【最新】スイスフラン/円の予想・今後の見通しは?為替レートの推移・動向やおすすめFX口座を解説!

スイスフラン円

スイスフランは、永世中立国として知られるスイスの自国通貨です。

テロや紛争に巻き込まれにくく、財務が安定しているスイスが発行していることから、「リスクオフ通貨」として知られています。

今回は、円とペアで取引する際のスイスフラン/円の特徴や今後の見通しなどについて解説していきます。

スイスフラン/円を取引する際のおすすめFX会社についても紹介しているので、これからトレードを始めたいという方はぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • スイスフランは、永世中立国スイスの自国通貨
  • テロや紛争などの地政学リスクが高まった際に買い需要が高まる
  • スイスフラン/円は直近上昇傾向が続いている
  • 今後もスイスの利上げによってさらに上昇の可能性がある
  • スイスフラン/円の取引を始めたいならGMOクリック証券をチェックしてみよう

GMOクリック証券は、豊富な通貨ペアを扱っているうえ低スプレッドでの取引ができる会社です。

初心者向けの学習コンテンツも充実しているため、学びながら取引を始めたいという方にも利用しやすいでしょう。

現在は、新規口座開設をした方向けに最大30万円のキャッシュバック特典を実施中ですので、この機会にぜひGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次

スイスフランとは

スイスフラン(CHF)は、スイスの自国通貨です。

スイスは第二次世界大戦にも参戦せず、過去50年間にわたって紛争に関わっていないという歴史を持ちます。

その永世中立国という立場から、スイスフランの値動きは世界的な政治・経済動向に巻き込まれにくく、安定した価格形成をしやすいという特徴があります。

過去には地域紛争やテロなどが起こった際に、資金の待避場所としてスイスフランが買われるという動きも見られました。

スイス自体も経済定期に非常に安定した国家であり、破綻などのリスクも極めて少ないことから安全な通貨として認識されています。

円と並んで有事の際に買われる通貨であることから、スイスそのものの動向よりも他の国の動向によって値動きが変化しやすい通貨とも言えます。

スイスフラン/円に投資を始めたいという方は、GMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

高性能の取引ツールを利用することができ、FXの初心者から経験者まで幅広い人に使い勝手の良いFX会社です。

デモトレードも利用できるため、まずは練習してみたいという方でも安心して取引を試せるでしょう。

現在は、新規口座開設で最大30万円がキャッシュバックされるという特典も実施中なので、この機会にぜひGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

スイスフラン/円の現在の為替レート推移

まずは、直近1年程度のスイスフラン/円の為替レート推移を確認していきましょう。

スイスフラン/円の現在の為替レート推移
引用:TradingView

7月〜8月頃までは、138円〜143円程度のレンジで推移していましたが、9月に一気にレンジを切り上げて上昇しています。

一時は150円を突破するなど、急激にスイスフラン高円安の流れとなりました。

この要因は、9月16日にスイス国立銀行がマイナス0.25%だった政策金利を0.75%引き上げ0.50%としたことです。

6月に続く二度目の利上げとなり、これによってスイスはマイナス金利政策を脱しました。

一方、日本はマイナス金利政策を当面維持する見通しから、金利の低い日本円を売り金利の高いスイスフランを買うという動きが進んだのです。

しかし、急激にスイスフラン高に動いた後は上昇が一服し、現在は146〜148円程度で推移しています。

スイスフラン/円の通貨ペアは取り扱っていないFX会社もあるため、口座開設前によく確認するようにしましょう。

GMOクリック証券は、スイスフラン/円だけでなく、さまざまな通貨ペアを取り扱っているFX会社です。

初心者トレーダーにもわかりやすい学習コンテンツを多数提供しているため、これからFXを学びたいという人もぜひチェックしてみてください。

ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

スイスフラン/円の長期の為替レート推移

今度は3年という長期スパンで為替レートを確認していきましょう。

スイスフラン/円の長期の為替レート推移
引用:TradingView

こちらは、スイスフラン/円と米ドル/円のチャートを重ねて比較したものです。

  • オレンジ線:スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 青線:米ドル/円(USD/JPY)

3年前から見ても、スイスフラン/円は右肩上がりの傾向にあります。

2020年の年初のコロナショックにおいては、対ドルでは日本円は一気に買われ、急激に円高が進みました。

その後為替レートは元の水準まで一度戻ったものの、2021年の年初までは緩やかに円高が進んでいます。

一方、スイスフラン/円のチャートを見ると、コロナショックの際は少し為替が動いているものの、一時的に円高に振れたあとは緩やかにスイスフラン高が進行しています。

2021年までは対ドルに対してはリスクオフの円買いの動きも見られましたが、対スイスフランではむしろ円は売られています。

有事の円買いという言葉もありましたが、コロナ禍においてはスイスフランの方が需要が高かったと予想できます。

さらに、2022年に入ってからは、米ドル・スイスフランともに上昇率が高いことがわかります。

マイナス金利を続ける日本と、低金利政策からの脱却を目指す海外との違いが明らかになったことで、円安の流れが進んでいます。

現在も、スイスはそれほど金利が高いわけではありませんが、マイナス金利政策を続ける日銀と比較すると、今後の金利上昇余地は高いと言えるのかもしれません。

スイスフラン/円に興味のある方は、GMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

スイスフラン/円はもちろん、豊富な通貨ペアの取引が可能なので、幅広い通貨ペアに分散しながら投資が可能です。

現在は新規口座開設をした方向けに、最大30万円のキャッシュバック特典も実施中なので、この機会にぜひチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

スイスフラン/円の過去の変動要因

スイスフラン/円はどのような要因で価格が動くのでしょうか。

過去に大きく動いた例から、変動要因を確認していきます。

スイスフラン/円の過去の変動要因
  • 2001年:アメリカ同時多発テロ
  • 2010年:欧州債務危機
  • 2015年:スイスフラン・ショック
  • 2022年:政策金利の引き上げ

2001年:アメリカ同時多発テロ

2001年に起こったアメリカの同時多発テロも、スイスフラン買いの要因となりました。

2001年9月11日に世界貿易センタービルに旅客機が衝突させるという衝撃的なテロは、人的被害やインフラの被害だけでなく金融市場にも大きなインパクトを与えました。

国際金融市場の中枢であるニューヨークは一時的に機能低下に追い込まれ、米ドルやアメリカの株式市場からは一気に投資家の資金が引き上げられました。

それまでは安全とされていた米ドルから永世中立国のスイスフランに資金が移動することとなり、「有事のドル買い」から「有事のスイスフラン買い」へと投資家の認識がうつるきっかけにもなりました。

このように、テロや紛争などの地政学リスクの上昇は、スイスフランの上昇要因となるのです。

2010年:欧州債務危機

ギリシャの債務不安に端を発するEUの債務危機でも、スイスフランは買い需要が集まり高騰しました。

ヨーロッパの各国で債務の増加が危ぶまれる中で、健全な財務状況であったスイスフランが海外から買われることとなったのです。

スイスフランの急騰を抑えるため、スイス国立銀行(SNB)はスイスの政策金利をゼロ%に引き下げました。

しかし、それでもスイスフランの買い圧力は収まらず、SNBはユーロ/スイスフランのレート1.2%を目標として無制限の為替介入を行うと発表しました。

この為替介入宣言によって、ユーロ/スイスフランのレートは1.2〜1.25のレンジの中で推移するようになり、一旦は高騰も落ち着いたかのように見えました。

しかし、その後欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利政策を発表したことで再びスイスフランの買い圧力は高まることとなりました。

2015年:スイスフラン・ショック

2015年には、「スイスフランショック」という出来事によって、スイスフランの買い注文が殺到し、世界中の通貨に対してスイスフランが暴騰するという事態が起きました。

これは、2022年1月15日にスイス国立銀行(SNB)によって「1ユーロ=1.20スイスフランの上限を撤廃する」という旨の発表が行われたことによります。

元々は、ユーロに対してスイスフランの上限を設定しておくことで、スイスフランの高騰を防いで流動性を守るという目的がありました。

しかし、当時はユーロ安が継続していたことで、相対的なスイスフラン安が懸念され、上限撤廃へと至りました。

上限廃止によって、諸外国からのスイスフランの買い需要が高まり、瞬間的に「スイスフラン高、他国通貨安」という構図が引き起こされました。

このとき米ドル/スイスフランは2,820pips、スイスフラン/円は3,947pipsという大きな変動幅を記録しています。

このスイスフランショックは、SNBの発表からわずか数十分程度で大きく動いた事例としても知られています。

強制ロスカットがかかってしまった投資家も多く、海外の証券会社の中にはこのスイスフランショックで破産に追い込まれてしまった法人もあります。

2022年:政策金利の引き上げ

スイス国立銀行(SNB)は、2022年6月16日に政策金利を-0.75%から0.5ポイント引き上げ、-0.25%としました。

2007年以来の約15年ぶりとなる利上げは市場にも大きくインパクトを与え、スイスフランフラン/円は一気に140円台に上昇しました。

この利上げはSNBがインフレを重要視するようになったことが背景にあると考えられています。

2022年6月の利上げのタイミングで、SNBは条件付きインフレ見通しを大幅に引き上げました。

2022年は2.1%から2.8%へと引き上げ、2023年は0.9%から1.9%、2024年は0.9%から1.6%とかなりの上昇修正を発表しています。

スイスフラン/円の予想・今後の見通し

続いて、今後のスイスフラン/円の予想・見通しについて紹介していきます。

主なポイントは以下の2点です。

スイスフラン/円の予想・今後の見通し
  • インフレ抑制を目的とする追加利上げの可能性
  • 地政学リスクの高まりによる「有事のスイスフラン買い」

インフレ抑制を目的とする追加利上げの可能性

2022年6月に15年ぶりの利上げを行ったスイス国立銀行でしたが、2022年9月にはさらに0.75%の利上げに踏み切り、マイナス金利の終了を決定しています。

発表の中では「さらなる利上げが必要になることは否定できない」と明記しており、インフレ抑制のためには追加の利上げも視野に入れていることが明らかとなっています。

同じタイミングで発表した新たな物価見通しでは、インフレ率は2023年1〜3月期までは3.4%で推移すると予想されており、2%以下となるのは2023年10〜12月期としています。

実際に、スイスの8月の消費者物価指数の伸び率が前年同月比3.5%と、中銀の目標とする2%未満の水準を7ヶ月連続で上回っています。

ロシア・ウクライナ問題による資源の供給不安の高まりから、物価高が続いており、今後もその傾向は継続すると考えられます。

一方の円は、主要国の中で唯一マイナス金利政策を続けていることから、スイスフランに対して買い需要が高まる可能性は低いものと考えられます。

今後もスイスフランは基本的に利上げが続き、日本は現状維持の金融政策が続くと仮定すると、スイスフラン/円は上昇傾向にあると予測できるかもしれません。

地政学リスクの高まりによる「有事のスイスフラン買い」

ロシア・ウクライナ問題が長期化していることも、スイスフラン買いにつながります。

以前は、テロや紛争などの地政学リスクが高まると、スイスフランも円も同様に買われる動きを見せていました。

しかし、近年の日本は世界的な資源高騰のあおりを受けてインフレの懸念が強まっています。

また、諸外国と比べて経済・財政上の体力も弱まっていることから、安心・安全な通貨と認識されにくくなっています。

また、貿易収支の赤字が大幅に拡大していることから、実需の観点でも円の余剰が定着しています。

昨今の日本円は国際紛争や金融危機などの際に資金の先として選ばれる通貨ではなくなってしまったといえるのかもしれません。

そのため、相対的にみてもこうした「リスクオフ局面」においてスイスフランの需要は高まると考えられ、今後も地政学リスクや世界的な株安の際にはスイスフラン高円安の動きは強まりそうです。

今後に備えてスイスフラン/円に投資をしたいと考える場合は、GMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

幅広い通貨ペアを取り扱っているため、リスク分散をしながらFXを始められます。

新規口座開設特典も実施中なので、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトを確認してみましょう。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

スイスフラン/円を取引するのにおすすめのFX会社

スイスフラン/円を取引できるおすすめのFX会社を紹介します。

GMOクリック証券

GMOクリック証券 Top
名称GMOクリック証券
取り扱い通貨ペアくりっく365:25通貨ペア、くりっく365ラージ:5通貨ペア
取引手数料無料
スイスフラン/円の取引単位1,000通貨
スイスフラン/円のスプレッド原則固定対象外
詳細GMOクリック証券の公式サイト

GMOクリック証券は、FX取引高が世界第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)という実績を持つFX会社です。

業界最小水準のスプレッドを提供しており、コストを抑えて取引したいという方に人気があります。

取引手数料や口座維持手数料、出金手数料などは0円となっているため、基本的にスプレッド以外のコストが発生しないのも嬉しいポイントです。

GMOクリック証券では、高性能かつ初心者にも使いやすい取引ツールを多数提供しています。

パソコン・スマートフォンはもちろん、Apple Watchでもチャートや経済カレンダーの確認、スピード注文に対応しているため、日々仕事などで忙しい方でも取引機会を逃すことなくトレードできるでしょう。

特に、独自ツールの「はっちゅう君」はブラウザを使わずにPCから直接取引ができるため、シンプルかつスピーディーな売買が可能です。

自分の好みに合わせて画面をカスタマイズできるため、初心者から上級者まで幅広い人に使いやすいでしょう。

GMOクリック証券は、スマホと本人確認書類が手元にあれば、最短当日で取引が始められるため、すぐにトレードを開始したいと考えている方にもピッタリです。

現在は、新規口座開設特典として、最大30万円キャッシュバックされる特典を実施中なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

IG証券

IG証券-トップページ
名称IG証券
取り扱い通貨ペア約100通貨ペア
取引手数料無料
スイスフラン/円の取引単位10,000通貨
スイスフラン/円のスプレッド英国時間0:00〜18:00:1.8銭、英国時間18:00〜24:00:18銭
詳細IG証券の公式サイト

IG証券は、FXの他に株式やETF、コモディティなどさまざまな金融商品を取り扱っている証券会社です。

通常のFX取引に加えてFXバイナリーやノックアウト・オプションなどの取引手法も利用できることから、FXの分野でも高い人気があります。

ノックアウト・オプションは、最大損失をオプション量のみに限定してリスクをあらかじめ定めておく取引です。

少ない資金でも利益獲得が狙えることから、幅広いトレーダーに利用されています。

取り扱い通貨ペアは約100種類と、メジャーな通貨ペアからマイナーな通貨ペアまで幅広く取引が可能です。

アナリスの分析レポートや公式YouTubeチャンネルなど、取引に役立つ情報を多数提供しているため、取引しながらFXについて学んでいきたいという人にも適しています。

独自の取引システムも、パソコンブラウザ、スマートフォン、タブレットなど好きな端末でスムーズに利用できるため、ライフスタイルに合わせて使い分けられます。

2022年10月31日までは、「選べる新規口座開設キャンペーン」として最大50,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

興味のある方は、この機会に公式サイトをチェックしてみてください。

当サイト限定タイアップキャンペーン開催中!/

スイスフラン/円に関するよくある質問

スイスフラン/円に関するよくある質問をまとめました。

スイスフラン/円に関するよくある質問
  • スイスフラン/円のスワップポイントは?
  • スイスフラン/円の取引がおすすめな人は?

スイスフラン/円のスワップポイントは?

スワップポイントとは、低金利通貨建で高金利通貨を買った際に受け取れる金利差相当分のポイントのことです。

日本円より金利の高い通貨を買うと毎日スワップポイントを受け取ることができます。

反対に、日本円より金利の高い通貨を売ると、日々スワップポイントを支払う必要があります。

スワップポイントの水準は、FX会社によって異なります。

参考までに、以下のFX会社でのスイスフラン/円のスワップポイントを確認しておきましょう。

FX会社売り買い
GMOクリック証券(12/14時点)-139
IG証券(12/14時点)-118

スワップポイントは日々異なるため、長期保有を検討する場合はしっかりとチェックするようにしましょう。

スイスフラン/円の取引がおすすめな人は?

スイスフランは、世界的な地政学リスクに加え、ヨーロッパの経済状況に影響を受けやすいという特徴を持ちます。

そのため、すでにユーロ/円やユーロ/米ドルの取引をしているという方には、取引しやすい通貨と言えるでしょう。

また、金相場の上昇もスイスフランの動向に影響を与えやすいと言えます。

金相場が上昇すると、スイスが保有する資産価値が向上するため、スイスフランの価値も上昇しやすくなります。

金への投資や金に連動するETF・投資信託などに投資を行っているトレーダーも相場の動きを把握しやすいでしょう。

一方、スワップポイント狙いで長期投資をしたいという方は注意が必要です。

スイスフラン/円は買いのスワップポイントがマイナスもしくはゼロに近くなりやすいため、長期で保有してもそれほど旨味がない通貨ペアとなっています。

スワップポイントを狙って長期で保有したいと考える方は、別の通貨ペアを検討すると良いでしょう。

スイスの経済状況は?

スイスは人口800万人ほどの小さな国ですが、2021年の一人当たりGDPでは世界第2位となっており、経済的には非常に安定した国であると言えます。

スイスの債務も、年間のGDPに対して4割程度に収まっており、経済的に破綻するリスクが低いことからも、財務の健全性が確認できます。

スイスはGDPの6割以上を輸出産業が占めており、ドイツやイタリア、イギリスといったヨーロッパ諸国に加えてアメリカや中国などとも満遍なく取引をしています。

また、スイスの資産の多くが金であることも特徴的です。

スイスは自国通貨の4割相当分を金として保有しているため、金価格の上昇による恩恵を受けやすいといえます。

GMOクリック証券は、スイスフラン/円をはじめとして豊富な通貨ペアを取り扱っています。

また、スプレッドも狭いため、取引コストを抑えたい方にも最適です。

デモ口座や学習コンテンツなど、これからFXを始める人のためのコンテンツも充実しているため、興味のある方はGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

スイスフラン/円の見通しまとめ

今回は、スイスフラン/円の特徴や、過去の価格動向、今後の見通しなどについて解説しました。

この記事のまとめ
  • スイスフランは、永世中立国スイスの自国通貨
  • テロや紛争などの地政学リスクが高まった際に買い需要が高まる
  • スイスフラン/円は直近上昇傾向が続いている
  • 今後もスイスの利上げによってさらに上昇の可能性がある
  • スイスフラン/円の取引を始めたいならGMOクリック証券をチェックしてみよう

これからスイスフラン/円へ投資をしたいと考える場合は、まずはFX会社で口座を開設する必要があります。

GMOクリック証券は、使いやすい独自システムでスピーディーにチャートのチェックや注文が行えるFX会社です。

現在は、新規口座を開設した方向けに、最大30万円がキャッシュバックされる特典を実施中です。

スイスフランの取引に興味のある方は、この機会にぜひGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

\ 最大30万円キャッシュバック中/

目次
閉じる