【厳選】FXチャートのおすすめ徹底比較!PC・アプリ版それぞれ紹介

この記事では、おすすめのFXチャートツールについて、PC版・アプリ版に分けて解説していきます。

FXチャートツールを探しているものの、「どれも同じ様に見えて、一体どのチャートが良いのか分からない…」と感じている方も少なくないはずです。

FXのチャートツールは一見すると、どれも同じ様に見えますが、機能面やデザインを見てみると、各FXチャートツールで使いやすさや快適度は大きく異なります。

この記事では、FXチャートツールの選び方や、おすすめのチャートツールまで、わかりやすく解説していきます。

この記事の概要
  • FXチャートツールを選ぶ時の主なポイントは「見やすさ」「機能性」「情報量」の3つ
  • デモ口座で利用出来るチャートツールは各FX会社による
  • 基本的に初心者でもチャート分析は重要
  • PC版のFXチャートツールはFXトレーダー・プラスがおすすめ
  • アプリ版のFXチャートツールは松井証券FXがおすすめ

FXチャートツールを探している方には、松井証券FXでの口座開設がおすすめです。

高機能なチャートツールであるFXトレーダー・プラスをPCで提供しており、松井証券FXならアプリ版でも出来るだけ機能を落とさず、シンプルで使いやすいアプリで取引が可能になります。

快適なFXチャートツールを探しているなら、松井証券FXでFXを始めましょう。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

目次

【初心者編】FXチャートを選ぶ3つのポイント

FXチャートツールと言っても、非常に多様で様々な業者がFXチャートツールを提供しています。

ここでは、おすすめのFXチャートツールの「選び方」にフォーカスして、選び方のポイントとなる点をいくつか解説していきたいと思います。

選び方①見やすさ

FXチャートツールを比較する際、一見すると「どのFXチャートツールも同じような画面をしているな…」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、実際に利用してみると、各業者によって画面の見やすさ・使いやすさというのは大きく異なります。

以下は、FXチャートツールのアプリとして、見やすさ・使いやすさに定評のあるFXトレーダー・プラス、GMOクリック証券FXネオとDMM FXのアプリのチャート画面です。

松井証券FX

GMOクリック証券

gmoクリック証券 チャート

DMM FX

GMOクリック証券FXネオに関しては、スワイプで操作が完結するように工夫されており、利便性が考慮されている事が分かります。

多くの業者がWEBで取引画面を公開しているので、口座開設前にチェックしておきましょう。

選び方②機能性

選び方において重要なポイントの2つ目は、機能性です。

FXチャートツールでは、注文機能はもちろんですが、ライン等を用いて取引を行う事も少なくありません。

そのため、テクニカル分析を行う上で重要になるテクニカル指標のバリエーションというのは、チェックしたいポイントです。

テクニカル分析って何?

チャートの動きからパターン・トレンドを分析し、取引に活かす事です。

トレンド・オシレーターを含むと、代表的なものに以下のようなものが挙げられます。

  • 一目均衡表(トレンド)
  • ボリンジャーバンド(トレンド)
  • MACD(オシレーター)
  • RSI(オシレーター)

このような機能のバリエーションはもちろんですが、同時に「簡単に使えるか?」という点も重要です。

特に初心者の方は、機能を利用する上で「簡単・直感的」に利用出来るFXチャートツールを選ぶことが大切です。

選び方③情報量と質

最後に、FXチャートツールを選ぶ際にチェックしたいポイントは「経済ニュース」です。

多くのFXチャートツールでは、注文機能・チャート等に加えて、FX取引において影響を与えそうな経済ニュースをチェック出来る機能があります。

FXチャートツールによって異なりますが、ものによってはそれほど重要ではないニュースが表示されているケースも少なくありません。

FX取引にとって重要なニュースが整理されており、いち早く重要な情報にアクセス出来るようなFXチャートツールが理想です。

快適なFXチャートツールを探しているなら、松井証券FXでFXを始めましょう。

松井証券FXのチャートツールは、「見やすさ」「機能性」「情報量」どの観点から見ても非常に優れていると言われており、取引をより有利に進めることができるでしょう。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

FXチャート比較一覧表

ここでは、主要なFXチャートツールを、一覧表を用いて比較していきます。

一覧表から一般的なFXチャートツールの特徴を掴んでいただけると、実際に選ぶ際の参考になるはずです。

アプリ

FXチャートツール(アプリ)を、テクニカル指標のバリエーションから比較していきます。

比較項目テクニカルの種類移動平均一目均衡表平均足フィボナッチRSI
松井証券FX17×
FXプライムbyGMO17
外為どっとコム16×
セントラル短資FX16
マネースクエア16××
マネーパートナーズnano15××
ヒロセ通商13×
SBIFXトレード9×

先程、FXチャートツールを選ぶポイントとして、機能性の多さを挙げましたが、実際にこのような違いが出てきます。

利用したいと考えている指標が利用出来るかどうかは、予め確認しておきたい所です。

PC

次に、PCのFXチャートツールを比較していきます。

PCについては、スマホと比較ポイントが異なるため、テクニカル指標の種類・画面・チャート分割数から比較しました。

比較項目テクニカル指標の種類画面・チャート分割数
FXトレーダー・プラス31種類12分割
GMOクリック証券プラチナチャート38種類16分割
外貨ex byGMO36種類6分割
セントラル短資FX31種類12分割
DMM FX プレミアチャート29種類6種類
SBIFXトレード29種類30チャート

PCは基本的にスマホよりも、情報が多くなりがちで、テクニカル指標の種類も多くなります。

その事から、一般的に比較ポイントに上がるのは「テクニカル指標の種類とチャート・画面分割数」です。

FXトレーダー・プラスを使うためには、まず松井証券FXに無料で口座開設をすることが必要です。

まだ口座をお持ちでないという方は、是非この機会に松井証券FXの口座を開設してみてください。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

おすすめFXチャート【PC版】

次に、具体的におすすめなFXチャートツールについてご紹介していきます。

おすすめのFXチャートツールには、以下のようなものが挙げられます。

おすすめのFXチャートツール(PC)
  • FXトレーダープラス
  • プラチナチャート
  • アドバンスドトレーダー
  • プレミアチャート
  • Exチャート

それぞれのチャートツールについて詳しく解説していきますので、是非参考にしてご自身にあったチャートツールを見つけてみてください。

FXトレーダー・プラス

松井fx チャート 
引用元:https://fx.matsui.co.jp/tool/pc/netfx-trader_plus/ 公式サイト
証券会社松井証券FX(MATUI FX)
対応通貨数10通貨、20ペア
テクニカル指標31種類
さらに詳しく松井証券の公式サイト

最初におすすめしたいFXチャートツールは、FXトレーダー・プラスです。

FXトレーダー・プラスは、松井証券FXで利用出来るFXチャートツールとなっています。

チャートツールとしては基本的な機能は揃っており、初心者でも安心してFX取引を行う事が可能です。

また、初心者の方におすすめしたい大きなポイントは「100円から取引出来る」という点です。

松井FX 少額

少額からの取引を行う事が可能なので「少額から徐々に練習したい」といった方におすすめです。

プラチナチャート

gmoクリック証券 プラチナチャート
証券会社GMOクリック証券
対応通貨数10通貨、20ペア
テクニカル指標トレンド系:18種類
オシレーター系:20種類
描画オブジェクト25種類
最大パネル16パネル
さらに詳しくGMOクリック証券の公式サイト

次におすすめ出来るFXチャートツールは、プラチナチャートです。

GMOクリック証券のFXネオ等で利用可能なチャートとなっています。

プラチナチャートの魅力

プラチナチャートの魅力・メリットとして以下のようなものが挙げられます。

FXチャートツールのメリット
  • テクニカル指標と描画オブジェクトが豊富
  • FXネオとCFDに対応しており、同時に表示可能
  • 最大で16パネルも表示可能

プレミアチャートの魅力をまとめると「機能性が高い」という一言に、まとめられます。

また、最大で16パネルも表示することができる点は、他の証券会社のチャートツールと比べてみても最高水準となっており、その機能性の高さがうかがえます。

プラチナチャート 特徴

使用される事が多いテクニカル指標や、描画オブジェクトは網羅されているため、快適に利用することができるでしょう。

プラチナチャートのデメリット

一方で、プラチナチャートのデメリットもいくつかあります。

まず、プラチナチャートで利用できるGMOクリック証券のFXネオは、少額取引に向いていません。

最小取引単位が10,000通貨となっており、少額取引で練習からといった用途を考えている方には、ハードルが高くなるはずです。

また、10,000万通貨あたり、ロスカット手数料が500円必要になります。

但し、 ロスカット手数料や最小取引単位は他のFX会社でも設定されていることがほとんどであるため、必ずしもプラチナチャート特有のデメリットというわけではありません。

このようなデメリットは存在しますが、それ以上に、メリットが非常に大きいFXチャートツールなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

アドバンスドトレーダー

アドバンストレーダー トップページ
証券会社LIGHT FX
対応通貨数29ペア
テクニカル指標20種類
最大パネル6パネル
さらに詳しくLIGHT FXの公式サイト

次におすすめなのが、LIGHT FXにより提供されているアドバンスドトレーダーです。

アドバンスドトレーダーの特徴はいくつかありますが、その中でもTMサインという「ニュースを元にしたAIの分析による確率・サイン」をチェック出来る機能がある事です。

もちろん、100%参考に出来るといったものではありませんが、初心者にとっては参考情報の1つが増えるというのは、嬉しいポイントであると言えるでしょう。

プレミアチャート

プレミアチャート トップ
証券会社DMM FX
対応通貨数21ペア
テクニカル指標29種類
さらに詳しくDMM FXの公式サイト

次におすすめなのが、DMM FXにて利用出来るプレミアチャートです。

基本的なテクニカル指標や機能は備わっており、初心者が安心してスタートするための基本的な環境は整っています。

その上で、プレミアチャートの特徴は各経済指標が発表された際の値動きを、指標と関連付けた形でチェック出来る事です。

指標の発表に伴い、指標の発表結果や前回の結果等が表示されます。

経済指標はFX取引に大きな影響を与えるので、経済指標をチェックする際の利便性が高いのはおすすめポイントに挙げられます。

Exチャート

証券会社外貨ex byGMO
対応通貨数24ペア
テクニカル指標トレンド系:16種類
オシレーター系:20種類
最大パネル6パネル
さらに詳しく外貨ex byGMOの公式サイト

最後におすすめするPCのFXチャートツールは、外貨ex byGMOのExチャートです。

テクニカル指標が多く、分析を行いやすいのがExチャートです。

パネルを大量に表示したいといった要望を持っていない方なら、不便に感じる要素は無いでしょう。

また、ExチャートではFX取引に影響を与えるような経済ニュースを「市場区分」「カテゴリ」「キーワード」等から検索する事が可能な機能が備わっています。

FX取引を行う上で、チェックしたい経済ニュースは多種多様な中で、ニュースを整理する機能があるのはありがたいポイントだと言えるでしょう。

\ 新規口座開設&お取引で最大30万円キャッシュバック/

おすすめFXチャート【アプリ版】

先ほどは、PCのFXチャートツールについてご紹介しました。

ここでは、以下のようなスマホアプリ版のおすすめFXチャートツールをご紹介していきます。

おすすめのFXチャートツール(アプリ)
  • 松井証券FX
  • GMOクリック証券
  • 外貨ex byGMO
  • セントラル短資FX
  • ヒロセ通商

是非参考にして、ご自身にあったスマホアプリ版FXチャートツールを見つけてみてください。

松井証券FX

松井証券 fxアプリ
証券会社松井証券FX(MATUI FX)
対応通貨数10通貨、20ペア
テクニカル指標28種類
さらに詳しく松井証券FXの公式サイト

次におすすめしたいアプリのFXチャートツールは、松井証券FXのFXチャートツールです。

スマホは画面が小さいため、出来るだけボタンが大きく、取引画面はシンプルな方が良いという方も少なくありません。

特に初心者の方は、たくさんの情報が複雑に表示されている画面だと混乱してしまうでしょう。

松井証券FXのFXチャートツールアプリなら「気配をタップするだけ」で、注文が出来るボタンがあります。

松井fx スピード注文

全体的に、シンプルな画面となっているため、FXチャートツールアプリにハードルを感じている方でも、気軽にスタート出来るはずです。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

GMOクリック証券

GMOクリック証券公式
証券会社GMOクリック証券
対応通貨数10通貨、20ペア
テクニカル指標13種類
描画オブジェクト11種類
最大パネル4パネル
さらに詳しくGMOクリック証券の公式サイト

まず、はじめにおすすめしたいのは、GMOクリック証券のFXチャートツールです。

FXチャートツールのアプリではどのツールも、スマホの小さい画面を利用するため、どうしてもPCよりも機能面や各指標のバリエーションが低下する傾向にあります。

しかし、GMOクリック証券では出来るだけ機能面や各指標のバリエーションを維持したアプリを提供しています。(それでもPCと比較すると機能面の低下が見られます)

gmoクリック証券 アプリ 特徴

また、分割チャート等も画面が小さい事から情報量が少なくなりがちですが、GMOクリック証券のアプリでは最大4画面、16チャートを保存可能です。

GMOクリック証券のアプリなら、スマホでも本格的なFX取引が可能になります。

まだ口座をお持ちでないという方は、是非この機会にGMOクリック証券で口座開設をしてGMOクリック証券のFXチャートツールを利用してみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

外貨ex byGMO

証券会社外貨ex byGMO
対応通貨数24ペア
テクニカル指標15種類
最大パネル4パネル
さらに詳しく外貨ex byGMOの公式サイト

次におすすめしたいFXチャートツールアプリは、外貨ex byGMOが提供しているチャートツールです。

外貨ex byGMOのアプリは機能性とシンプルさの両方をバランス良く搭載しているのが特徴です。

yjfx! スマホアプリ

上記のようなシンプルな注文デザインを提供している一方で、情報量を多くしたい時は、他のアプリと同じ様に4つのチャートを表示する事も可能です。

また、柔軟な開発を行っており、随時ユーザーの意見を募集しながら、アプリに反映しています。

今後のアップデート予定等も発表されており、改善による発展が期待出来るのが外貨ex byGMOです。

\ 新規口座開設&お取引で最大30万円キャッシュバック/

セントラル短資FX

セントラル短資fx アプリ トップ
証券会社セントラル短資FX
対応通貨数22~25ペア
テクニカル指標16種類
最大パネル4パネル
さらに詳しくセントラル短資FXの公式サイト

次におすすめするのが、セントラル短資FXのFXチャートツールアプリです。

一般的なテクニカル指標等を利用する事が可能で、特別なこだわりがない限り、FXチャートツールアプリとして不便に感じる事はないでしょう。

セントラル短資FXで、おすすめのポイントは取引成績・履歴が、分かりやすい形で可視化される事です。

セントラル短資fx スマホアプリ  比較

中級~上級者だと、自主的にこのような記録を取っているという方が居るかも知れません。

しかし、「記録をつけた経験がない」といった初心者の方にとって、このような形で自身の取引成績をチェック出来るのは、魅力的なポイントの一つであると言えるでしょう

\ 最大60万円キャッシュバック /

ヒロセ通商FX

証券会社ヒロセ通商FX
対応通貨数50ペア
テクニカル指標13種類
最大パネル4パネル
さらに詳しくヒロセ通商の公式サイト

最後におすすめするFXチャートツールアプリは、ヒロセ通商FXが提供しているものです。

ヒロセ通商FXの特徴は、豊富な通貨ペアです。

その数は50ペアというもので、豊富な選択肢の中から取引を行えるというのは、大きなメリットです。

機能面に関しては、一般的なFXチャートツールアプリとそれほど変わらないので「通貨ペアのバリエーションが出来るだけ欲しい」といった方におすすめです。

\ 最短当日から取引可能 /

FXチャートに関するよくある質問

初心者の方だと、FXチャートツールに関する疑問・質問を持っているという方も少なくないはずです。

これから、FXチャートツールに関するよくある質問・疑問の中から、2点解説していきます。

初心者でもチャート分析は重要?

まず、よくある質問として挙げられるのが「初心者でもチャート分析は重要なのか?」という点です。

結論からご紹介すると、検討している運用方法によって異なりますが、基本的には重要です。

特に、スキャルピングなど短期売買を中心に考えている方なら、分析を行う癖を付けておいた方が良いです。

スキャルピングにおすすめのFX口座を紹介した記事もありますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

チャート分析は、主にトレンド系・オシレーター系に分類され、代表的なものに以下のようなものが挙げられます。

トレンド系の代表的な指標
  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
オシレーター系の代表的な指標
  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス

上記で紹介した指標に関しては、一通り押さえておいて損はないでしょう。

デモ口座でもチャートツールの利用はできる?

次に疑問に上がるのが、「デモ口座でもこの記事で紹介したような高機能なチャートツールは利用出来るか?」という点です。

この点については、業者によって対応が異なり、可能な業者もあります。

例えば、この記事で紹介したDMM FXのプレミアチャートを、デモ口座で利用する事は出来ません。

一方で、同じくこの記事で紹介した松井証券FXのデモ口座は利用期限がなく、口座開設さえ完了すれば誰でも利用可能です。

そのため、各社対応が異なるというのが答えになります。

デモ口座から高機能なチャートツールを練習したい!と考えている方は、松井証券FXから始めるのがおすすめです。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

FXチャートのまとめ

今回は、FXチャートツールについて解説していきました。

チャートツールは、日々利用するものなので、アプリに関しては特にシンプルで、使いやすいものが望ましいと言えます。

是非この記事を参考にして、ご自身にあったチャートツールでFXを始めてみてください。

この記事のまとめ
  • チャートツールを選ぶ際のポイントは、「見やすさ」、「機能性」、「情報量」
  • 指標や機能性は各業者で異なる
  • 色々なツールを比較して、自分にあったチャートツールを見つけることが大切
  • 総合的に見てチャートツールはFXトレーダー・プラスがおすすめ
  • アプリは松井証券FXがおすすめ

FXチャートツールアプリを探しているなら、アプリであっても機能が豊富で使いやすい松井証券FXがおすすめです。

また、デモ口座も無期限で利用可能なので十分な練習をしてから本格的にFXを始められます。

\ 当サイト限定!3000円もらえる /

目次
閉じる