【2023年】南アフリカランド円(ZAR/JPY)の今後の見通しや予想を徹底解説

南アフリカランド今後

「南アフリカランドの今後はどうなる?」
「現在の動向は?今のうちに売買しておいた方がいい?」

こんな疑問を抱いていませんか?

南アフリカランドは、高金利が特徴の新興国通貨です。

世界の景気によってレートが大きく左右されるため、スワップ目的で保有したくても、なかなか取引の判断ができないと言う人も多いでしょう。

そこでこの記事では、南アフリカランドの今後の動向についてまとめました。

 この記事で分かること
  • 南アフリカランドは高金利が魅力
  • 現在は、コロナ後の経済再開や段階的利上げにより上昇中
  • 景気が良くなれば伸びる可能性が高い
  • 取引するならGMOクリック証券は南アフリカランドの高スワップ獲得に最適の会社

この記事を読めば、現在や過去の値動きから南アフリカランドの今後を予想できます。

GMOクリック証券は、高金利通貨国のスワップが優れています。

南アフリカランドの高金利を生かして取引したい方は、GMOクリック証券の公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次

南アフリカランドの現在の為替動向

南アフリカランドの現在の為替動向
引用元:Trading Viewの提供チャート

2023年1月現在、南アフリカランドは徐々に上昇過程にあります。

2021年の序盤では徐々に下落傾向にありましたが、後半から現在にかけて高騰しました。

2022年に入ってからも、円安の影響などを強く受けて上昇を決めている状態です。

南アフリカランドは新興国通貨なので、ボラティリティ(値動きの大きさ)が不安定です。

しかし、現状ではまだまだ高値更新には届かないため、今後も伸びいてく可能性は大いにあるでしょう。

南アフリカランドを取引するなら、GMOクリック証券が最適の会社です。

GMOクリック証券なら、スマホアプリからいつでも取引できるので、常に取引できる環境を用意したい人には非常に適しています。

詳しくは、GMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

南アフリカランドの変動要因

南アフリカランドの価格の変動要因は、主に次の5つです。

南アフリカランドの変動要因
  • 国際情勢
  • 世界経済
  • 金などの資源価格
  • 失業率
  • 貿易収支

それぞれ順番に見ていきましょう。

国際情勢

価格変動要因の1つ目が、国際情勢です。

南アフリカランドは新興国通貨なので、国際的な情勢に大きく左右されます。

例えば、アメリカでリーマンショック起こったときや、円高になったときなど、他国の情勢から相対的に価値が変化するという特性を持っています。

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)は、日本円とのペアということで、日本円の動向で価格が左右されやすいです。

現に、2022年は世界的に円安水準となっており、ZAR/JPY価格は大きく上昇しています。

世界経済

価格変動要因の2つ目が、世界経済です。

特に、政策金利の低下には大きな影響を受けます。

南アフリカランドは高金利であることが魅力なので、政策金利が下がってしまうと通貨に投資する価値が下がるのです。

2021年の末から段階的な利上げに踏み切り、2023年1月現在は7.00%と高い金利水準となっています。

また、主要な貿易先である中国の景気にも大きく左右されるのは、必ず覚えておきましょう。

金などの資源価格

価格変動要因の3つ目が、金などの資源価格です。

南アフリカランドは、金や銀、ダイヤモンドなどの鉱物資源に恵まれています。

特に、クロム、チタン、白金などの資源では世界一位の流通量を誇るため、世界屈指の資源大国とも言われています。

資源価格は景気の影響を受けやすいため、南アフリカランドも値動きが不安定になりがちです。

失業率

価格変動要因の4つ目が、失業率です。

南アフリカは教育制度が行き届いておらず、地域間格差が根強く残っています。

失業率(%)
2016年26.73
2017年27.45
2018年27.13
2019年28.70
2020年29.18
2021年34.20
2022年35.22

南アフリカの失業率は年々増加しており、2023年1月現在では約35%の失業率を記録するなど大きな問題となっています。

貿易収支

価格変動要因の5つ目が、貿易収支です。

南アフリカは新興国なので、貿易による収支状況に大きく左右されます。

貿易収支は、主要輸出品である貴金属などの鉱物資源の価格に影響されます。

貴金属が高騰すると貿易収支が黒字になり、通貨の価格も押し上げられます。

経済状況を見ながら取引するなら、GMOクリック証券が最適の会社です。

GMOクリック証券は独自ツールにより、チャートやニュースをすぐ切り替えられるため、スムーズな取引判断が可能です。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

南アフリカランドの過去の変動要因

南アフリカランドで過去に起こった値動きの中で、特に大きなものは次の4つです。

・リーマンショック
・ゴーダン財務相更迭
・米トランプゲート事件
・新型コロナ経済からの回復と利上げ

それぞれどのような要因で値動きが起こったのか、順番に見ていきましょう。

リーマンショック

リーマンショック
引用元:Trading Viewの提供チャート

2009年のリーマンショックにより、南アフリカランドは16〜18円から9円ほどに下落しました。

アメリカは世界的な経済大国なのでリーマンショックは各国の通貨に大きな影響を与えましたが、それは南アフリカランドも例外ではありません。

特に、世界経済が悪化すると新興国通貨が売られ、安定性のある米ドルや日本円が買われる傾向にあります。

ゴーダン財務相更迭

2017年、ゴーダン財務相の更迭により南アフリカランドは大きく下落しました。

南アフリカの財政は決して好調とは言えません。

その中でも、ゴーダン財務相の財政再建は大きく評価されていたのですが、彼が更迭されたことで通貨の下落に繋がりました。

ズマ政権は、以前から複数の際があって支持率を落としていたことも大きいでしょう。

米トランプゲート事件

トランプゲート事件
引用元:Trading Viewの提供チャート

2019年、トランプゲート事件によって南アフリカランドは大きく下落しました。

当時、再選を控えるトランプ大統領に対して、政治的ライバルを陥れようとしたという疑いが持たれていました。

これによってアメリカ経済は大きな打撃を受け、それに連動して南アフリカランドも大きく下落してしまったのです。

2021年~現在:新型コロナからの回復と利上げ

新型コロナからの回復と利上げ
引用元:Trading Viewの提供チャート

2020年には、新型コロナの世界的感染拡大を受けて、世界の金融市場が大きく混乱しました。

南アフリカランドも例外ではなく、対円相場で一時5円台にまで暴落しています。

新型コロナでの混乱は続き、南アフリカでの変異種が発見されたこともありましたが、その後は順調に価格を戻しています。

2021年の年末からは、新型コロナの影響で下げていた金利も徐々に回復、さらに円安の影響などで8円台にまで回復を見せたのです。

金利は今後も段階的に引き上げられるものと考えられており、南アフリカランドに資金が流入する要因となると言われています。

2023年1月現在は、約7.7円ほどで推移しています。

南アフリカランドの今後の見通し

南アフリカランドが今後も値上がりする可能性は、十分に考えられます。

2020年はコロナ禍で不安定なこともあり大きく下落しました。

しかし、それ以降は順調に値上がりを果たしており、今後の伸びにも期待できます。

今後特に注目したいのが「資源価格の上昇」と「政策金利」です。

南アフリカランドの主な貿易材料は、貴金属等の資源です。

今後コロナウイルスの状況が好転し、世界的な景気が高まると資源価格が高騰し、南アフリカランドの価値も上昇する可能性があります。

また、アメリカの利上げによって資金流出を防ぐため、南アフリカランドの利上げも焦点となるでしょう。

長期的にはランドは対ドルで大きく増価していくと見込まれる 一方、長期的にはランドは対ドルで大きく増価していくと見込まれる。(1)大規模な経常 収支赤字の回避、(2)南ア中銀のタカ派姿勢、(3)財政赤字懸念の後退、がランド相 場の追い風になるだろう。7-9月期の南アの経常収支はGDP比-0.3%と4-6月期の同1.6%から赤字幅が縮小した。配当や利払いの第一次所得収支が経常収支の攪乱要 因となっているが、貿易収支は黒字を維持しており、大幅な経常収支赤字は回避でき る公算が大きい。

野村證券, 国際金融為替マンスリー 2023年1月

南アフリカの2月CPI(消費者物価指数)は前年比5.7%と、SARBのインフレ目標レンジ(3~6%)の上限に近い水準に高止まりしています。資源価格上昇の影響により、CPI上昇率は今後加速する可能性があり、SARBは利上げを継続すると考えられます。南アフリカランド/円は底固く推移しそうです。一方で、南アフリカは電力の問題を抱えています。発電施設の老朽化や維持・補修費の不足によってエスコム(南アフリカの国営電力会社。国内電力の約9割を供給)は、計画停電をたびたび実施しています。今後、計画停電が長期間行われるようなことになれば、南アフリカ景気をめぐる懸念が市場で強まるかもしれません。その場合、南アフリカランド安材料になる可能性があります。

マネースクエア四季報

長期保有を考えるなら、GMOクリック証券が最適の会社です。

スワップポイントが高水準なので、スワップ狙いの取引に適しています。

これから金利の上昇を狙う人は、GMOクリック証券の公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

南アフリカランドの取引がおすすめな理由

南アフリカランドの取引をおすすめする理由は、次の2つです。

南アフリカランドがおすすめな理由
  • 高金利通貨である
  • 少額から始められる

高金利通貨である

南アフリカランドの魅力は、なんといっても金利の高さです。

日本の金利は現在-0.1%ほどですが、南アフリカランドは金利が7.00%と非常に高水準です。

スワップポイントは通貨の金利差によって生まれるので、金利の低い日本円を売って、金利の高い南アフリカランドを買えば、高額なスワップポイントを受け取れます。

GMOクリック証券では2023年1月現在、南アフリカランド円(ZAR/JPY)で買いポジションを持っているだけで、1日あたり120円ほどのスワップポイントが得られます。

少額から始められる

南アフリカランドは、少額から取引できるのも魅力です。

新興国通貨なので価格が安く、ドルやユーロなどの主要通貨が100円以上のレートであるのに対し、南アフリカランドはわずか8円程度。

取引単位数が1,000通貨単位の場合、ドル円やユーロ円だと最低でも5,000円ほど必要ですが、南アフリカランド円なら320円くらいから取引できます。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

南アフリカランドの取引はGMOクリック証券が有利

GMOクリック証券 Top
スプレッド0.9銭原則固定
スワップポイント買い+120/売り-140
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1,000通貨ペア
詳細公式ページ
2023年1月20日のデータ

南アフリカランドを取引するなら、GMOクリック証券が最適の会社と言えます

その理由としては、次の3つが挙げられます。

GMOクリック証券が南アフリカランド投資で有利な理由
  • スプレッドが狭い
  • スワップポイントが優秀
  • 経済に関するニュースがすぐチェックできる

GMOクリック証券は、業界最安値のスプレッドを提供しています。

スプレッドとは、通貨の売値と買値の差のことです。

取引手数料のようなもので、スプレッドが狭ければ狭いほどお得に取引することができます。

また、最も重要なスワップポイントについても高水準です。

スワップポイントは取引する証券会社によって異なり、せっかく長期保有しても、スワップポイントがいまいちな証券会社だと損をしてしまいます。

GMOクリック証券と他業者のスワップを比較すると、以下の通りです。

証券会社買いスワップ売りスワップ
GMOクリック証券120円-140円
DMM FX110円-140円
SBI FXトレード120円-150円

また、南アフリカランドは世界経済に大きな影響を受ける通貨です。

GMOクリック証券の取引ツールなら、取引画面とニュースの切り替えが簡単なので、情報を見ながらスムーズに取引することができます。

南アフリカランドをスワップ目的で保有する人は、GMOクリック証券の公式サイトをチェックしてみてください

\ 最大30万円キャッシュバック中/

南アフリカランドのノックアウトオプション取引ならIG証券!

ポンド円のノックアウトオプション取引ならIG証券!

南アフリカランドのノックアウトオプション取引ならIG証券が最適です。

ノックアウトオプションとは
リスクを限定した状態で取引を行うことができるオプション取引の一種。

原資産価格があらかじめ設定したノックアウト価格に達すると、自動的にポジションが決済されるようになっています。

ノックアウトオプション

南アフリカランド円はメジャー通貨に比べて流動性が少なく、急騰急落のリスクがある上級者向けの通貨です。

しかし、IG証券のノックアウトオプションであればリスク許容度を設定した状態で取引可能です。

少ない資金でも大きな利益が見込めるので、少額で投資したい方にも向いています。

興味がある方は、IG証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 【当サイト限定】オリジナルレポートもらえる/

南アフリカランドに関するよくある質問

次に、南アフリカランドに関するよくある質問を紹介していきます。

南アフリカランドの取引を検討している方は、下記をぜひ参考にしてみてください。

南アフリカランドの変動要因は?

南アフリカは、貴金属であるプラチナの生産量が全世界で75%の高いシェア率です。

そのため、プラチナの需要供給による変動は南アフリカランドの価格に大きな影響を与える傾向にあります。

また、CPIや金利の動向なども大きな影響を与えます。

南アフリカランドの取引は初心者に向いている?

南アフリカランドの取引は、初心者よりも中~上級者向きであると言えます。

南アフリカランドは、米ドルや日本円、ユーロなどの主要通貨に比べて情報量が少ないです。

また、価格変動もかなり大きいので、損失を出す可能性も高い通貨となっています。

しかし、高金利の分スワップポイントが高いため、長期でコツコツと運用する際に適しています。

南アフリカランドの金利見通しは?

2022年12月現在、南アフリカランドの金利は7.00%です。

新型コロナで一時的に低金利が続いていましたが、世界各国での利上げ圧力の影響もあり徐々に上昇してきました。

今後、利上げが続くかどうかは、米金利の動向や南アフリカ経済の動向に左右されると考えていいでしょう。

利上げは物価の安定において重要な要素ですが、経済にブレーキをかけてしまうものです。

仮に物価が安定しても、経済が悪化してしまうと本末転倒になるので、南アフリカの経済指標で後退水準が続けば利上げも落ち着くと考えられています。

ただし、主要国である米金利の上昇が続くようであれば、南アフリカランド安を阻止するために、連動して利上げが継続される可能性も高いです。

南アフリカランドの今後の見通しまとめ

南アフリカランドは、高金利が魅力の新興国通貨です。

世界経済の影響を受けやすく、現在は世界情勢の悪化などから値動きが不安定になっています。

しかし、景気が回復して資源価格が高まれば、今後値上がりする可能性も十分にあります。

南アフリカランドの値動きの要因は、次の5つです。

南アフリカランドの変動要因
  • 国際情勢
  • 世界経済
  • 金などの資源価格
  • 失業率
  • 貿易収支

これから南アフリカランドを取引するなら、GMOクリック証券が最適の会社と言えます。

GMOクリック証券はスワップポイントが非常に優れていて、独自開発された取引ツールによって初心者の人でも簡単に取引できます。

スワップ狙いの取引なら、細かい売買も必要ありません。

スワップで利益を獲得してみたい方は、GMOクリック証券の公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次
閉じる