中期的にも利益が狙いやすい
  • 銀投資で大きな利益を得たい方には、レバレッジがかけられるCFD取引が最適
  • 銀のGFD取引をするなら「GMOクリック証券」をチェックしよう
  • 金と銀は両方保有してポートフォリオを安定させるのもおすすめ

銀に投資する方法はさまざまありますが、最もおすすめなのはレバレッジを効かせて取引ができる「CFD取引」です。

世界中のトレーダーが愛用している「GMOクリック証券」は、少額から銀CFD取引ができます。

ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

目次

銀価格の現在の値動き

銀価格の現在の値動きについて解説していきます。

銀の2023年1月11日時点の銀の価格は、約23ドル前後となっています。

銀現在の価格動向
引用元:TradingViewの提供チャート

コロナショックで一時的に大幅下落しましたが、それ以降は下落局面を迎えつつもコロナショック前よりは値上がりしています。

銀投資は、株式投資や債券投資のリスクヘッジになると言われている金融商品です。

「GMOクリック証券」のCFD取引なら、レバレッジをかけながら取引できるので短期間でも利益が狙いに行けます。

銀投資を検討している方は、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

銀価格の今後の動向を予想

続いて、銀価格の今後を予想していきます。

銀価格の今後の動向を予想
引用元:TradingViewの提供チャート

銀は、新型コロナウイルスの感染拡大により2020年前半は急落しましたが、徐々に価格が戻っています。

さらに2021年2月には米国個人投資家が軒並みヘッジファンドに買い戻しを迫ったこともあり、価格は急騰しています。

短期的な予想

短期的な予想としては、銀の相場上昇は十分あり得ると言われています。

銀は金に比べて取引市場が小さいため、わずかなお金の出入りで相場が大きく動きます。

アメリカのバイデン大統領が太陽光発電や再生可能エネルギーへのインフラ投資を示したことにより、太陽光パネルや電池などに使われる銀は1〜2年後に相場が大きく動くのではないでしょうか。

英調査会社のメタルズ・フォーカスは、銀価格が年内に32ドルまで上昇する可能性があると発表しました。

しかし、米金利の上昇などが価格を抑える要因となっており、なかなか高値への挑戦はしてこない状況です。

アメリカは2022年8月に利上げを継続する意思を表明したこともあり、年内は価格停滞が続くとの見通しを立てる投資家が多いです。

中期的な予想

前述したとおり、バイデン大統領の政策は再生可能エネルギーへの転換による脱炭素化を推進する銀を支える見通しです。

そのため今後も銀の需要が増え、中期的に見ても銀の価格は上昇を続ける可能性が高いです。

GMOクリック証券なら、銀のCFD取引をすることができます。

CFD取引は少額投資が可能な上、売りポジションからでも利益を狙えるので、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

銀価格の変動に関係する要因

銀価格の変動に影響を与える要因は、主に以下の3つです。

銀価格の変動に関係する要因
  • 金価格との連動
    • 多様な需要
    • 世界的な景気の変化

    金価格との連動

    銀価格は、金の価格と連動する傾向にあります。

    金と銀の価格動向
    引用元:TradingViewの提供チャート

    上のチャートは、銀(青線)と金(オレンジ線)を2015年からの価格推移を示したチャートです。

    金は一般的に資産としての需要がある貴金属ですが、銀価格と同じような値動きになっていることが分かります。

    どちらも安全資産という認識を持たれている傾向にあるため、リスクオフ相場で買い、リスクオン相場で売りに繋がりやすいです。

    銀の価格動向を分析する際には、まず金価格の動向も抑えておきましょう。

    多様な需要

    銀は幅広く利用される貴金属であり、工業需要をはじめとする多様な需要によって価格が変動する商品です。

    工業材料として多用される銀は、半導体などの電子材料分野、食器、通貨、太陽光パネル、電池など多様な使われ方をしています。

    近年ではプラズマテレビなどのエレクトロニクス産業や、医療などの分野でも確実に重要を伸ばし、銀価格に大きく影響しています。

    世界的な景気の変化

    銀は貴金属の1つですが、最も使われている用途は投資目的やジュエリーなどではなく「工業用」です。

    このように銀は工業素材としての需要が高いため、銀価格は世界的な景気とも連動しやすいという特徴があります。

    実際に新型コロナウイルスの影響で産業景気が低迷しているときは銀価格は下落し、緩和して産業景気が回復するときには銀の需要が拡大し価格も上昇しました。

    また銀の需要は多様な工業用途に大きく依存することから、発展途上国などの経済成長に合わせて増減する傾向にあります。

    銀への投資を検討している方は、上記の要因を把握した上で取引すると良いでしょう。

    GMOクリック証券はニュースや分析レポートなどのコンテンツが豊富なので、世界的な情勢や景気などに関する有力な情報を手に入れることができます。

    銀投資が初めての方でも安心して取引ができるので、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

    銀投資の種類

    ここからは、銀投資の種類をご紹介します。

    銀投資の種類
    • 現物投資
    • CFD取引
    • 先物取引
    • 投資信託・ETF

    それぞれの特徴について解説していきます。

    現物投資

    「現物投資」とは、銀の現物を購入することです。

    銀の現物は「貴金属メーカー」「地金商」「証券会社」「銀行」などで購入するのが一般的です。

    銀そのものが手に入るので、価格変動のリスクはありますが資産価値がゼロになることはありません。

    ただ、保管場所の確保や、保管料などのコストを考える必要があります。

    またレバレッジがかけられないため、投資するためには比較的まとまった金額が必要になるでしょう。

    CFD取引

    CFDは「Contract For Difference」の略称で、「差金決済取引」のことです。

    CFD取引では「現物」の売買は行わず、証券会社に証拠金を預けて取引を行い、その差金のみを決済します。

    証拠金を用いることでレバレッジをかけることができ、少額の資金でも大きな利益を得られる可能性があります。

    仮に20倍のレバレッジをかけると、10万円の資金で200万円分の取引をすることが可能です。

    効率良く利益を狙いにいきたい方には最適な投資方法だと言えるでしょう。

    ただし、レバレッジは高めれば高めるほどリスクが大きくなるので注意して取引してください。

    先物取引

    先物取引」は、将来の価格で取引する方法のことです。

    売買の価格や数量などを先に約束しておき、将来の約束の日が来た時点で売買を行います。

    例えば3ヶ月後に10万円で銀を購入するという約束を結んでおけば、もし3ヶ月後に銀の価格が20万円になったとしても、約束の10万円で購入することができます。

    このように、そのときの価格がいくらであっても約束した価格で売買が行われるので、価格変動リスクを回避できるという利点があります。

    投資信託・ETF

    銀は、投資信託やETF(上場投資信託)で購入することも可能です。

    銀に関連した投資信託やETFは、各ファンドが銀の値動きに連動するように運用してくれるため、銀投資が初めての方でもチャレンジしやすいでしょう。

    ETFは株式のように上場している投資信託なので、リアルタイムで売買できるところがメリットです。

    ただ、投資信託やETFはファンドに運用を任せるので、自力で大きな利益が狙いたいという方には向いていないかもしれません。

    銀投資でハイリターンを狙いたい方には、GMOクリック証券のCFD取引が最適です。

    最大で20倍のレバレッジをかけることができ、少ない資金でも利益が得られる可能性があります。

    ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

    銀投資におすすめの証券会社

    ここからは、銀投資におすすめの証券会社をご紹介します。

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券 CFD
    取引単位CFD価格の10倍
    取引手数料無料
    レバレッジ10倍
    注文方法寄指注文、引指注文、寄成注文、引成注文、指成注文、IOC注文
    取引ツールGMOクリックCFD、 はっちゅう君CFD、プラチナチャート
    詳細GMOクリック証券の公式ページ

    GMOクリック証券は、「GMOインターネットグループ」のネット証券として、手数料の安さや銘柄の豊富さに定評があります。

    CFD取引においては取引手数料が無料かつスプレッドの幅が業界でも狭い水準に設定されているので、余計なコストをかけずに取引しやすくなっています。

    また、日本円で取引できるため、為替リスクを気にすることなく取引ができるというメリットもあります。

    さらに、取引ツールが高性能でさまざまな媒体で利用できるので、投資家のニーズに合わせて使い分けができます。

    サポート体制も充実しておりデモ取引で練習もできるため、初心者でも始めやすい環境になっています。

    IG証券

    IG証券
    取扱銘柄数17,000銘柄
    貴金属取扱銘柄4銘柄(金、銀、プラチナ、バラジウム)
    最低取引額約5,000円
    スプレッド2.0
    取引手数料無料
    レバレッジ20倍
    取引種類(銀)CFD取引、バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
    詳細公式ページ

    IG証券は、45年以上の歴史を持ち、イギリスのロンドンに本拠地を構える世界的な証券会社です。

    他社にはないトレード方法や商品が揃っており、世界中で約24万人以上が利用し、日本国内でも今注目を集めています。

    IG証券では銀の「CFD取引」「バイナリーオプション」「ノックアウト・オプション」が可能で、CFD取引なら最大20倍までレバレッジをかけられるため、少額の資金で利益を狙うことができます。

    学習コンテンツ「IGアカデミー」には初級から上級までコースが準備されており、ニュース分析レポートなども充実しているため、銀への投資が初めての方でも安心して始められます。

    またIG証券は銀以外の取扱金融商品も非常に豊富なので、銀以外にも幅広く投資がしたい方に最適な証券会社です。

    IG証券の口座を持っておいて損はないので、まだ開設していない方はこれを機に申し込んでみてください。

    さらにInvestNaviを通してIG証券を口座を開設&1取引した方限定で、話題のノックアウトオプションの完全ガイドをプレゼント中です。

    他のサイトからIG証券を口座開設した方は対象外になりますので、少しでも興味がある方は当記事から公式ページをチェックしておきましょう。

    IG証券 ノックアウトオプション

    SBI証券

    SBI証券HP
    取扱銘柄数国内株:4,191銘柄
    米国株:4,200銘柄
    貴金属取扱銘柄3銘柄(金、銀、プラチナ)
    最低取引額1,000円〜
    取引手数料買付:約定代金の1.65%(税込)
    売却:無料
    取引種類(銀)積立、現物取引
    詳細公式ページ

    国内株式個人取引シェアNo.1のSBI証券では、銀の現物取引と積立投資ができます。

    わずか1,000円から積立投資ができ、買付時の手数料も1.65%(税込)と低めに設定されているので、コストを抑えて銀投資をしたい方に最適です。

    「現物転換申込」をすれば金・銀・プラチナの「現物」を引き出すことができるため、手元に保有しておきたい方も利用しやすいでしょう。

    SBI証券は手数料、銘柄数、取引ツールの使いやすさ全てにおいて優秀な証券会社なので、ぜひこの機会にSBI証券公式サイトをチェックしておきましょう。

    \ 株式取引シェアNo.1! /

    銀投資に関するQ&A

    銀投資に関するQ&Aをまとめました。

    銀投資を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

    銀投資に関するQ&A
    • 銀投資はどんな人におすすめ?
    • 金投資との違いは?

    銀投資はどんな人におすすめ?

    銀投資は、ポートフォリオを安定させたい人におすすめです。

    金・プラチナ・銀などの貴金属は、株式などの値動きに引っ張られることが少ないため、ポートフォリオに組み込むことでリスクヘッジが期待できます。

    また銀などの現物資産はインフレ時にも強いのが特徴です。

    株式や債券だけを保有している状態よりも、銀にも投資することで安定した資産状態を維持できるでしょう。

    銀は市場規模が小さく安価なことから「ボラティリティが高い」と言われているので、ハイリターンを狙いにいきたい方にも向いています。

    金投資との違いは?

    銀は金よりも市場規模が小さく、値動きが大きい傾向があります。

    そのためリスク分散としてだけでなく、短期間でキャピタルゲインを狙うことも可能です。

    対して金は、比較的市場が大きく安定性が高いと言われているため、長期的な資産形成に向いている金融商品です。

    銀のようなキャピタルゲインを期待するというよりも、「リスク分散先の1つ」として保有することが有効だと言われています。

    このように金と銀にはそれぞれ違った特徴があるので、メリット・デメリットを考えた上で投資することが大切です。

    また金と銀を合わせて保有することで、リスクを抑えつつリターンを狙いにいくことも可能です。

    GMOクリック証券では、銀だけでなく金などの貴金属にも投資できます。

    銀投資が初めての方でも安心して取引ができるので、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

    銀価格の今後の見通しまとめ

    今回は、銀価格の今後についてまとめていきました。

    記事の要点
    • 銀はインフレ時にも強いのでポートフォリオに加えておきたい商品
    • 銀は2021年以降も上昇が期待できる
    • 世界的な景気変動に左右されやすいので情報収集が必須
    • 銀投資をするなら情報コンテンツが充実しているGMOクリック証券が最適

    銀投資というと馴染みがない方も多いかもしれませんが、インフレ時にも強く今後の値上がりにも期待ができるため、ぜひともポートフォリオに組み込んでおきたい商品です。

    今後さらに注目度が高まっていくことが予想されるので、この機会に銀取引を検討してみてはいかがでしょうか。

    銀投資はCFD取引を利用すればレバレッジがかけられるので、少額からでも大きな利益が得られる可能性があります。

    GMOクリック証券は国内でCFD取引をけん引している証券会社とも言えるので、銀CFD取引に興味がある方はぜひGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

    目次
    閉じる