HEXA(ヘキサ)とは?NFT発行サービスのメリット・デメリットを徹底解説

HEXA

SNSや動画投稿サイトを通じて、誰でも自分自身を自由に表現できる時代になりました。

投稿を続ける中で、フォロワーやファンが増えてきたという人も多いでしょう。

そこで、自分のツイートや画像などのデジタル作品を、NFTとしてファンに届けたいと考える人も多いのではないでしょうか。

HEXAとは、NFTを誰でも簡単に作成できるサービスで、HEXAで作成したNFTをファンに販売することも可能です。

HEXAを利用して、ファンと交流する場を作ってみましょう。

この記事から分かること
  • フォロワーやファンが増えてきたら、NFTというデジタル資産で自分の作品を販売してみよう
  • HEXAは、NFTの発行から販売までの一連の手続きが、誰でも簡単にできるプラットフォーム
  • HEXAでは、簡単3ステップでNFTを販売できる
  • HEXAでのNFT購入も簡単
  • 万が一NFTが売れなかった場合でも、費用は発生しないので安心

NFTの取引を始めるなら、Coincheck NFT(β版)の利用も検討してみましょう。

Coincheck NFTを利用するにはCoincheck(コインチェック)の口座が必要ですので、まずはCoincheckの公式サイトを確認してみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

目次

HEXAとは

HEXAとは
サービス名称HEXA (ヘキサ)
運営会社メディアエクイティ株式会社
サービス開始年2021年
NFT発行費用無料
日本円利用
詳細公式ページ

HEXAとは、デジタル資産を簡単に販売することができる、インフルエンサーのためのプラットフォームです。

写真や動画などを公開し、ファンが増えてくると、ファンとの交流方法も気になってくるでしょう。

「ファンとのつながりが欲しい」と思っている人は、HEXAを利用して写真などをファンに販売してみましょう。

HEXAなら、写真などのデータをデジタル資産の「NFT」として販売することができます。

あなただけのオリジナルNFTを販売して、ファンを喜ばせてみましょう。

また、NFTについて詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

HEXA NFTの特徴

HEXAで取り扱うNFT(HEXA NFT)の特徴を紹介します。

HEXA NFTの特徴
  • 誰でも簡単にNFTを発行できる
  • 新規ファン獲得にも効果的

それぞれの特徴について説明します。

誰でも簡単にNFTを発行できる

HEXAなら、誰でも簡単にNFTを発行できます。

  • 今後、インフルエンサーにとって重要な資産「NFT」

これまでの常識では、デジタル資産はコピーが容易に作成できてしまうことから、オリジナルとコピーを見分けることが難しいと考えられていました。

ゆえに、本物か偽物かを見分けられるようにすることが、今後のデジタル資産の在り方の課題のひとつです。

それを解決したのが、「NFT」という形のデジタル資産です。

NFTには、ブロックチェーン技術が使用されていることにより、オリジナルであることの証明書があらかじめ付されています。

このため、現代、そして未来のインフルエンサーにとって、NFTは必須の資産となりうるでしょう。

ところが、NFTの発行には専門的な知識や経験が必要で、難しいというイメージがあり、なかなか簡単にNFTの発行にチャレンジできない人も多いでしょう。

  • HEXA NFTなら、簡単にNFTの発行が可能

HEXA NFTでは、HEXAがTwitterアカウントの本人認証をしているため、発行者本人のNFTとして認められます。

アカウント認証をすることで、HEXAがインフルエンサー本人の代理で、NFTを発行・管理します。

HEXAが代理でNFTを発行・管理する仕組みのため、知識や経験の有無によらず、誰でも簡単にNFTの発行ができるのです。

通常、NFTは本人かどうかにかかわらず発行することができますが、HEXA NFTはすべて本人が本物と証明したNFTとなります。

簡単にNFTを発行してみたい人は、HEXA NFTを利用してみましょう。

新規ファン獲得にも効果的

HEXA NFTは、既存のファンとの交流はもちろんのこと、新規ファン獲得にも効果的です。

  • HEXA NFTカードにより信頼性が担保される

HEXAで発行したHEXA NFTでは、HEXA NFTカードが発行されます。

HEXA NFTカードとは…
Open SeaなどのマーケットプレイスでHEXA NFTが売買される際、画像として表示される。
個別のトークンに紐づくHEXA NFTページのQRコード及び、HEXA NFT IDが表示されているため、偽物(コピー)の作成が困難になる。
たとえば万が一、第三者がHEXA NFTのコピーを作成した場合も、HEXA NFTカード内に記載されているQRコードおよびIDからHEXA NFTページを参照することで、オリジナルのNFTがオリジナルであることの確認ができる。

HEXA NFTカードは二次流通市場(Open SeaなどのNFTマーケットプレイス)において、表示されます。

表示されたHEXA NFTカードから、アカウント認証済のHEXA NFTページの確認ができます。

これにより、本物のNFTということが誰でも分かる状態になるため、信頼性が保たれます

  • インフルエンサー自身の存在を知ってもらうことができる

HEXAページではNFT発行の対象となったツイートの中身について、誰でも確認が可能です。

そのため、ページを閲覧した人に対して、インフルエンサー自身の存在を知ってもらうことができます。

これにより、新しいファンが増えるきっかけを作ることができます。

信頼性が高いことと、対象ツイートの閲覧が誰でもできることという2点において、新規ファンの獲得に効果的と考えられます。

また、気軽にNFTの発行をしてみたいと感じた人は、Coincheck NFT(β版)の利用をおすすめします。

Coincheck NFTは、Coincheckの口座を保有している人なら誰でもNFTの出品・購入・保管が可能なNFTマーケットプレイスです。

興味のある方は是非Coincheckの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

HEXAでNFTを販売する手順

HEXAでは、誰でも簡単にNFTを申請・販売することができます。

販売までは、以下の手順で行います。

nft発行手順
HEXAでNFTを販売する手順
  1. アカウントを認証する
  2. NFT化したい作品を選択する
  3. 条件を決めて発行する

STEP1 アカウント認証

手順1-1

まずは、Twitterアカウント認証をします。

HEXAでは、利用にあたってTwitterアカウントの認証が必須となっています。

Twitterアカウントを保有していない人は、まずはアカウントの作成をしておきましょう。

手順1-アカウント認証

「連携アプリを認証」ボタンを押して、hexanftにアカウントへのアクセスを許可をし、先に進みます。
※HEXAの偽アカウントにご注意ください。正しいアカウントは「@HEXANFT」です。

手順1-hexa許可

「連携アプリを認証」を選択すると、アカウント認証が完了します。

STEP2 NFT化する作品を選択

手順2-1

アカウント認証後、NFT化したいツイートや作品を選択する画面が表示されます。

画像データの場合、以下の条件に当てはまるものをNFTにすることができます。

NFT化できる画像データの条件
  • 画像形式
    • PNG
    • JPG
    • JPEG
    • GIF
    • BMP
  • サイズ
    • 100MB以下
手順2-NFT選択

ツイートをNFT化する場合は、画面下部のURL入力欄に、該当ツイートページのURLを入力します。

手順2-NFT選択ツイート

STEP3 条件を決めて発行

手順3-1

最後に、販売するための情報を入力します。

販売にあたって設定が必要な情報の例
  • 発行チェーン
    • MATICチェーン(手数料20%)
    • イーサリアムチェーン(手数料30%)
  • 販売方法
    • 先着順
    • 抽選
  • 販売期間(最大1か月)

など

メールアドレスを入力し、利用規約への同意をします。

入力した内容に問題が無ければ、「NFTを発行する」ボタンを押下してNFTを発行します。

HEXAでNFTを購入する手順

次に、HEXAでNFTを購入する手順について説明します。

欲しいNFTを選択して購入

HEXAでのNFT購入は、販売時とは異なり特別な審査はありません

HEXAにログインし、NFTコンテンツの販売ページを開きます。

出品されているNFT一覧から、購入したいNFT商品を選びます。

ページ内に表示される「購入する」ボタンをクリックします。

Twitterアカウント認証

Twitterアカウント認証を行います。

NFTの所有者をTwitterアカウントにて認証します。

このとき、所有者欄に名前などの表示を設定することができます。

その後、クレジットカード情報を入力して決済をします。

また、MetaMaskなどのウォレットがあれば、イーサリアムウォレットで受け取ることもできます。
※ウォレット認証が必要です。

MetaMaskとCoincheck NFT(β版)は連携して利用が可能ですので、気になる方は始めにCoincheckの公式サイトを確認してみてください。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

HEXAの手数料について

手数料無料キャンペーン
発行手数料無料
調達手数料20%~30%
※発行申請時に確認可能
NFT出庫手数料・ガス代無料(HEXA側が負担)
オークション入札時の入金不要
  • 発行手数料無料

現在、HEXAでは「NFT発行手数料0円キャンペーン」が開催されています。

発行に費用はかからず、すでに所有しているデータを無料でNFT化することができます。

「モノ」として存在する資産では管理費が気になりますが、NFTはデジタル資産ですので、在庫のリスクや持ち出し費用などがかかりません

  • 所定の調達手数料がかかる

発行申請して発売したNFTが売れた時には、販売金額から所定の手数料が差し引かれます。

このときの手数料が「調達手数料」とされており、販売総額(税別)に対してHEXA側に20%~30%が支払われます

さらに、消費税が別途加算されます。

  • NFT出庫手数料・ガス代が無料

一般的なNFT販売では仮想通貨・ウォレット、ガス代が必要になりますが、HEXAではこれらは不要です。

HEXAで購入したNFTを日本円で転売することなどができるため、たとえば仮想通貨を一切持っていない場合でも、利益を得ることが可能です。

仮想通貨による取引をしなくて良いため、複雑な会計処理をする必要もありません。

  • 入札時の入金は不要

HEXAでは入札してオークションに参加することができますが、この時の入金は不要です。

入札時にイーサリアム(ETH)を送金する必要などはありません

円決済の場合も同様で、入札時の送金は不要とされています。

購入が確定した段階ではじめて残高が減るため、オークションに入札する段階では残高が減らず、安心して利用できます。
※ただし、入札完了後のキャンセルは不可となっています。

HEXAに関するQ&A

HEXAに関するよくある質問を紹介します。

HEXAを利用する前に、疑問点を解決しておきましょう。

発売したNFTが売れなかった場合の費用は?

HEXAでは、NFT発行のための手数料は無料となっています。

では、発行したNFTを販売して、万が一売れなかった場合の費用はどうなるのでしょうか。

なんと、HEXAではNFTが売れなかった場合でも、料金は発生しないのです。

デジタル資産ではなく物体(モノ)として存在する資産の場合、保管場所の確保や盗難対策などが必要になります。

そのため、デジタル資産を除く一般的なモノの売買では、売れ残ってしまった在庫について、金銭的・時間的な面において保管コストがかかる場合が多くあります。

一方、そのような保管コストがかからないのがデジタル資産NFTのメリットです。

HEXAなら、NFTの発行申請を行い販売をした後、もしも販売期間内に売れなかった場合でも、料金は発生しません
※販売期間は自由に設定が可能です。

そのため、NFT発行に伴った費用の請求も無く、NFTが売れるまでは費用を気にせずに利用ができます

調達手数料の計算方法は?

前項「HEXAの手数料」にて触れましたが、HEXAでは、NFTが売れた時に手数料がかかります。

このときにかかる手数料は「調達手数料」と呼ばれ、消費税とともに販売金額から差し引かれます

販売総額(税別)を基準(100%)とした場合、各種金額の計算方法は以下のようになっています。

  • 国内在住のインフルエンサーの場合
スクロールできます
各種金額MATICチェーンNFTの場合イーサリアムチェーンNFTの場合
販売総額(税込)110%
※販売価格100%+税10%
110%
※販売価格100%+税10%
消費税2%
※10%のうち8%はインフルエンサーに支払い
2%
※10%のうち8%はインフルエンサーに支払い
HEXAに支払う手数料20%30%
インフルエンサーが受け取る手取り額80%+消費税8%
※消費税納税義務がある場合、8%を消費税として支払い
80%+消費税8%
※消費税納税義務がある場合、8%を消費税として支払い
  • 海外在住のインフルエンサーの場合
スクロールできます
各種金額MATICチェーンNFTの場合イーサリアムチェーンNFTの場合
販売総額(税込)110%
※販売価格100%+税10%
110%
※販売価格100%+税10%
消費税10%10%
HEXAに支払う手数料20%30%
インフルエンサーが受け取る手取り額80%80%
金額計算のポイント
  • インフルエンサーが国内に居住しているかどうかによって、消費税額が異なる
  • HEXA側に支払う手数料率を考慮すると、MATICチェーンNFTのほうがお得

計算方法は上記のようになっていますが、実際には、基本的に自分で計算する必要はありません

NFTの発行申請時には差し引かれる手数料の確認が可能ですので、安心して利用できます。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

[まとめ]HEXAとは

今回の記事では、HEXAについて解説しました。

この記事のまとめ
  • HEXAなら、誰でも簡単にNFTを発行できる
  • HEXAで発行したNFTをファンに販売することもできる
  • HEXAでNFTを発行するには、Twitterアカウントが必要
  • MetaMaskなどのウォレット連携をすると便利
  • NFTが売れた時に所定の手数料がかかる

「ファンを喜ばせたい」「ファンを増やしたい」、インフルエンサーなら、そう思う人も多いでしょう。

そんな人は、NFTという新しい資産の形でファンに自分の作品を届けてみましょう。

NFT発行について、「難しそう」という印象を受ける人もいるかもしれません。

しかし、HEXAを活用することで、誰でも簡単にNFTの発行や販売ができます

また、MetaMaskなどのウォレットがある人は、Coincheck NFT(β版)と連携して利用すると、より便利です。

\ 国内最大級の暗号資産取引所/

目次
閉じる