【2024】仮想通貨おすすめAI銘柄ランキング!将来性や今後の予想・取引所を徹底解説

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

AIチャットボット「ChatGPT」の流行をきっかけに、仮想通貨市場でもAI関連銘柄の人気が高まっています。

銘柄によっては数倍以上に価格が上昇したものもあり、今後の動向が気になるところです。

今回の記事では、仮想通貨のAI関連銘柄に興味がある方向けに、AI関連銘柄が盛り上がっている理由や今後の見通し、よくある質問などを解説していきます。

この記事でわかること
  • 仮想通貨のAI関連銘柄とは、AIに関する仮想通貨プロジェクトおよびその独自トークンのこと
  • チャットボット「ChatGPT」の流行やマイクロソフトの出資を受けて人気が高まっている
  • AIは幅広い社会問題解決への貢献が期待されている分野
  • プロジェクトの停止・解散などはリスクとなる
  • AI関連銘柄に投資をしたいなら、DMM Bitcoinをチェックしてみよう

現在、日本の国内取引所でAI関連銘柄を購入することは基本的にできません。

そのため、国内取引所で仮想通貨を購入して海外取引所に送金し、購入したいAI関連銘柄と交換するという流れが一般的です。

DMM Bitcoinは取引手数料などさまざまな手数料が無料となっているため、海外取引所への送金にも使いやすい取引所です。

現在は、口座開設で即時1,000円がもらえるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

目次

仮想通貨のAI関連銘柄とは?

仮想通貨のAI関連銘柄とは、AI(人工知能)およびAIに関連するプロジェクトに紐づいて発行される仮想通貨のことです。

OpenAIが開発したチャットボット「ChatGPT」の急速な盛り上がりを受けて、AI関連銘柄が仮想通貨市場で物色され始めたことで人気が高まっています。

2019年にOpenAIに10億ドルの出資を行ったマイクロソフトが、1月にさらに100億ドルの追加出資を行ったことも話題を呼んでいます。

マイクロソフトの出資拡大のニュースによってA関連の仮想通貨銘柄は大きく上昇し、10倍以上の価格をつける銘柄も現れました。

AI関連銘柄およびそのプロジェクトは、実用化にまで達していないものも多く、現在は期待先駆で買われているといえるでしょう。

今後、プロジェクトの実現可能性が高まるにつれて、トークンの価値も上昇すると考えられます。

仮想通貨のAI銘柄が注目されている理由

年明け以降、仮想通貨のAI関連銘柄の価格上昇が目立ちます。

仮想通貨のAI銘柄が注目されている理由を確認しておきましょう。

仮想通貨のAI銘柄が注目されている理由
  • チャットボット「ChatGPT」の大ヒット
  • AIによる社会問題の解決が期待される
  • 株式相場の不安定さも仮想通貨市場の後押し

チャットボット「ChatGPT」の大ヒット

OpenAIが開発する「ChatGPT」が流行したことをきっかけに、仮想通貨のAI関連銘柄が仮想通貨市場で注目を集めるようになりました。

ChatGPTは、人間の文章から学習を行い、オリジナルのテキストを生成してくれる人工知能ツールです。

チャット形式の対話型のサービスとなっており、ユーザーの質問に回答したり、素早く計算結果を表示したりしてくれます。

2022年11月のリリース以降、爆発的な人気でユーザー数が増え、リリースから2ヶ月あまりという短期間で全世界のユーザー数は1億人を突破しました。

また、マイクロソフトがこのChatGPTを搭載した検索エンジンを発表したことも話題となり、AIというテーマへの関心が高まっています。

AIによる社会問題の解決が期待される

AIは、今後さまざまな業界・分野への活用が期待されています。

例えば、医療業界においては、膨大な診療データをAIに学習させることで、病気の早期発見や最適な方法による処置が可能になると言われています。

現在、医療のほとんどの場面においては人間である医師が判断を下していますが、AIがこの役割を担うことで、医師の人手不足の解消や経験の差などによるヒューマンエラーの防止につながることが期待されます。

また、ネットショピングが買い物の手段として広く利用されるようになった現在では、物流の効率化も一つの課題となっています。

商品の検品や管理、配送においてAIを活用すれば、人の手に頼らずコンピューターで一元管理することで、大幅に人的コストを減らせるでしょう。

こうした実務に即したAIの活用はさまざまな分野において開発が進められています。

AIの実用化に伴い、関連する仮想通貨プロジェクトへの注目が高まっていると考えられます。

株式相場の不安定さも仮想通貨市場の後押し

2022年からは、米国を中心とする株式市場で不安定な状況が続いています。

米国の早期利上げ観測によって株式が大きく売り込まれる場面もあり、一気に株価が急落する銘柄も多数存在しました。

2024年2月現在もFOMCの結果や要人の発言によって株価が大きく動く場面もあり、市場の警戒感は未だ高いと言えそうです。

不安定な動きをする株式から仮想通貨に投資資金を移す投資家も一定数いることから、将来性の高い仮想通貨にお金が集まりやすくなっています。

仮想通貨のAI銘柄に興味がある方は、まずは国内取引所のDMM Bitcoinをチェックしてみてください。

国内取引所ではAI銘柄の取り扱いはまだありませんが、海外取引所で購入する際も送金手数料が必要なく便利に利用できます。

まずは、DMM Bitcoinの公式サイトから詳細を確認してみましょう。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

【最新】仮想通貨のおすすめAI銘柄ランキング

仮想通貨のおすすめAI関連銘柄をランキング形式で紹介します。

【最新】仮想通貨のおすすめAI銘柄ランキング
  • Ocean Protocol(OCEAN)
  • SingularityNET(AGIX)
  • Numeraire(NMR)
  • Fetch.ai(FET)
  • Matrix AI Network(MAN)

Ocean Protocol(OCEAN)

Ocean Protocol(OCEAN)は、ブロックチェーンを利用した分散型データ共有プラットフォームです。

ユーザーは、分散型マーケットプレイスを作成して、簡単にデータの交換が可能です。

交換されるデータはOcean Protocolネットワークには保存されないため、安全にデータを取引できます。

Ocean Protocol(OCEAN)は、BMWやゼネラルモーターズと協力して、AI駆動の自動運転車プロジェクトの構築を検討しています。

世界的にも自動運転車への期待は高まっていますが、安全に運転を行うためには膨大なデータが必要です。

そのため自動車メーカーは、自動運転車開発に必要なデータを安全に取得するために、Ocean Protocolを介してデータを共有し、開発を進めています。

また、Ocean Protocolはパーキンソン病などの慢性疾患の解明・治療にも貢献することが期待されています。

膨大な医療データをOcean Protocolを活用して組み合わせることで、医師が患者に合わせた適切な治療を選択しやすくなると予想されています。

SingularityNET(AGIX)

SingularityNET(AGIX)は、2017年にスタートしたブロックチェーンを用いた人工知能基盤プロジェクトです。

人工知能サービスの創出とマネタイズに特化したプロジェクトで、ChatGPTのような画像やテキストを人工知能が作成するサービスが人気で存在感を増しています。

2023年に入って大きく価格が上昇し、2021年の中頃の急上昇相場の時と同水準まで戻っています。

価格は1ヶ月で20倍程度にもなっており、急上昇したコインとしても注目されています。

しかし、2018年の上場直後につけた過去最高値である1.86ドルと比べると、現在の価格は0.45ドル程度と安い水準です。

Numeraire(NMR)

Numeraire(NMR)は、イーサリアムのブロックチェーン上でNumeraireトークンを用いて取引されるサービスです。

世界中のデータ科学者による株価の予測結果をもとにヘッジファンドを運用する企業として創設されました。

株価の予測がうまくいって良い投資成績を残した科学者には、独自トークン「NMR」が報酬として支払われる仕組みとなっています。

膨大なデータを集めて機械学習で成長しながら株式市場の予測を行うAIには、投資家からの期待も多数集まっています。

AIが的確に株式市場の予想をすることが可能になれば、現在の金融市場の仕組みも根幹から変わる可能性も生じるでしょう。

仮想通貨NMRは2023年2月頭から大きく価格が上がり、昨年末の水準から比べると倍以上の価格にまで到達しました。

現在は、ピーク時からはやや下落していますが、それでも強い価格水準を保っています。

Fetch.ai(FET)

Fetch.aiは、イギリスの企業によって開発された分散型AIと機械学習を活用するプラットフォームです。

人工知能(AI)が自動で必要なデータを集めて分析し、ユーザーに必要だと思われる情報を提供するという特徴があります。

「自律型エージェント」「オープン経済フレームワーク」「Fetchスマート台帳」の3つの技術を活かして、さまざまなデータの自動売買を可能にしています。

仮想通貨FETは、主に自律型エージェント間のデータ取引に使われます。

自律型エージェントは人間の手を必要とせず自動で取引を行うという強みを持つため、Fetch.aiが普及してデータ取引が活発に行われるようになると、FETトークンの価値も向上していくでしょう。

Matrix AI Network(MAN)

Matrix AI Network(MAN)は、AIを搭載したスマートコントラクトプラットフォームの一つです。

中国発のプロジェクトで、AI銘柄としても注目されています。

ブロックチェーンとAI技術を組み合わせることで高いセキュリティとスケーラビリティ問題の解決を実現し、開発者・ユーザーともに使いやすいプラットフォームを作ることが可能です。

Matrix AI Networkの機能の一つに、プライベートチェーンとパブリックチェーンを連携させる機能があります。

クローズドで利用したいプライベートチェーン、オープンに利用したパブリックチェーンを組み合わせることでブロックチェーンの利用の幅を広げることが目的です。

Matrix AI Networkを利用すれば、AIを搭載したオープンソースのアプリを簡単に作ることもできます。

AI搭載アプリの作成だけでなく、AIの計算力・サービスを利用することも可能です。

このように、今後の成長が期待されるプロジェクト・銘柄は多数あります。

これらの銘柄に投資をしたい場合は、国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金して、購入したい通貨と交換するという手順が一般的です。

そのため、AI関連銘柄に投資を検討する方は、使い勝手の良い国内取引所で口座を開設しておくのが良いでしょう。

DMM Bitcoinは、取引可能な仮想通貨の種類が豊富で誰にでも使いやすい取引ツール・アアプリを提供している取引所です。

興味のある方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

仮想通貨のAI銘柄の将来性・今後の予想

仮想通貨のAI銘柄の今後の見通し・予想について確認していきましょう。

長期・短期のそれぞれについて解説します。

仮想通貨のAI銘柄の将来性・今後の予想
  • 短期の見通し
  • 長期の見通し

短期の見通し

2023年から、AI関連銘柄は軒並み上昇しています。

マイクロソフトがOpenAIへの投資を拡大するというニュースを受けて、いくつかの銘柄は100%以上もの上昇も記録しました。

AI関連銘柄の多くはそれほど取引量の多くない流動性の低い通貨なので、大きなサプライズがあった際はこのように一気に上昇します。

すでに急上昇からの調整が入っている銘柄も多く、短期的な取引を考えている人は注意も必要です。

銘柄によってはピーク時から大きく下落しているものもありますが、短期的にさらに価格が下がることも考えられます。

AI関連銘柄のように一気に注目されて価格が上昇した銘柄に短期投資をする際は、高値掴みとなってしまわないように気をつけて取引しましょう。

長期の見通し

長期で見ると、仮想通貨のAI銘柄はさらに価格が上がる可能性が高いと考えられます。

AIの実用化はまだ始まったばかりということもあり、これから自動運転や物流、医療などさまざまな分野での活用が期待されます。

その過程においては、ブロックチェーンを使ったプロジェクトも多数展開されると予想できるため、ますますAI関連の仮想通貨への注目も集まるでしょう。

また、仮想通貨投資会社のドラゴンフライ・キャピタル(Dragonfly Capital)のマネージングパートナーであるHaseeb Qureshi氏は「ソフトウェアや自動運転車が人間の手助けなしにお金を使うようになり、仮想通貨はAIの大規模導入に需要な役割を果たすかもしれない」とツイートしています。

Haseeb Qureshi氏は、ゆくゆくはAIも人間同様に自らのアップグレードやメンテナンスにお金を使うと予想しており、仮想通貨の可能性に言及しています。

まだ先の未来には感じられますが、実際にAIが自らお金を使うようになると、ブロックチェーンや仮想通貨はさらに重要性を増していくでしょう。

短期で価格の上下を繰り返す可能性は十分考えられますが、長期的に見ると右肩上がりの価格となると考えられます。

AI関連銘柄に投資をしたい場合は、国内取引所でメジャーな仮想通貨を購入し、海外取引所に送金して購入したい仮想通貨と交換するという流れが一般的です。

海外取引所で仮想通貨を購入するなら、なるべく送金などにも使い勝手の良い国内取引所を選びましょう。

DMM Bitcoinは、仮想通貨の出金が手数料無料で行える取引所です。

現在は、口座開設で1,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

仮想通貨のAI銘柄を購入するときにおすすめの取引所

今回の記事で紹介したAI関連銘柄は、基本的に国内取引所に上場していません。

そのため、購入する際は国内取引所を経由して海外取引所で購入するのが一般的な手順となるでしょう。

ここでは、海外取引所への送金もしやすいおすすめ国内取引所を紹介します。

仮想通貨のAI銘柄を購入するときにおすすめの取引所
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer

DMM Bitcoin

dmmビットコイン
取引所名DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取引銘柄38種類
取引手数料無料(BitMatch注文を除く)
最低取引数量(BTCの場合)現物取引:0.0001BTC/レバレッジ取引:0.01BTC 
入金手数料銀行振り込み:無料、クイック入金:無料
出金手数料無料
仮想通貨(BTC)の入出金入金:無料(マイナーへの手数料は顧客負担)
出金:無料
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト

DMM Bitcoinは、口座維持手数料や出金手数料、取引手数料などの各種手数料が無料となっており、コストを気にせず取引できる仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引の取り扱い仮想通貨種類は国内でNo.1となっており、さまざまな仮想通貨の取引がしたいと考えている方にも人気があります。

スマホ版取引アプリとPC版取引ツールをスキルや状況に応じて使い分けられるのも特徴で、仮想通貨投資の初心者から経験者まで幅広い人に使いやすい取引所です。

現在は、口座開設を行うともれなく1,000円が即時プレゼントされるキャンペーンを実施中です。

「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、最短1時間で取引開始できるため、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

bitFlyer

bitflyer
取引所名bitFlyer
取引銘柄28種類
取引手数料ビットコイン取引手数料:無料、アルトコイン取引手数料:0.20%/日
最低取引数量(BTCの場合)0.001BTC
入金手数料銀行振り込み:無料、クイック入金(住信SBIネット銀行):無料、クイック入金(他行):330円
出金手数料三井住友銀行:220円〜440円、他行:550円〜770円
仮想通貨(BTC)の入出金0.0004BTC

bitFlyerは、ビットコインの取引量が6年連続No.1の人気仮想通貨取引所です。

販売所の売買手数料や三井住友銀行からの振り込み手数料が無料となっているため、手数料を気にせず気軽に取引できます。

「bitFlyerかんたん積立」サービスを利用すれば、1円単位の好きな金額で仮想通貨の積み立て投資も可能です。

最短翌日から設定可能ですぐに始められ、自動で定期的に購入してくれるため、購入タイミングに悩まないのも嬉しいポイントです。

仮想通貨のAI関連銘柄によくある質問

仮想通貨のAI関連銘柄に関するよくある質問を紹介します。

仮想通貨のAI関連銘柄によくある質問
  • 仮想通貨のAI関連銘柄はまだ上昇する?
  • 仮想通貨のAI関連銘柄に投資する際の注意点は?
  • 仮想通貨のAI関連銘柄への投資方法は?

仮想通貨のAI関連銘柄はまだ上昇する?

長期的に見ると、今後AIの普及に伴ってAI関連銘柄が上昇を続ける可能性は高いと考えられます。

AIのプロジェクトにブロックチェーンや仮想通貨そのものが用いられ、仮想通貨のAI関連銘柄が利用される機会が多くなると思われるためです。

しかし、2023年からは、AI関連銘柄が軒並み急上昇しています。

上がりすぎた銘柄に関しては短期的に調整が入る可能性も高く、注意が必要です。

特に、仮想通貨のAI関連銘柄は流動性が低いコインも多く、ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな通貨と比べると非常に動きが激しいという特徴があります。

長期目線では上昇すると考えられるものの、短期的な価格の上下には気をつけましょう。

仮想通貨のAI関連銘柄に投資する際の注意点は?

仮想通貨のAI関連銘柄は、まだプロジェクトの規模が小さいものも多く、開発やプロジェクトが予期せず終了することもあります。

高い将来性が期待されていても、開発そのものが終了してしまうとコインの価値は大きく下落します。

AI関連銘柄の中には時間をかけて成長すると見込まれているプロジェクトも多いですが、その分プロジェクト成功前に解散してしまうリスクもあります。

仮想通貨を購入したらそれで終わりではなく、プロジェクトの状況や価格の動向はしっかりとチェックするようにしましょう。

また、仮想通貨のAI関連銘柄はメジャーな仮想通貨に比べると流動性が低いという特徴があります。

取引所での売買では、売りたい・買いたいと思った時にすぐに売買できない可能性もある点に注意しましょう。

仮想通貨のAI関連銘柄への投資方法は?

仮想通貨のAI関連銘柄は、国内取引所に上場しているものはほとんどありません。

そのため、AI関連銘柄に投資を行う場合は、国内取引所への上場を待つか、海外取引所を経由して購入するかのいずれかになるでしょう。

海外取引所で購入する場合は、国内取引所からビットコイン・イーサリアムなどのメジャーな通貨を送金して、買いたい仮想通貨と交換するという手順が一般的です。

DMM Bitcoinでは、取引手数料や入出金手数料が無料で取引できるため、コストを気にせず取引できます。

「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、最短1時間で取引できるため、今すぐ取引を始めたいという方にもピッタリです。

仮想通貨投資の初心者から経験者まで幅広い人に利用されている取引所なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

仮想通貨のAI関連銘柄のまとめ

今回は、仮想通貨のAI関連銘柄について解説しました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨のAI関連銘柄とは、AIに関する仮想通貨プロジェクトおよびその独自トークンのこと
  • チャットボット「ChatGPT」の流行やマイクロソフトの出資を受けて人気が高まっている
  • AIは幅広い社会問題解決への貢献が期待されている分野
  • プロジェクトの停止・解散などはリスクとなる
  • AI関連銘柄に投資をしたいなら、DMM Bitcoinをチェックしてみよう

DMM Bitcoinは、仮想通貨取引の初心者から経験者まで幅広い人に使い勝手の良い取引所です。

現在は、無料の口座開設で即時1,000円がもらえるキャンペーンも実施中なので、ぜひこの機会にDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみましょう。

今なら新規登録で即時1000円もらえる!

※2024/9/1まで

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次