仮想通貨ウォレットのおすすめ4選を紹介!ビットコインはどこに保管すべき?

仮想通貨ウォレットおすすめ

想通貨ウォレット(暗号資産ウォレット、暗号通貨ウォレット)はどのようなサービスなのかが気になっている方もいらっしゃるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)が世界的に注目されるようになり、投資に使いたいと考える人も増えてきています。

ブロックチェーン技術の発達によって次々に生み出されている仮想通貨に興味がある人にとって、仮想通貨ウォレットには大きな関心があるでしょう。

この記事では仮想通貨ウォレットが何かがはっきりとわかっていない方のために、仮想通貨ウォレットの全般的な概要や特徴を紹介します。

この記事から分かること
  • 仮想通貨ウォレットのホットウォレットとコールドウォレットの違い
  • 仮想通貨ウォレットを提供している日本の代表サービスと特徴
  • 5種類ある仮想通貨ウォレットの特徴と使い分けのポイント
  • 仮想通貨ウォレットの利用ではコインチェックがおすすめ

仮想通貨ウォレットを取り扱っているサービスはたくさんありますが、特におすすめなのはコインチェックです。

コインチェックは日本の金融庁に登録されている暗号資産交換業者で、高いセキュリティとユーザビリティが認められているので安心して利用できます。

ダウンロード数も業界ナンバーワンなので、誰もが安心して利用できる仮想通貨ウォレットにしたいならコインチェックを選びましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

そもそも仮想通貨のウォレットとは?

ウォレットとは

仮想通貨ウォレットは仮想通貨の財布として機能するサービスです。

電子データとして資産が管理され、高いセキュリティを持つブロックチェーン技術によって支えられています。

ウォレットは仮想通貨を資産として保管・送金するのを目的に用いるサービスであるのが特徴です。

仮想通貨ウォレットの分類方法は大きく二つあります。

  • インタ=ネットに接続の有無
  • ウォレットの実体の有無

ここでは二つの分類方法についてそれぞれ解説していきます。

インターネット接続の有無で分類

インターネットの接続の有無で分類すると、ホットウォレット、コールドウォレットと分類することができます。

ホットウォレットはインターネット環境に接続されている仮想通貨ウォレットです。

ホットウォレット

ホットウォレットは一般的に仮想通貨の取引や送金などのスピードが速く、アプリなどを通じて手軽に手続きができるのがメリットです。

しかし、常にオンラインの環境にあることからセキュリティ面の問題が生じやすいのがデメリットになっています。

一方、コールドウォレットはインターネットなどのネットワーク環境から遮断されている仮想通貨ウォレットです。

コールドウォレット

コールドウォレットはセキュリティ性が高いのが特徴で、現金と同じように手元に保管できるのがメリットと言えます。

しかし、コールドウォレットは取引をするのに手間や時間がかかることや紛失および盗難のリスクがあるのがデメリットです。

ウォレットの実体の有無で分類

ウォレットの実体の有無で分類すると、いくつか種類がありますが、大きくハードウェアウォレット/ペーパーウォレットとソフトウェアウォレットに分けることができます。

ハードウォレットやペーパーウォレットは実体があるウォレットになります。

USBや紙媒体といったもので管理することができるためネットを通したハッキングのリスクがありませんが、紛失のリスクや盗み見られる危険性があります。

一方、ソフトウェアウォレットは実体のないウォレットになります。

ソフトウェアウォレットはスマホやパソコンにダウンロードして使用するウォレットのため利便性は非常に高いですが、ハッキングのリスクが高くなります。

大手仮想通貨取引所であるコインチェックはソフトウェアウォレットの中でも、ホットウォレットとコールドウォレットの両方のメリットを生かす体制となっています。

顧客の資産の一部を仮想通貨の送金や取引にすぐ使えるホットウォレットで管理し、一定額をハッキングリスクを抑えたコールドウォレットで管理しています。

新しくハードウォレット等を購入するのは面倒という人は、取引所のウォレットを使用しておけばいいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめの仮想通貨取引所ウォレット

仮想通貨取引所が運営している仮想通貨ウォレットは、自身の仮想通貨を保管するだけでなく取引による資産形成できるのも魅力です。

ここでは日本の金融庁に登録されている安全と信頼のある仮想通貨取引所ウォレットの中からおすすめをピックアップしました。

それぞれの特徴をわかりやすく解説するので、仮想通貨取引所ウォレットを選ぶ際の参考にしてください。

コインチェック

コインチェック 新サムネイル
取扱銘柄数17種類
取引手数料(取引所)無料
取引手数料(販売所)無料
最低購入額(BTC)0.005
レバレッジ取引なし
入金手数料無料~1018円
出金手数料407円
詳細公式ページ

コインチェックは2021年の時点で最も取り扱い通貨数が多い仮想通貨取引所ウォレットです。

コインチェックの仮想通貨ウォレットアプリはApple Annieの調査結果でも2020年のダウンロード数でナンバー1となっています。

コインチェックはたった0.005BTC、500円程度から仮想通貨の購入が可能で、取引手数料は販売所でも取引所でも無料です。

入金手数料は銀行振込なら手数料を請求されることはありません。

コンビニ入金やクイック入金を利用すると金額に応じた費用がかかります。

資産の分別管理をしているので預けた資金の安全性も高く、ホットウォレットと区分されたコールドウォレットを別途運用しているのでハッキングなどを受けても被害を最小限に抑えられます。

仮想通貨ウォレットを銀行口座のようにして運用に使いたい人も、コインチェックならCoincheckつみたてなどのサービスも利用可能です。

安全で安心の仮想通貨ウォレットを運用していきたいならコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

DMM-Bitcoin
取扱銘柄数12種類
取引手数料無料
最低購入額(BTC)0.001
レバレッジ取引2倍
入金手数料無料
出金手数料無料
詳細公式ページ

DMM Bitcoinは大手のDMMグループの傘下にあるDMM Bitcoinが運営している暗号資産交換所ウォレットです。

取引手数料、入金手数料、出金手数料が全て無料なのでお得なサービスです。

DMM Bitcoinではレバレッジ取引の取り扱い銘柄数が19種類で日本の暗号資産交換所の中ではトップです。

ただし、DMM Bitcoinでは取引の際にBitMatch取引手数料は徴収されるので注意しましょう。

BitMatchを使っている業者では手数料がかかるのが共通点ではあるものの、暗号資産取引をするときには注意した方が良い点です。

DMM Bitcoinでは安全性の確保と透明性のある経営を目指し、コールドウォレット運用や信託保全、分別管理をおこなっています。

また、複数部署による承認体制の確保や社内セキュリティの強化などの努力も続けている暗号資産交換所です。

取引に用いるデスクトップアプリもスマホアプリもテクニカル分析の機能が充実しているため、暗号資産の取引を積極的に進めたい人に適している暗号資産交換所ウォレットです。

暗号資産でレバレッジ取引をしていきたいならDMM Bitcoinがおすすめです。

\【期間限定】全員2,000円もらえる/

GMOコイン

GMOコイン
取扱銘柄数14種類
取引手数料(取引所)Maker:-0.01%、Taker:0.05%
取引手数料(販売所)無料
最低購入額(BTC)0.00005
レバレッジ取引2倍
入金手数料無料
出金手数料無料
詳細公式ページ

GMOコインは大手GMOグループの仮想通貨取引所ウォレットです。

取り扱い通貨は14種類あり、販売所での取引手数料は無料です。

運用の取引の際には手数料がかかりますが、入金や出金には費用がかからないので総じて手数料負担が少なくて済みます。

セキュリティ体制はGMOインターネットグループで構築してきたノウハウを利用しているので安心です。

GMOコインは1000円未満から購入可能で、取引方法が豊富なのがおすすめのポイントです。

現物取引とレバレッジ取引だけでなく、複合注文による暗号資産FXの取引もできます。

GMOコインの仮想通貨ウォレットではつみたて暗号資産や貸暗号資産などのサービスも充実しています。

多様な運用方法を組み合わせて仮想通貨の取引で利益を得ていきたいならGMOコインを検討するのがおすすめです。

\ 取引開始まで最短10分!/

ビットフライヤー

ビットフライヤー
取扱銘柄数13種類
取引手数料(取引所)0.01~0.15%
取引手数料(販売所)無料
最低購入額(BTC)0.00000001
レバレッジ取引2倍
入金手数料無料~330円
出金手数料220~770円
詳細公式ページ

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットコインが日本上陸をしてからずっと人気がある仮想通貨取引所ウォレットです。

2020年までの5年連続でビットコインの取引量が日本国内でトップになっています。

ビットフライヤーが優れているのはおよそ100円から仮想通貨を購入して取引を始められることです。

取引手数料は直近30日の取引量によって決まるシステムなので、積極的に仮想通貨取引をしていきたい人にとってお得なサービスです。

入金手数料は住信SBIネット銀行からの入金なら無料ですが、他の金融機関を利用すると330円の負担が必要です。

ビットフライヤーはセキュリティ対策にも力を注いでいて、コールドウォレットで100%の資産管理をしています。

ビットコインを使って仮想通貨取引に本格的に乗り出したい人にはビットフライヤーがおすすめです。

\ 100円から投資可能!/

仮想通貨ウォレットの種類

仮想通貨ウォレットにはホットウォレットとコールドウォレットの2種類がありますが、さらに細分化することも可能です。

代表的な5種類の仮想通貨ウォレットについて概要と特徴をまとめたので、種類ごとの違いを確認してみてください。

ウェブウォレット(取引所ウォレット)

ウェブウォレット(取引所ウォレット)はオンラインウォレットの一種で、ウェブブラウザなどを利用してウェブ上で利用するタイプの仮想通貨ウォレットです。

取引所ウォレットの場合には仮想通貨取引所がサーバーを構築して管理していますが、独立型のウェブウォレットもあります。

独立型の場合にはサーバーの管理が取引所とは別の組織になっているのが特徴です。

ウェブウォレットはアカウントを作成したらIDやパスワードなどで認証をしてログインをすると仮想通貨の購入や取引ができます。

ウェブにアクセスできるデバイスならパソコンでもスマホでもタブレットでも利用可能なので、利便性が高い仮想通貨ウォレットです。

ただ、ウェブウォレットは仮想通貨がオンラインにあるホットウォレットが基本で、秘密鍵の情報もウェブ上で管理されるため注意しましょう。

IDやパスワードなどのハッキングを受けるリスクもあるため、セキュリティを重視して仮想通貨ウォレットを選ぶ必要があります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットはスマホやタブレットなどのモバイルデバイスにアプリをインストールして利用する仕組みの仮想通貨ウォレットです。

ソフトウェアウォレットの一種で、アプリがインストールされているデバイスでのみ仮想通貨の取引ができます。

モバイルウォレットは手元にあるスマホやタブレットなどでいつでも気軽に仮想通貨ウォレットを使えるのが特徴です。

秘密鍵やアドレスなどの情報がモバイルデバイス内で管理されているので、ハッキングなどのサイバー攻撃によるリスクも低くなっています。

ただ、ネットワーク環境によっては情報漏洩リスクがあるので、公共のWi-Fiなどを利用するのは避けた方が良いでしょう。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットはパソコンにソフトウェアをインストールすると利用できる仮想通貨ウォレットです。

モバイルウォレットのパソコン版とも言えるもので、ソフトウェアウォレットの一種になっています。

クライアントウォレットやローカルウォレットとも呼ばれていて、秘密鍵などの情報は基本的にパソコンで管理する仕組みです。

デスクトップウォレットには完全型と簡易型があります。

仮想通貨の取引に関連する全ての情報をデバイス内で管理するのが完全型で、パソコンのスペックの要求が大きい代わりにコールドウォレットとしての運用が可能です。

一方、簡易型は部分的に情報を管理する仕組みで、オンラインウォレットとコールドウォレットの中間的な位置を占めます。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは書面を基本にして管理する仮想通貨ウォレットです。

秘密鍵などの情報をQRコードや文字列などとしてプリントした状態で保管します。

コンピューターから完全に切り離せる点でサイバー攻撃によるリスクが極めて低いのが特徴です。

ペーパーウォレットは情報をプリントした書類の保管におけるセキュリティが重要になります。

紛失や盗難のリスクを考慮して保管方法を考えなければなりません。

また、仮想通貨の取引をするときには手間がかかるため、安全性重視の仮想通貨資産の管理方法として適しています。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはUSBメモリのように小さなハードウェアをデバイスとして管理をする仮想通貨ウォレットです。

全ての情報が独立したハードウェアの中に収められているので安全性が高いコールドウォレットとして注目されています。

ハードウェアウォレット内の仮想通貨を運用するときにはパソコンやスマホなどに接続する必要があります。

しかし、使用したデバイスに仮想通貨ウォレットの情報が残らないので秘密鍵などの情報漏洩リスクが低いのが特徴です。

ハードウェア本体の紛失や盗難に対する注意は必要ですが、小型のハードウェアが多いので管理しやすいでしょう。

コインチェックは取引所ウォレットとしてアプリで快適に利用できるサービスを提供しています。

資産はコールドウォレットによる管理をしているので、コインチェックがサイバー攻撃をされても突然、仮想通貨を失うこともありません。

いつでもどこでも快適に利用できる仮想通貨ウォレットならコインチェックだと言えます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ホットウォレットとコールドウォレットの比較

ホットウォレットとコールドウォレットではどのような違いがあるのでしょうか。

ここまでにもホットウォレットとコールドウォレットについて少しずつ触れてきましたが、仮想通貨ウォレットを選ぶときには重要なポイントなのでまとめておきましょう。

ホットウォレットコールドウォレット
セキュリティ
使いやすさ
取引スピード
手軽さ

仮想通貨ウォレットではセキュリティの高さがとても重要で、コールドウォレットならオンラインで情報を保管しないことから安心です。

ホットウォレットの場合にはサーバーのセキュリティ体制による影響を受けやすく、サーバー攻撃によるリスクがあることは否めません。

使いやすさや取引スピード、手軽さといったユーザビリティではホットウォレットが圧倒的に優れています。

スマホやパソコンなどを使っていつでも気軽に取引できるのはホットウォレットのメリットだからです。

コールドウォレットでもハードウェアウォレットのように利便性を高めているケースがありますが、ホットウォレットに比べると劣ることは否めないでしょう。

コインチェックの仮想通貨ウォレットはホットウォレットとコールドウォレットの「いいとこどり」です。

使いやすくてスピードも速く、手軽でセキュリティも安心です。

ホットウォレットとコールドウォレットで悩んだときには、コインチェックを選んでおけば間違いはありません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

各ウォレット別の比較

仮想通貨ウォレットは細かく分けると5種類ありますが、それぞれの特徴はどうなっているのでしょうか。

ここではそれぞれのウォレットがホットウォレットなのか、コールドウォレットなのかも区分しながら仮想通貨ウォレットとして知っておきたいポイントを比較したので参考にしてください。

ウェブウォレットモバイルウォレットデスクトップウォレットペーパーウォレットハードウェアウォレット
ホット/コールドホット/コールドホットホット/コールドコールドコールド
セキュリテイ◎(〇)◎(〇)
使いやすさ×

ウェブウォレットやデスクトップウォレットはホットウォレットとしてもコールドウォレットとしても運用可能なので併記しました。

どちらを優先するかによってセキュリティにも違いがあり、コールドウォレットとしての使い方を中心にすればセキュリティ性が高まります。

また、ウェブやソフトウェアのセキュリティ対策によっても安全性には違いが出るので注意が必要です。

使いやすさではモバイルデバイスを利用可能なウェブウォレットとモバイルウォレットが優れています。

便利さではコールドウォレットに限定されるペーパーウォレットやハードウェアウォレットは劣ると言わざるを得ません。

コインチェックはモバイルアプリによるサービスを中心としたウェブウォレットです。

ユーザーにはホットウォレットを利用してもらい、コインチェック内では資産管理にコールドウォレットを使っています。

安全性が高くて使いやすい仮想通貨ウォレットならコインチェックだと言えるのです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめのハードウェアウォレット

仮想通貨ウォレットとしてハードウェアウォレットを選ぶなら以下の2つがおすすめです。

まだ世界的にもハードウェアウォレットの数は少ないですが、ここで紹介する2つの製品はシェアが広くて安心して利用できます。

何が違うのかをよく理解して、より良いハードウェアウォレットを選んで仮想通貨ウォレットの利用を始めましょう。

Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xはフランスに本社があるLedger社によって開発された世界的に有名なハードウェアウォレットです。

USBケーブルで接続できるスティック状の製品で、軽量活小型に仕上げられています。

Bluetoothにも対応しているのでパソコンでもスマホでも必要時に簡単に接続できるのも魅力的な特徴です。

Ledger Nano Xはセキュリティ性が高く、バックアップシステムも搭載されているので安全に仮想通貨を管理できる仮想通貨ウォレットです。

最大で100種類の仮想通貨を同時に保管可能で、ビットコインやイーサリアム、リップルやライトコインなどの主流な仮想通貨にはほぼ網羅的に対応しています。

アプリの使い勝手も良いことから人気が高いハードウェアウォレットです。

Keepkey

Keepkey

KeepkeyはアメリカのShapeShift社が開発したUSBデバイス型のハードウェアウォレットです。

般的な銀行と同じレベルの高いセキュリティとバックアップの容易さ、シンプルなデザインとユーザビリティの高さを重視してバランスよく仕上げられていることから高い評価があります。

ビットコイン、ドッジコイン、テストネットやライトコインなど様々な仮想通貨に対応していて、利用可能数もだんだんと増えてきています。

ハードウェアウォレットの画面が大きいので仮想通貨の資産状況を確認しやすく、操作も直感的にできることからKeepkeyは使いやすさ重視の人にもおすすめです。

ハードウェアウォレットのおすすめ製品はどちらも軽量で使いやすいのが魅力です。

BluetoothにこだわるならLedger NanoX、ユーザビリティを重視するならKeepkeyでしょう。

ただ、コインチェックのウェブウォレットなら紛失や盗難の心配がないので、ハードウェア本体の管理に不安があるならコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめのモバイルウォレット

仮想通貨ウォレットとしてモバイルウォレットを使いたいと思って探してみると、あまりにもたくさんの種類があって驚いてしまうかもしれません。

ここでは特徴が大きく異なる2つのモバイルウォレットを紹介します。

bitpay

bitpay

bitpayはビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムなどの6種類の仮想通貨に対応しているモバイルウォレットです。

シンプルなユーザーインターフェースで、特にマニュアルを読まずともすぐに仮想通貨ウォレットとして利用を始められます。

bitpayはデスクトップウォレットにも対応しているので、パソコンでもスマホでも同じプラットフォームを使いたい人にも向いています。

日本国内では使えないものの、bitpayはデビットカードにも対応しています。

独自性のあるサービスを取り入れていくと考えられるため、将来への期待を込めて成長性のあるモバイルウォレットを選びたいならbitpayがおすすめです。

Coinomi

Coinomi

Coinomiは125種類の仮想通貨、168種類の法定通貨の管理に対応しているモバイルウォレットです。

取り扱い通貨数が多いだけでなく、365日、24時間対応のカスタマーサポートがあるなど、ユーザビリティを重視したサービスを提供しているのが人気の理由です。

Coinomiは仮想通貨取引所との連携をしているため、多数の仮想通貨交換にも対応しています。

モバイルウォレットを中心にして利用し、仮想通貨の取引をしていきたい人には便利な仮想通貨ウォレットでしょう。

セキュリティも充実しているとアピールしていますが、セキュリティの仕組みについての情報が公開されていないので透明性に欠けるのが難点です。

モバイルウォレットのbitpayとCoinomiは世界的に選ばれている仮想通貨ウォレットです。

将来性を期待するならbitpayですが、通貨数を重視するならCoinomiを選ぶべきでしょう。

モバイルアプリの使いやすさを大切にしたいなら、日本でアプリダウンロードがトップのコインチェックもおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨ウォレットに関するQ&A

仮想通貨ウォレットについて大まかに理解できたとしても、どのウォレットを使ったら良いのか、どんな基準で選んだら良いのかといろいろな疑問が湧いてくるでしょう。

仮想通貨に触れたことがなかった初心者にとっては仮想通貨ウォレットを選ぶ時点で大きな不安があるかもしれません。

ここでは仮想通貨ウォレットの初心者がよく抱いている疑問を集めました。

仮想通貨ウォレットの選び方を考える上で役に立つので、ぜひ詳細を確認してみてください。

仮想通貨ウォレットは複数持つ意味がありますか?

仮想通貨ウォレットは1つに限定した方が資産管理をしやすくなります。

ただ、仮想通貨ウォレットごとに取り扱い通貨数や取引サービスなどが違います。

また、ホットウォレットとコールドウォレットを組み合わせることも可能なので、複数の仮想通貨ウォレットを運用するのも検討してみる価値があります。

例えば、取引手数料が安いウェブウォレットと、安全性の高いハードウェアウォレットを組み合わせるのは合理的です。

仮想通貨の運用はウェブウォレットで手軽におこない、ずっと保管しておきたい仮想通貨はハードウェアウォレットに入れるという使い分けができます。

仮想通貨ウォレットは入金や出金の手数料がかからないところがお得ですか?

仮想通貨ウォレットの入金手数料や出金手数料が低いのは魅力です。

ただ、仮想通貨の保有や運用を始めるときにはまとめて資金を入金するのではないでしょうか。

出金をせずとも済むように日本円などの資金を銀行口座に確保した上で、資産形成のために仮想通貨取引をするケースが多いでしょう。

このような場合には入金や出金の回数はほんのわずかなので、入金手数料や出金手数料が少しくらいかかっても気にしない方が良いでしょう。

取引手数料が無料だったり、取引や運用に関連するサービスが充実していたりする方が資産形成につながります。

ただ、積立投資をしていきたいなら入金手数料は無料なのが大切です。

コインチェックのように手数料無料の積立サービスがあると余計な費用をかけずに積立投資ができます。

初心者の悩みを解決し、いつまでも仮想通貨による資産運用を支えてくれるのがコインチェックのサービスです。

コインチェックアプリのダウンロード数が2020年にトップだったことを考えても、明らかに選ばれている仮想通貨ウォレットです。

選び方で悩んだなら、コインチェックの仮想通貨ウォレットを使っていきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめの仮想通貨ウォレットまとめ

仮想通貨ウォレットは仮想通貨の財布として機能するサービスで、日本円や米ドルなどの法定通貨を取り扱う銀行に似ています。

仮想通貨ウォレットを作成することでビットコインやイーサリアム、ドッジコインやリップルなどの仮想通貨を保有・管理・運用することが可能です。

ここで紹介したように、安全性が高い体制を整えていてスマホでも利用しやすいアプリを提供している仮想通貨取引所ウォレットはほとんどのメリットをカバーしています。

初心者にとって複数のウォレットを運用するのは大変なので、信頼できる仮想通貨取引所ウォレットを選ぶのがおすすめです。

コインチェックは利便性、セキュリティ性、サービスの充実度、将来性のどれを取っても他に勝るとも劣らない暗号資産交換業者です。

実績的にもアプリのダウンロード数や取り扱い仮想通貨数でトップに立っているので、コインチェックを選んでおけば安心でしょう。

仮想通貨の相場は刻々と上がってきているので、すぐに簡単に取引を開始できて、誰もが安心と認めているコインチェックを利用しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる