【徹底比較】仮想通貨/ビットコインのスプレッドとは?一番狭い取引所を紹介!

仮想通貨 スプレッド

仮想通貨(暗号資産)のスプレットとは、簡単に言えば仮想通貨を取引所で購入する時の買値と売値の差額のことです。

あるコインを購入してすぐに売却したとすると、そのスプレッド分だけ損することになります。

今後利益を得たいのであれば、しっかりとした知識を持っておくことが重要でしょう。

この記事では仮想通貨のスプレットについて詳しく解説し、おすすめの取引所についても紹介します。

他にも仮想通貨のスプレッドについて、必須の情報を網羅的にまとめています。

ぜひ記事の内容を参考にして、仮想通貨取引を成功させていきましょう。

この記事に書いてあること
  • スプレッドとは売値と買値の差のこと
  • 仮想通貨は取引所と販売所でスプレッドが大きく異なる
  • ビットコインなどの主要通貨取引ならスプレッドが狭いbitFlyerがおすすめ
  • コインチェックは市場参加者が多く、流動性も平均して高い
  • DMM BitcoinのBitMatch機能ならスプレッドを気にせず取引可能!

仮想通貨はボラティリティの激しい金融商品のため、スプレッドに大きく固執する必要はありません。

ただ、ビットコインなどの主要通貨を投資したい方は、値動きが比較的安定しているため、スプレッドが狭いbitFlyerで取引をするのがいいでしょう。

\ 100円から投資可能!/

目次

仮想通貨/ビットコインのスプレッドとは?

それでは次に仮想通貨のスプレッドについて解説していきます。

仮想通貨を売買するときに大きく影響すると思いますので、是非確認してみてください。

スプレッドとは?

スプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは、仮想通貨(暗号資産)取引所/販売所で仮想通貨の購入・売却を行う際に発生する買値(=Ask)と売値(=Bid)の差額を指します。

ビットコインを例に考えると、1BTCの購入価格が102万円、売却価格が100万円であればスプレッドは2万円ということです。

仮に102万円で購入し、すぐに100万円で売却すると2万円損してしまうので、もし2万円の利益を同じ条件で得ようとする場合、1BTCの値段が2万円上昇するまで待たなければいけません。

以上のことから、仮想通貨のスプレッドは狭い(少ない)ほうが良いということがわかるでしょう。

スプレッドと手数料は違う?

繰り返しになりますが、仮想通貨(暗号資産)のスプレッドは買値(=Ask)と売値(=Bid)の差額のことです。

一方、仮想通貨の手数料は通貨の購入・売却の際に取引額のいくらかを支払うものになります。

コインチェックを始めとした仮想通貨取引所の取引手数料は無料ですが、スプレッドは存在します。

また、販売所にとってスプレッドは貴重な収入源なので、スプレッド≒販売所の手数料だと言えます。

取引所と販売所でスプレッドが異なる

仮想通貨(暗号資産)取引所には、「取引所」と「販売所」の2種類が存在します。

取引所は、取引所に参加しているユーザー同士で取引を行うため、自分の希望する購入・売却価格を提示することが可能です。

①取引所のしくみ

それに対して販売所は、販売所を運営する企業とユーザーの間で取引が行われます。

企業が仮想通貨の購入・売却価格を設定してるので、ユーザーはその価格で売買を行うしかありません。

②販売所のしくみ

以上のことから仮想通貨をお得に取引したいのであれば、取引所の利用がおすすめです。

スプレッドは変動制になるため、時間帯によって大きく異なりますが、コインチェックの主要通貨のスプレッドは平均してかなり低くなっています。

仮想通貨取引所をスプレッドで比較するポイント

仮想通貨取引所をスプレッドで比較するポイントは、以下の2つです。

それぞれ深掘りして解説していきます。

・販売所か取引所を区別する
・スプレッドは同じ時間帯で比較する

比較①販売所か取引所かを区別する

前述でも解説していますが販売所と取引所では、それぞれの性質上スプレッドが大きく異なる場合があります。

基本的にはスプレッドが狭い「取引所」がおすすめなので、仮想通貨取引所をスプレッドで比較する場合、取引所のスプレッドを比較していきましょう。

また「販売所」を利用して取引する予定があるのであれば、販売所のスプレッドは限りなく狭いところを選択するべきです。

比較②スプレッドは同じ時間帯で比較する

スプレッドは状況によって変動しやすい特徴があります。

「あるタイミングではCoincheck(コインチェック)のスプレッドが一番狭いけど、翌日には他会社のスプレッドのほうが狭くなっている」なんてことはよくあることです。

つまり仮想通貨の売買を行うのであれば、常にスプレッドの変動に目を向けることが重要で同じ時間帯でスプレッドを比較しない限りどちらの仮想通貨取引所がお得なのか?はわからないということなのです。

また、取引量の多い仮想通貨交換業者はスプレッドが小さく、取引量の少ない仮想通貨交換業者はスプレッドが大きい傾向にあるのでこちらも併せて覚えておきましょう。

仮想通貨/ビットコインのスプレッドが狭い取引所比較

仮想通貨(暗号資産)取引所の中で、スプレッドが比較的狭い取引所を3つご紹介します。

それぞれ特徴を表にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビットフライヤー

bitFLyer toppage
取引銘柄数13種類
取引手数料取引所 0.01-0.15%
販売所 無料※
最低注文数量取引所:0.001BTC
販売所 :0.00000001BTC
スマホ対応
詳細公式ページ
※※購入価格と売却価格の差であるスプレッドの負担があります

ビットフライヤーは国内仮想通貨(暗号資産)取引所の中で、かなり取引量が多い取引所です。

取引ツールの使いやすさや分析ツールが充実しているので、初心者から上級者までの幅広い層が利用しています。

ビットフライヤーのメリット
  • 100円からビットコインの投資を始めることができる
  • 13種類の仮想通貨を取引できる
  • 各種手数料が無料
  • 便利な取引ツールで快適に取引可能

また独自の「ビットコインをもらおう」というキャンペーンでは、アンケート回答などの条件を満たすだけでビットコインが無料でもらえるので、口座開設した後にぜひお試しください。

さらに詳しく知りたい方はビットフライヤーの公式サイトをご覧ください。

\ 100円から投資可能!/

コインチェック(Coincheck)

コインチェックの公式サイト
取引銘柄数17種類
取引手数料取引所 0%
販売所 0%
最低注文数量500円以上
スマホ対応
詳細公式ページ

コインチェックは取引銘柄数が豊富なので、幅広い仮想通貨を取り扱いたい人におすすめです。

専用のWebサイトやアプリの使いやすさにも定評があり、初心者でも簡単に操作が出来るようになっています。

また「貸暗号資産(仮想通貨)サービス」や「Coincheckつみたて」といった、取引所にお金を預けると自動で運用してくれるサービスもあるので、長期的な資産運用を検討している人にとっても便利でしょう。

コインチェックのメリット
  • 500円から仮想通貨を購入することができる
  • 取引手数料が原則かからない
  • 取引所のスプレッドは業界最狭水準で設定
  • 取引銘柄が17種類と業界トップクラス
  • 仮想通貨の積立投資やレンディングサービスにも対応している

また、人気が高いため、流動性も高くなり、結果的にスプレッドが狭くなる可能性が高まります。

取引所における手数料も無料になるため、まずはコインチェックで仮想通貨取引を始めることをおすすめします。

より詳しい情報を調べたい方は、是非コインチェックの公式サイトをご覧ください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM ビットコイン

DMM-Bitcoin
取引銘柄数12種類
取引手数料無料(※BitMatch取引手数料を除く)
最低注文数量0.001BTC
スマホ対応
詳細公式ページ

DMM BitcoinはDMM.comグループが運営母体の国内仮想通貨(暗号資産)取引所です。

DMM.comといえばFXでも人気の高い運営団体なので、投資事業に抜群の実績があります。

DMM Bitcoinのメリット
  • 12種類の豊富な仮想通貨(暗号資産)を取り扱っている
  • スマホアプリが非常に使いやすい
  • Bitmatch機能でお得に注文可能
  • 当日から仮想通貨取引が可能

また万が一トラブルが発生した場合、LINEでのカスターマーズサポートを行っているので、迅速な対応を受けられる安心感があるのも利点です。

詳しくはDMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\ 今だけ全員2,000円もらえる! /

仮想通貨のスプレッドを抑えるためのコツ

仮想通貨のスプレッドを抑えるためのコツは以下の3つです。

それぞれ詳しく解説しますので、取引する際にぜひ取り入れてみてください。

・販売所ではなく取引所を選ぶ
・通貨毎に取引所を変える
・取引量の多い通貨を選ぶ

販売所ではなく取引所を選ぶ

③販売所ではなく取引所を選ぶ

販売所と取引所の特徴から考えると、ほとんど場合取引所のほうがスプレッドを抑えられる傾向にあります。

販売所は、ユーザーと運営会社の間で取引を行うので、どうしても取引所に比べてスプレッドが高くなりがちです。

初心者にとって販売所のほうが取り扱いやすいイメージがあるかもしれませんが、出来るだけスプレッドを抑えたいのであれば取引所を利用していきましょう。

通貨毎に取引所を変える

各通貨毎のスプレッドは取引所によって異なります。

さまざまな通貨を取り扱うのであれば、取引所毎にスプレットを把握し、一番狭いスプレッドの取引所で取引するのがベターです。

今後複数の仮想通貨を売買する予定がある人や、現状1社のみで取引している人は、2~3社ほどスプレッド毎に取引所を選択出来るように口座開設しておくと良いでしょう。

仮想通貨取引所比較という記事では、各仮想通貨業者の魅力や評判をまとめているのでぜひご覧ください。

取引量の多い通貨を選ぶ

スプレッドはその通貨の取引量によっても左右されます。

基本的に取引量が多い仮想通貨は流動性が高く、スプレッドが安定ししていますが、取引量の少ないものはスプレッドが広がりやすいです。

④取引量の多い通貨を選ぶ

たとえば仮想通貨の代表格であるビットコインと、リップルなど取引量の少ない通貨のスプレッドを比較してみるとわかるでしょう。

決して取引量だけでスプレッドが決まる訳ではありませんが、取引量が少ない通貨ほどスプレッドが広がりやすい傾向にあります。

ビットフライヤーはビットコインの取引量が国内No.1となっており、その分市場の参加者も多くなっています。

取引量が活発であればあるほどスプレッドは狭くなる傾向になるためスプレッドを抑えたい方におすすめです。

\ 100円から投資可能!/

BitMatch注文を利用する

DMM Bitcoinでは、一般的に販売所のみでの取引となっていますが、暗号資産業界初のBitMatch機能により、取引所のような取引を行うことができます。

約定時の取引相手はDMM Bitcoinになリますが、トレーダー同士の注文をマッチングする機能になり、発注から30秒における仲値(ミッド)価格で取引が成立する注文方法になります。

BitMatch

BitMatch機能により、従来広くなりがちであった販売所でのスプレッドを気にすることなく取引をすることが可能になりました。

BitMatch機能はDMM Bitcoinで利用できますので、まだ口座を持っていないという方はこの機会に口座開設しておきましょう。

\ 今だけ全員2,000円もらえる! /

仮想通貨のスプレッド比較まとめ

仮想通貨のスプレッドは各仮想通貨(暗号資産)取引所によって異なります。

取引で出来るだけ利益を得たいのであれば、スプレッドは注目すべきポイントです。

今回ご紹介した比較表やおすすめの仮想通貨取引所を活用すれば、今後スプレッドを出来るだけ抑えた取引が可能となるでしょう。

ビットコインを始めとした主要通貨を取引したいと思った方はまず販売所の手数料が無料であるbitFlyerを選ぶのが良いでしょう。

bitFlyerでは5年連続ビットコインの取引量が国内第1位※となっており、多くの投資家が利用する取引所となっています。
※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコインといえばbitFlyerと言っても過言ないほどビットコインの取引におすすめの取引所になりますので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

\ 100円から投資可能!/

目次
閉じる