仮想通貨UXEとは?買い方・将来性と価格動向について徹底解説!

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

NFTゲーム「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」にて流通する「仮想通貨XENO Utility Token (UXE)」。

PROJECT XENOとは、Youtuberのヒカル氏などが公認アンバサダーを務める、話題沸騰中のタクティクスPvPゲームです。

仮想通貨UXEは、仮想通貨XENO Governance(GXE/ゼノ)とともに、PROJECT XENOのゲーム内で流通しているトークンです。

今回の記事では、仮想通貨UXEについて解説します。

この記事からわかること
  • 仮想通貨XENO Utility Token (UXE) は、NFTゲーム「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」にて流通するトークンのひとつ
  • PROJECT XENOには、ガバナンストークン「GXE」とユーティリティトークン「UXE」の2つのトークンが流通している
  • ゲーム内のバトルで勝利することで、仮想通貨UXEを稼ぐことができる
  • UXEは、現時点では国内の仮想通貨取引所では購入できない

仮想通貨UXEは、現時点では取り扱っている国内取引所はありません。

それに対して、PROJECT XENOのもうひとつのトークンである仮想通貨GXEは、国内取引所BITPOINT(ビットポイント)にて取引が可能です。

仮想通貨GXEについては「仮想通貨GXEとは?」の記事にて詳しく解説していますので、チェックしておきましょう。

BITPOINTでは、日本で初めてGXEの取り扱いを開始した取引所です。

まずはBITPOINTにて、仮想通貨GXEの取引から始めてみてはいかがでしょうか。

\ 3,500円分のOSHIもらえる!/

目次

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)とは?

UXE_top-1024x236
通貨(トークン)名XENO Utility Token
シンボルUXE
発行元EPOCH FACTORY
発行数量発行上限なし
価格(2023年9月現在)¥2.84
取り扱い取引所国内では取り扱いなし
公式サイトPROJECT XENO公式サイト
2023年9月12日時点

今話題の遊んで稼げるNFTゲーム(Play-To-Earn)の「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」において流通しているユーティリティトークン、仮想通貨XENO Utility Token(UXE)。

「UXE」は現時点で、国内取引所では取り扱われていません。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とは

PROJECT-XENO トップページ-1024x617 (2)

まず最初に、仮想通貨UXEが流通するNFTゲーム、「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」について説明します。

PROJECT XENOとは、遊んで稼げるNFTゲーム(Play-To-Earn)のひとつで、Youtuberのヒカル氏が公認アンバサダーを務めています

「GameFi(ゲーミファイ)」「e-Sports」「Fun」を融合した画期的なタクティクスPvPゲーム(他プレイヤーと対戦するゲーム)で、現在、人気急上昇中です。

3×3のマス上に、XENO(ゼノ)と呼ばれるキャラクターを3体配置してデッキを構築し、相手プレイヤーのXENOと戦わせます。

PROJECT XENOについては、「プロジェクトゼノとは?」の記事にて、実際にプレイした感想も含めて詳しく解説しておりますので、ぜひ読んでみてください。

なお、プロジェクトゼノはアプリストアから無料ダウンロードできますので、ぜひこの機会にダウンロードしてみてく

\NFTゲームを始めるなら!/

PROJECT XENO内で流通する2つのトークン

仮想通貨UXEは、PROJECT XENOのユーティリティトークンです。

PROJECT XENOでは、GXEとUXEという2つのトークンが流通しており、それぞれに異なる利用用途が割り当てられています。

PROJECT XENO内で流通する2つのトークン
  • ガバナンストークンGXE
  • ユーティリティトークンUXE
  • ガバナンストークンGXE

ガバナンストークン「GXE」は、PROJECT XENOのゲーム内で、キャラクターや装備品などのNFTアイテムを生成したり、NFTのカスタマイズなどに利用されます。

GXEの所有者は、様々な特典を受け取れるGXEパートナー制度に参加できるなどのメリットもあります。

GXEを所有することで、非所有者に比べ、より積極的にPROJECT XENOに関わることができます

  • ユーティリティトークンUXE

ユーティリティトークン「UXE」は、PROJECT XENOで遊んで稼げるトークンです。

XENOと呼ばれるNFTキャラクターにはそれぞれ稼ぐ能力が備わっており、EARNというパラメータで表されます。

UXEは、ゲーム内のショップにてアイテムなどのお買い物の際に利用でき、ゲームをより楽しく、有利に進めるために活用されます

\ 3,500円分のOSHIもらえる!/

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)の使用用途

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) は、PROJECT XENOをプレイしながら稼げる通貨です。

仮想通貨UXEのPROJECT XENO内での使用用途を、詳しく見てみましょう。

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) の稼ぎ方

まずは、仮想通貨UXEの稼ぎ方を説明します。

PROJECT XENOでのアリーナバトル勝利時に、確率でUXEを獲得できます。

UXEを稼ぐには、デッキ編成に注意する必要があります。

バトルをするには、XENOと呼ばれるキャラクターを3体選んでデッキを編成する必要がありますが、配置するXENOによってUXEを稼ぐ能力が異なります

XENOは、バトル中の性能に関わる3つのステータスと、バトル後のトークンの獲得(Play-To-Earn)に関わるステータスの4種類のステータスを持ち、このうち「EARN」のステータスがXENOの「UXEを稼ぐ能力」を表しています。

ステータスの種類詳細
HP体力値
ATK攻撃力
SPD素早さ
EARN稼ぐ能力

UXEを稼ぐためには、「1」以上のEARNパラメータを持つXENOを、少なくとも1体以上含めてデッキを編成する必要があります。

ゲーム内のバトルで勝利すると「Uコイン」というゲーム内通貨で報酬を受け取れるので、UコインをUXEに交換すると仮想通貨取引ができるようになります。

なお、ゲーム開始時に無料で獲得した3体のXENOはEARNパラメータを持っていないため、UXEを稼ぎたい場合は、NFTキャラクターのXENOを入手しておきましょう。

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) の使い方

次に、仮想通貨UXEの使い方を説明します。

UXEには、以下のような使い道があります。

UXEの使い道
  • ゲーム内ショップにてアイテムを購入
  • XENOやスキルカードの育成
  • トレジャーの購入、開封 など

ゲーム内通貨には「Uコイン」「Gコイン」「ゴールド」があり、用途に応じて利用できる通貨が異なります

UXEをこれらの通貨に交換して、ショップでのお買い物などといったゲーム内の活動に使用します。

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)の買い方

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) の買い方について説明します。

PROJECT XENOのガバナンストークンである仮想通貨GXEは国内取引所BITPOINTにて取り扱われており、日本円で簡単に購入できます。

一方、ユーティリティトークンである仮想通貨UXEは、現時点では日本の取引所では取り扱われておらず、購入することはできません。

そのため、今回の記事では、DEX(分散型取引所)のPancakeSwapでUXEを購入する方法について見ていきましょう。

PancakeSwapについては、「PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?」の記事をご確認ください。

国内仮想通貨取引所で仮想通貨を入手する

まずは、国内の仮想通貨取引所で口座を開設します。

日本円ではUXEを購入することができないため、仮想通貨取引所を利用して仮想通貨を入手しておきます。

BITPOINTなどの国内取引所の公式サイトにアクセスし、口座を開設します。

口座を開設したら、取引用の通貨として仮想通貨を入手します。

\ 3,500円分のOSHIもらえる!/

海外取引所にてUSDTとBNBを購入する

次に、取引用に購入した仮想通貨を、MEXCなどの海外仮想通貨取引所に送金します。

送金が完了したら、送金した仮想通貨を使ってUSDTを購入します。

この時に、ガス代(取引手数料)用に、少額のBNBも入手しておきます。

PancakeSwapにてUXEを購入する

現時点ではUXEは取引所に上場しておらず取引ができないため、DEX(分散型取引所)のPancakeSwapを利用して購入します。

海外取引所で購入したUSDTとBNBをメタマスクに送金します。

メタマスクとPancakeSwapを接続して、保有しているUSDTをUXEに交換することで、UXEの購入は完了です。

このように、UXEの購入方法は少し煩雑ですが、一方、PROJECT XENOのもうひとつのトークンであるGXEの購入方法は簡単です。

仮想通貨GXEを購入したい場合は、国内取引所BITPOINTにて、日本円で簡単に購入できます。

お得なキャンペーンも開催されていますので、この機会にぜひ、BITPOINTの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3,500円分のOSHIもらえる!/

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)の価格動向

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) の価格動向について見てみましょう。

UXE_値動き
引用元:TradingView

5月14日頃から現在までのUXEの値動きを見たところ、およそ0.02USD~0.03USDとなっています。

2023年4月16日から約1か月後となる5月13日頃までは、現在よりも高い水準の0.05USD~0.07USD付近の価格で推移していました。

4月中旬から5月上旬頃は、PROJECT XENO関連のニュースが多く発表された時期です。

4月13日にPROJECT XENOマーケットプレイスα版が公開され、その後は、いくつかの海外の仮想通貨取引所にて立て続けにGXEの取り扱いが始まりました。

また、5月10日にPROJECT XENOが正式リリースされたため、この日に向けて値上がりを期待した投資家も多かったのではないかと推測されます。

UXEの価格はPROJECT XENOの話題によって変動しやすいと考えられます。

今後のUXEの価格を予測する際は、PROJECT XENO関連のニュースに注目しておく必要がありそうです。

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)の今後の予想・将来性

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) の今後の予想・将来性について考えてみましょう。

PROJECT XENOで流通している仮想通貨UXEについては、PROJECT XENOの人気がある限り、需要は無くならないと考えられます。

そして、PROJECT XENOの人気が無くなることは、現時点では考えにくいでしょう。

多くのNFTゲームは、課金額がゲーム内での成績に大きく影響し、それが長く遊び続けられない原因のひとつになっています。

一方、PROJECT XENOではe-Sportsの要素が重視されており、課金額でバトルの勝敗は決まらず、プレイヤーのスキルが重視されています。

この点が、長期的に遊び続けられる要素のひとつであり、PROJECT XENOの運営側が掲げているビジョンです。

長く遊び続けられないという課題を抱えるNFTゲームが多い中、長く遊び続けられる要素を持つPROJECT XENOは、将来性にも期待ができそうです。

仮想通貨UXEは、そんなPROJECT XENOで流通しているトークンですので、今のうちに入手しておいても良いかもしれません。

仮想通貨投資にはBITPOINT

ビットポイント2
名称BITPOINT(ビットポイント)
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
トロン(TRX)
エイダ(ADA)
ポルカドット(DOT)
チェーンリンク(LNK)
ディープコイン(DEP)
アイオーエスティー(IOST)
ジャスミー(JMY)
クレイ(KLAY)
シバイヌ(SHIB)
ポリゴン(MATIC)
フレア(FLR)
ゼノ(GXE)
取引単位0.00000001BTC
取引手数料無料
送金手数料無料
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
詳細公式サイト

取引ツールが使いやすく、仮想通貨取引の経験が無い人でも簡単に取引を始められる国内取引所BITPOINT。

取引手数料や送金手数料といった各種手数料が無料ですので、低コストで仮想通貨取引ができます。

また、レンディングサービスやステーキングサービスなども利用でき、所有している仮想通貨を有効に活用して稼ぐこともできます。

BITPOINTでは仮想通貨UXEは取り扱われていませんが、日本で初めて仮想通貨GXEの取り扱いを開始しました。

GXEも、UXEと同じくPROJECT XENOで流通するトークンですので、チェックしておきたい仮想通貨銘柄です。

現在、BITPOINTでは新規口座開設で1500円相当のETHをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

この機会にBITPOINTの公式サイトにアクセスして、お得にGXEを取引してみてください。

\ 3,500円分のOSHIもらえる!/

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)に関するよくある質問

仮想通貨XENO Utility Token (UXE) に関するよくある質問をまとめました。

Uコインを簡単に入手する方法は?

UXEを購入するには、この記事で解説したように、あらかじめ取引用の仮想通貨を入手してから、Pancakeswapを経由して購入する必要があります。

一方、ゲーム内通貨の「Uコイン」の場合は、もっと簡単に入手できます

Uコインは、あらかじめUXEを入手しておく必要は無く、クレジットカードでの決済が可能です。

一般的なアプリと同様に、簡単・手軽に課金(Uコインの購入)ができます。

ただし、ここで購入したUコインは出金不可となっている点には注意しましょう。
※ゲーム内のバトルで獲得したUコインの場合は、UXEに交換して出金できる

課金しないとPROJECT XENOを楽しめない?

e-Sportsの側面を持つPROJECT XENOにおいては、課金額よりもプレイヤーのスキルが重要視されます。

したがって、課金額が少ない人でも充分にPROJECT XENOを楽しめるでしょう。

PROJECT XENOはフリープレイにも対応しているので、まったく課金せずにをプレイすることも可能です。

ただし、無課金の場合はEARNパラメータを持たない初期のXENOで戦うことになるため、バトル勝利時の報酬を稼ぐことができない点に注意しましょう。

仮想通貨XENO Utility Token (UXE)のまとめ

今回の記事では、仮想通貨XENO Utility Token (UXE) について解説しました。

この記事からわかること
  • 仮想通貨XENO Utility Token (UXE) は、NFTゲーム「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」にて流通するトークンのひとつ
  • PROJECT XENOには、ガバナンストークン「GXE」とユーティリティトークン「UXE」の2つのトークンが流通している
  • PROJECT XENOゲーム内のバトルで勝利することで、仮想通貨UXEを稼ぐことができる
  • UXEは、現時点では国内の仮想通貨取引所では購入できない

仮想通貨UXEは、現時点では、国内の取引所では取り扱われていません。

UXEを購入するには、PancakeSwapを利用する必要があり、その手続きは少し煩雑かもしれません。

UXEへの投資に興味がある人は、まずは同じくPROJECT XENOで流通しているトークンである、仮想通貨GXEへの投資を検討してみてください。

GXEなら、国内取引所BITPOINTにて、日本円で簡単に購入ができます。

この機会にBITPOINTの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 3,500円分のOSHIもらえる!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次