【人気】流行りのNFTファッションとは?特徴や始め方、購入方法を解説

ルイヴィトンやグッチといった有名ブランドが参入したことで大きな話題となっているのがNFTファッションです。

NFTファッションでは、有名ブランドが作成した洋服やバッグといったデジタルファッションを購入でき、SNSを使ったコレクションやAR技術を駆使したコーディネートの紹介などを行えます。

ブロックチェーンを活用したNFTファッションは有名ブランドの唯一無二の価値を証明することができます

本記事では、そんないま人気沸騰中のNFTファッションの特徴や仕組み、購入方法などを解説します。

この記事の概要

NFTファッション作品を買うには、原資となる仮想通貨を購入し、NFTマーケットプレイスで好みの作品を探します。

その際には、国内で唯一仮想通貨販売サービスとNFTマーケットプレイスを提供するコインチェックに登録するのがおすすめです。

現在NFTファッション作品は扱っていませんが、ファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と「Joyfa」との提携を発表したことで、将来的に同ジャンルを扱う可能性が高いです

コインチェックに登録しておけばいつでも仮想通貨を購入できるため、ぜひ今のうちに口座開設を行ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

NFTファッションとは

NFTファッションを理解するためには、まずNFTという概念を知ることが大切です。

NFT(Non Fungible Token)とは、仮想通貨(暗号資産)に活用されるブロックチェーンを用いた、トークン(デジタル上の財)に唯一性を付与させる仕組みです。

デジタルアートやデジタルサウンドなどをオンライン上で取引することが増えた昨今、その価値をどうやって証明すればよいのかという点は大きな課題となっていました。

なぜならデジタル作品はコピーが容易であり、デジタルマーケットには海賊版があふれているからです。

そこでデジタル作品をNFT化することで、その作品が唯一無二の本物であることを証明することに成功しました

つまりNFTとは、デジタルデータの本物と偽物を見分け、アート音楽作品などの本来の価値を証明する仕組みだとも言えるでしょう。

このNFTの仕組みをファッション分野に活用したものがNFTファッションです。

NFTファッションの特徴や仕組み

NFTとファッションを組み合わせることでどのようなことが可能になるのでしょうか。

ここではNFTファッションの特徴や仕組みを解説していきます。

デジタルファッションとは

昨今注目を集めているのがデジタルファッション分野です。

デジタルファッションとは、コロナ禍で広がる「メタバース(仮想空間)」上で用いる洋服やバッグ、靴などのことです。

こうしたファッションアイテムはすべてデジタルデータで構成されており、メタバース上のみで活用できます。

活用方法としては、たとえばデジタル上の洋服やバッグを購入してSNS上でコレクションを展開する、または自分や友人の姿が映った画像にAR技術を活用して服を着用するなどがあります。

NFTファッションで取引するアイテムも、メタバースでの利用を想定したデジタル上の洋服やバッグなどです。

事実、デジタルファッション分野では商品をNFT化するケースも珍しくありません

デジタル上のファッションアイテムである以上、「購入しても着用しない」という点が特徴ですが、これはスニーカーやバッグのコレクターであれば理解しやすいのではないでしょうか。

コレクターの多くは高額でアイテムを購入しても実際に着用することは少なく、その目的はあくまでコレクションにあります。

デジタルファッションとの違いはファッションアイテムが現物かデジタルかだけの違いで、スニーカーやバッグをコレクションするという点では何ら変わりません。

こうした点に着目し、いまでは世界的なファッションブランドが続々とデジタルファッション市場に参入しています。

デザイナーの有名作品が唯一無二の存在に

とはいえ、グッチやプラダ、ディオールといった有名なブランドから発表されたデジタルファッションが、偽物であれば誰も購入しようとは思わないでしょう。

デジタルファッションの多くはあくまでCGなので、真似しようと思えば誰でも偽物を作り出せてしまうのです。

しかし、データの改ざんやコピーが難しいNFTの技術を活用すれば、模倣が容易なデジタルファッションであろうとも本物であることを証明できます

もちろんデジタルファッションのアイテムすべてがNFTではありませんが、デジタル上の取引を安全に行うためにNFT技術は欠かせないものだと言えます。

ほかのNFT作品との組み合わせは自由自在

NFT分野はファッション以外にも、アートや音楽、漫画といったジャンルでも盛り上がりを見せています。

NFTファッションはデジタルデータを用いることから、ほかのNFT作品との組み合わせも容易です。

たとえばNFTマーケットプレイスによっては、NFTファッションとアートワークを融合した商品を取り扱っています。

現物の洋服やバッグでは再現できなかったことまで実現できるというのは、NFTファッションの大きな魅力です。

NFTマーケットプレイスで取引される

NFTの作品が取引される市場を「NFTマーケットプレイス」と言います。

NFTという新たな技術が組み込まれているので難しいようにも思えますが、基本的な取引の仕組みはヤフーオークションやメルカリといった既存のオンラインマーケットと同じです。

NFTマーケットプレイスでは、出品者がデジタル作品のデータをアップロードし、販売金額や販売期間を定めます。

ユーザーは、欲しい商品が見つかれば指定の金額を支払い作品を購入するという流れです。

既存のオンラインマーケットと異なる点は、デジタル作品が出品される際、同時にNFT技術によって作品に唯一性が付与されることです。

また、基本的に仮想通貨(イーサリアムなど)を使って支払いを行う点にも違いがあります。

NFTのデジタル作品については誰でも出品できますが、NFTファッションの場合はアパレルメーカーやファッションブランドの出品者が一般的です。

NFTファッションのデータを購入した場合、その所有権が購入者に移転するため、作品をオンライン上でコレクションしたり、ARによってコーディネートを披露したりできます。

先にも述べましたが、NFTファッションを購入するためにはイーサリアムの購入が必要となってくることがほとんどです。

そんなイーサリアムを購入するなら、国内最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

圧倒的な実績を誇っており、初心者の方でも安心して利用することができるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTファッションの事例

近年注目が高まるNFTファッションだけに、すでに著名なブランドやメーカーが同分野への参入を発表しています。

ここでは、NFTファッションを活用した事例をご紹介します。

知名度抜群の「ルイヴィトン」

ルイヴィトンは2021年8月4日、NFTアート作品を扱ったブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」をリリースしました。

引用元:Google Play

これは同ブランドの創業者ルイの生誕200年を祝ったもので、ブランドのマスコットキャラクター「ヴィヴィエンヌ」がルイの誕生日を祝う地を目指して冒険するという内容です。

全ステージをクリアしたプレイヤーは、作中に登場する30種類のNFTアート作品を得る抽選券を獲得できます

そのなかには、NFTアート作品を出品して約75億円の落札額を記録したアーティスト「BEEPLE」の作品も含まれており、高額な価値が期待できます。

もちろんNFT作品なので、それぞれのアート作品の価値は保証されています。

このゲームはApp StoreやGoogle Playからダウンロードできます。

ラグジュアリーファッションの代名詞「グッチ」

グッチは、イギリスのNFTアートオークション「PROOF OF SOVEREIGNTY」に、同ブランド初のNFTアート作品を出品しました。

引用元: CHRISTIE’S

作品の内容はグッチの最新コレクションをデジタルアニメーション化したもので、入札開始価格は約218万円となっています。

収益の全額は米ユニセフに寄付し、新型コロナワクチンへの公平なアクセスを目的とした取り組み「COVAX」の支援に充てるようです。

ワンセックのNFTスニーカー

デジタルファッションレーベル「1Block」を展開するワンセックは、CryptoGamesと業務提携し、2021年4月に日本初のNFTスニーカーをリリースしました。

https://www.youtube.com/watch?v=C7CaxzqW_2M

3DCGを用いてワンセックがNFTファッションを開発、それをCryptoGamesが提供するNFTマーケットプレイス「NFTStudio」で販売する仕組みです。

ユーザーはNFT作品を購入した後、NFTStudio内でほかのユーザーに転売することもできます

今回リリースしたNFTスニーカーについては約124万円という高額な価格だったものの、販売開始からわずか9分で落札しました。

NFTアートとの融合「TETRAPOD APPAREL」

「アートと社会の接続をテーマに多様な関わりを想像」を目的としたNULLは、NFTファッションとNFTアートを組み合わせた「TETRAPOD APPAREL」というプロジェクトを始動しました。

https://www.youtube.com/watch?v=Or1p9SdKPaA

仕組みとしては、外部アーティストが提供するアートワークをTETRAPODが制作するNFTファッション作品に組み合わせ、独自の商品として販売するというものです。

各作品にはNFTに紐づいたQRコードが添付されており、そのコードを読み取ったユーザーをECサイトやアーティストのSNSアカウントに誘導します。

NFTファッションの購入に必要なイーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめです。

コインチェックには独自のNFTマーケットプレイスも用意されており、NFTの購入もスムーズに行うことができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTファッションを購入できる場所

次に、NFTファッション作品を購入できるNFTマーケットプレイスをご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきますので、ご自身にあったマーケットプレイスを見つけてみてください。

コインチェック

コインチェック 新サムネイル

コインチェックは、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の販売を行う国内最大規模の取引所です。

同社は取引所と同時にNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を運営しています。

仮想通貨取引サービスとNFTマーケットプレイスを同時に運営しているのは同社のみです。

いまのところCoincheck NFT(β版)ではNFTファッション作品を扱っていませんが、今後はサービスが提供される可能性があります。

というのも、コインチェックは2021年8月31日、ファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と「Joyfa」と提携し、NFTファッションへの取り組みを公表しているからです。

引用元:Coincheckプレスリリース

現在は作品のリリースなどに関しての情報はありませんが、近い将来Coincheck NFT(β版)でNFTファッション作品を購入できる日が来ることでしょう。

どのみちNFTファッション作品を買うには原資となる仮想通貨が必要です。

仮想通貨を手に入れるにはコインチェックといった取引所を経由しなければならないため、いまのうちに口座を開設しておくことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

OpenSea

OpenSeaは、アートや音楽、ゲームキャラクターなどを扱う世界最大のNFTマーケットプレイスです。

2021年8月の月間アクティブユーザー数は22万人を超え、いまもっとも盛り上がりを見せるNFTマーケットプレイスと言っても過言ではありません。

特にNFTアート作品やNFTゲームキャラクターの種類が多いため、同分野に興味がある人におすすめです。

出品数が少ないものの、OpenSeaではNFTファッション作品も取り扱っています。

有名ブランドのNFT市場参入により、今後はOpenSeaでも有名なNFTファッション作品が多数出品される可能性があります。

Rarible

RaribleもOpenSeaと同様、多様なNFTジャンルを扱う総合的なNFTマーケットプレイスです。

Raribleの特徴はユーザーに優しいインターフェースにあり、仮想通貨ウォレットとの接続やNFTの発行といった手続きを初心者でも簡単に進められます

また、比較的安価な作品が多いため、「慣れないうちは低予算でNFT作品を購入したい」という人に最適です。

本プラットフォームではNFTアート作品の取引がメインですが、なかにはNFTファッション作品も存在します。

先ほどお伝えしたワンセックのNFTスニーカーもRaribleで販売しています。

「NFT取引が初めてで不安」という人は、まずRaribleでその仕組みに慣れてみるとよいでしょう。

NFTファッションの購入方法

実際にNFTファッション作品を購入する方法について、OpenSeaをもとに解説します。

手順は以下の通りです。

NFTファッション作品の購入方法
  1. コインチェックなど仮想通貨取引所の口座を開設
  2. 取引所で原資となるイーサリアム(ETH)を購入する
  3. 購入した仮想通貨を保管するウォレットを準備する
  4. OpenSeaにアクセスしてウォレットを同期させる
  5. OpenSeaでNFTファッション作品を検索して購入

なお、OpenSeaの始め方については以下の記事で詳しく解説しています。

コインチェックの口座開設方法やウォレットの取得方法、具体的なNFT作品の購入方法まで画像付きで解説しているため、すぐにNFTの取引が始められます。

NFTを購入するならコインチェックがおすすめ

コインチェック公式

NFT作品を購入するなら、仮想通貨販売サービスとNFTプラットフォームを提供するコインチェックがおすすめです。

Coincheck NFT(β版)では、いまのところNFTアートとデジタルキャラクターの作品しか取り扱っていませんが、今後ますますジャンルが増えていく可能性があります。

事実、アニメやタレントなどエンターテインメント分野に強いCyberZとの協業や、デジタルカードの取引プラットフォームSorareとの提携などNFTの基盤を整えています。

もしNFT作品の取り扱い数が拡充されれば、仮想通貨の購入からNFTマーケットプレイスへのアクセスを一気通貫で行えるのは大きなメリットです。

将来的なことも考えれば、いまのうちにコインチェックに登録しておくことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTファッションのまとめ

今回は、NFTファッションの特徴や仕組み、購入方法などを解説してきました。

NFTファッションはルイヴィトンなどのハイブランド企業も続々と参入しており、大きな話題となっています。

そんなNFTファッションについて理解が進んだのではないでしょうか。

この記事のまとめ
  • NFTファッションとは、デジタルファッション作品に唯一無二の価値を付与できる仕組み
  • NFTマーケットプレイスを利用してNFTファッション作品の売買ができる
  • ワンセックのNFTスニーカーやグッチのNFTアート作品など、ファッション業界でNFT市場への参入が進んでいる
  • いまのところNFTファッション作品を買えるのはOpenSeaとRarible
  • NFTファッションの購入に必要な仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめ

NFTファッション作品を購入する場合、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供するコインチェックへの登録をおすすめします。

現在はNFTファッションを取り扱っていませんが、TOMO KOIZUMIとJoyfaとの提携が開始され、将来的に同分野に参入する可能性が高いと言えます。

また、コインチェックでは原資となる仮想通貨も購入できるため、手続きがスムーズというのも大きなメリットです。

OpenSeaやRaribleを利用するにせよ仮想通貨が必要になるので、ぜひコインチェックで口座を開きましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる