【最新】ビットコインや仮想通貨で儲かる方法は?稼ぐ仕組みを解説!

仮想通貨の稼ぎ方

今回は仮想通貨投資が実際に儲かるのかどうかを詳しく解説していきます。

基本的な売買で儲ける方法に加えて、リスクを低くして安定的に稼ぐ方法などを詳しくまとめていきます。

この記事を読めば「仮想通貨を使った稼ぎ方が全て理解できる」ように構成されていますので、儲かる方法を知りたいという方は是非最後まで読んでみてください。

基本的な稼ぎ方から流行っている最新の方法まで網羅していきますので参考にして取引をスタートさせてみましょう。

また、これから仮想通貨投資を始めるなら、17種類の通貨を取り扱っているコインチェックをチェックしてみてください。

ビットコインの積立投資や仮想通貨のレンディングをすることができるので、よりリスクを下げて取引を始めることができます。

詳しくはコインチェックの公式サイトを確認してみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次

仮想通貨/ビットコイン(BTC)で儲かる仕組みを解説

それでは実際に仮想通貨投資で儲かる仕組みを解説していきます。

これから投資を行おうと思っている方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨の価格差を利用することで儲かる

1つ目の方法は仮想通貨の価格差を利用して儲ける方法です。

仮想通貨は株式やFXと同じように価格が市場に合わせて変動します。

そのため、価格差を利用して利益を上げることが可能です。

具体的な例を見ていきましょう。

ビットコインを購入した時の例
  • 0.01BTCを1BTCが200万円の時に購入:20,000円で購入
  • 0.01BTCを1BTCが250万円の時に売却:25,000円で売却
  • 利益:5000円

ビットコインは小数点単位の少ない金額から購入することができるため、ビットコインの価格が200万円という価格でも実際には数100円などの少額から取引をすることが可能です。

では仮想通貨はどのくらい価格変動をするのでしょうか。

それを検証するために、過去数年間のビットコインチャートを見てみましょう。

BTCUSD
引用元:Tradingviewの提供チャート

チャートを見れば分かるようにビットコインの価格変動はかなり激しいことが分かります

一例を出すと、2020年半ばには100万円を割っていたビットコイン価格は2021年には700万円を超えました。

もちろん反対に価格が下がった場合は、損失を出してしまうので投資する金額は自分の資金に合った金額をするようにしていきましょう。

仮想通貨の為替差益を狙ってトレードしたい方は「ビットコイン投資の始め方」、「ビットコインの買い方をチェックしてみてください。

また、より実践的な内容を知りたいという方は「仮想通貨FX」の記事がおすすめです。

それでは次に仮想通貨投資の2つの種類について解説します。

仮想通貨の現物取引

仮想通貨の取引方法には、「現物取引」「先物取引」の大きく2通り分類されます。

まずは、現物取引から解説します。

現物取引…
市場価格の相場で売買する取引

仮想通貨を買いたい人と売りたい人がマッチングされると売買が成立することになります。

また、現物取引はレバレッジによる取引ではないため上限額は口座の残高となります。

よって、強制決済(ロスカット)等のリスクもないので、長期的な運用を目指す方にはおすすめの取引方法です。

仮想通貨の先物取引

仮想通貨の取引方法で「先物取引」があります。

先物取引…
現時点では決済の約束だけをしておき、期限までに決済を行う予約取引

イメージがつきにくいとは思いますが、為替予約をイメージしてください。

為替予約は、予め決めた価格を事前に予約し、実際の送金日の価格が変動していても、予め決めた価格で取引がされるという仕組みです。

例えば、1BTC3,000,000円の時に、2か月後3,000,000円で1BTCを売却する予約をします。

そして2か月後に実際取引を行う際、市場価格が2,800,000円なら収支はマイナス200,000円です。

逆に、市場価格が3,200,000円なら、収支はプラス200,000円です。

また、先物取引はレバレッジ取引が可能です。

レバレッジは口座残高に対して、国内取引所では最大で2倍の倍率を掛けて取引を行うことができる方法です。

少ない資金で大きなリターンを得る可能性があることから非常に魅力的と言えます。

ただし、レバレッジをかけることで、その分損失も膨らむ可能性があるので、リスク管理は必須と言えます。

マイニングをすることで儲かる

2つ目の方法はマイニングをすることで儲けることができます。

マイニングの説明は下記になります。

マイニング…
ビットコインの「取引データの作業」を承認すること

マイニング

ビットコインなどの仮想通貨は、世界中で毎日取引が行われています。

ビットコインはブロックチェーンという技術で、だれがどのような取引を行っているかを第三者が確認することで、信頼性を担保しています。

その取引作業の承認を行うことをマイニングと言います。

当然マイニングを行う人は、報酬を得て承認作業を行っています。

だだし、高額な報酬というわけではないので、仮想通貨市場で利益を得ている人は圧倒的に、仮想通貨の売買取引です。

※現在マイニングを行うためには高スペックのPCを用意する必要があるので、マイニングで大きな利益を出すのは難しいです。

仮想通貨のレンディングで儲かる

次に紹介する方法は「仮想通貨のレンディングによって儲ける方法」です。

仮想通貨のレンディングとは他人に仮想通貨を一定期間貸し出すことによって、その期間に応じた利率を報酬として獲得することができます。

もちろん、貸し出す期間が長ければ長いほど報酬も大きくなります。

メリット
  • トレードをして稼ぐ必要がないため管理が楽
  • 必ず一定の報酬を獲得することができる
  • 余っている資金がある方は利用することで資金効率が上がる
  • 国内の銀行に預けるよりも利率が高い
デメリット
  • 国内でレンディングする場合は、為替変動の影響を受ける
  • 預け入れている資金を期限前に引き出すと手数料が発生する可能性
  • 海外の取引所を利用する場合は、サードパーティリスク(倒産など)がある

仮想通貨レンディングの利率は年間で3%〜5%で設定されているため、銀行にお金を入れているよりも利率が高くなる傾向があります。

そのため、余っている資金があるという方にはおすすめの方法です。

そもそもレンディングができる業者は限られている上、取引所によってレンディングできる銘柄も異なってきます。

ここでは、レンディングができる国内仮想通貨取引所の代表例を挙げて比較していきます。

スクロールできます
コインチェックGMOコインBITPOINT
コインチェック ロゴGMOコイン 透過BITPOINT ロゴ
最大年率5.0%3%非公表
銘柄数17銘柄22銘柄13銘柄
詳細

ただし、ビットコインやイーサリアムをレンディングする場合は、預け入れている期間で暴落する可能性があるため日本円にした時の価値がレンディング前よりも低くなる可能性があります。

また、海外の取引所の方がレンディングの利率は高くなりますが、取引所が倒産、ハッキングされて資金が流出した時の補填が保証されていないため長期間のレンディングリスクは高いです。

これからレンディングで安定的に稼ぎたいという方はセキュリティが強固な国内取引所を利用していきましょう。

最適な取引所は「コインチェック」や「GMOコイン」ですが、詳しい情報は「仮想通貨のレンディングで稼ぐ方法」にて詳しく解説しています。

エアドロップへ参加して儲かる

次に紹介する方法は「エアドロップにより儲かる方法」です。

通貨によりますが、一定期間やイベントごとに通貨を条件を満たした方へ無料で配布することがあります。

これをエアドロップと言いますが、多くの条件はその通貨を保有することが条件となりますので、無料で通貨をもらえるという特徴があります。

実際にエアドロップによって獲得した通貨を売却することによって売却益を得ることもできます。

2021年にはコインチェックにて上場されているIOSTのエアドロップなどが行われ、大きな盛り上がりを見せました。

イールドファーミングをすることにより儲かる

次にイールドファーミングによって儲かる方法について解説をしていきます。

これは2020年流行り始め、2021年には主力の稼ぎ方として盛り上がっている方法になります。

イールドファーミングとは、DEX(分散型取引所)に流動性を提供し、その対価として手数料報酬を受け取るという方法です。

これによって、個人投資家は自分の資金をDEXに預けているだけで報酬を受け取ることが可能になりました。

また、年間の利率が100%を超えるものが多く、バブルと言われるような状態までに加熱しているのが特徴的です。

メリット
  • 資金を預けるだけで高い手数料報酬を得ることができる
  • 獲得した仮想通貨の値上がり益を得ることができる
デメリット
  • 取引所のセキュリティによるハッキングリスク
  • インパーマネントロスが発生する

イールドファーミングでは高い利率が提供されているので、非常に効率よく資金を増やせる可能性があります。

ただし、誇大広告により詐欺に近いようなDeFiもありますので、十分に注意してください。

また、預けている過程の中でインパーマネントロスと言われるリスクも発生するため、基本的にはステーブルコインと言われる米ドルと連動する通貨を預けた方が安定した運用を実現可能です。

より詳しい情報は「DeFiとは?」、「イールドファーミングとは?」にて解説をしておりますので、合わせて読んでみてください。

デルタニュートラル戦略により儲かる

次に解説する方法は先物取引により発生する金利報酬を得る方法です。

無期限先物と言われるような取引を行う場合、基本的にロングポジションを持つ投資家が一定の金利を支払ってポジションを維持します。

この時、ショートポジションを持つ投資家はロングポジションを持つ投資家が支払った金額を金利として得ることができます。

しかし、ショートポジションを保有した場合、仮想通貨が上昇したときに自分の資産が下落することになります。

これを防ぐために、ショートポジションと同じ量の現物の仮想通貨を保有しておくことで、日本円の評価額を一定して金利収益のみを獲得するのが「デルターニュートラル戦略」です。

メリット
  • ポジションを建てておけばいいため、管理が非常に楽
  • 一定の金利を報酬として獲得することができる
  • 相場が加熱している時は得られる報酬が多い
デメリット
  • 海外の仮想通貨取引所を利用する必要がある
  • 相場が下落している時は得られる報酬が少ない

相場が上方向に過熱している時は、1日の金利が1%近くになることもあるため非常に稼ぎやすい時期もあります。

また、一度ポジションを保有しておけば放置で報酬が手に入るため非常に楽です。

しかし、基本的に海外の取引所を利用する必要があるためサードパーティーリスクがあり注意が必要です。

相場が過熱している場合は収益を得やすいですが、下落に向かうと金利報酬が低くなるため稼ぎにくくなる特徴があります。

ポイントサイトで無料で稼ぐことによって儲かる

ここまでは仮想通貨を利用して稼ぐ方法について言及してきましたが、ここでは無料でビットコインを簡単に手に入れる方法について紹介します。

自分のお金を使わずに、とりあえず仮想通貨投資を始めてみたいという方は是非参考にしてみてください。

初心者の方におすすめしているのはポイントサイト「ビッコレ」を活用して、ビットコインを稼ぐ方法です。

ビッコレ

ビッコレでは他のポイントサイトと同じように広告案件や買い物をビッコレ経由で行うことで報酬を得ることができます。

しかし、既存のポイントサイトと大きく違うことは「報酬が全てビットコイン」で支払われるということです。

つまり、ビッコレを使って報酬を獲得することでお金を使わずにビットコインを気軽に集めることが可能です。

もちろんビッコレで集めたビットコインを出金し、他のアルトコインに交換することもできます。

まだ、アカウントを持っていないという方は無料登録だけで100円分のBTCが貰えるので、ビッコレの公式サイトから是非始めてみてください。

\ 無料で100円分のBTCもらえる!/

仮想通貨/ビットコイン(BTC)で儲かるためのコツ

それでは、仮想通貨投資を始めて儲かるためのコツを解説していきます。

是非このポイントを抑えて始めてみてください。

少額から仮想通貨投資を始めてみる

仮想通貨で儲かるためには、まず少額からの取引で始めるようにしましょう。

いきなり高額な金額を仮想通貨に投資することはおすすめしません。

仮想通貨は、FX以上の価格の変動が激しい通貨ですので、まずは少額から取引をして様子を見ていきましょう。

過去1日で50%以上の価値が下落したり、逆に20%以上価値が上昇することもありました。

そういった価格変動が激しい相場であるため、慣れないうちに高額の投資をしてしまうと、巨額の損失を抱えることになってしまいます。

また、レバレッジ取引を行う場合、突発的な価格の変動により一気にロスカット処理されてしまう可能性があります。

これから仮想通貨で取引を始められる方は、相場に慣れるまで少額で取引を行うようにしましょう。

高値掴みをしないように注意する

ビットコインのチャートを見てみると、右肩上がりで推移していることがわかります。

大きい目線でみると仮想通貨の価値が上がっていることがわかりますね。

ビットコインのチャート

ただし、取引を行う際に、価格が上昇したからと言ってすぐに仮想通貨を購入することはおすすめしません。

先ほどもお話した通り、仮想通貨は突発的な価格変動があります。

その場合、相場の高値でポジションを持ってしまい、そこから相場が急落することもあります。

もちろん相場なので、そのまま価格が上昇する可能性もありますが、常に高値掴みにならないかを意識しながら、取引をするようにしましょう。

取引高の少ない仮想通貨を入手しない

取引の注意点として、取引高の少ない仮想通貨を入手することはやめましょう。

仮想通貨の種類は1千種類以上あると言われています。

その中には、ビットコインのような認知のある仮想通貨から、名前もしらないような仮想通貨まで様々です。

マイナーな通貨はこれからの期待もありますが、リスクも相応にあります。

仮想通貨市場が、飽和状態になった時に、必ず取引量が少ないマイナー通貨は淘汰されています。

また、取引高が少ないということは、それだけ少ない取引量で相場が変動することになるので、急激な価格変動というリスクがビットコイン以上にあります。

みなさんも、取引高が少ない仮想通貨を取引する際は、細心の注意を払って可能な限りリスク回避をしましょう。

金融庁が公認している取引所を利用する

日本の取引所には金融庁が公認している取引所が圧倒的に多いです。

ただし、中には金融庁から業務停止命令や、業務改善命令などの指摘を受けている取引所もあります。

取引所のシステムトラブルやサポート対応など理由は様々ですが、金融庁が指摘するということは相応の理由があるという事です。

もし仮に業務停止命令があった取引所で資産を預けていると、最悪の場合、大切な資産を失いかねないです。

取引所を選ぶ際には、そういった点を気を付けて選ぶようにしましょう。

インヴェストナビでは金融庁が公認している取引所かつ組織や運営体制で安心できる会社を紹介しております。

仮想通貨/ビットコイン(BTC)で儲かるポイント|価格上昇が起こりやすい場面

次に今までの価格変動を分析して実際に価格上昇が起こりやすいタイミングを解説します。

今後似たような場面が起こる場合、同じような価格が変動が起きる可能性が高いですね。

仮想通貨のアップデートが行われたとき

仮想通貨自体の機能は日々進化しています。

有名な話では、ブロックチェーンなどの技術により、仮想通貨の信頼性は担保されていると言われています。

そういった仮想通貨自体の機能はこれからも追加されることが見込まれます。

その仮想通貨に新しい機能や仕組みが導入されるということは、仮想通貨の将来に対する価値が上がるということです。

よって、市場価格が上がるという事になります。

常に仮想通貨の最新情報を取得するアンテナを貼って、チャンスをのがさないようにしましょう。

実際にネムのカタパルトアップデートやビットコインのライトニングネットワークの実装は多くの人が期待しています。

有名な取引所に新しい通貨が上場するとき

有名な取引所に新しい仮想通貨が上場するときも、市場価格は上がります。

上場というのは、取引所で新しい通貨を取り扱うことを言います。

株式投資とは少し意味合いが違いますが、法人が株式市場に上場するときは初値をつけてから、価格が上昇するパターンが多くみられます。

同様に仮想通貨でも、仮想通貨が新しい取引所では将来の期待値込みで価格が上昇する傾向にあります。

上場の情報をキャッチしたときは、やみくもに取引するというわけではありませんが、大きなチャンスでもあります。

冷静な判断をしつつチャンスを掴むようにしましょう。

将来的に有望なニュースが出たとき

仮想通貨の価格は、様々な社会情勢や、国の制度などによって大きく影響を受けます。

例えば、直近であれば仮想通貨のビットコインに王手の投資ファンドが参入するなどの情報で、ビットコインの市場価格の上昇を底上げしています。

また、日本でも仮想通貨の規制等のニュースがでた際、市場価格が大きく低下したこともあります。

よって、前段の仮想通貨自体の情報もそうですが、仮想通貨全体に影響がでるような情報も定期的に入手するようにしましょう。

実際に仮想通貨/ビットコイン(BTC)へ投資すればどれくらい儲かるの?

次に仮想通貨通貨を利用してどれくらい稼いでいるのかをまとめていきます。

これから始める際の参考にしてください。

イーロン・マスクのおかげで50000円で買ったビットコインが4000円の収益を出してた。

Twitter

やはり持ち合いは下抜けでしたね。一旦下がるでしょう。いずれにせよビットコイン高すぎて中々買えないので一度大きく下がって欲しい(^^)現物はほとんど手放しました 昨年の9月から買っているので収益としては3倍になりました。

Twitter

えー感じや。結構稼げた。また上がってこい。これが本来のビットコイン の動きやろ。

Twitter

2021年は相場がかなり上がっているので、ポジティブな意見が多いですね。

ただし、ビットコインを購入した全てのプレイヤーが利益を出しているわけではありません。

ビットコイン少し前に買ってしまったので2万円の損失でーす。下がるまで待ってから買えば良かったものを..

Twitter

先日のビットコインでの損失で、マイナスにビビりすぎて、良いポジとっても、ビビって損切りしてる。ダメだ、コレじゃぁ。。

Twitter

購入するタイミングに失敗して利益が出ずに損失が出ることもあります。

利益を出しやすいということは、損失も出しやすいということです。

これから仮想通貨投資を始めるということは、なるべくリスクヘッジを意識して少額から始めていきましょう。

\ 1500円分のBTCもらえる /

仮想通貨/ビットコイン(BTC)を始める上でのリスク

実際に投資を始めるとなった時のリスクについて確認します。

これらは重要なポイントになりますので、必ず理解しておきましょう。

取引所のセキュリティリスク

仮想通貨を始める上でまず大事なことは、取引を行う取引所自体のセキュリティです。

仮想通貨市場は、まだまだ未成熟の状態であり、これから市場・制度・仕組みは精錬されていくでしょう。

ただし、市場が拡大過程の段階ではトラブル・不正等が発生しやすくなります。

記憶に新しい事件では、2014年2月に取引所であるマウントゴックスは不正ハッキングにより、85万BTC(約480億円程度)の仮想通貨が消失しました。

それ以降も仮想通貨の取引所では、ハッキング等により仮想通貨が不正流出する事件が続いています。

そういったことから、取引所におけるセキュリティは、トレーダーの資産を守る上で非常に重要なものと言えます。

これから仮想通貨の世界に入られる方は、必ずセキュリティを軽視せずに取引所を選ぶようにしましょう。

為替のボラティリティのリスク

仮想通貨のリスクとして、為替のボラティリティがあります。

ボラティリティっていう言葉自体あまりなじみがないですよね。

ボラティリティとは…
市場価格の変動制のこと。

簡単に解説すると、市場の価格変動が非常に大きいということです。

FXなどの価格変動でも1~2%の変動でも大きな変動です。

実際に1円価格が上下しただけで、大きく利益が出るもしくは、大きく損失が出るということになるので、価格が1%変わるというのは非常に大きなリスクです。

ただし、仮想通貨の世界では10%前後の価格変動は日常的な範囲です。

これは、メリットでもあり、デメリットでもあります。

価格変動大きいということは、それだけ利益を得る可能性が、高いと言えます。

ただし、逆に相場がトレーダーの読みから反した動きをした場合、大きな損失を生むことになります。

レバレッジ取引のリスク

仮想通貨で取引を始める上で、もう1つ注意する点があります。

FXと同様に仮想通貨でもレバレッジ取引が可能です。

レバレッジとは…
少額の元手資金に倍率をかけて、何倍もの取引を行うこと

具体的には以下のようになります。

元手資金:100,000円-レバレッジ:4倍
100,000円×4倍=400,000円

上記のように、10万円の資金で40万円分の取引ができるので、一見メリットしかないと思われるかもしません。

しかし、レバレッジ取引を行った場合、強制決済(ロスカット)等のリスクが出てきます。

これは自分の証拠金維持率は一定の水準を下回った時に、投資資金を保護するために強制的に損切りされてしまうということです。

実際には投資資金を守ることができますが、今後損失を回収できる見込みがあるのに関わらず取引所に自動的に決済されます。

これを防ぐためには、証拠金を多く入れて取引するしかないので初心者にはハードルが高い投資法になります。

仮想通貨/ビットコイン(BTC)で儲かるためのおすすめ取引所

それでは今までのポイントをまとめておすすめの取引所を解説していきます。

これから仮想通貨取引を始める方は、こちらを参考にして始めてみてください。

より詳しいランキングを知りたいという方はこちらのランキングを参考にしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックの公式サイト
名称CoinCheck(コインチェック)
公式サイトCoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い銘柄数17銘柄
最低取引額500円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス

コインチェックの特徴は何といっても、取り扱い通貨の多さです。

現在では17種類の仮想通貨を取り扱っています。これは他の取引所と比較してもかなり多いです。

仮想通貨市場はまだ成熟していないため、これから様々な通貨が上場する可能性があります。

ということはそれだけ取引チャンスがあるという事です。

これから仮想通貨を始める方で、ビットコイン以外の仮想通貨を発掘して、取引チャンスをつかみたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFLyer toppage
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイトbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト
取り扱い通貨数15種類
最低取引額100円
提供サービス仮想通貨販売所
仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの国内取引量が№1となっています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

それだけ信頼性があるとも言えます。

bitFlyer(ビットフライヤー)はわかりやすい取引画面や、取り扱い通貨の多さにも評判があります。

非常にバランスの取れた取引所として、bitFlyer(ビットフライヤー)をチェックしてみてください。

\ 1円から投資可能!/

DMM Bitcoin(ビットコイン)

DMM-Bitcoin
名称DMM Bitcoin(ビットコイン)
公式サイトDMM Bitcoin(ビットコイン)の公式サイト
取り扱い暗号資産20種類(レバレッジ取引を含む)
最低取引額0.001BTC
提供サービス仮想通貨販売所
レバレッジ最大2倍

DMM Bitcoin(ビットコイン)は、有名なDMMグループの販売所です。

特徴として、母体がしっかりしているため安心感があります。

また、DMM Bitcoin(ビットコイン)はレバレッジ取引が可能なので、少額な資産からでも大きな利益を得る可能性があります。

取り扱い通貨の多さもあり、bitFlyer(ビットフライヤー)と同様にバランスの取れた販売所になります。

\全員2,000円もらえる!/

仮想通貨/ビットコイン(BTC)は儲かる?まとめ

今まで、ビットコインは儲かるのかをベースに話しをさせていただきました。

この記事をまとめると下記のようになります。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨は基本価格差益を利用して稼ぐ
  • 儲かっている人も多いが、実際に損失を出している人もいる
  • まず稼ぐなら、少額から始めるのが最適

仮想通貨は価格の変動が大きいので、価格差益を利用して大きく稼ぐことができます。

しかし、実際に稼げている人もいれば、損失を出してる人がいるのも確かです。

これから仮想通貨投資で稼ごうと思っている人は、まず少額で試して感触掴んでから資金量を増やすのがおすすめです。

また、国内最大手のコインチェックであれば17種類の仮想通貨を取り扱っていますし、ビットコインの積立投資も行うことができるため初心者に最適な会社です。

是非今日から無料で口座開設をして、ビットコイン投資を始めてみてください。

\ 1500円分のBTCもらえる /

目次
閉じる