株で利用するテクニカル分析とは?おすすめの指標や組み合わせを徹底解説!

株テクニカル分析

株でしっかりと利益が出せる可能性を可能な限り高めるためにも、テクニカル分析を行うことが大切です。

テクニカル分析を駆使することで、今後の株価がどうなっていくのか予想することができます。

しかし、どんなテクニカル分析がおすすめなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

この記事から分かること
  • テクニカル分析とは狙っている株の株価や出来高を分析して将来的にどんな値動きをするのか予想する方法
  • 株のテクニカル分析をする際は多くの指標を一度に表示しすぎないことが大切
  • 株の情報収集をするならクラブフィスコの公式サイトを確認!
  • テクニカル分析をしても必ず分析通りにならない場合もある

テクニカル分析とは、過去の株価の値動きをチャートで表し、トレンドやパターンなどを把握した上で今後の株価や為替動向を予想するものです。

ただ、テクニカル分析を活用するためには様々な情報が必要になります。

その情報収集を行う際に活用できるのが、クラブフィスコです。

株で利用するテクニカル分析を行うためにも様々な情報が必要なので、様々な情報を集めたい人はクラブフィスコの公式サイトをチェックしてみてください。

目次

株で利用するおすすめのテクニカル分析

株で利用するおすすめのテクニカル分析は、以下の通りです。

  • ローソク足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • グランビルの法則
  • 一目均衡表

手栗刈る分析には様々な方法がありますが、初心者でもわかるおすすめのテクニカル分析は多くあります。

それでは、以上のテクニカル分析についてご説明しましょう。

ローソク足

ローソク足とは、1本で一定期間における株価の値動きを表したものであり、始値、終値、高値、安値を1本のローソクに見立てて分析していきます。

ローソク足のメリットは、過去のデータや相場の動きを一目で読み取れることでしょう。

株取引などで売買のタイミングを見極めるためには、過去のデータから読み取ったり、相場の動きを把握したりする必要性があります。

様々な分析を行うのに数多くのページを開いていては画面が見づらくなってしまいますし、それだけ売買のタイミングを見極めにくくなるでしょう。

しかし、ローソク足を活用することによって、一目で過去のデータや相場の動きを読み取ることができるため、売買のタイミングを見極めやすくなるのが大きなポイントです。

なお、ローソク足には1分単位の動きを示す「分足」、1日単位の動きを示す「日足」、週単位の動きを示す「週足」、月単位の動きを示す「月足」、年単位の動きを示す「年足」という5種類の呼び方もあります。

ローソク足は株取引を行う上で非常に有用なテクニカル分析方法なので、ローソク足の動きを見て今後の値動きの予想を立ててみましょう。

移動平均線

移動平均線とは代表的なテクニカル分析の一つで、ある一定期間の価格から平均値を計算し、グラフにして分析することによって価格の傾向や今後の流れ、相場の方向性などが予測できるようになります。

ローソク足を組み合わせて分析するため、売買のタイミングを計るのが目的です。

移動平均線は一定期間の株価変動の平均値を繋ぎ合わせたものであり、株価の動きを平均化して表示してくれるので、現在の相場がどんなトレンドなのかが分かりやすいのがメリットです。

トレンドの平均値が下降気味であれば値動きも下がっていきますし、平均値が上昇傾向にあるならトレンドが高くなるなど、大まかなトレンドの動きが分かります。

しかし、平均値を計算してからでないと分析できないため、他の分析方法と比較すると瞬間的なトレンドやトレンドの早い転換などにすぐ反応することができないデメリットがあります。

また、移動平均線は株価の動きを平均化して表示する以上、急上昇や急下降を繰り返しているようでは参考になりにくいです。

そういった点を踏まえて、運用する必要性があるでしょう。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、アメリカの投資家であるジョン・ボリンジャーという人が考案したテクニカルチャートの一つで、移動平均線を中心とした標準偏差を表示するものです。

標準偏差とは、過去1年間などの一定期間のデータの平均値から読み取った時、どれくらい値動きが変動していたのかを計算した数値です。

過去のデータの平均値を計算した時に、変動が大きいほど標準偏差の数値が高くなることから相場の値動きが激しいことを表しています。

  • ±1σの範囲内での値動きが約68.3%
  • ±2σの範囲内での値動きが約95.5%
  • ±3σの範囲内での値動きが約99.7%

ボリンジャーバンドから相場の値動きをチェックすることで、どの使い方で株の売買をするかを決めるのが一般的です。

なお、チャート上で読み取れる内容は、以下の指標です。

  • +1σ(アッパーバンド1)
  • +2σ(アッパーバンド2)
  • +3σ(アッパーバンド3)
  • -1σ(ロワーバンド1)
  • -2σ(ロワーバンド2)
  • -3σ(ロワーバンド3)

+の時のσは数字が高くなるほど標準偏差のバンド内に収まる可能性が高いため、高値側の標準偏差ラインにローソク足が近づいていれば株の売り時だと判断できます。

逆に-の時のσは数字が低くなるほど標準偏差のバンド内に収まる可能性が高いため、安値側の標準偏差ラインにローソク足が近づいていれば株の買い時だと判断できるでしょう。

グランビルの法則

グランビルの法則とは、アメリカの分析家が考案したチャートで、株価や移動平均線の組み合わせや位置で売買のタイミングを計る分析方法です。

基本的に売りのタイミングと買いのタイミングが4つずつあるのが特徴で、売りのポイントと買いのポイントを教えてくれます。

総合的に見れば確かに売りと買いのポイントが4つずつありますが、そのポイントが規則正しく順番通りに現れるわけではないので、どこが転換期になるのか注意深く観察する必要性があるでしょう。

一目均衡表

一目均衡表とは、転換線と基準線、2本の先行スパン、5本の遅行スパンで構成されている分析法の一つです。

一目均衡表の雲を分析することでトレンドが可視化できるようになり、ローソク足がクモを抜けていたり下抜けていたりする場合はトレンドが方向転換したと予想できます。

テクニカル分析とは

テクニカル分析には様々な種類があるので、自分に合ったやりやすい方法で分析するのがおすすめです。

そこで、もう一度テクニカル分析とはどんなものなのかおさらいしておきましょう。

テクニカル分析とは、狙っている株の株価や出来高をグラフ化し、チャートにしたものを分析して将来的にどんな値動きをするのか予想する方法です。

株取引において買い時と売り時を見極めるために必要な分析なので、テクニカル指標のローソク足や移動平均線などを駆使する必要性があります。

テクニカルチャートを分析して上手に値動きを予想することができれば、利益が得られる可能性が高まると言えます。

テクニカル分析で将来の値動きを効率良く行うためにも様々な情報が必要なので、様々な情報を集めたい人はクラブフィスコの公式サイトをチェックしてみてください。

株のテクニカル分析でチャートを利用する場合とは

基本的に株のテクニカル分析を行う時はテクニカル指標を使って売買の判断を行いますが、チャートを利用することもあります。

チャートを利用することで株価の上昇パターンや下落パターンをチャートに当てはめて分析できるので、複雑になりやすいテクニカル指標に頼る必要性がなくなります。

ただし、チャート上の上昇パターンや下落パターンに当てはまるからといって、必ずしも売り時や買い時が空く呈するわけではありません。

チャート上の動きだけを確信して株取引を行ってしまうと、思わぬ損失に繋がる可能性が高いので注意しましょう。

株でテクニカル分析ができるおすすめの証券会社

株でテクニカル分析ができるおすすめの証券会社は、以下の通りです。

  • SBI証券
  • 松井証券
  • 楽天証券

それでは、以上の証券会社についてご説明しましょう。

SBI証券

SBI証券 トップ
取引時間前場:9:00~11:30
後場:(東証)12:30~15:00(東証以外)12:30~15:30
PTS取引時間:(デイタイム)8:20~16:00(ナイトタイム)16:30~23:59
取引ツールHYPER SBI
SBI証券 スマートフォンサイト
SBI証券 株アプリ
取扱商品NISA / 積立NISA
iDeCo
IPO
投資信託
外国株(米/中/韓/ロシア/ベトナム/インドネシア/シンガポール/タイ/マレーシア)
単元未満株
債権/FX/先物・オプション/CFD/金銀プラチナ…etc
取引手数料スタンダードプラン
5万円:55円
10万円:99円
20万円:115円
50万円:275円
100万円:535円
アクティブプラン
100万円:0円
200万円:1,238円

SBI証券は提供サービスがとても充実しております。

特に投資情報を提供してくれたり、ロボアドバイザーによるサポートが受けられたりと株取引を効果的にサポートしてくれるのが大きなポイントです。

100円からでも投資信託ができるので初心者でも手軽に株取引が始められますし、夜間取引も行っているので夜中でしか取引できない人にも向いています。

他にも様々な魅力や特徴があるので、気になる人はSBI証券公式ページをチェックしてみてください。

\ 株式取引シェアNo.1! /

松井証券

松井証券Top
取引時間前場/9:00~11:30
東証/12:30~15:00
東証以外/12:30~15:30
取引ツールネットストック
ハイスピード
ネットストック・スマート
株価ボード
テーマ投資ガイド
チャートフォリオ
松井証券 株アプリ
株touch
取扱商品NISA・積立NISA
iDeCo
IPO
投資信託
単元未満株
取引手数料1日の約定代金合計金額
50万円:0円
100万円:1,100円
200万円:2,200円
100万円増えるごとに1,100円(税込)加算

松井証券にはクレジットカード連動してポイントが貯められるサービスがあるので、利用すればするほど効率良くポイントを貯めることができます。

デイトレード取引にも対応しているため、一日だけの取引がしたい人にも最適です。

手数料も割安なので連続して取引しても困ることはありませんが、投資に必要な情報を手に入れるためのサービスがやや充実していません。

投資情報の配信サービスがないため、自分で情報を仕入れるしかないので注意しましょう。

他にも様々な魅力や特徴があるので、気になる人は松井証券公式ページをチェックしてみてください。

楽天証券

楽天証券
取引時間注文受付時間・月~金
6:00~7:30
7:40~9:00
11:30~12:30
17:15~翌3:00
土日
6:00~翌3:00
市場取引時間(東証)・月~金
9:00~11:30
12:30~15:00
取引ツールマーケットスピードⅡ
マーケットスピード
マーケットスピードFX
iSPEED
iSPEED for iPad
iSPEED FX
iSPEED 先物OP
取扱商品国内株式(現物取引)
信用取引
貸株サービス
国内・外国ETF
外国株式
夜間取引
IPO
取引手数料10万円以内:0円
20万円以内:110円(税込み)
50万円以内:261円(税込み)
100万円以内:468円(税込み)
150万円以内:559円(税込み)
3,000万円以内:886円(税込み)
3,000万円超:936円(税込み)

楽天証券を利用する最大のメリットは、何といっても利用すればするほど楽天ポイントが貯められることです。

楽天証券では100円から投資信託を始めることができるので、投資信託積み立てをすることで積立金の1%を楽天ポイントとして還元してくれます。

NISA取引でも楽天ポイントが貯められるので、積極的に取引していたらいつの間にかポイントがかなり溜まっていたということも珍しくありません。

詳しくは、楽天証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最短5分で口座申し込み完了! /

株でテクニカル分析をする際の注意点

株でテクニカル分析をする際の注意点は、以下の通りです。

  • 必ずしも分析通りになるとは限らない
  • 数多くの指標を一度に表示しすぎない

それでは、株でテクニカル分析をする際の注意点についてご説明しましょう。

必ずしも分析通りになるとは限らない

株取引をスムーズに行うためにテクニカル分析を行うのはおすすめですが、その分析結果を鵜呑みにしないようにしましょう。

確かにテクニカル分析を行うことによって将来的な値動きを予想することは大切ですが、必ずしも分析通りの値動きになるとは限りません。

あくまで予想を立てて株取引を行うものなので、予想通りの利益が得られるわけではありません。

数多くの指標を一度に表示しすぎない

初心者等がやりがちなのが、様々な情報を集めて分析しようとして画面いっぱいに数多くの指標を表示させてしまうことです。

確かに株取引において様々な情報を集めるに越したことはありませんが、その情報をまとめ切れるかどうかも重要です。

情報が必要だからといってチャート画面いっぱいに数多くの指標を表示し過ぎてしまうと、どの情報を信じていいのか分からなくなります。

チャート画面に表示させる指標は最低1つ、多くても5つ程度に絞って分析するのがポイントです。

株で利用するテクニカル分析を行うためにも様々な情報が必要なので、様々な情報を集めたい人はクラブフィスコの公式サイトをチェックしてみてください。

株の情報収集をするならクラブフィスコ

株の情報収集をするなら、クラブフィスコを利用するのがおすすめです。

CLUB FISCO

クラブフィスコは投資や資産形成に関する投資情報や商品の販売を行っております。

クラブフィスコでは金融機関のプロフェッショナルからオンライントレードを活用する個人投資家まで、幅広いマーケットの分析情報を発信し続けています。

会員になることで専用の情報サービスページが利用可能で、購読しているコンテンツの更新状況が一目で分かったり、各種レポートの情報が自由に閲覧できたり、マーケットの最新情報も手に入れられるなど、様々な情報を仕入れるのに困ることはありません。

クラブフィスコは多くの市場の情報を効率良く集めることができるので、様々な情報を集めたい人はクラブフィスコの公式サイトをチェックしてみてください。

株で利用するテクニカル分析に関するQ&A

株で利用するテクニカル分析を活用するにあたって疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

これからテクニカル分析を活用する際に感じた疑問を解決しておけば、スムーズに活用できるでしょう。

株で利用するテクニカル分析に関するQ&Aは、以下の通りです。

Q1:最も幅広く使われているテクニカル分析は?

A1:移動平均線です。移動平均線は汎用性が高く、単線はもちろん2本の移動平均線を活用すること分析しやすくなります。

Q2:そもそもテクニカル分析って必要?

A2:必要です。テクニカル分析は株取引で利益を獲得し続けるために必要な工程であり、トータルで利益に繋げ続けたいなら分析を重ねることが何よりも重要です。まぐれで勝つことはあっても、分析し続けない限り勝ち続けるのは不可能です。

株で利用するおすすめのテクニカル分析まとめ

株で利用するおすすめのテクニカル分析は、初心者でもコツを掴むことでスムーズに分析できるようになります。

この記事から分かること
  • テクニカル分析とは狙っている株の株価や出来高を分析して将来的にどんな値動きをするのか予想する方法
  • 株のテクニカル分析をする際は多くの指標を一度に表示しすぎないことが大切
  • 株の情報収集をするならクラブフィスコの公式サイトを確認!
  • テクニカル分析をしても必ず分析通りにならない場合もある

まぐれで勝ち続けることはできない以上、徹底して分析して将来的な値動きを予想できるかどうかが重要です。

テクニカル分析の情報はもちろん、どの証券会社を利用するかどうかも重要なので情報を集めてから分析してみてはいかがでしょうか。

クラブフィスコでは幅広いマーケットの分析情報を発信し続けており、最新情報も手に入るので情報収集に長けています。

様々な情報を集めたい人はクラブフィスコの公式サイトをチェックしてみてください。

目次
閉じる