MetaMask(メタマスク)とは?使い方やログイン方法をスマホ版・PC版ごとに解説

MetaMask(メタマスク)はイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。

ブラウザ版とスマートフォンのアプリ版があり、登録することでいつでもどこでも仮想通貨の送金や受け取りができます。

そこで本記事では、仮想通貨ウォレットMetaMaskの使い方や、連携できるサービスについて解説していきます

イーサリアムを利用する予定がある方は、ぜひ本記事を参考にしてMetaMaskを始めてみてください。

この記事で分かること
  • MetaMaskはイーサリアム系のトークンを保管するための仮想通貨ウォレット
  • イーサリアムのサービスを利用するにはMetaMaskは必須
  • MetaMaskは分散型金融システム「DeFi」のサービスを利用することができる
  • イーサリアム系以外の仮想通貨との互換性はないので注意
  • MetaMaskを使って取引をしたい方は、「コインチェック」でイーサリアムを購入しよう

MetaMaskは、イーサリアムに連動するサービスを利用する際に必須なウォレットです。

すぐにMetaMaskを使って取引をしたい場合は、即日の口座開設が可能な「コインチェック」を利用しましょう。

すぐにイーサリアムを購入することができ、MetaMaskへの送金もスムーズです。

まだコインチェックの口座開設をしていない方は、この機会に申し込むことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

メタマスクについてサクッと学んでみたいという方は、ビッコレTVでわかりやすく解説しているのでぜひチェックしてみてください。

また、Invest Naviの公式LINEでは仮想通貨に関する最新情報をいち早くお届けしています。

さらに、今なら登録するだけで200円相当のビットコインが無料で手に入るので非常におすすめです。

公式LINEの登録-5

\ 12/31まで200円分のBTCが無料/

目次

MetaMask(メタマスク)とは

まずは、MetaMask(メタマスク)の基本情報を紹介します。

MetaMaskは、イーサリアム系のトークンを保管するためのWeb上のウォレットです。

簡単に言うと「仮想通貨(暗号資産)専用の財布」で、イーサリアム(ETH)や、イーサリアムをベースに発行されたERC-20トークンを保管・管理することができます。

MetaMaskはイーサリアムのブロックチェーンと連動したサービスの決済に使用したり、ブロックチェーンゲームなどと連携させることも可能です。

つまり、イーサリアム上で稼働するサービスを利用したい方にとって必須のツールとなっています。

ブロックチェーンのテクノロジーを使用した「DApps」の利用料金やブロックチェーンゲームのアイテム購入代金などは、MetaMaskを通じて決済することができます。

MetaMaskには、Webブラウザ(Google Chromeなど)の拡張機能として利用する「Web版」と、スマホなどにアプリをインストールして利用する「アプリ版」の2つのタイプがあります。

自分にとって使いやすい方を選んでください。

MetaMaskには、コインチェックから送金することができます。

最短即日での口座開設が可能なので、今すぐMetaMaskを利用してみたいという方にも非常におすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

MetaMaskのメリット

MetaMaskのメリットは以下のとおりです。

MetaMaskのメリット
  • ETHやイーサリアムトークンをまとめて管理できる
  • ブロックチェーンゲームを利用することができる
  • 手数料を自由自在に設定できる
  • トークンのスワップができる
  • DeFi関連のサービスを利用することができる

それでは一つずつ解説していきます。

ETHやイーサリアムトークンをまとめて管理できる

MetaMaskでは、複数のウォレットを作成することが可能です。

使用用途ごとにウォレットを使い分けることができるため、ETHやイーサリアムトークンをまとめて管理することができます。

また複数のアカウントを簡単に切り替えることができるので、非常に使いやすいです。

ウォレットによってはトークンごとにアドレスを管理しなくてはいけない場合もあるので、MetaMaskならではのメリットだと言えるでしょう。

ブロックチェーンゲームを利用することができる

MetaMaskを使えば、ブロックチェーンゲームで入手したNFTやイーサリアムベースの仮想通貨を管理することができます。

例えば、ブロックチェーンのテクノロジーを使用した「DApps」が提供するゲームのアイテム購入代金などは、MetaMaskを通じて決済可能です。

ブロックチェーンゲームを楽しみたい方にとっては、MetaMaskは欠かせないウォレットだと言えます。

手数料を自由自在に設定できる

MetaMaskは、手数料を自由自在に設定できるところもメリットの一つと言われています。

MetaMaskにおける手数料は、イーサリアムブロックチェーン上でのイーサリアム系の通貨を送受信する場合に発生する「ガス代」です。

イーサリアムのブロックチェーンでは1秒間に承認できる処理の量が決まっているため、上限を超えた量の取引が行われた場合、手数料を多く支払った順に処理される仕組みになっています。

ちなみに手数料の目安は以下のとおりです。

手数料目安
  • 低速:20Gwei
  • 平均:22Gwei
  • 高速:26Gwei

Gweiはガス代の単位で、「1Gwei」=「0.000000001イーサリアム」です。

MetaMaskではガス代を自分で設定することができ、適切なガス代を設定することで手数料の払い過ぎを抑えることができます。

トークンのスワップができる

MetaMaskは、トークンのスワップができるところも魅力です。

スワップができるということは、取引所などを利用しなくても簡単にトークンの交換を行えるということです。

ユーザーは複数の取引所を比較しなくても、最適な価格と最も低い手数料で交換ができます。

トークンのスワップ関連ですと、最近ではPancakeswapなどが話題になりましたね。

Pancakeswapではスワップを行ったり、流動性を提供して利息(CAKEトークン)を受け取ることができます。

DeFi関連のサービスを利用することができる

MetaMaskがあれば、「DeFi」のサービスを利用することもできます。

DeFiとは分散型金融システムのことで、日常生活で預けたり加入したりしている金融サービスをブロックチェーンで管理します。

DeFiには中央管理者としての仲介者が存在しない上に、すべての取引記録がブロックチェーン上に記録されているため、コストやリスクを抑えることが可能です。

DeFiは今非常に注目されているサービスなので、ぜひ機会を逃さず利用しましょう。

コインチェックなら最短1日で口座開設が完了するので、今すぐMetaMaskを通してDeFiのサービスを利用したい方におすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

MetaMaskのデメリット

MetaMaskのデメリットは以下の3つです。

MetaMaskのデメリット
  • 互換性がない
  • 過去にハッキングされたことがある
  • 対応しているブラウザが少ない

互換性がない

MetaMaskは、ビットコインやイーサリアム系以外の仮想通貨との互換性がありません。

あくまでMetaMaskはイーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上で発行された資産のみをサポートしているため、通貨によっては別のウォレットが必要になることがあります。

ハッキングに利用されたことがある

2021年4月に、EasyFiと呼ばれるDeFiプロジェクトのウォレットから約80億円相当の仮想通貨が盗まれる事件が発生しました。

その際EasyFiの設立者であるAnkitt Gaur氏は、”ハッカーはメタマスクの脆弱性をついた“と言及したこともあり、メタマスクが100%安全なウォレットであるとは言えないことが強調された事件となりました。

利用しているメタマスク自身がハッキングされ、資産を奪われてしまう可能性もあります。

MetaMaskを他サービスと連携させる際は、連携先のサービスが信用できるかどうかをしっかり確認することが大切であると言えるでしょう。

また、パスワードや秘密鍵をしっかりオフライン上で管理しておくのもおすすめです。

対応しているブラウザが少ない

現在、MetaMaskに対応しているブラウザはGoogleChrome、FireFox、Opera、Braveのみです。

そのため自身が使用しているデバイスでMetaMaskを利用する場合は、Chrome、Firefox、Opera、Braveのいずれかである確認をする必要があります。

しかし今後、対応ブラウザが増える可能性も十分にあるので期待して待ちましょう。

上記のようにMetaMaskにはデメリットもありますが、DeFiのサービスを利用することができたり、トークンのスワップができたりとメリットも非常に多いです。

MetaMaskに送金するためのイーサリアムを購入するなら、国内最大手の仮想通貨取引所「コインチェック」がおすすめです。

イーサリアムの購入もMetaMaskへの送金もスムーズなので、まだコインチェックの口座を持っていないという方は、ぜひこの機会に開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

MetaMaskの作成方法【ブラウザ版】

ここからは、MetaMaskの作成方法【ブラウザ版】を解説していきます。

MetaMaskの公式サイトにアクセスし「Download」をクリックすると、以下の画面に進むので「Chrome」を選択しましょう。

ダウンロードページに進んだら、画面右にある「Chromeに追加」をクリックしてダウンロードしてください。

メタマスクのセットアップ画面に移行したら、「ウォレットの作成」をクリックしてください。

続いてパスワードの設定画面に移行します。

ここで設定するパスワードや、割り当てられる「秘密のバックアップフレーズ」は非常に大切です。

公開してしまった場合や紛失してしまった場合、通貨を盗まれてしまうかもしれないので気をつけて管理しましょう。

これでMetaMaskの作成は完了です。

MetaMaskの作成方法【アプリ版】

続いて、【アプリ版】のMetaMaskの作成方法を紹介します。

iPhoneユーザーの方は「App Store」、Androidユーザーなら「GooglePlay」で「MetaMask」と検索してアプリをダウンロードしてください。

お手持ちのスマホにMetaMaskのアプリがダウンロードできたら、アプリを開き「開始」タップしてセットアップを始めましょう。

まず行うのは「パスワードの作成」です。

Web版同様、ここで設定するパスワードは仮想通貨を管理する上で非常に大切なので、忘れないようにしましょう。

パスワードの設定が完了したら、次に「シードフレーズの設定」を行います。

このシードフレーズはアカウントを復元させるのに必要なものです。

次にシードフレーズを確認しますが、シードフレーズは必ず保存して誰にも知られないようにしましょう。

上記の手続きが終わったら、これで設定は完了です。

次の画面で「同意します」をクリックするとウォレットが使えるようになります。

MetaMaskの使い方

MetaMaskの作成が完了したら、今度は実際に使ってみましょう。

使い方の流れは以下のとおりです。

MetaMaskの使い方
  1. 取引所の口座開設をする
  2. 取引所で仮想通貨を購入する
  3. メタマスクに送金する
  4. 各種サービスに送金する

STEP①取引所の口座開設をする

仮想通貨取引所の口座を開設し、MetaMaskへイーサリアムを送金する必要があります。

取引所には海外と国内のものがありますが、海外の取引所はハッキングリスクなどが高いのであまりおすすめできません。

利用するなら、下記の国内の取引所がおすすめです。

おすすめの国内仮想通貨取引所

コインチェック
・DMM Bitcoin
・GMOコイン
・bitFlyer

コインチェックは金融庁認可の暗号資産交換業者なので、初めての方でも安心して取引できます。

コインチェックの口座開設の手順は、「コインチェックの評判・口コミ」にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

STEP②取引所で仮想通貨を購入する

取引所の口座が開設できたら、仮想通貨を購入してください。

今回は、コインチェックでイーサリアムを購入してみましょう。

コインチェックの会員ページから販売所ページに移動し、「ETH」を選択してください。

購入する数量や交換する通貨を設定し、問題なければ「購入する」をクリックします。

これでイーサリアムの購入は完了です。

STEP③メタマスクに送金する

続いて、購入したイーサリアムをメタマスクに送金します。

コインチェックの会員ページメニューから「コイン送金」に進み、「Ethereumを送る」を選択します。

送金する「金額(ETH)」を入力し、手数料などを確認して問題がなければMetaMaskへ送金しましょう。

宛先にはMetaMaskのアドレスを入力しますが、アドレスはMetaMaskにログインし、トップページ上部のアカウント名をマウスオーバーすると表示されます。

アドレスの横にあるコピーマークをクリックしてコピーし、コインチェックの送金画面の「宛先」の部分に貼り付けます。

「送金する」のボタンをクリックすれば、MetaMaskにイーサリアム通貨が送られます。

STEP④各種サービスに送金する

MetaMask内にある仮想通貨を各種サービスに送金してみましょう。

今回は、世界最大規模のNFTマーケットプレイス「Opensea」との連携方法をご紹介します。

まずは「OpenSea」にアクセスし、トップページ右上にあるアカウントマークから「My Account Settings」を選びます。

するとMetaMaskとの接続画面が現れるので、「Sign In」をクリックしてください。

登録したMetaMaskアカウント名を選択し、「○○○(アカウント名)に接続」という文言が表示されたら、画面下の「接続」をクリックしてください。

「署名の要求」の画面へと移行するので、画面下の「署名」をクリックしてください。

次にユーザー名とメールアドレス登録画面が現れるので、「Username」にユーザー名を、「Email Address」にメールアドレスを入力します。

登録したアドレス宛にメールが届くので、メール内に記載されている「VERIFY MY EMAIL」をクリックして認証を完了させましょう。

このようにOpenSeaとMetaMaskの紐づけができれば、登録完了です。

是非この機会に、コインチェックで口座開設を行ってMetaMaskの利用を始めてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

MetaMaskと連携できるサービス

ここからは、MetaMaskと連携できるサービスを4つご紹介します。

Opensea

サービス名OpenSea
運営会社OpenSea
リリース2017年
日本語対応対応
詳細OpenSea公式サイト

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイスです。

有名アーティストのレアな作品、ブロックチェーンゲームのアイテム、音楽、アートなどの購入・出品ができます。

アカウントの登録から取引までの流れがとてもシンプルでわかりやすいため、NFTの売買を行う際にこのOpenSeaを使っている方は非常に多いです。

MetaMaskとの連携もスムーズなので、ストレスなくNFTの売買を楽しめるでしょう。

OpenSeaはイーサリアムだけでなく、Klaytn(クレイトン)やTezos(テゾス)などのブロックチェーンに対応しているところもメリットの一つです。

CRYPTO SPELLS

サービス名CRYPTO SPELLS(クリプトスペルズ)
運営会社CryptoGames株式会社
リリース2019年
日本語対応対応
詳細CRYPTO SPELLS公式サイト

CRYPTO SPELLSは、日本のNFTゲームメーカー「CryptoGames株式会社」が提供している大人気のブロックチェーンTCG(レーディングカードゲーム)です。

ブロックチェーン上で作られるゲームのため、ゲーム上のカードやアイテムなどはすべてNFTであり、ユーザー自身の資産となります。

他のユーザーにカードを売れば売却益が得られるので、ゲームを楽しみながらお金を稼ぐことが可能です。

遊びながら投資をしたい方は、ぜひCRYPTO SPELLSを初めてみてはいかがでしょうか。

Axie Infinity

サービス名Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)
運営会社Sky Mavis
リリース2018年
日本語対応非対応
関連記事Axie Infinity公式サイト

Axie Infinityは、ベトナムにて2018年に誕生したNFTゲームです。

モンスターを集めたり対戦させたりするゲームで、NFTのモンスターやアイテムの売買ができるため、CRYPTO SPELLSと同様にお金を稼げるゲームとして注目されています。

このゲームは主にフィリピンで流行していますが、最近では日本人ユーザーも増えてきているようです。

Gods Unchained 

サービス名Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)
運営会社Immutable
リリース2018年
日本語対応対応
詳細Gods Unchained公式サイト

Gods Unchainedは、世界的なブロックチェーンTCGです。

ブロックチェーンTCGとしては世界で初めてeスポーツの開催が予定されており、またVR化も検討されているようで、今世界中がGods Unchainedに関心を持っています。

ゲームをプレイするために必要なデッキは無料で手に入れることができるので、ブロックチェーンTCGが初めての方でも始めやすいでしょう。

まずは、コインチェックで口座開設をしてMetaMaskにイーサリアムを送金してみましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

MetaMaskに関するQ&A

MetaMaskに関するQ&Aをまとめました。

MetaMaskに関するQ&A
  • 結局なぜMetaMaskが必要なの?
  • 取引所のウォレットより安全?
  • MetaMaskの作成は無料?

結局なぜMetaMaskが必要なの?

イーサリアムブロックチェーンに連動する金融サービス、ゲーム、NFTを利用するには、仮想通貨ウォレットであるMetaMaskを通して決済しなくてはいけません。

またDAppsと呼ばれるサービスのアカウント認証にも使われているため、これらのサービスを利用する際はMetaMaskは必須なのです。

取引所のウォレットより安全?

MetaMaskのセキュリティ性は、取引所のウォレットよりも高いと言われています。

その理由としては、ウォレットをインポートする際に「ウォレット用の秘密鍵(プレイベートキー)」を使っているからです。

MetaMaskはインターネット上で管理されている「ホットウォレット」ですが、秘密鍵をオフラインで管理することで高いセキュリティを保っています。

MetaMaskの作成は無料?

MetaMaskの作成は誰でも無料です。

初期費用がかからないというのは非常に大きなメリットではないでしょうか。

そのため今すぐ利用する予定がなくても、いざ使いたいと思ったときのために作成だけてもしておくことをおすすめします。

まずは、コインチェックで口座開設をしてイーサリアムをMetaMaskに送金してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

MetaMaskのまとめ

今回は、仮想通貨ウォレットのMetaMask(メタマスク)についてまとめていきました。

この記事のまとめ
  • MetaMaskは、イーサリアムブロックチェーンに連動するサービスを利用するのに必須
  • MetaMaskはブロックチェーンゲームやDeFiのサービスを利用することができる
  • 対応するブラウザが少ないのがデメリット
  • MetaMaskのセキュリティ性は、取引所のウォレットよりも高い
  • コインチェックはMetaMaskへの送金がスムーズにできるので最もおすすめ

MetaMaskはイーサリアム系の仮想通貨を保有・管理することができ、イーサリアムブロックチェーン上のサービスを利用するのに欠かせません。

もしMetaMaskを使ってイーサリアムを利用する予定があるなら、合わせて「コインチェック」の口座開設も済ませておきましょう。

コインチェックはイーサリアムの購入・MetaMaskへの送金がスムーズに行えるので非常に便利です。

また取り扱っている仮想通貨は17種類と豊富なので、イーサリアム以外の仮想通貨に興味がある方にもおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる