【最新】トルコリラ円の予想・今後の見通しは?為替レートやスワップポイントの展望を徹底解説!

NZドル円

トルコリラは新興国通貨(エマージング通貨)に分類されます。

政策金利12%と非常に高い金利水準であるため、スワップポイント運用にも適していると言えます。

ただし、トルコリラの値動きは激しいため、投資を始める際はトルコリラ/円の変動要因や最新ニュースなどをしっかり把握しておく必要があります。

今回の記事では、トルコリラ/円の為替の推移や相場の変動要因、今後の見通しなどを解説します。

この記事でわかること
  • トルコリラは新興国通貨(エマージング通貨)に分類される高金利通貨
  • 直近の政策金利は9.00%と世界でもトップクラスの水準
  • インフレに逆行する形で金利の引き下げをおこなっているため通貨安が続いている
  • エルドアン大統領の発言やインフレ率、今後の中央銀行の動向に注目
  • 短期的に価格が変動しやすいため投資する際は注意が必要
  • スワップポイント運用に興味があるならGMOクリック証券をチェックしよう

GMOクリック証券は、業界最小水準の低スプレッドに強みを持つFX会社です。

取引手数料や口座開設手数料などの各種手数料も無料となっており、取引コストを抑えたい方にも利用しやすいでしょう。

現在は、口座開設+取引で最大300,000円がキャッシュバックされる特典を実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次

トルコリラとは

トルコリラは、トルコ共和国が発行する自国通貨で新興国通貨(エマージング通貨)の一つです。

新興国通貨は先進国の主要通貨と比べて金利が高いことが特徴で、トルコリラも政策金利9%と非常に高い水準となっています。

トルコは2022年の10月と11月に政策金利を引き下げることを発表しましたが、それでも9.00%というのは先進国と比較すると圧倒的に高い金利です。

日本円とトルコリラは金利水準が大きく異なることから、トルコリラ/円のスワップポイントは高水準を維持しています。

中でもGMOクリック証券は、高いスワップポイントを提供することで知られており、インカムゲインを目的として投資を行う方にも利用しやすいでしょう。

パソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスで取引が可能なので、ぜひ一度チェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

トルコリラ円取引が人気な理由

トルコリラ/円の取引が人気な理由を解説していきます。

主なポイントは以下の3点です。

トルコリラ/円取引が人気な理由
  • 他の通貨と比べて割安
  • インカムゲインを狙った投資が可能
  • 変動が激しく短期で利益を狙いやすい

他の通貨と比べて割安

トルコリラは、大幅な通貨安が進んでいます。

2018年の年初には30円台でしたが、2022年11月では7.8円台にまで下落しています。

過去の水準からの値下がり率から考えると、かなり割安な水準になっているとも捉えられるでしょう。

特に、直近は円安が進み、他の先進国通貨などは軒並み対円で上昇しています。

そんな中、円に対してもかなり安い水準をキープしているトルコリラは、割安な通貨を求めるトレーダーに人気があります。

例えば、最大レバレッジの25倍で10,000通貨を取引する場合、3,000円前後で投資を始められるということになります。

取引単位が10,000通貨単位のFX会社では、なかなか高い通貨の取引はしづらいですが、トルコリラ/円であれば数千円程度から始められます。

取引単位がさらに小さいFX会社では、数百円程度の少額からでも取引が可能です。

インカムゲインを狙った投資が可能

トルコリラを含む新興国通貨は金利が高いため、対円の通貨ペアを保有しているだけでスワップポイントを得られます。

スワップポイントとは、金利差調整分とも呼ばれ、通貨ペアとなる2カ国間の金利差によって生じる利益です。

高い金利の国の通貨を買って低い金利の通貨を売る場合に、金利の差額分を利益として受け取れます。

日本円は非常に低金利なのに対し、トルコリラは高金利であることから、トルコリラ/円の取引では安定したスワップポイントが期待できます。

スワップポイントは買ったらそのまま保有しているだけで利益を得られる仕組みになっているため、インカムゲインを狙ってFXを始めたいと考えている方に向いています。

変動が激しく短期で利益を狙いやすい

トルコリラ/円の価格は、米ドル/円やユーロ/円といったメジャーな通貨ペアに対して、値動きが激しいという特徴があります。

要人の発言や中央銀行の動向などで一気に10%以上価格が上下するということも珍しくありません。

そのため、短期トレードをしたいという人も、うまく相場の動きを読めれば短い期間でもまとまった利益を上げられる可能性があります。

ただし、変動が激しいということは、その分自分の予想が外れたときの損失額も大きくなりやすいということです。

トルコリラ/円を短期トレード目的で取引する場合は、リスク管理を適切に行うように気をつけましょう。

トルコリラ/円を取引する際は、なるべくコストを抑えて取引できるように、スプレッドの狭いFX会社を選びましょう。

GMOクリック証券は業界最小水準のスプレッドを提供しており、なるべく取引コストを抑えたいという方にも適しています。

新規口座開設でキャッシュバック得点もついてくるので、ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみましょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

トルコリラ円の現在の為替レートの推移

現在のトルコリラ/円の為替レートの推移を確認していきましょう。

こちらは、2022年7月から2023年1月までのチャートです。

トルコリラ円の現在の為替レートの推移
引用:TradingView

12月14日現在のトルコリラ/円は、7.2円台で推移しています。

7月から8月にかけては下落が続いていましたが、8月から9月にかけては上昇に転じています。

これはトルコリラが強くなったというよりは、大幅に円安が進んだことによるものです。

対ドルでは安値を更新し続けており、現在は1リラ=0.053リラ前後となっています。

最近のトルコリラ/円は若干下落傾向にあるように見えますが、これはドルに対して円以上にリラが下がり始めたためです。

今後も、米ドル/リラの上昇が米ドル/円を上回るようになれば、トルコリラ/円は下落に転じる可能性が高くなります。

トルコリラ/円の過去の為替レートの推移

続いて、長期のトルコリラ/円の為替レートの推移も確認していきます。

トルコリラ/円の過去の為替レートの推移
引用:TradingView

こちらは、2017年10月からの過去5年間のトルコリラ/円のチャートです。

5年前は30円を超えていたトルコリラ/円ですが、右肩下がりに下落を続けており、現在は7円台となっています。

過去のチャートを確認すると、2018年8月および2021年11月に短期的に大きく価格が下がっていることがわかります。

2018年:トルコショック

2018年8月の暴落は、トルコショックとも言われるもので、トルコ在住の米国人牧師の拘束問題を巡ったトルコと米国の対立激化から生じました。

当時のトランプ政権がトルコへの制裁を発動したことでトルコリラは一気に暴落し、8月10日は前日比約20%もの急落を記録しています。

このショックはトルコだけでなく他の新興国通貨にも波及し、ロシアルーブルやブラジルレアル、アルゼンチンペソなども下落するきっかけとなりました。

その後、トルコ中銀が政策金利を6.25%引き上げたことによって、トルコリラは反発しました。

トルコが米国人牧師を釈放したことで、トルコと米国の対立も緩和し、トルコリラも急落前の水準へと回復しました。

2021年:政策金利の引き下げ

2021年11月に、トルコは政策金利の引き下げを決定しました。

米国の金融緩和縮小に伴い、世界各国が緩和政策からの脱却を目指す中、世界の流れに逆行する形で利下げを発表したことで、市場の失望から一気にトルコリラが売られました。

11月23日には1日で前日比15%の下落も記録するなど、対円でも急落しています。

これからトルコリラ/円への投資を考える方は、GMOクリック証券をチェックしてみてください。

初心者から経験者まで幅広い人に利用しやすい取引ツールを提供しているため、手軽にトレードが可能です。

現在は、FXの新規口座開設&取引で最大30万円がキャッシュバックされる特典をついてきますので、この機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

トルコリラ円の為替レートの変動要因

トルコリラ/円の為替レートの変動要因を確認しておきましょう。

トルコリラ/円の為替レートの変動要因
  • トルコの政策金利の動向
  • エルドアン大統領の発言
  • 先進国の経済動向
  • トルコの観光業収入の動向

トルコの政策金利の動向

最も注目すべきはトルコの政策金利の動向です。

金利がインフレ率を上回っていないと、お金の価値が年々減っていくこととなります。

現在の政策金利9.00%に対し、2022年12月時点でのトルコのインフレ率は80%を上回る水準となっており、インフレ率から政策金利を引いた実質金利は-70%近くなっています。

このまま実質金利が大幅にマイナスとなっている状態が続けば、トルコリラの売り圧力となります。

エルドアン大統領の発言

トルコリラの動きを確認する上では、エルドアン大統領の発言にも注目しましょう。

エルドアン大統領は、インフレ率が高いにも関わらず政策金利を引き下げることを要求したり、中央銀行の総裁を自分の判断で首にしたりと、金利や為替に対する強い影響力を持っています。

トルコ中銀はエルドアン大統領の意見を無視できないため、彼の発言によって金融市場が大きく動くことも珍しくありません。

これまでの価格チャートや指標などから相場を予想するテクニカル分析が通用しないこともあるため、エルドアン大統領の発言や行動はしっかりと確認しておく必要があります。

仮に、エルドアン大統領が退任ということになると、逆にトルコリラの大きな買い材料となるかもしれません。

先進国の経済動向

トルコは慢性的な経常赤字国であり、海外からの資金流入に依存しています。

そのため、アメリカやイギリスといった先進国の経済動向によっても、価格が影響されやすいという特徴を持ちます。

特に、石油やガスといった資源については、国内の需要のほとんどを輸入に頼っているため、原油価格の上昇や規制の強化などで大きくダメージを受ける可能性があります。

また、世界的な経済悪化や地政学リスクの上昇などによっても、トルコリラのような新興国通貨は価格が下がりやすいため注意が必要です。

トルコの観光業収入の動向

トルコはもともと観光業の収入が多い国です。

そのため、観光客の増減はGDPにも大きく影響を与えます。

観光業が好調で国内経済が活発になると、経済の正常化が期待でき、トルコリラにもポジティブ材料となるでしょう。

一方、新型コロナウイルスの再拡大などで観光客が激減すると、トルコリラにとってはネガティブ材料となるでしょう。

トルコリラ/円の相場を予測する上では、トルコの重要な産業の一つである観光業にも注目しましょう。

これからトルコリラ/円に投資を始めたいという場合は、GMOクリック証券をチェックしてみてください。

パソコンやスマートフォン、Apple Watchなど自分の使いやすい端末でレートのチェックや注文が可能なので、時間や場所を問わずにトレードができます。

取引手数料や口座開設手数料などの各種手数料も無料となっているため、コストをなるべく抑えたいと考えている方もぜひチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

トルコリラ円の今後の見通し・予想

トルコリラ/円の今後の見通し・予想について解説していきます。

主なポイントは以下の2点です。

トルコリラ/円の今後の見通し・予想
  • 長期的な下落トレンドは変わらない
  • コロナ収束による観光客増加はポジティブ材料

長期的な下落トレンドは変わらない

現在は、エルドアン大統領のもと、政策金利の引き下げが続いています。

高まるインフレに逆行する形で利下げを進めており、今後もこのような動きが続くとトルコリラは下落を続けるとする見方が優勢です。

長期的にみても15年近く下落トレンドが続いており、今後上昇に転じるためにはトルコ経済の大幅な回復やエルドアン大統領の退任などの材料が必要となります。

現状、トルコリラ/円の明確な買い材料は確認できないため、取引を始める場合はタイミングに注意してください。

コロナ収束による観光客増加はポジティブ材料

コロナ禍において、トルコへの観光客が激減したことで観光業は大きなダメージを受けました。

今後コロナが収束し、トルコへの観光客が増加すれば、トルコ経済の回復も期待できます。

トルコ経済が大きく回復すれば、通貨の上昇も望めるため、トルコリラ/円の取引を始めたいと考えている方は観光業の動向をチェックしておくのも大事です。

GMOクリック証券は、高水準のスワップポイントを提供しているFX会社です。

トルコリラ/円のスワップポイント狙いで投資を始める方に適していると言えるでしょう。

「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、最短当日で取引を始められるため、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

トルコリラ円を取引するのにおすすめのFX会社

トルコリラ/円を取引するのにおすすめのFX会社を紹介します。

これから取引を始めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

トルコリラ/円を取引するのにおすすめのFX会社
  • GMOクリック証券
  • 松井証券FX
  • IG証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券 Top
名称GMOクリック証券
取り扱い通貨ペアくりっく365:25通貨ペア、くりっく365ラージ:5通貨ペア
取引手数料無料
スプレッド(トルコリラ/円)原則固定対象外
スワップポイント(トルコリラ/円)売:-34、買:21
最小取引単位10,000通貨
詳細GMOクリック証券の公式サイト
2022年12月14日基準

GMOクリック証券は、FX取引高世界第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)の実績を持つFX会社です。

業界最小の手数料水準を維持しており、取引コストをなるべく抑えてトレードしたいという方に向いているでしょう。

取引手数料や口座開設手数料などの各種手数料も無料となっているため、取引外のコスト負担も抑えられます。

また、パソコン、スマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスに対応した取引ツールを提供しているため、自分のライフスタイルや投資経験などに合わせて最適な取引環境を準備できます。

Apple Watchにも対応しているため、気になる通貨ペアのチャートの確認を手元にすぐに行えたり、取引機会を逃さずにスピード注文を行えたりと、日中仕事などで忙しい人にも便利です。

GMOクリック証券では、「スマホでスピード本人確認」を利用して口座開設を行えば、最短当日に取引を始められます。

現在は、はじめてのFX口座開設+取引で最大30万円がキャッシュバックされる特典も実施中なので、この機会にぜひチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

松井証券FX

松井証券FX 透過
名称松井証券FX
取り扱い通貨ペア20通貨ペア
取引手数料無料
スプレッド(トルコリラ/円)2.9
スワップポイント(トルコリラ/円)売:-25、買:19
最小取引単位1通貨
詳細松井証券FX(MATSUI FXの公式サイト
2022年12月14日基準

松井証券FX(MATSUI FX)は、松井証券が手がけるFX口座です。

100円という少額から取引が可能なので、初心者でも安心して取引を始められます。

裁定取引単位が1,000〜10,000通貨に設定されているFX会社が多い中、1通貨単位で取引できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、松井証券FXでは自分の許容できるリスクに合わせてレバレッジコースを4種類から選択できます。

なるべくリスクを下げて取引したいという場合は「レバレッジなしコース」、ハイリスクハイリターンな取引に挑戦したい場合は「スタンダード25倍コース」といったように、投資スタンスに合わせて選べるのが魅力的です。

松井証券FXでは、総合ネット証券である松井証券で培ってきたノウハウを活かし、高機能な取引ツールも提供しています。

さらに、コールセンターは7:00〜24:00まで対応してくれるため、取引に慣れていない方も安心して始められるでしょう。

現在は新規口座開設および取引で最大50万円キャッシュバック特典もついてきます。

取引額に応じてキャッシュバック額が大きくなるため、この機会に取引を始めたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

IG証券

IG証券 トップページ
名称IG証券
取り扱い通貨ペア約100通貨ペア
取引手数料無料
スプレッド(トルコリラ/円)非表示
スワップポイント(トルコリラ/円)売:-28、買:20
最小取引単位1通貨
詳細IG証券の公式サイト
2022年12月14日基準

IG証券は、FXに加えて株式CFDや商品CFDなど多数の金融商品を取り扱っている証券会社です。

通常のFX取引だけでなく、FXバイナリーやノックアウト・オプションといった取引方法も利用できるため、さまざまな取引手法に興味がある方に向いています。

IG証券では約100種類という豊富な通貨ペアを取り扱っているため、さまざまな通貨ペアに分散して投資をしたり、マイナーな通貨ペアでのトレードを試したりできます。

ニュースや分析レポートなどを配信してくれるサービスに加え、デモ取引が利用できる口座なども用意されているので、FXの初心者でも学びながらトレードを練習できるでしょう。

自動取引システムのProOrderを搭載した高機能チャート「ProRealTime」も利用できるため、経験者でも満足のいくトレードが可能です。

現在は、新規口座開設と取引で最大50,000円のキャッシュバック特典もついてきますので、興味のある方は、この機会にぜひ詳細を確認してみてください。

\ 口座申し込み殺到中 /

トルコリラ円に関するよくある質問

トルコリラ/円に関するよくある質問をまとめました。

トルコリラ/円に関するよくある質問
  • トルコの経済状況は?
  • トルコリラ/円投資で注意すべきことは?
  • トルコリラ/円に適した投資方法は?

トルコの経済状況は?

トルコの2022年4-6月期の実質GDPは前年比+7.6%と前期の+7.5%と同水準となっています。

8期連続のプラス成長となり、景気そのものは拡大しています。

鉱工業生産や実質輸出、小売数量など、国内の生産や消費を示す指標でも増加は続いています。

ただし、注意したいのは物価についてで、トルコの8月の消費者物価は前年比+80.2%と大幅なインフレが拡大しています。

過度なインフレは利上げによって抑制するのが金融政策のセオリーですが、トルコ中銀は反対に利下げの政策をとっていることから、インフレが加速しています。

トルコリラ/円投資で注意すべきことは?

トルコリラ/円は、米ドル/円やユーロ/円などの通貨ペアに比べて値動きが安定しにくいという特徴を持ちます。

そのため、頻繁にレートをチェックしておかないと、あっという間に暴落してしまうということも考えられます。

特に、エルドアン大統領の発言やトルコ中銀の発表などで、大きく相場が動く際は注意が必要です。

うまく取引できれば短期間で利益を狙う可能性もある反面、一気に損失を抱えてしまうリスクもあるため、FXの初心者は注意しましょう。

トルコリラ/円に適した投資方法は?

トルコリラ/円に投資をする場合は、スワップポイントを狙う投資方法がおすすめです。

スワップポイントは、2通貨間の金利を調整するためのもので、ポジションを保有している間はずっと受け取れる利益となります。

一般的にスワップポイントは、2通貨間の金利の差が大きいほど高くなるため、金利の高いトルコリラと金利の低い日本円の通貨ペアでは高いスワップポイントを得やすいのです。

GMOクリック証券では、高い水準のスワップポイントを提供しているため、長期保有目的の投資にも向いています。

業界最小水準のスプレッドを提供しており、コストも抑えやすいという特徴もあるので、興味のある方は、まずはGMOクリック証券の公式サイトを確認してみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

トルコリラ円の今後の見通し・予想まとめ

今回は、トルコリラ/円の特徴や変動要因、今後の見通しについて解説しました。

この記事のまとめ
  • トルコリラは新興国通貨(エマージング通貨)に分類される高金利通貨
  • 直近の政策金利は12%と世界でもトップクラスの水準
  • インフレに逆行する形で金利の引き下げをおこなっているため通貨安が続いている
  • エルドアン大統領の発言やインフレ率、今後の中央銀行の動向に注目
  • 短期的に価格が変動しやすいため投資する際は注意が必要
  • スワップポイント運用に興味があるならGMOクリック証券をチェックしよう

GMOクリック証券は、FXの初心者から経験者まで幅広いトレーダーに使いやすいFX会社です。

使いやすい高機能ツールを多数提供しているため、自分のライフスタイルに合わせて最適なツールを選んで利用できます。

現在GMOクリック証券では、FX口座の新規開設+取引で最大30万円がキャッシュバックされる特典を実施中ですので、興味のある方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次
閉じる