NVIDIA(エヌビディア)株とは?株価推移・配当金と今後の見通し・将来性を徹底解説!

NVIDIA(エヌビディア)株

世界的なデジタル化の流れにおいて重要な役割を担うのが「半導体」です。

半導体は、スマートフォンやパソコンなどのデジタル端末だけでなく、AIや自動運転の分野でも重要性が高く、今後ますます需要が伸びていくことが予想されます。

中でもNVIDIA(エヌビディア)は、ゲームや自動運転の分野に対して提供する半導体において、世界をリードする企業です。

そこでこの記事では、NVIDIAの特徴や株価の推移、今後の予想などを解説していきます。

さらに、NVIDIA株の取引におすすめの証券会社や購入方法も合わせて紹介していくので、NVIDIA株の購入を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事から分かること

・NVIDIAはゲーム分野やデータセンター向けの半導体を提供する企業
・提供している「GPU」はこれから時代のトレンドになる自動運転やAIに用いられ、活躍していく見込み
・株価は2016年頃から急速に上昇し、コロナ禍でも大きく株価を伸ばした
・NVIDIAは「英半導体設計大手アームの買収」や「CPU領域への参入」の発表で今後ますます注目の企業
・CFD取引ならIG証券、現物取引ならSBI証券がそれぞれおすすめ

現在、世界的に半導体の需要は高まりを見せており、半導体大手企業のNVIDIAも注目を集めています。

注目のNVIDIA株に投資するのであれば、IG証券がおすすめです。

今なら、当サイト限定で「ノックアウトオプションまるわかりガイド」がもらえるタイアップキャンペーンを開催しています。

ぜひこの機会にIG証券に口座を開設して、NVIDIA株のCFD取引を始めてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

目次

NVIDIA(エヌビディア)とは

NVIDIA(エヌビディア)は、アメリカのカリフォルニア州に拠点を置く大手半導体メーカーです。

会社の概要と事業内容について解説していきます。

会社概要

NVIDIA-公式ページ
企業名NVIDIA Corporation(エヌビディア)
業種IT・通信
株価303.90米ドル(2021年11月12日時点)
時価総額7597.50億米ドル(2021年11月12日時点)
詳細公式ページ

NVIDIAは、世界有数のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)のメーカーです。

GPUとは…

コンピュータの画像処理を行うための半導体のこと。
ゲーム分野やAIの機械学習などに用いられることが多い。

1993年に創業し、1999年に米NASDAQ市場に上場しました。

近年、活発になってきたVRゲームの需要やAI、自動運転など先進的な技術にも用いられるため、世界的に注目を集めている企業です。

事業内容

NVIDIAは、半導体のファブレス企業です。

ファブレス企業とは…

半導体の設計・開発などは手がけるものの、自社で生産設備を持たないため、生産を外部に委託する企業。

つまり自社で設計した半導体を、生産を受注してくれる外部の企業に委託して半導体を製造しているということになります。

NVIDIAの事業は、ゲーム用のGPUやCG技術による画像分野、データセンター向けの半導体、自動運転など幅広く展開しています。

中でも主力はゲーム用のGPUが収益の柱となっており、NVIDIAの成長を支えてきました。

さらに、最近ではデータセンター向けの半導体需要が高まってきています。

Google(グーグル)やMicrosoft(マイクロソフト)などの巨大なデータセンターを抱える企業が、NVIDIAの半導体を採用していることが大きく影響しています。

現在では、ゲーム向けGPUとデータセンター向けの半導体の2つが大きな柱として事業を展開しています。

NVIDIA株に投資するなら、IG証券の利用がおすすめです。

初心者でも安心して学習できるマーケットレポートや動画コンテンツなどが充実しており、知識を身に付けながら投資を始めることができます。

これから投資を始めるという方は、ぜひIG証券に口座を開設してみましょう。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

NVIDIA(エヌビディア)株の特徴

次に、NVIDIA株の特徴を見ていきましょう。

これまでの売上高の推移や配当金なども合わせて紹介していきます。

成長性の高い事業展開

NVIDIAが提供している半導体は、今後ますます注目を集める分野に幅広く展開しています。

例えば、ゲーム市場はNintendo SwitchやPlayStationなど人気のゲームの活況に加えて、今後はVR(仮想現実)などの新技術も搭載されることで、さらなる盛り上がりを見せていくことでしょう。

また、AIへの機械学習分野や自動運転など、今後時代のトレンドとなっていく最先端技術には、計算処理能力の高い半導体が必須となります。

NVIDIAが提供している「GPU」は計算処理能力が高く、各分野で活躍する見込みとなっています。

成長性の高い分野で今後もますます利用されていくことが期待できるでしょう。

売上高の推移

NVIDIAの業績のなかでも、どれだけ業績を伸ばしてきたかをチェックするために、「売上高」の推移を見ていきましょう。

過去5年間の売上高の推移は、以下の通りです。

日付売上高(単位:百万米ドル)
2017年1月期6,910
2018年1月期9,714
2019年1月期11,716
2020年1月期10,918
2021年1月期16,675

2020年1月期には一度成長が鈍化したものの、順調に右肩上がりで売上高を伸ばしてきていることが分かります。

強い半導体需要により、2017年1月期からの5年間で売上高は約2.4倍になり、急速に業績が成長してきています。

さらに、2022年1月期の第2四半期では、ゲームおよびデータセンター関連の売上高が過去最高を更新し、大幅な増収増益となりました。

配当金

NVIDIAのこれまでの配当金の推移は以下の通りです。

配当権利落ち日1株あたり配当金
2020年6月4日0.16米ドル
2020年9月1日0.16米ドル
2020年12月3日0.16米ドル
2021年3月9日0.16米ドル
2021年6月9日0.16米ドル
2021年8月31日0.04米ドル

NVIDIAは2021年7月に1:4の株式分割をしたため、1株あたりの配当金が下がっていますが実質的には変化していません。

2021年11月12日時点での予想配当利回りは0.05%とあまり高くはありませんが、長期的に配当金を受け取りながら株価の値上がりも狙っていける銘柄です。

IG証券のCFD取引なら、「買いポジション」を建てることで配当金を受け取ることも可能です。

ぜひこの機会にIG証券に口座を開設して、NVIDIAなどの米国株で配当金を受け取りながら投資をしてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

NVIDIA(エヌビディア)株のこれまでの価格推移

NVIDIAの上場(1999年1月)から2021年11月12日時点までの株価チャートは以下の通りです。

NVIDIA-上場以来のチャート
引用:Trading Viewの提供チャート
企業名NVIDIA Corporation(エヌビディア)
ティッカーコードNVDA
上場市場NASDAQ
株価303.90米ドル(2021年11月12日時点)
上場年月1999年1月
単元株数1株
1株あたり配当(年間)0.16米ドル
2021年11月12日時点の値を参考

NVIDIA株は、上場時から大きく上昇しており、2021年11月までに約700倍以上の株価となっています。

これまでの株価推移をより詳しくみていきましょう。

上場〜2010年の株価推移

NVIDIA株は、1999年の上場から2010年まで厳しい相場が続きました。

NVIDIA-2010年までのチャート
引用:Trading Viewの提供チャート

NVIDIAが上場した1999年はインターネットバブルの真っ只中でしたが、2000年にバブルが崩壊しました。

インターネットバブルとは…

1990年代から2000年頃にかけて起きた、インターネット関連企業のバブル景気のこと。
多くのIT企業が生まれて、株価が実態を伴わない急上昇を続けた。

インターネットバブルの崩壊後、NVIDIAを含むIT関連企業は長らく株価低迷に苦しむことになります。

さらに、回復の兆しが見えてきたタイミングで2008年にリーマンショックが起こり、株価は再び下落となりました。

2010年〜2020年の株価推移

2010年以降も依然として厳しい局面は続きましたが、2016年頃から上昇トレンドに入りました。

NVIDIA-2020年までの株価チャート
引用:Trading Viewの提供チャート

株価が上昇を始めた理由としては、人工知能への期待やGAFAなどの大型企業の成長に伴ってハイテク関連銘柄に資金が流入してきたことなどが挙げられます。

しかしその後、米中貿易摩擦への懸念などにより2018年から大きく株価を下げました。

一時はピークから50%以上の下落となりましたが、2019年頃から反発して上昇トレンドに転換しました。

2020年〜現在(2021年11月)

2020年以降は、株価は順調に右肩上がりとなっています。

NVIDIA-2021年までの株価チャート
引用:Trading Viewの提供チャート

多くの株が2020年3月のコロナショックで株価を大きく下落させるなか、NVIDIAの株価への影響は限定的でした。

そしてすぐに上昇トレンドとなり、2020年の頭から約5倍まで株価は急上昇しました。

今後も業績が拡大していけば、株価も長期目線で上昇していくことが期待できます。

更なる株価の上昇も期待できるNVIDIA株に投資するのであれば、IG証券の利用がおすすめです。

米国株CFDでは、最大5倍のレバレッジをかけた取引が可能であるため、手元の資金が少額からでも大きな利益を狙うことが可能です。

この機会にIG証券に口座を開設して、NVIDIA株のCFD取引を始めてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

NVIDIA(エヌビディア)株の今後の予想・将来性

次に、NVIDIA株の今後の将来性について以下の3つの点から予想していきます。

【NVIDIAの今後を予想するうえで重要なポイント】

・新たな事業の柱が台頭
・英半導体大手「アーム」の買収
・CPU領域への参入

それぞれのポイントについて解説していきます。

新たな事業の柱が台頭

すでにご紹介した通り、NVIDIAの事業の柱は現在、ゲーム分野とデータセンター向け分野の2つです。

しかし、NVIDIAでは自動運転やAIなどの分野でもすでに実績があります。

そして自動運転やAIは、これからの時代で非常に重要となる技術であり、半導体の需要もますます高まっていくことが予想されます。

今後伸びていく可能性が高い先端技術分野が、今後はゲームやデータセンターに次ぐ事業、またはそれらを上回る事業分野になる可能性は十分にあります。

更なる成長のためには、新たに事業の柱が生まれていくことが必要となりますが、NVIDIAはその可能性が非常に高いことから将来性にも期待が寄せられます。

英半導体大手「アーム」の買収

NVIDIAは2020年9月に、ソフトバンクグループ株式会社から英半導体設計大手「アーム」の買収をすることで合意したと発表しました。

アームは、スマートフォン等のモバイル端末の半導体シェアの9割近くを握るだけでなく、自動車やスマートホーム製品などIoT関連でも高いシェアを有している半導体設計企業です。

NVIDIAは、新規の領域開拓を試みるためにアームの買収に動きましたが、買収はすぐに進みませんでした。

なぜなら、アームは半導体の設計図を半導体製造メーカーに提供することでライセンス収入を得ており、NVIDIAのライバル企業もアームの設計図を利用しているからです。

「アームの買収が成立してしまうと、半導体企業の競争が阻害されるのではないか」という観点から、買収には英国や米国、EU(欧州連合)、中国など各国当局の承認が必要となっています。

そしてNVIDIAのライバル企業である半導体大手クアルコムやインテルなどは、NVIDIAによるアーム買収の動きに反対し、各国当局に働きかけています。

すでに株価はアームの買収を織り込んでいるとの見方もあるため、もし買収が水に流れた場合はNVIDIA株への影響は非常に大きくなると予想されます。

NVIDIA株に投資するのであれば、アーム買収の成否に注目しておく必要があるでしょう。

CPU領域への参入

NVIDIAは2021年4月にCPU(セントラル・プロセッシング・ユニット)への参入を発表しました。

CPUとは…

コンピュータの中心的な役割を果たす「中央処理装置」のこと。
パソコン全体の処理や計算を行う。

先ほど紹介したアームの設計を利用し、2023年にはスーパーコンピュータに搭載する予定とされています。

発表されたCPUは、NVIDIAのGPUと合わせて使うと、AIに学習させるための計算速度が最大10倍になると言われています。

この発表を受けてNVIDIA株は上昇、対してCPUに強みを持つインテル株が下落となりました。

今後の半導体業界の勢力図を塗り替える可能性がある「NVIDIAのCPU参入」のニュースは、どうなっていくのか注目が必要です。

NVIDIAの将来性は英アームの買収に大きく左右されますが、基本的には右肩上がりの成長を遂げていくと見られます。

とは言え、買収に失敗したり、CPU領域での成果が得られなかったりした場合、短期的に株価が下落する可能性は十分にあり得ます。

CFD取引なら、株価が下落する局面においても「売りポジション」を建てておくことで、利益を狙いに行くことが可能です。

IG証券に口座を開設して、NVIDIA株のCFD取引を始めてみてはいかがでしょうか

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

NVIDIA(エヌビディア)株の投資におすすめの証券会社

NVIDIA株への投資におすすめの証券会社を紹介します。

CFD取引と現物取引におすすめの証券会社をそれぞれ紹介するので、NVIDIA株への投資を検討している方はぜひこちらを参考にしてみてください。

IG証券

IG証券 公式ページ
取引方法CFD取引
提供サービスFX取引
CFD
ノックアウトオプション
バイナリーオプション
取引時間18:00~翌10:00
(サマータイム 17:00~翌9:00)
取引手数料片道:1株あたり2.2セント
最低手数料:16.5米ドル
詳細公式ページへ

NVIDIA株のCFD取引を始めるのであれば、IG証券の利用がおすすめです。

CFD取引とは…

現物資産の受け渡しをせずに、決済金額の差額のみを受け渡す取引のこと。
10万円で買って20万円で売る場合は、差額分の10万円を受け渡すことで取引が成立する。

IG証券は世界31万人以上が利用しており、多くの投資家から人気を集めている証券会社となっています。

IG証券のメリット
  • 最大5倍のレバレッジで自己資金が少額でも大きな利益を狙える

IG証券は、証拠金を差し入れることで、株式CFDなら最大5倍のレバレッジをかけた取引を行うことが可能です。

自己資金が少額しか用意できなくても、NVIDIA株で大きな利益を狙えるチャンスがあります。

  • 豊富な取扱銘柄で投資対象が充実している

IG証券は、CFD対応の国内証券会社でトップクラスとなる17,000以上の銘柄を取り扱っています。

金・原油・商品CFD・FXなど幅広い投資商品を取り扱っているので、あらゆる投資手法をとることができます。

  • 初心者でも安心の学習コンテンツ

IG証券では、専門のアナリストによるマーケットレポートやウェブセミナーなど、さまざまな学習コンテンツが用意されています。

これから投資を始める初心者でも学習しながら投資を始められる点が、IG証券の大きなメリットです。

当サイトでは、現在IG証券と期間限定のタイアップキャンペーンを実施しています。

今話題の手法「ノックアウトオプション」に関するガイドブックがプレゼントされるお得なキャンペーンです。

ぜひこの機会にIG証券に口座を開設して、お得なタイアップキャンペーンに参加してみましょう。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

SBI証券

取引方法現物取引
提供サービスNISA
積立NISA
iDeCo
IPO
投資信託
外国株
取引時間23:30~翌6:00(サマータイム 22:30~翌5:00)
取引手数料約定代金の0.495%
詳細公式ページへ

NVIDIA株の現物取引をするのであれば、SBI証券がおすすめです。

現物取引とは…

株式などの金融資産を現物でやり取りすることで成立する取引のこと。
購入のタイミングの時価を支払って現物株式を受け取り、売却のタイミングの時価を受け取って現物株式を引き渡す。

SBI証券は、国内株式個人取引シェアNo.1の証券会社として人気を集めています。

SBI証券のメリット
  • 業界最安水準の取引手数料で運用コストを抑えられる

SBI証券の米国株式の手数料は「約定代金の0.495%」と圧倒的に低水準のコストです。

取引の都度かかる手数料を抑えられるため、その分運用のパフォーマンスを高めることができます。

  • 他にも多くの株式、金融商品を取り扱っている

SBI証券は、国内株式・外国株式・投資信託・商品など、さまざまな投資商品に対応しています。

NVIDIAへの投資をきっかけに、他の投資にも興味が出てきた場合でも他の株式を組み入れてポートフォリオを充実させることができます。

  • NISAにも対応しているため年間120万円まで非課税で運用

SBI証券は、NISA(少額投資非課税制度)に対応しており、NVIDIA株もNISA口座での買い付けに対応しています。

年間120万円までの株式の購入であれば、運用益が非課税になるので税制面でメリットを受けながら運用できます。

現物取引でNVIDIA株を購入したいという方は、SBI証券に口座を開設して取引をスタートしてみてはいかがでしょうか。

\ 株式取引シェアNo.1! /

NVIDIA(エヌビディア)株の購入方法

それでは実際に、NVIDIAの株を購入する方法を解説していきます。

この記事では、IG証券のCFDで取引する場合の方法をご紹介します。

公式ページから口座開設

まず、IG証券の公式ページに行き、「口座開設はこちら」をクリックして取引に使う口座を開設します。

IG証券 公式ページ

その後は申し込みフォームに移るので、名前やメールアドレスなどの本人情報と保有している金融資産・これまでの投資経験等の質問に回答します。

回答後は本人確認書類のアップロード、もしくは郵送が必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう。

入金をする

口座開設が完了したら、次は証券口座に投資用の資金を入金します。

IG証券では、以下の通り3つの入金方法に対応しています。

【IG証券の入金方法】

・クイック入金(日本円口座)
・ベストレシーバー入金(日本円口座)
・銀行振り込み(米ドル口座)

ご自身が利用しやすい方法で入金を完了させましょう。

CFDの取引画面から銘柄を選択

口座に入金ができたら、次はCFDの取引画面から銘柄を選択します。

検索画面に「NVDA」もしくは「NVIDIA」と入力すると、「NVIDIA Corp」が出てくるので選びます。

IG証券 検索画面

注文を確定する

NVIDIAを選択したら、実際に注文に進みます。

IG証券 取引画面

CFD取引では現物資産の受け渡しがないため、「買いポジション」と「売りポジション」を選ぶことができます。

株価が上昇すると見込んだ場合は買いポジション、下落すると見込んだ場合は売りポジションを建てます。

そして注文方法と価格、取引ロット数を指定し、誤りがなければ「注文確定」をクリックして決済が完了です。

IG証券なら、注目銘柄NVIDIAのCFD取引にも対応しています。

短期的に株価が下落するのではないか、と予想される局面でも「売りポジション」を保有しておくことで、利益を狙いに行くことができます。

ぜひ、この機会にIG証券でNVIDIA株のCFD取引を始めてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

NVIDIA(エヌビディア)株に関するQ&A

NVIDIA株投資に関してよくある質問内容をまとめました。

必要な投資資金や米国株の取引時間についてご紹介するので、NVIDIA株の取引に興味をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

NVIDIA株はいくらから購入できる?

NVIDIA株をはじめとした米国株は、100株単位からの購入となる日本株とは異なり、1株単位で購入することができます。

2021年11月12日時点のNVIDIA株の株価が「303.90米ドル」、為替レートがおよそ「1米ドル=114円」です。

計算すると、NVIDIA株はおよそ35,000円ほどから購入することができます。

銘柄によっては10万円以上の資金が必要だったり、日本株には数百万円からしか購入できない銘柄もあるので、比較的安く購入できると言えます。

米国株は、取引時間中にリアルタイムで変動する株価のほかに、為替レートの変動によっても取引価格が変化するので、事前に確認しておくようにしましょう。

取引時間はいつ?

NVIDIAは米国株式市場に上場している銘柄なので、現地の取引時間に合わせて取引することになります。

米国市場の取引時間は、日本時間の23:30〜翌朝6:00(サマータイムは22:30〜翌朝5:00)です。

ただし、上記の取引時間となるのは現物取引の場合であり、CFD取引であれば時間外でも取引することができます。

例えば、IG証券では米国株CFDの取引時間が、日本時間の18:00~翌10:00(サマータイム 17:00~翌9:00)となっています。

米国市場の取引時間は、日本では深夜から朝方にかけての時間なので取引しにくいですが、IG証券では比較的早い時間から取引に参加することができます。

取引対応時間でもメリットのあるIG証券で、NVIDIA株のCFD取引を始めてみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

NVIDIA(エヌビディア)株の今後の動向まとめ

この記事では、NVIDIA株の特徴や株価の推移、今後の予想、取引におすすめの証券会社などを解説してきました。

この記事のまとめ

・NVIDIAは、GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を提供する半導体メーカー
・成長性が高い分野で事業を展開しており、売上高も順調に伸びてきている
・株価はコロナ禍でも力強く上昇しており、2020年頭から2021年11月12日時点までで約5倍まで上昇した
・「アーム」の買収と「CPU」領域への参入の成否が今後を左右する
・NVIDIA株を購入するなら、IG証券SBI証券がそれぞれおすすめ
・IG証券なら米国市場の取引時間外でも取引可能

今後も投資家から注目を集めることが予想されるNVIDIA株の取引には、IG証券の利用がおすすめです。

CFD対応の国内証券会社のなかでトップクラスとなる17,000以上の銘柄を取り扱っており、幅広い投資ニーズに対応しています。

この機会にIG証券に口座を開設して、あらゆる投資手法を試してみてはいかがでしょうか。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

目次
閉じる