【危険】ソーシャルレンディングは危ないの?リスクについて徹底解説!

ソーシャルレンディングは近年欧米を中心に人気になっている投資方法です。

国内でも2008年頃からソーシャルレンディングサービスが提供されており、投資家を中心に注目されています。

しかしながら近年、ソーシャルレンディングへの投資はリスクが大きく危ないと囁かれています。

今回はそんなソーシャルレンディングの危険性やリスクを回避する方法、貸し倒れが起きるケース、おすすめのソーシャルレンディングサービスを解説していきたいと思います。

この記事の要点
  • ソーシャルレンディングは欧米で人気のある投資方法
  • ソーシャルレンディングは貸し倒れのリスクがある
  • ファンドの選び方を知ればリスクをある程度回避できる
  • 貸し倒れのケースを確認することでファンド選びに失敗しない
  • 返済実績が高く信頼度が高いサービスを利用すること
  • ソーシャルレンディングを始めるなら圧倒的な実績を誇るクラウドバンクがおすすめ

ソーシャルレンディングで投資をするなら実績豊富で融資原本回収率100%のクラウドバンクを利用するのがおすすめです。

1万円からの少額投資が可能ですので、初めての方でも安心して投資を行うことができるでしょう。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

目次

ソーシャルレンディングには貸し倒れが起きる危険性・リスクがある

ソーシャルレンディングは欧米で人気があり、最近日本でも注目されている投資方法です。

ソーシャルレンディングとは融資型クラウドファンディングで、投資家が融資をして、融資をした金額+利子を受け取ることができるというものです。

一見魅力的な投資方法ですが、貸し倒れや延滞する危険性・リスクがはらんでいます。

貸し倒れという大きなリスクがある

ソーシャルレンディングには「融資型クラウドファンディング」という特性上、貸し倒れの危険性があります。

貸し倒れとはデフォルトとも言い、倒産などの理由により融資を受けた企業が返済不能になり、融資をした投資家にお金が戻ってこないという大きなリスクがあるのです。

どのファンドを選んだとしても貸し倒れのリスクはありますが、貸し倒れしにくいファンドを選ぶことで、貸し倒れのリスクを回避することができます。

貸し倒れだけでなく延滞のリスクもある

延滞とは、ファンドで融資を受けている企業からの返済が期日を過ぎてしまい遅れる状態のことをいいます。

ソーシャルレンディングはあらかじめ返済期日が決められており、企業は返済期日までに投資家に返済する必要があります。

しかしながら、この返済期日に返済できずに遅れてしまうと「延滞」となってしまうのです。(「遅延」や「期間延長」などサービスによって名称は異なります。)

延滞は企業の業績が悪化したり、借り換えができないなどが原因で発生します。

延滞は返済がされれば多少遅れても問題は有りませんが、延滞が貸し倒れになるケースや返済がなされないケースになることもあるため、できるだけ延滞や貸し倒れのリスクが少ないファンドを選びましょう。

貸し倒れが今までに一度もなく、融資原本回収率が100%で担保付きファンドを提供しているクラウドバンクがおすすめです

厳しい審査を通過できた案件のみを公開しているので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

ソーシャルレンディングのリスクを回避する方法

ソーシャルレンディングのリスクを回避するには以下の3つのポイントがあります。

ソーシャルレンディングのリスクを回避する3つのポイント
  • 担保が用意されているファンドに投資をする
  • 利回りが平均的なファンドに投資をする
  • 運用期間がなるべく短いファンドに投資をする

担保が用意されているファンドに投資をする

ソーシャルレンディングのファンドの中には担保や保証がついているものがあります。

特に不動産の担保がついているファンドが多く、価値が安定しているため安心して投資ができる案件だと言えるでしょう。

ただし、中には不動産の担保ではなく、融資先の企業の株を担保にしているファンドもあるため、担保の内容はしっかりと確認する必要があります。

株が担保の場合、株価が暴落するなどした場合担保として全く意味をなさなくなってしまいます。

そのため、担保の内容がどのようなものかを確認してから融資を行いましょう。

なお、融資先の企業に連帯保証として別の企業がついている保証付きのファンドもあります。

こちらはどの会社が連帯保証人になっているのかにもよりますが、信頼度の高い企業が連帯保証人となっていればより安心して投資を行うことができると言えるでしょう。

利回りが平均的なファンドに投資をする

ソーシャルレンディングのファンド選びで失敗しないために、利回りが平均的なファンドに投資をするのも鉄則です。

ソーシャルレンディングにおける平均的な利回りは3%〜10%と言われています。

ファンドの中には平均以上の利回りを提示しているファンドもあり、非常に魅力的でしょう。

しかし、リターンの大きな投資には大きなリスクを孕んでいることがほとんどです。

投資初心者は金利の高さに魅力を感じることも多いですが、リスクを減らして安定した収益が確保できるファンドを選ぶことが大切です。

利回りに惑わされずにファンドの情報をしっかりと確認し総合的に判断することが大切です。

運用期間がなるべく短いファンドに投資をする

運用期間はファンドごとに異なりますが、3ヶ月〜1年ほどが平均となっています。

運用期間は長ければ長いほど金利を多く受け取ることができるため、より運用期間が長いファンドを選びがちです。

しかし、ソーシャルレンディングは一度投資をすると、運用期間の途中で解約することができません。

運用期間が長くなればなるほど、貸し倒れや延滞のリスクや危険性が高まるのです。

そのため、運用期間が長めのファンドを選ぶときはファンドの内容や融資先の企業の情報、担保があるかどうかなどを確認して、投資をしても大丈夫かどうか判断しましょう。

クラウドバンクなら担保がついており、運用期間2ヶ月と短めの案件も多数募集しており実績も豊富なのでおすすめです。

無料で口座開設ができるためソーシャルレンディングに興味があるならまずは口座開設の申込みをしてみましょう。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

ソーシャルレンディングで貸し倒れが発生するケース

ソーシャルレンディングでは貸し倒れが発生するケースがいくつかあります。

貸し倒れが発生するケースを知っておくことで、ファンド選びに失敗しにくくなるでしょう。

ソーシャルレンディングで貸し倒れが発生するケース
  • 担保が設定されていないケース
  • 換金性が低い担保が設定されているケース
  • 会社独自で担保の査定しているケース

それでは、それぞれのケースについて解説していきたいと思います。

担保が設定されていない

ソーシャルレンディングは担保付きのファンドが多く、万が一貸し倒れになっても担保によって損失が抑えられるようになっています。

しかし、担保が設定されていないファンドだと、業績の悪化などで延滞してしまったり貸し倒れになるリスクがあります。

そのため、ファンドを選ぶときは担保や保証があるファンドを選ぶようにしましょう。

換金性の低い担保が設定されている

ソーシャルレンディングは担保付きのものが多いですが、何を担保にしているかはファンドによってさまざまです。

人気の高い案件は不動産など比較的安定性のある担保の付いたファンドです。

しかし、担保の中には融資先の企業の債権や事業権という換金性の低いものもあります。

これらの担保は、売却されるまでに時間がかかり、待っている間に担保の価値が下がることがあります。

また、ファンドの中には設備や機器などを担保にしていることもありますが、これらも買い取り先がすぐに見つかるとは限らないため、あまりおすすめできません。

会社独自で担保の査定している

ファンドについている担保は、第三者機関や、ソーシャルレンディング仲介業者の査定で決められていることが多いのですが、中には会社独自で査定をしていることがあります。

担保の中身をしっかりと精査して手堅く評価額の選定を行う必要がありますが、会社独自の査定だと、評価額が実際よりも高くつけられてしまうことがあります。

貸し倒れになった際に担保の売却になった際に、査定されていた金額よりも大きく下がってしまうと、分配される金額も少なくなるため注意しましょう。

担保が設定されていなかったり、設定されていても換金性が低かったり会社独自で担保の査定をしていると、貸し倒れになってしまうリスクがあります。

クラウドバンクなら第三者機関が査定をして換金性の高い担保が付いたファンドに投資をすることができるのです。

少額からファンドに投資をすることができるため非常に投資がしやすくなっています。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

【貸し倒れリスクが低い】おすすめソーシャルレンディング

返済実績が豊富で貸し倒れリスクが低いおすすめのソーシャルレンディングサービスを紹介します。

おすすめのソーシャルレンディング
  • クラウドバンク
  • バンカーズ
  • FUNDS
  • SAMURAI FUND

今回紹介するソーシャルレンディングサービスはすべておすすめですが、特におすすめなのはクラウドバンクです。

担保付きファンドが豊富で実績があり、原糸回収率100%で人気No.1のソーシャルレンディングサービスです。

クラウドバンク

クラウドバンク
サービス名クラウドバンク
運営会社名日本クラウド証券株式会社
サービス開始2013年
最低金額1万円
投資期間2ヶ月〜
期待利回り6.80%
累積募集額1,534億円突破
公式サイトクラウドバンクの公式サイト

クラウドバンクは日本クラウド証券会社が運営しているソーシャルレンディングで、2021年9月時点で、累積募集額は1,534億円を突破しており、融資原本回収率は100%です。

クラウドバンクではファンドごとに担保を用意しているため、万が一返済できなくなったとしても担保を売却し返済されるため、融資原本回収率100%を実現できているのです。

期待利回りも6.80%のため、比較的安定して運用が可能です。

ファンドへの投資は最低1万円から可能で、2ヶ月から運用が可能で、審査や与信審査がしっかり行われ、担保も就いているため、安心して投資ができます。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

バンカーズ

サービス名バンカーズ
運営会社株式会社バンカーズ
サービス開始2020年12月
最低金額1万円
運用期間2ヶ月〜
期待利回り1.86%〜4%
累積募集額14億4510万円
公式サイトバンカーズの公式サイト

バンカーズは2020年12月から運営されている、最近できたばかりのソーシャルレンディングサービスです。

サービスを開始してまだ1年も経っていませんが、累計投資額が14億4510万円に到達しており、非常に将来性がある会社だと期待されています。

また、セイムボート出資方式という、融資金の一部をバンカーズが出資する方法を採用しており、万が一貸し倒れや延滞になった場合、投資家だけでなく運営も損失を受けるため、案件の絞り込みも厳しくなっているため、リスクの低い案件が多いのです。

バンカーズは、銀行や証券会社などの勤務経験があり、融資経験の豊富な人材が多く在籍しているため、安心してファンドに投資することができるでしょう。

Funds

fundsの公式サイト
サービス名Funds
運営会社ファンズ株式会社
サービス開始2019年
最低金額1円
運用期間12ヶ月
期待利回り2.08% ※
累積募集額113億7410万円
公式サイトFundsの公式サイト
※平均利回りは変動するため詳細はFundsの公式ページでご確認ください。

Fundsは2019年から運営されているソーシャルレンディングサービスです。

期待利回りは現在2.08%と低めですが、投資にかかる手数料は無料で、1円から投資をすることができます。

Fundsの専門チームによって厳密な審査がなされ、承認された企業のファンドのみが募集にかけられるため、安心して投資を行うことができます。

また、ファンドは有名企業や将来性のあるベンチャー企業に限定されており、ファンド情報で融資先の情報を全て公開されているため、事前に投資をしても大丈夫な案件かどうかの確認が可能です。

ちなみに1円からでも1万円からでも投資を始めることができるため、まずは少額からソーシャルレンディングを始めましょう。

\ 1円から投資できる! /

SAMURAI FUND

SAMURAI FUND トップページ
サービス名SAMURAI FUND
運営会社SAMURAI証券株式会社
サービス開始2002年
最低金額1万円
運用期間1ヶ月〜14ヶ月
期待利回り4%〜7%
累積募集額51億1876万円
公式サイトSAMURAI FUNDの公式サイト

SAMURAI FUNDは2002年からSAMURAI証券株式会社によって運営されている、比較的老舗のソーシャルレンディングサービスです。

提供されているファンドは保証付きのため、万が一延滞や貸し倒れが起こっても安心です。

また、他のソーシャルレンディングサービスでは取り扱いのないスリランカ預金ファンドや仮想通貨マイニングファンドなどのユニークなファンドも数多く取り扱っています。

1万円から投資ができる案件が多いため、少額で投資が可能なのも嬉しいポイントです。

実際、現在運用中のファンドや完了済みのもので、延滞や貸し倒れが起きているケースが1つもないため、安心してファンドへの投資ができるでしょう。

ソーシャルレンディングの危険性やリスクまとめ

ソーシャルレンディングは「投資型クラウドファンディング」という性質上、どんなに安全と言われたファンドを選んでも貸し倒れや延滞のリスクがついてしまいます。

しかし、実績豊富のソーシャルレンディングサービスで担保付きの案件を選ぶことでリスクを減らすことは可能でしょう。

この記事のまとめ
  • ソーシャルレンディングは貸し倒れや延滞のリスクのある投資方法である
  • 1万円から投資ができるサービスが多い
  • 実績のあるサービスでファンドを選ぶこと
  • 担保付きや保証付きのファンドを選ぶことでリスクを減らせる
  • 利回りが高かったり運用期間が長いものはおすすめできない

ソーシャルレンディングを始めるなら、少額から投資が可能で安全なクラウドバンクがおすすめです。

まだ口座を持っていない方はぜひ口座開設から始めてみてください。

\ 人気No.1クラウドファンディング/

目次
閉じる