暗号資産CFD「LIGHT FXコイン」とは?評判・口コミやメリットを徹底解説

当サイトの運営ポリシー
コンテンツ作成体制や運営方針に関しては、当サイトのInvestNavi(インヴェストナビ)の運営ポリシーをご参考ください。なお、InvestNaviでは、金融庁HPを参照し、金融庁の暗号資産交換業者登録一覧を紹介しております。また、ページにはプロモーションが含まれているものがあります。
監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

国内で数少ない暗号資産CFDサービスを提供するということで、「LIGHT FXコイン」に注目が集まっています。

現物取引とは違いレバレッジや空売りの仕組みを活用でき、より有利に仮想通貨投資を行える可能性があるのが魅力です。

「暗号資産CFDを行ってみたい… !」と考えている人は、LIGHT FXコインの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、LIGHT FXコインの評判や口コミ、メリット・デメリットを詳しく解説します。

この記事の概要
  • LIGHT FXコインとは、暗号資産のCFD取引ができるサービス
  • レバレッジと空売りの仕組みを活用できるのがメリット
  • 少ない元手で暗号資産を運用できるので初心者でも始めやすい
  • トレイダーズ証券が売りにする低コストサービスが反映されている

LIGHT FXコインは、レバレッジ取引にしか対応しておらず、銘柄数も少ないです。

SBI VCトレードであれば、豊富な20種類の銘柄が取引可能で、レバレッジやステーキングなど幅広い関連サービスが利用できます。

仮想通貨取引を行ってみたい方は、ぜひ、この機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

目次

LIGHT FXコインの概要

LIGHT FXコインの概要
名称LIGHT FXコイン
取引方法CFD取引
取扱銘柄ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
※取扱銘柄の種類はあくまで現時点での予定
運営会社トレイダーズ証券株式会社

LIGHT FXコインとは、暗号資産(仮想通貨)のCFD取引ができる金融サービスです。

「LIGHT FX」というFXサービスを提供するトレイダーズ証券でリリースされた新サービスとなります。

CFD取引とは?

現物取引と対称的な取引方法。現物を保有して利益を上げるのではなく、銘柄の新規保有時の価格と将来決済するときの価格差を狙って取引を行う。証拠金を預けることでレバレッジを活用した取引が可能。さらに空売り(売りから入る)のシステムも搭載。

これまでビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は現物取引か暗号資産FXが中心でしたが、LIGHT FXコインを利用することでCFDを活用して仮想通貨投資を行えます。

ただし、LIGHT FXコインは、レバレッジ取引にしか対応しておらず、銘柄数も少ないです。

SBI VCトレードであれば、豊富な20種類の銘柄が取引可能で、レバレッジやステーキングなど幅広い関連サービスが利用できます。

仮想通貨取引を行ってみたい方は、ぜひ、この機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

LIGHT FXコインのメリット

LIGHT FXコインのメリットは以下の通りです。

つのメリット
  • レバレッジや空売りを活用して暗号資産に投資できる
  • 低コストで利用できる
  • 下落相場でも利益を狙える

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

レバレッジや空売りを活用して暗号資産に投資できる

LIGHT FXコインの最大のメリットは、CFD取引を使って暗号資産に投資できる点です。

そしてCFD取引では、レバレッジと空売りの仕組みを活用できます。

レバレッジとは、少額の投資資金で多額のリターンを狙う運用上のシステムです。

たとえば現在のレートが1BTC=500万円、最低取引単位が0.1BTCだとしましょう。

現物取引なら0.1BTCを購入するために50万円(500万円×0.1BTC)が必要ですが、レバレッジを2倍にすることで元手は半額の25万円で済みます。

半額の元手で50万円分のBTCを運用できるため、投資効率が高まるわけです。

さらに空売りの仕組みを活用すると買い注文だけではなく、売りから入ることもできます。

価格が下落中の曲面では、売りから入り通貨が高くなったときに反対売買(買い)をすると利益を獲得できるため、上昇相場と下落相場の両方に対応できるのが魅力です。

低コストで利用できる可能性がある

LIGHT FXコインの提供元であるトレイダーズ証券は、既存サービス「LIGHT FX」を展開しています。

LIGHT FXの特徴は、ユーザーの実質的な手数料であるスプレッドの幅が狭いことです。

LIGHT FXコインでは取引手数料含む各種手数料が無料で利用できます。

取引手数料はもちろんのこと、ダイレクト入金手数料、ロスカット手数料、出金手数料、口座開設手数料、口座維持手数料が無料なのでコストを抑えて利用することができます。

また、ポジションを持越した際に発生する建玉管理料も0.04%と非常に安くなっています。

下落相場からでも利益を狙える

下落相場でも利益を狙える

LIGHT FXコインでは暗号資産(仮想通貨)のCFD取引ができるので相場が下落している状況でも利益を狙うことが可能です。

そのため、利益獲得のチャンスを最大限に利用したい人におすすめできるでしょう。

しかし、LIGHT FXコインは、レバレッジ取引にしか対応しておらず、銘柄数も少ないです。

SBI VCトレードであれば、豊富な20種類の銘柄が取引可能で、レバレッジやステーキングなど幅広い関連サービスが利用できます。

仮想通貨取引を行ってみたい方は、ぜひ、この機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

LIGHT FXコインのデメリット

LIGHT FXコインのデメリットは以下の通りです。

2つのデメリット
  • 取扱銘柄が少ない
  • 取引単位が比較的高額に設定されている

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

取扱銘柄が少ない

LIGHT FXコインで取引可能な銘柄は現時点でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のみとなっております。

今後取扱銘柄が増えていくと予想されますが、様々な銘柄を取引したい人にとってはデメリットになるでしょう。

ただ、時価総額1位と2位のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を厳選しているところは銘柄が多くて困ってしまう初心者の人にとってメリットとなるでしょう。

取引単位が比較的高額に設定されている

LIGHT FXコインで設定されている最低取引単位は、以下になります。

  • BTC/JPY:0.01BTC
  • ETH/JPY:0.1ETH
最低取引単位

そのため、始めるためには初期投資として大体3万円~4万円を準備する必要があります。

画像通りの現物取引と比べて安いのは確かですが、いきなり1万円以上のお金を使うのが怖い人にはデメリットとなるでしょう。

SBI VCトレードでは、数百円程度の少額から仮想通貨を購入可能です。

少額で仮想通貨取引を始めたい方は、ぜひ、この機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

LIGHT FXコインの口コミ・評判

LIGHT FXコインはサービスリリースをしたばかりのため、いまのところ関連する口コミや評判はありません。

サービスが開始されると口コミや評判も続々と出てくると思われます。

こちらの情報は随時アップデートしていきます。

LIGHT FXとは

LIGHT-FXトップ
名称LIGHT FX
通貨ペア数34種類
取引単位0.1Lot(1,000通貨)
※RUB/JPYのみ10,000通貨
最大レバレッジ倍率25倍
※RUB/JPYのみ10倍
スプレッド米ドル円:0.2銭
ユーロ円:0.4銭
ユーロ米ドル:0.3pips
ポンド円:0.9銭
豪ドル円:0.6銭

ここまでお伝えしてきたLIGHT FXコインは、2022年1月中旬にリリースされました。

LIGHT FXは、LIGHT FXコインと同じくトレイダーズ証券が運営しており、米ドル円やユーロ円などの外貨(FX)サービスを提供しています。

レバレッジや空売りなどの仕組みは暗号資産CFDと同じなので、いまのうちに投資環境に慣れておくことが可能です。

FXサービスに関しては業界トップクラスのスワップポイントの高さとスプレッドの狭さに定評があります。

LIGHT FXコインのまとめ

今回は、暗号資産のCFD取引ができるLIGHT FXコインをご紹介しました。

LIGHT FXコインの特徴やメリット・デメリットなどが理解できたのではないでしょうか。

最後に、ここまでお伝えした内容を振り返っておきましょう。

この記事のまとめ
  • LIGHT FXコインとは、暗号資産のCFD取引ができるサービス
  • レバレッジを使うことで少額の元手で大きなリターンを獲得できるチャンスが生まれる
  • 下げ相場にも対応しやすい空売りを利用できるのもメリット
  • 各種手数料が無料なのでコストを抑えて利用できる
  • 暗号資産CFDにはレバレッジ手数料のシステムがあるので注意が必要

LIGHT FXコインは、レバレッジ取引にしか対応しておらず、銘柄数も少ないです。

SBI VCトレードであれば、豊富な20種類の銘柄が取引可能で、レバレッジやステーキングなど幅広い関連サービスが利用できます。

仮想通貨取引を行ってみたい方は、ぜひ、この機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

\口座開設キャンペーン実施中!/

監修者

InvestNavi(インヴェストナビ)編集部です。我々は、証券会社銀行省庁等の出身者や、FP証券外務員などの資格を持つ有識者を中心に、株式・為替・仮想通貨をはじめとした各分野に精通した金融の専門家によって結成されています。各自の専門知識をもとに、鮮明かつ初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができる信頼性の高い情報を提供します。

目次