仮想通貨OMGとは?特徴や今後の予想・見通しを徹底解説!【OmiseGo】

仮想通貨 OMG

2021年4月7日に仮想通貨OMGが国内暗号資産取引所コインチェックに上場しました。

上場直後約30%もの価格上昇を記録し、Twitterでもコインチェックがトレンド入りするなど話題になりました。

OmiseGoのICO調達で知っている方も多いと思いますが、国内取引取引所ではGMOコインでしか取扱いがありませんでした。

事前発表がなかった今回のOMGのコインチェック上場ですが、そもそもOMGがどういう通貨なのか知らないという方も多いと思います。

この記事では仮想通貨OMGの特徴や今後の見通しについてわかりやすく解説していきます。

この記事の要点
  • 仮想通貨OMGは『OMG Network』のネイティブトークン
  • 『OMG Network』は高速かつ低コストな金融サービスを提供の実現を目標としている
  • コインチェックに上場直後約30%もの価格上昇を記録
  • 今後は大企業との連携がどれほど進むかで価格に影響する可能性が高い
  • OMGを購入するなら国内最多17種類もの仮想通貨を取り扱うコインチェックがおすすめ!

コインチェックは大手国内取引所として、アプリダウンロード数No.1と人気を集めています。

そもそもOMGは、GMOコインコインチェックでしか扱っておらず、今後さらに投資の幅を広げたい方なら種類がより豊富なコインチェックがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

InvestNaviの公式LINEでは、最新の仮想通貨情報やお得な情報を定期的に配信しています。

まだ、参加していないという方はこの機会に下記から登録してみてください。

今なら公式LINEの登録で200円相当のビットコインを無料配布するキャンペーンを実施しております。

公式LINE

\ 【8月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次

仮想通貨OMGとは?

OMG 公式サイト
通貨名OMG(オーエムジー)
ティッカーシンボル・単位OMG
現在の価格約1450円
時価総額¥203,987,567,432
時価総額ランキング77位
公式サイトOMG公式サイト
購入できる取引所Coincheck,GMOコイン
価格・時価総額は2021年5月7日時点

仮想通貨OMGとは、香港の仮想通貨投資会社のGBVが買収した『OMG Network』のネイティブトークンであり、ERC-20規格で発行されています。

2017年に『OmiseGo』として開発が始まると、ICOにより2,500万ドルを調達したことで注目を浴び、2020年に現在の『OMG Network』へとリブランドしました。

GBVの本拠地である東南アジアでは、銀行口座を持てないアンバンクトと呼ばれる人が多く存在しており、そのような人でも簡単にアクセスできる金融サービスとしてOMG Networkが展開されました。

OMG Networkはイーサリアムを基盤として開発され、高速かつ低コストな金融サービスの実現を目的としています。

OMG Networkの特徴

ここでは、OMG Networkの特徴をいくつか見ていきます。

ネットワークとしての特徴から親会社の信頼性まで言及していますので参考にしてみてください。

More Viable Plasmaに基づいている

OMG Networkの基盤となっているイーサリアムは、ブロックサイズの上限が原因で取引の処理遅延や手数料が高騰するスケーラビリティ問題を抱えていました。

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために『More Viable Plasma』と呼ばれるセカンドレイヤー技術の設計を基にしてネットワークを構築しました。

処理能力に関しては、1秒間に何取引を処理できるかというTPS(Transaction Per Second)という指標が使われますが、イーサリアムは最大でも10-15TPSという処理能力でした。
(現在はスケーラビリティ問題を解決するためにイーサリアム2.0というプロジェクトが進行中です)

しかし、OMGのブログによると、More Visible Plasmaを搭載したOMG Networkでは約4,000TPSにもなっており、手数料を下げることにも成功したと言われています。

最終的にPOSに移行される

現在のOMGネットワークの子チェーンは、POS(プルーフオブステーク)を簡素化したPoA(プルーフオブオーソリティ)によって保護されています。

近いうちに、POSモデルに移動される予定で、ステーキングが可能になり、トランザクション検証により報酬を得ることができるようになり、ネットワークの保護に繋がるとされています。

仮想通貨の投資会社GBVが買収

2020年12月にOMG Networkは香港の仮想通貨企業Genesis Blockの子会社であるGenesis Block Ventures(GBV)に買収されました。
(参考:SYNQA subsidiary OMG Network joins Genesis Block Ventures(GBV)

GBVはブロックチェーンを通して未来を構築することをミッションとする民間投資会社になります。

近年注目を浴びているDefiプロジェクトも複数展開しており、Defi関連の会社との結びつきも強いとされています。

今回の買収はOMG Networkの更なる開発・発展に寄与するのではないかと思われます。

仮想通貨OMGのこれまでの価格推移

ここでは、OMGコインの価格動向について解説していきたいと思います。

OMGコインは2021年5月7日現在まで、主に3回の急激な価格上昇を見せていますので、それぞれみていきたいと思います。

2018年初頭

OMGチャート 2018年

OMGコインは、2017円7月に約68円で初めて上場しました。

その後、上場して約2ヶ月後の2017年9月には、約1200円までの上昇を見せました。

やがて、2017年11月には約550円まで下がりましたが、2018年1月には急激な価格上昇を見せ、約2750円まで到達しました。

2020年8月

OMGチャート 2020年

上のチャートは、OMGコインの2020年5月から2021年4月7日までの値動きを表しています。

2020年5月からは約160〜180円代を推移し、その価格は比較的安定していました。

しかし、2020年8月に急激な価格上昇をみせ、一時約830円近くまで到達しました。

その後価格は下がっていき、比較的激しい価格変動を見せてはいたものの、再び急な価格上昇を見せることはありませんでした。

2021年4月

2021年4月7日、大手国内仮想通貨取引所であるコインチェックに上場したことで価格が一気に上昇しました。

価格は約1200円に到達し、今後の価格動向に注目が集まっています。

OMGチャート2021年

上の画像は2021年3月から4月7日現在までの値動きを踏まえたチャートになりますが、4月7日のコインチェック上場に伴って急激に値上がりしているということがわかります。

2021年5月

OMGチャート
引用:TradingView

5月7日現在、再度さらに高騰し、現物価格は1400円を超えました。

今後も非常に注目が高まっているアルトコインであると言えるでしょう。

仮想通貨OMGの今後の予想・見通し

OMGの今後を予想する上で、いくつか焦点になるポイントがあります。

今後の値動きのポイント
  • 他の国内取引所への上場
  • 大企業との提携
  • Defiやレンディングへの参加

他の取引所への上場

OMGは元々海外取引所でしか取り扱いがありませんでしたが、2020/7にGMOコインに上場。

また、2021/4/7には大手国内取引所のコインチェックにも上場し、上場日には価格が約20%上昇しました。

過去の通貨の例を見ても、新規取引所への上場というファンダメンタルの要因で、価格が上昇するということは多くあります。

国内では現在、GMOコインとコインチェックでしかOMGの扱いはありませんが、今後取り扱う取引所が増えていくとさらなる価格上昇を期待できます。

大企業との連携

OMG Networkは、様々な企業と連携し導入が進めれられている最中です。

例えば、2017年にタイのマクドナルドのオンライン決済で導入されたり、2019年にバーガーキングで決済システムが導入されたりと行った実績があります。

実店舗を持つ企業以外にも、ステーブルコインの中で最大の時価総額を誇るTetherとも提携し、TetherがOMG Networkを採用するとしました。

OMG NetworkでTetherが稼働することで、さらなる手数料の軽減やトランザクションの高速化につながると見られています。

今後、さらにこのような大企業と提携をするといったニュースが出ると、価格に影響してくると予想されます。

Defiやレンディングへの参加

また、Defiなどのトレンドとなっている分野への進出もポイントとなります。

最近では、NFTが非常に話題となっていますが、それに関連してNFTの関連銘柄も大きく高騰しました。

このような形で、NFTに限らずDefiやレンディングなどの仮想通貨領域でトレンドとなっている分野でサービスを打ち出すことで大きく価格が高騰する可能性があります。

仮想通貨OMGが購入できる取引所

現在国内取引所でOMGを購入できるのはコインチェックGMOコインに限られています。

OMGを購入するだけならどちらでも構いませんが、今後も仮想通貨を投資したいと思う方はコインチェックをおすすめします。

コインチェックの公式サイト-1
名称CoinCheck(コインチェック)
ホームページCoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い銘柄数17銘柄数
取引手数料無料
最低取引量500円

コインチェックをおすすめする理由は取扱通貨の豊富さにあります。

コインチェックでは仮想通貨OMGを含めて国内最多17種類もの暗号資産を取り扱っています。

コインチェックでしか購入できない銘柄も多いため、OMG以外の銘柄を購入したいと考えている方はコインチェックで口座を開設しておくのが良いでしょう。

仮想通貨取引所おすすめランキングでも1位として紹介されており、サイトやアプリのデザイン性にも定評がある人気の国内取引所になります。

実際に取り扱っている通貨やメリットについて詳しく知りたいという方は公式サイト、またはコインチェックの評判・口コミをご覧ください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨OMGの今後の予想・見通しまとめ

4月にコインチェックに上場され、注目を集める仮想通貨OMGは、今後の伸びしろに期待がかかっています。

特に、親会社が優良企業から出資を受けていることで、今後の大企業との提携やトレンドであるDefi分野への進出に注目が集まります。

また、過去のデータからコインチェックに上場した通貨は価格が伸びやすい傾向にあります。

現在は1,000円前後の価格となっているOMGですが、過去には2,500円以上を記録しており、ポテンシャルも高いと通貨になります。

仮想通貨OMGを購入しようと思っている方は、今後のことも考えコインチェックで口座開設することをおすすめします。

他の取引所で取り扱っていない銘柄も多いため、OMG以外の通貨も購入したいと思った時に他の取引所を口座開設する必要がありません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Invest Naviの公式LINEではOMGに関する情報をリアルタイムに配信しております。

これからさらに詳しい情報を手に入れたいという方は、是非無料で登録をしてみてください。

今なら公式LINEの登録で200円相当のビットコインが無料で手に入るキャンペーンを行っております。

\ 【8月31日迄】200円分のBTCが無料/

目次
閉じる