仮想通貨FLR(Spark/スパークトークン) とは?上場予定やエアドロップでの配布日を解説

先日2021年10月12日に国内取引所で一斉にSpark(FLR)トークンのエアドロップについての発表が行われました。

Spark(FLR)トークンのエアドロップは2023年の6月12日に実施される予定となっています。

XRPの保有量に対して付与される予定のSpark(FLR)ですが、どのようなプロジェクトなのでしょうか。

この記事ではSpark(FLR)のエアドロップの情報やSpark(FLR)の特徴に関して紹介していきます。

Spark(FLR)のエアドロップを予定している方、Spark(FLR)に興味がある方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事の概要
  • Spark(FLR)は独自のコンセンサスメカニズムを採用するスマートコントラクトプラットフォーム
  • XRPと提携しており、XRPのスマートコントラクト実装を目指している
  • 2023年6月に20年12月時点でXRPを保有していた利用者を対象にエアドロップを予定している
  • 上場後の価格は上場直後は下がるが、その後はXRPやsAppsの影響を受けて上昇することが予想される
  • 2023年以降購入する場合はコインチェックなどの国内取引所で購入することが可能

Spark(FLR)トークンの配布の条件は2020年時点でXRPトークンを保有していた方に限られます。

Spark(FLR)を新規に購入したい場合は国内取引所に口座を開いてSpark(FLR)の上場を待つことがおすすめです。

国内取引所の利用は初心者向けで有名なコインチェックがおすすめです。

アプリダウンロード数No.1という圧倒的な実績を誇るコインチェックなら安心して取引を行うことができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

【最新】Sparkトークン(FLRトークン/FLR)がもらえる

Flare Networksは2020年8月にFLRトークンをXRPと1:1で発行し、XRPの保有者に対して付与することを表明しました。

国内では2023年6月12日までにFlare Networksが日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に上場承認されることを条件に、2020年12月12日時点でのXRPの保有量に応じてFLRトークンが付与されます。

もらえる仮想通貨取引所

FLRトークンを、もらうことができる国内取引所は次の通りです。

国内取引所12社(とオブザーバー1社)がFLRトークンのエアドロップを実施する予定となっています。

FLRトークンをもらえる仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin
  • ビットバンク
  • BITPoint
  • Liquid by Quoine
  • SBI VC トレード
  • フォビジャパン
  • Xtheta
  • ディーカレット
  • BITMAX
  • その他一社

FLRトークンの付与条件

FLRトークンは、2023年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に上場承認された場合、提供予定の国内取引所を通してXRP保持者に分配されます。

分配されるトークン量は2020年12月12日の日本時間午前9時時点におけるXRP保有量に基づいています。

FLRトークンはFlare Networksのネットワーク実装後、まずXRP保有量の15%相当が付与され、その後残りの85%のトークンは25〜34ヶ月の期間にわたり、毎月平均3%ずつ付与されます。

FLRトークンのエアドロップ(付与)は2020年にXRPを保有していた人に限られます。

そのため、Spark(FLR)を購入する際は、エアドロップ後に取引所で購入するようにしましょう。

国内取引所はアプリが使いやすくて人気のコインチェックがおすすめです。

コインチェックのアプリは設定がシンプルでみやすく、外出先でも気軽に価格をチェックすることや取引を行うことが可能です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Spark(FLR)の概要

仮想通貨名Spark(FLR)
シンボルFLR
価格未上場のため不明
時価総額未上場のため不明
時価総額順位未上場のため不明
取扱い取引所2023年6月以降国内取引所で取り扱い予定
公式サイトhttps://flare.xyz/

Spark(FLR)はFBAというコンセンサスアルゴリズムを採用するプラットフォームです。

スケーラブルで、ネイティブ・トークンに依存しない安全性や低い取引コストを誇っています。

Spark(FLR)はまだ上場しておりませんので購入したい場合は2023年のエアドロップを待ち、国内取引所で購入しましょう。

まだ国内取引所に口座を保有していない場合は、早めに口座を開設しておくことがおすすめです。

取引所に口座を開設する場合は、2014年から運用しているという長期の取引実績を保有する、コインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮装通貨Spark(FLR)の特徴

Spark(FLR)はリップル社と提携しており、XRPにスマートコントラクトを実装することを目指しています。

また、アルゴリズムステーブルコイン(F-Assets)を発行していることにも特徴があります。

ここでは、Spark(FLR)の特徴についてポイントを挙げて開設していきます。

Rippleと提携している

Spark(FLR)はXpringというRippleの投資部門がから出資を受けている他、LiteCoinTerraの創業者や複数のクリプト系事業者から、合計1130万ドルを調達しています。

また設立後、2019年にリップルにスマートコントラクトを実装することを目的にリップルの投資部門のXpringと提携しました。

リップルへのスマートコントラクトの実装は2020年5月に既にテストネットワークが開始されています。

独自のコンセンサスアルゴリズムを適用

Spark(FLR)は自身のネットワークにFBA(Federated Byzantine Agreement)というコンセンサスアルゴリズムを適用しています。

PoWやPoSなどのコンセンサスアルゴリズムでは、ブロックチェーンのトランザクションの承認に経済的なインセンティブを必要としますが、FBA(Federated Byzantine Agreement)は経済的なインセンティブを必要とせず、またスケーラビリティも担保します。

Spark(FLR)はこれに加えてAvalancheという高速処理能力を実現するプロトコルを採用してました。

このシステム構造によって、Spark(FLR)はスケーラブルで高速の処理能力を実現しています。

アルゴリズムステーブルコイン(F-Assets)を発行している

Spark(FLR)はF-Assetsというアルゴリズムステーブルコインを発行しています。

F-AssetsはSpark(FLR)のトークンであるFLRに価格が裏付けされた仮想通貨連動型のトークンとして発行されます。

現在XRPDOGELTC、STRの四つの仮想通貨のステーブルコインの発行が予定されており、FXRP、FDOGE、FLTC、FSTR、という名前で発行される予定です。

F-Assetsは連動対象となる仮想通貨のプールに応じてその発行量が決められます。

発行する際は、プールされている仮想通貨の量に応じてFLRの担保量が決定され、賃借する形で発行されます。

発行されたF-Assetsはプラットフォーム上でDeFiやdAppsなどのサービスに利用されます。

DApps(分散型アプリ)サービスを提供

Spark(FLR)はdAppsサービスも提供しています。

ここではSpark(FLR)で最初のDeFiアプリとなるFlare Finance(フレアファイナンス)を紹介します。

Flare Finance(フレアファイナンス)

Flare Finance(フレアファイナンス)は機関投資家向けのDeFiサービスです。

トレーディングや保険、クロスチェーンブリッジ、ローンなど6種類もの投資家向けサービスを提供しています。

また、独自のトークンも発行しており、アプリ上のガバナンスを担保しています。

Spark(FLR)はまだ取引所に上場していないため、取引所への上場後、国内取引所で購入することがおすすめです。

国内取引所を利用する際は利用者への対応が手厚いコインチェックがおすすめです。

コインチェックは電話での問い合わせ対応窓口を用意しており、安心して取引することができる取引所と言えるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Sparkのこれまでの価格動向

Spark(FLR)はまだ取引所に上場していません。

よって、これまでの価格動向に関する情報は得られませんでした。

※Poloniex、Bitrue、Giottusなどの海外取引所ではIOU取引を行っています。(IOU取引とは実際のトークンではない代替物を特定の取引所内のみで行う取引です。)

気になる方は上場後に国内取引所でSpark(FLR)を購入してみましょう。

Spark(FLR)が上場するまではコインチェックなどの国内取引所でアルトコインを購入してみてはいかがでしょうか。

コインチェックは国内最多の17種類の仮想通貨を取り扱っているため、気になるアルトコインを購入することが可能です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Spark(FLR)の今後の見通し/予想

Spark(FLR)は上場後、どのような価格変動となるでしょうか。

現時点で想定可能な価格の動きを紹介します。

Spark(FLR)の今後の見通し/予想
  • 上場後すぐは価格が下落する可能性がある
  • 価格が落ち着いた後はXRPの価格の動きに合わせて推移する可能性がある
  • DeFiなどdAppsの人気の高まりによって長期的に価格が上昇する可能性がある

上場後すぐは価格が下落する可能性がある

2023年に予定している上場の直後は価格が下落する可能性があります。

その理由はXRPの保有者がFRLトークンの受け取り後、すぐに取引所でトークンを販売する可能性があるためです。

また、上場直後は取引高や流動性が低いため、価格が硬直して上昇しにくいという要因もあると考えられます。

価格が落ち着いた後はXRPの価格の動きに合わせて推移する可能性がある

上場直後の下落が落ち着いた後は、XRPの価格の上下に影響を受けることが考えられます。

Spark(FLR)はXRPのスマートコントラクトの実装を目指し、実際にテストネットワークを開始しています。

そのため、XRPの人気がXRPのサービスの一つでもあるSpark(FLR)の価格に影響することが予想されています。

DeFiなどdAppsの人気の高まりによって長期的に価格が上昇する可能性がある

Spark(FLR)はdAppsのプラットフォームを提供しているため、dAppsのニーズの高まりに影響を受ける可能性があります。

現状DeFiやNFTなどのdAppsの人気はますます上昇しており、合わせてdApps関連の仮想通貨の価格も大きく上昇しています。

上場後、Spark(FLR)もこの動きに連動する可能性があるでしょう。

Spark(FLR)を購入したい場合は2023年のエアドロップ後に国内取引所で購入することがおすすめです。

国内取引所はセキュリティ保全が万全なコインチェックがおすすめです。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Spark(FLR)を利用するならコインチェックがおすすめ

Spark(FLR)購入したい場合は、2023年の国内取引所への上場を待ってから国内取引所で購入することがおすすめです。

また、上場が待ちきれないという方はPoloniex、Bitrue、Giottusなどの海外取引所で行われているIOU取引を行うことができます。

IOU取引とは実際のトークンではない代替物を特定の取引所内のみで行う取引です。

海外取引所でSpark(FLR)のIOU取引を行う際は国内取引所で取引ペアを購入し、海外取引所に送金して取引を行うようにしましょう。

コインチェック 新サムネイル

国内取引所でのSpark(FLR)など仮想通貨の購入はお得に取引可能なコインチェックがおすすめです。

コインチェックは取引手数料が、無料のため気軽に取引することができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Spark(FLR)に関してよくある質問

ここではSpark(FLR)のエアドロップを中心によくある質問に答えていきます。

FLRトークンの受け取り対象は誰か?

Ripple Lab関係者など、一部の元Ripple社関係者意外の全ての仮想通貨XRP保有者が対象となります。

トークン分配方法は?

1000億枚のSparkトークンが発行され、そのうち450億枚がXRP保有者に分配される予定です。

残りの550億枚のうち、250億枚がFlare Networks Ltd社に分配され、残りの300億枚はFlare財団に分配される予定となっています。

Sparkトークンの受取方法は?

XRPを取引所ではなく個人で保有・管理している場合、XRP LedgerアドレスのMessage Key FieldにFlareアドレスを設定することで受け取ることが可能です。

受け取り手順は次の通りになります。

個人での受け取り手順
  1. イーサリアムに対応可能なアドレスを作成
  2. アドレスの最初にの「0x」を消去し、アドレス内の文字を全て大文字にする
  3. アドレスの最初に「02」と24個の「0」(ゼロ)を追加する
  4. 3で作成したアドレスをXRP Ledgerアドレスに設定する

個人アドレスでの受け取りでは、スナップショットから6ヶ月以内に設定する必要がありますので期限を過ぎないように気をつけてください。

個人でXRPを管理しておらず、トークン付与への対応を表明している取引所でXRPを保管・取引している場合は、申請・受け取り手続きは取引所が実施しますので対応は必要ありません。

Spark(FLR)を購入したい場合は2023年の上場まで待つ必要がありますので、Spark(FLR)のようなアルトコインを購入してみたい方は国内取引所でビットコインやアルトコインを取引してみてはいかがでしょうか。

コインチェックは仮想通貨のトレードだけではなく、ビットコインでんきやビットコインレンディングサービスなど様々な仮想通貨サービスを展開しているため、いろいろな形で仮想通貨に触れることが可能です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨Spark(FLR)のまとめ

今回はSpark(FLR)について解説しました。

Spark(FLR)は2023年に国内12の取引所でエアドロップを控えている注目の仮想通貨です。

国内でのエアドロップ後の価格の動きやその前後のサービスの展開に注目が集まります。

今後もSpark(FLR)の動向に注視していきましょう。

仮想通貨Spark(FLR)のまとめ
  • Spark(FLR)はFBAをコンセンサスアルゴリズムとして採用するスマートコントラクトのプラットフォーム
  • Rippleと提携しており、XRPのスマートコントラクトを実装することを目指している
  • 2023年6月に12の国内仮想通貨取引所へのエアドロップを予定しており、2020年の特定時期にXRPを該当取引所に保有していた利用者はほとんど全員に付与される
  • 上場後の価格は一時下がる可能性があるが、XRPやdAppsの人気の高まりを受けて上昇する可能性がある
  • 2023年以降に購入可能となるので、コインチェックなどの国内取引所を利用することがおすすめ

2023年以降Spark(FLR)を購入する場合はコインチェックの利用がおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる