【2021年最新】モナコインの今後の見通しや将来性の予想について徹底解説!

モナコイン 見通し

この記事では、2chを中心に熱狂的なファンを持つモナコインの今後の見通しや価格を予想していきます

モナコインは、今後国内のみならず海外で取引所が新規上場した際に、価格を上げる可能性があります。

また、基軸通貨であるビットコインの値動きに合わせた動向のチェックも必要になってくるでしょう。

店舗での決済の拡大やWebサービスへの活用など、私達の生活にも直結するサービスの展開も見られるので、今後のモナコインの利用拡大が期待されます。

この記事の要点
  • モナコインは取引所への新規上場時に価格上昇する
  • モナコインはビットコインの価格に影響される
  • モナコインはアルトコインの中でも熱狂的なファンが多い
  • モナコインでの決済の普及に期待
  • Webサービスへの活用の普及に期待
  • モナコインを買うならアプリが使いやすいコインチェックがおすすめ!

モナコインは熱狂的なファンが多いことで有名で、今後は様々な店舗で決済として利用されることが期待されています。

また、国内で取引できる取引所は現在6社となっているため、今後他の取引所における新規上場の際に、価格が上昇する可能性があります。

目次

モナコインの過去の価格推移

モナコインの過去の価格の推移は、どのような動きをしていたのでしょうか。

主要なイベントをピックアップしていきながら動向を確認していきます。

2019年5月:コインチェックに新規上場発表

モナコイン コインチェック上場

2019年5月31日にモナコインがコインチェックへの新規上場を発表しました。

それまでは、価格が1MONA=50円〜100円の範囲での推移と、決して高いものではありませんでした。

その後、コインチェックに新規上場し、その価格はおよそ100円程度だったのが、3倍近くの1MONA=300円にまで高騰しているのがわかります。

しかし、その後の価格は下落傾向となってしまいました。

2020年2月:DMM Bitcoinで取扱開始

DMMビットコイン 上場

2020年1月、DMM Bitcoinの暗号資産レバレッジ取引でモナコインの取引開始が発表され、同年2月より取扱を開始しました。

コインチェックへの新規上場以降、100円周辺での推移を繰り返していました。ところが、DMM Bitcoinに取扱開始が発表されると100円周辺から最高で1MONA=280円にまで高騰します。

モナコインは、新たな取引所への取扱開始が発表されると、価格が上がりやすい傾向にあることがわかりますね。

2020年8月:半減期が迫る

半減期

2020年8月、半減期が迫ります。

半減期の到来により、高騰とまでは言えませんが、180円周辺での推移だった価格は、8月を迎えると1MONA220円近くにまで登りました。

8月末までは200円代を維持していましたが、その後は下落を続け、1MONA=100円代での推移を繰り返します。

2021年2月:ビットコインバブルが到来?

ビットコインブーム

半減期以降、100円代中盤を推移していたモナコインの価格ですが、2021年2月入ると急激な価格上昇を引き起こします。

100円代中盤を維持していた価格は、2月13日に1MONA=292円にまで到達しました。

モナコインを始めとしたアルトコインは、ビットコインの価格に合わせて、ほとんど同時に価格の変動を起こす傾向があります。

そのため、今後もビットコインの価格の上下動に合わせた推移を起こしていくと考えられるでしょう。

2021年4月:再び価格急騰がみられたがすぐに下落

2021年3月中は、約200円前後を推移していましたが、2021年4月に入ると価格が緩やかに上昇し始めました。

そして、4月16日から価格がこれまで以上に急上昇し、4月18日の午前には1MONA=約441円にまで到達しました。

しかし、その後は価格が下落し始め、同日の午後には1MONA=約323円まで価格が下がりました。

その後も、比較的激しい価格変動を経て、4月26日現在では1MONA=約250円となっています。

2021年7月:仮想通貨市場全体の暴落に巻き込まれ、年初来安値をつけてしまう

2021年5月のイーロン・マスク氏の発言や2021年6月の中国におけるビットコインマイニング禁止をうけて、5月下旬を境にビットコインが大幅に下落しました。

アルトコインはビットコインの価格と連動性が高いため、モナコインも大幅な下落となりました。一時は約271円(5/28)まで回復したものの、7月21日現在では1MONA=約129円となり年初来安値を更新し続けています。

モナコインの価格を左右した要因

頻繁な価格の動きを見せるモナコインですが、その価格の動きを左右した要因はなんなのでしょうか。

この項目では、価格を左右した考えられる要因について確認していきます。

取引所への新規上場

モナコインの価格を左右する要因の一つに、「取引所への新規上場」が考えられます。

モナコインを取り扱っている取引所

現在、モナコインは上記の4つの取引所で取引されています。

国内でも大きな規模で事業展開を行っている取引所です。

大規模な取引所で取引が行われると、より多くの人の目に触れることから、今後は取引所での扱い増加と利用者の増加により、モナコインの価値の上昇から価格が上がっていく可能性があります。

また、過去の価格チャートでも新規上場を発表した際に、モナコインの価格は高騰していることが分かります。

今後、他の取引所での上場が発表される前にモナコインを保有していれば、価格が上昇する可能性は十分考えられるでしょう。

半減期

モナコインの価格を左右すると考えられる要因の二つ目は、「半減期」の到来です。

まず、モナコインは2017年7月16日に初めての半減期を迎えました。

当時は半減期を迎える3ヶ月前から価格が上昇をし始め、7月の頭にピークに達する動きを見せました。

また、前述した通り2度目の半減期が2020年9月9日に完了しました。

その半減期前のモナコインの価格は、劇的な上昇とまではいきませんでしたが、緩やかに上昇していきました。

このように、2度の半減期を見た通り、モナコインの価格は半減期の到来を前にして上昇する傾向にあることがわかるでしょう。

さらに、モナコインは、3度目の半減期が2023年9月頃に訪れると言われています。

過去の2度の半減期を見てわかるように、次回の半減期もモナコインの価格に影響を与えるかもしれません。

ビットコインの価格

モナコインの価格を左右する要因の三つ目は、「ビットコインの価格」です。

ビットコインは、仮想通貨の中でも基軸通貨と呼ばれています。

基軸通貨とは?
取引の中心となる通貨のこと

モナコインを始めとしたアルトコインは、基軸通貨であるビットコインの価格変動に合わせて、価格の変動を起こす傾向にあるのです。

例えば、ビットコインバブルが起こった2017年11月から、バブルが崩壊した2018年1月では、価格の値動きは同じような変動を示しているのです。

このように、基軸通貨の値動きが、今後のモナコインを始めとしたアルトコインの値動きに影響を与える要因と考えられます。

モナコインの注目すべき特徴

ここからは、モナコインの特徴を見ていきましょう。

日本発祥の仮想通貨

モナコイン 公式ページ
通貨名モナコイン(MONA COIN)
公開月日2014年1月1日
発行上限枚数1億512万MONA
公式サイト公式サイト

モナコインは、日本の2chから生まれた日本発祥の仮想通貨です。

2chで有名なアスキーアートの「モナー」を通貨に表示させ、2chユーザーを中心に大きな人気を博しています。

モナコインは、対応していれば実店舗での決済に使用でき、コミュニティ内では投げ銭や神社の建設などの一味違った用途でも利用されています。

投げ銭として利用されていた

前述した通り、モナコインは投げ銭として利用されていました。

モナコインは、過去にライブ配信サービスである「ツイキャス」と提携していました。

ツイキャスとは?
PC、スマートフォン、タブレットなどでライブ配信ができるサービスのこと
動画配信、ラジオ配信、ゲーム配信、PCを用いた高画質な配信など多種類の配信が行える

過去にTwitterなどでの連携もしていたモナコインですが、2021年4月現在では、いずれの機能も停止しています。

プロジェクトの進行に関するニュースは出回っていないため、モナコインを保有するには注意が必要です。

世界初『segwit』を実装している

モナコインは、高速送金を実現する「segwit」を実装しています。

segwitとは
トランザクション情報を圧縮する技術のこと。
これにより、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題が解決されると期待されている。

segwitの導入により、モナコインの承認時間は短縮されたと言われています。

アトミックスワップに対応している

モナコインは、「アトミックスワップ」対応している数少ない仮想通貨の一つです。

アトミックスワップとは?
異なるブロックチェーン同士にある仮想通貨同士を、取引所などの仲介無しで個人間で仮想通貨の取引を行う技術

従来の個人間での取引は、持ち逃げや詐欺に遭うリスクが高く危険が先行していましたが、アトミックスワップを導入することで個人間が異なる仮想通貨を持ち寄り、安全に取引を行うことができるようになりました。

さらなる、アトミックスワップの活用が推進されれば、対応している仮想通貨の希少性から、より注目を浴びることにもなり多大な需要の増加が見込めるのではないでしょうか。

【2021年以降】モナコインの今後の将来性・見通し

ここからは、今後将来的にモナコインがどのように普及していくのか、その見通しを見ていきましょう。

モナコインに関する情報が公開される

モナコインに関する情報はかなり少なく、ネットで検索しても最新の情報を得ることはできません。

モナコインはコミュニティ内が活発な反面、得られる情報が少なくモナコインを保有していない層が一定層いると予想されます。

今後、モナコインの情報が広く共有されることになれば、再び注目され、価格に大きな影響を与えると考えられす。

モナコインを使った決済が普及する

モナコインは、今後実店舗での決済が普及していくことが予想されます。

飲食店や美容院などの店舗でモナコインの決済が普及し始めています。決済店舗の増加から、より多くの利用者の保有が予想され、今後はモナコインの需要が増えていくのではないでしょうか。

また、下記のようにオンラインで買い物をした時の決済も、モナコインで行えるオンラインショップも登場し始めています。

ビットコインモール
店舗名扱い商品名URL
ビットコインモール電子機器、家具、アウトドア用品などhttps://bitcoinmall.jp/

さらに、最近ではモナコインとビットコインでオンライン決済を行える「ZaifPayment」も登場し始め、モナコイン普及の後押しとなっています。

今後決済に対応する店舗が増えていけば、将来的にモナコインの需要は増加し、より多くの店舗で決済が行えるようになるでしょう。

webサービスへの活用が進む

モナコインは2chから誕生した仮想通貨で、元来からwebサービスとの結びつきが非常に深い仮想通貨です。

2chユーザーを中心としたファンコミュニティは、今後のモナコインの将来性を期待しています。

例えば、Monappy」というオンラインウォレットでは、ウォレットの機能の他にイラストや特定の画像に対してモナコインを投げ銭することができます。

このように、ファンコミュニティによる後押しから、モナコインを積極的に導入しようとするサービスやコミックマーケットでの導入を推進する強い動きが見られました。

モナコインを使って、「もっとコミュニティを大きくしたい」、「盛り上げていきたい」という流れなのでしょう。

ファンコミュニティの存在が、モナコインの多大な進展の根底にあるからこそ、今後もさらに実用化が進んでいくと考えられます。

モナコインの今後の価格予想

より多くの普及が実現できれば、今後の見通しが明るいモナコインですが、価格はどのように推移するのでしょうか。

3つの項目から予想していきます。

国内・海外取引所での新規上場

モナコインは、今後国内や海外取引所での新規上場時に価格が上がる可能性があります。

モナコインは、2019年5月のコインチェックへの新規上場時や、2020年2月のDMM Bitcoinの新規上場時に価格の上昇が見られました。

さらに、海外取引所に上場した際にも、25%もの上昇が見られました。

これらのことから、今後モナコインは、国内や海外取引所での新規上場時に価格変動を起こすことが予想されるでしょう。

ビットコインの価格変動による影響

モナコインは、今後基軸通貨であるビットコインの価格変動の影響に合わせ、その価格を変動させていくでしょう。

「モナコインの過去の価格推移」や「モナコインの価格を左右した要因」でも述べた通り、モナコインはビットコインバブルの到来や崩壊に合わせて、価格を変動させてきました。

そのため、今後もビットコインの価格の高騰や下落を注視しておくことで、モナコインの価格変動を判断することができるでしょう。

熱狂的なファンによる話題性

モナコインは、2chユーザーを中心とした熱狂的なファンによる話題性があるといえるでしょう。

その話題性を象徴した類似する出来事が過去にありました。

2020年7月頃に「ドージコイン」という仮想通貨が一時期脚光を浴び、40%もの高騰を見せたのをご存知でしょうか。

インターネットミーム(インターネットで話題となり拡散された画像)である芝犬のドージをモチーフにしたビットコインのパロディ仮想通貨

犬のdogのスラングであるdoge(ドージ)が由来となっており、ネタとして作られた

その当時若者に人気の動画共有サービス「TikTok」で、ドージコインへの投資を呼びかける投稿がされました。

そして、なんとその投稿には6万を越える「いいね」と4000を越えるコメントがつき、一時的なバズりを見せたのです。

つまり、このドージコインの例を見てわかるように、2chで熱狂的なファン層を持つモナコインは、ネットユーザーを中心としてバズる可能性が高いといえるのではないでしょうか。

モナコインを購入できる仮想通貨取引所

それでは、モナコインを購入できるおすすめの仮想通貨取引所をご紹介いたします。

これからモナコインで取引を考えている人は、是非紹介している取引所を参考にしてみてください。

コインチェック

コインチェックの公式サイト
名称コインチェック
公式サイトコインチェック公式サイト
取り扱い銘柄数17銘柄
最低取引額500円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
コインチェックつみたて
貸仮想通貨サービス

コインチェックは、東証一部上場の証券会社マネックスグループを親会社とする、とても信頼性が高い取引所です。

何よりも見やすい管理画面と数分あれば使い方を覚えられる扱いやすさから、非常に大きな人気を持っています。

また、コインチェックつみたてやコインチェックでんきなど、ビットコインの積み立てができるサービスや日常の電気代を安くできるサービスなどを展開しているので、取引以外の面で有効活用できる取引所です。

コインチェックの情報をもっと知りたい方はコインチェックの評判と口コミという記事をご覧ください。

コインチェックのメリット
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1の実績(274万ダウンロードを突破)
  • 国内最多の17種類の通貨取り扱い数で、最低500円から購入可能なので、初心者にも安心
  • 何よりも使いやすく、画面が見やすい

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-DMMビットコイン
名称DMM Bitcoin
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
取扱暗号資産12種類
最低取引額0.001BTC
提供サービス暗号資産販売所
暗号資産取引所

DMM Bitcoinは、DMMグループが提供している暗号資産取引所です。

12種類の暗号資産でレバレッジ取引を行うことができ、スマホから本格的な取引ができるので非常に人気が高い取引所といえるでしょう。

暗号資産をインターネット環境外のコールドウォレットに保管しておくことができるので、高い安全面も誇ります。

DMM Bitcoinのメリット
  • モナコインのレバレッジ取引にも対応している貴重な取引所
  • 12種類の暗号資産でレバレッジ取引ができる

\【期間限定】全員2,000円もらえる/

ビットフライヤー

ビットフライヤー トップページ
名称ビットフライヤー
公式サイトビットフライヤー公式サイト
取り扱い通貨数12種類
最低取引額100円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
Lightning 現物取引
Lightning FX
Lightning Futures

ビットフライヤーは、国内取引所の中でも最もビットコインの取引量が多い実績を持ちます。

また、ビットフライヤーへ出資している企業の中には、第一生命や三菱UFJキャピタル株式会社など日本でもトップクラスの企業があります。

高い信頼性と取引量の多さから、臨機応変な取引を行える取引所といえるでしょう。

ビットフライヤーについて深く知りたい方はビットフライヤーの評判や口コミをご覧ください。

ビットフライヤーのメリット
  • Lightning FX/Lightning Futuresで上級者向けの取引ができ、レバレッジ取引に最適
  • コールドウォレットやマルチシングの導入により、世界的なセキュリティの高さ
  • 最大500万円の盗難補償制度がある

\ 100円から投資可能!/

モナコインの今後の予測や見通しのまとめ

今回は、モナコインの価格の推移や価格を左右する要因、将来の見通しについて見ていきました。

最後に、今回のポイントについてまとめていきます。

モナコインの今後の見通しまとめ
  • 国内や海外取引所での新規上場時に価格が高騰する可能性がある
  • ビットコインの値動きに沿って価格を変動させていく
  • 実店舗での決済やWebサービスへの活用が拡大が期待できる
  • 熱狂的なファン層を中心に突発的な高騰を見せる可能性がある

モナコインは、コインチェックやDMM Bitcoinへの新規上場時に価格を上げたことから、今後も他の取引所での新規上場時に高騰する可能性があります。

また、過去のビットコインバブルの際に、その価格に沿った値動きを見せたことからビットコインの動向へのチェックも必須となるでしょう。

何よりもネット環境での熱狂的なファンコミュニティが確立されており、今後はさらに実店舗への決済やオンラインショップへの展開など実生活への広がりが見えてくるかもしれません。

目次
閉じる